Togetter/min.tで作ったまとめの「下書き保存」機能が便利になりました
編集部イチオシ
2022年4月19日

「3Dふくしま」プロジェクションマッピングで環境研究を「触れる化」したい!ガチにマニアックな話

10
五味馨 @keigomi29

こちらのクラウドファンディング、ご支援頂いた皆様、ご支援を検討して頂いている皆様、ページをご覧頂いた皆様、RT/いいねの皆様、ありがとうございます。こちらで少々補足しますね。 twitter.com/keigomi29/stat…

2022-04-19 17:48:58
五味馨 @keigomi29

まずは「3Dふくしま」について。これは真っ白な立体地図模型にプロジェクターで色々なデータを表現した地図を映写するものです。調査研究のデータを分かりやすく、かつ、面白く見て頂くために開発しました。いくつかのサイズ違いがあります。 pic.twitter.com/3VMqPUXSze

2022-04-19 17:49:00
拡大
五味馨 @keigomi29

立体地図のほうはただの白いデコボコです。世の多くの立体地図模型は色が塗ってありますが、これは白いままにしておいたので地図になってさえいればどんなデータでも投影することが出来ます。要はスクリーン。なのでより重要なのは映される映像のほうです。 pic.twitter.com/gxOI7ZPPHn

2022-04-19 17:49:02
拡大
五味馨 @keigomi29

クラファンのページにも書いたように、もともとは一般の方に向けて出前講座などで研究成果を紹介したときにどうしも難しくなってしまうのを、何とか分かりやすく出来ないかと考えたのが始まりでした。しかし、試作してみると、これは面白い。とても面白い。これ平面の地図を映してるだけなんですよ。 pic.twitter.com/8o8GGvSthR

2022-04-19 17:49:05
拡大
五味馨 @keigomi29

例えば1枚目の画像は会津地方の人口分布です。白いところは人が住んでいません。左下は線状に色がついていますね。これを衛星画像と重ねて立体に映写してみましょう(2枚目)。すると線になっていたのは谷だと分かります。会津若松の盆地も一目瞭然です(3枚目)。 pic.twitter.com/LWJZmY7xoS

2022-04-19 17:49:07
拡大
拡大
拡大
五味馨 @keigomi29

(真っ白なままでも地元の方であれば色々なことが分かると思います。写真は福島市周辺。信夫山分かります?) pic.twitter.com/NkWlXEzGoI

2022-04-19 17:49:04
拡大
五味馨 @keigomi29

猪苗代湖とすぐ東の郡山市街を比べてみると湖のほうがずいぶん標高が高いことが分かります。この高低差を利用して明治に安積疏水が造られ郡山の発展のきっかけになりました。 pic.twitter.com/mnx4Fjw03o

2022-04-19 17:49:09
拡大
五味馨 @keigomi29

もちろん分かりやすさも大事です。1枚目は事故後すぐの時期の空間線量分布。赤い点線で囲ったところ、中通りに線量が高いところがあります。2枚目の立体では中通りが大きな谷のようで谷底に緑の部分が溜まっているように見えます。すぐ西の山で遮られて会津にはあまり行ってないよう。 pic.twitter.com/UXHB5e6TS4

2022-04-19 17:49:11
拡大
拡大
五味馨 @keigomi29

最初の頃、試作機では立体地図だけ特注して3Dプリンタでつくってもらい、あとはスタンド、プロジェクター、吊り下げ金具などを別々に手配して組み合わせ、ノートパソコンでパワーポイントに張り付けた地図画像を映し、解説はその場で人がしていました。 pic.twitter.com/T4sE5SDYDf

2022-04-19 17:49:13
拡大
五味馨 @keigomi29

ただこうして画像でお見せするよりも、実機は遥かに現実感があります。地図を囲んで話すのも楽しい。そのためにわざわざ三次元の物体を作って、見に来て頂きたいと思っています。

2022-04-19 17:49:12
五味馨 @keigomi29

イベントなどで展示してみたところ好評でしたので、コミュタン福島(私たちの拠点が入居する福島県環境創造センターの交流展示施設です)で常設展示をさせてもらうことになり、大型の専用装置を地図プロジェクションマッピングの専門業者(いるんですね)に発注しました。 pic.twitter.com/3y0sNMtrZb

2022-04-19 17:49:16
拡大
五味馨 @keigomi29

映写する内容も動画コンテンツを作成しまして、タッチパネルでメニューを選ぶと2~3分で解説音声とアニメーションが流れます。野生動物(イノシシとクマの捕獲場所)のコンテンツが人気です。 pic.twitter.com/86c865308C

2022-04-19 17:49:18
拡大
五味馨 @keigomi29

これをもっといろんな調査研究のデータに拡充したい、というのが今回のクラファンの趣旨です。例えば避難地域の人口の回復の様子、浸水などの災害と地形の関係、温暖化の色々な影響、福島県の交通の特徴などがあります。

2022-04-19 17:49:19
五味馨 @keigomi29

次になぜクラウドファンディングで寄附を集めたいのか、について。本件は研究成果の映像化・立体化が目的で、研究資金がなくて困っている、という訳ではないのです(幸いなことに)。もともと研究所でも相応の予算を広報・アウトリーチに充てていますが、出来ればもっと広げたい、というのがひとつ。

2022-04-19 17:49:20
五味馨 @keigomi29

もうひとつはこれを通じて福島のことを知って頂きたい、そして立体地図プロジェクションマッピングを体験して頂きたい、ということです。そのために返礼品としてご家庭でも手作りできるキット「3DふくしまHome」を用意しました。まだ試作中ですが結構いい感じになると思います。 pic.twitter.com/9cfEpbid9t

2022-04-19 17:49:21
拡大
五味馨 @keigomi29

試作の様子。レンズの焦点距離と地図のサイズの調整をしています。 pic.twitter.com/J7vGJOMKVZ

2022-04-19 17:49:22
拡大
五味馨 @keigomi29

福島で復興をお手伝いする研究をしています。魚を欲しがる人に釣り竿を作ってあげるのがお仕事。専門は統合評価モデリングと地域シナリオ。国立環境研究所福島地域協働研究拠点・地域環境創生室長(個人の見解)。北海道生まれ三重育ち。三重大学から京都大学地球環境学舎、博士(地球環境学)。既婚。Boosted (PPM)

五味馨 @keigomi29

試作の様子。レンズの焦点距離と地図のサイズの調整をしています。 pic.twitter.com/J7vGJOMKVZ

2022-04-19 17:49:22
拡大
五味馨 @keigomi29

映写する内容も動画コンテンツを作成しまして、タッチパネルでメニューを選ぶと2~3分で解説音声とアニメーションが流れます。野生動物(イノシシとクマの捕獲場所)のコンテンツが人気です。 pic.twitter.com/86c865308C

2022-04-19 17:49:18
拡大
五味馨 @keigomi29

これをもっといろんな調査研究のデータに拡充したい、というのが今回のクラファンの趣旨です。例えば避難地域の人口の回復の様子、浸水などの災害と地形の関係、温暖化の色々な影響、福島県の交通の特徴などがあります。

2022-04-19 17:49:19
五味馨 @keigomi29

次になぜクラウドファンディングで寄附を集めたいのか、について。本件は研究成果の映像化・立体化が目的で、研究資金がなくて困っている、という訳ではないのです(幸いなことに)。もともと研究所でも相応の予算を広報・アウトリーチに充てていますが、出来ればもっと広げたい、というのがひとつ。

2022-04-19 17:49:20
五味馨 @keigomi29

もうひとつはこれを通じて福島のことを知って頂きたい、そして立体地図プロジェクションマッピングを体験して頂きたい、ということです。そのために返礼品としてご家庭でも手作りできるキット「3DふくしまHome」を用意しました。まだ試作中ですが結構いい感じになると思います。 pic.twitter.com/9cfEpbid9t

2022-04-19 17:49:21
拡大
五味馨 @keigomi29

展示している立体地図は1.5m幅の大きな模型ですが、お届け予定の地図はおおよそ東西20cm、南北16㎝のコンパクトなものです。写真は試作中のものなのでお届けするものとは材質や加工精度が異なります。 pic.twitter.com/dJ1nmbDVUr

2022-04-19 17:49:24
拡大
五味馨 @keigomi29

懐中電灯とレンズを組み合わせるだけでプロジェクターが出来るというのも、おそらく30代より若い方には新鮮でしょう。それより上の方はOHPや幻灯機でご存じですね。さらに立体地図と合わせると福島がどんな地域なのか、色々と発見があります。こちらも試作中のもの。 pic.twitter.com/R5fgCppdz2

2022-04-19 17:49:25
拡大
五味馨 @keigomi29

返礼品は8月上旬にお届けとし、リターンのメニューとして制作ワークショップも用意しました。夏休みに楽しんで頂けると嬉しいです。また映写する地図スライドもリターンに含まれますが、これは市販のOHP用紙に印刷すれば作れるので、頑張ればオリジナルの地図も投影できます。

2022-04-19 17:49:26
残りを読む(20)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?