『作者の気持ちを読み取る』←そんなエスパーな!!

「『火垂の墓』の作者の気持ち」を問う質問。 質問が不毛なのか。これは決まり文句なのか。
人文 カルチャー 文学 作者の気持ち
30
『作者の気持ちを読み取る』

超能力(ちょうのうりょく)とは、通常の人間にはできないことを実現できる特殊な能力のこと。今日の科学では合理的に説明できない超自然な能力を指すための名称。

中塚武 @NAKATSUKATAKESH
笑。"「火垂るの墓」原作者、野坂昭如の娘の国語の授業で父の作品が扱われた。問題に「この時の著者の心境を答えよ」というものがあったので、娘は家に帰ってから父に訪ねた。「その時どんな気持ちだったの?」「締め切りに追われて必死だった」翌日のテストで答えにそう書いた娘は×をもらった。"
@ScottVoid
この「作者の心境を答えよ」ネタは何度か見てるけど、本当に問題として不毛だと思う。何で「あなたはどう思いましたか?」と聞けないんだろう。
@joie_ryua
あー。まだ現国系では作者のキモチ とかいう謎の超能力者育成をやってたんですか。
福嶋隆史/著書70万部🐼/ふくしま国語塾 @FukushimaKokugo
中村雄二郎の共通感覚論って、高校時代に嫌と言うほど読まされた覚えがあるんだが。本を今手にとって見ると、ぜーんぜん、なーんにも分かってなかったってことがよく分かる。国語教育の責任は重いね。
🚦とさあかね @akane298
国語力「低下」の元凶…… RT @joie_ryua: あー。まだ現国系では作者のキモチ とかいう謎の超能力者育成をやってたんですか。
ゆん犬将(血統書付き) @yun999
父親の作品が教科書に載っていたから父親に"作者の気持ち"を聞いたら「締め切りが迫っていて必死だった」と言われ、その通りに答えたら×を食らったという実話がありましてですね・・・。
@SekiyaHiroshi
「作者の気持ち」とか言うからダメなんだよ。「この文章の要旨を50文字以内でまとめなさい」とかならまだ分かる。文章の中から重要なところを過不足無くピックアップして再構成する、ってのは、他人の気持ちを推測する、何てのよりは、余程役に立つ能力なんだしさ。
ぽんでり @pomderi
現国の作者の気持ち問題の解答はだいたい文中にあるんだけど問題文にはこのときの作者の気持ちが文中でどのように表現されているか書きなさい」とは書いてなくて、あくまで「作者の気持ちを書きなさい」なんだよねー。
ゆん犬将(血統書付き) @yun999
まあ、さっきの話は結局のところ、"作者の気持ち"という言葉の意味の解釈を間違ってたっていうオチなんだけどね。っていっぱいふぁぼられてから言ってもどうしようもない気はするけど。
ゆん犬将(血統書付き) @yun999
"作者の気持ちを答えなさい"っていうのは"作者の気持ち"を答えてほしいんじゃなくて"その文章によって作品全体に与えられる効果、作者の意図"を答えろってことだからそこが読めてない時点でアレ。
ゆん犬将(血統書付き) @yun999
数学で、単純な計算はできるのに文章題が解けなかったり証明が書けないとかは完全に国語力が問題。で、いまはそういう中学生が本当に多い。
我が名はリルベちゃん @rirube
テストってのは、基本的に理解力より語解力
緑影 @ryokuei
その時の人物や著者の心境を答える問題ほど正解のない問題ないよな
岸田メル @mellco
今の子供って、健康的なエロは全排除されてるのにちょっと携帯とかPCとかできる子だったら即どぎついエロにたどり着けちゃうから、なんかファンタジーがなさそうでかわいそう。

コメント

高橋雅奇 @TakahashiMasaki 2011年9月26日
「"作者の気持ちを答えなさい"っていうのは"作者の気持ち"を答えてほしいんじゃなくて"その文章によって作品全体に与えられる効果、作者の意図"を答えろってこと」じゃあ最初から"その文章によって作品全体に与えられる効果、作者の意図"を答えよって問題文にしろよと
高橋雅奇 @TakahashiMasaki 2011年9月26日
「作者の気持ち」なんていうあいまいな語句をつかう出題者が悪い(情報処理試験でこんな問題文だしたら処罰じゃきっと
ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2011年9月26日
現国は授業中なのに小説が読めるので好きだけど、この手の設問だけは嫌いだったなあ。
Shiro Kawai @anohana 2011年9月26日
「作者の気持ち」を問うのは不毛だけど、「登場人物の気持ち」、より明確に言えば「登場人物がこういう行動/発言をした理由」を問うは意味あるでしょう。それが解釈という行為だし。もちろん唯一の正解は無いけれど、不正解(無理な解釈)はあるし、正解の中にも「無難な解釈」から「作者さえ思いつかなかった素晴らしい解釈」まで色々。
行動変容する有芝まはる殿下。 𝕴.𝕳. 𝕸𝖆𝖍𝖆𝖑 𝕬𝖑𝖞𝖘𝖍𝖊𝖇𝖆 @Mahal 2011年9月26日
過日、「放射性物質が怖いから福島を差別するけどがんばろう日本」とツイートした話者の意図が読めない事例とかあったが、そういう状況に対して「エスパーじゃないから仕方ない」とでも仰るのだろうか。
収監りゅあ @joie_ryua 2011年9月26日
複数の解釈ができる上、"現国担当者"がこの程度の問題文で出題してるのがそもそも。と思って、現役の頃に似たような出題をした教員に噛み付きました。出題の意図は特定の記述をさせたかった様ですが、出題者としての落ち度はない と点数もらえないどころか反抗的だと単位をいただけませんでした。 教員の書かせたいものをかける様になるのは現国ですか?
だるま@2/16鍵島3A02 @KurzweilMaster 2011年9月26日
そういう設問で答えとすべきなのは実際の作者の心境ではなくて、社会的とか政治的とか宗教的とかの背景で、子供が作者の心境として解答するよう期待されているもの、ですな。他人の心境が理解可能であるという妄想を共有したいという考えは多数派のようなので、そういう能力があると有利なのは確か。
菊地ゆき @botan_yuki 2011年9月26日
気持ちを読み取れ→意図はなんだ、って問題を書き換えれば万事解決するとは思わないなあ。「なんでこんな質問をするんだろう?」「この問題で回答者(私)の何を量りたいんだろう?」って意識を持ちながら問題に向かう姿勢、を育てないことには、それこそロボットの大量生産になる気がする。
菊地ゆき @botan_yuki 2011年9月26日
自分の能力Aを育たせるため(or進歩をみるため)にこの問題がある、と気づいた状態で問いに答えることができれば、逆に教育に引っ張られない自由な解釈を楽しむことも、今まで以上にルンルンとできるんじゃないかな。
宇治金時 @uzikin 2011年9月26日
国語に限らず「この質問者が答えさせたい事を答えなさい」という問題がほとんどであると小学校時分から悟っていたので、小中学校はほとんどトップでした。余った時間で小説を読んでました。
eggs @eggs14 2011年9月27日
お前の聞きたい事はわかっちゃいるが、聞き方が気に食わない。こうですねわかります
岡一輝 @okaikki 2011年9月27日
清水義範『国語入試問題必勝法』( Wikipedia http://bit.ly/p0h8XH )オススメですよー。
山本ニュークリティクス @yamnew3 2011年9月27日
「作者がここで言いたかったことを50字以内にまとめよ」という問題に対して「言いたいことが一万字あったから一万字で書いたんだよ!まとめんなボケ!」(意訳)と噛み付いたのは安部公房でしたっけ。
kartis56 @kartis56 2011年9月27日
つまり設問の記述が、国語として間違っていると。
日詰明嘉 @AKIYOSHI00 2011年9月27日
昔のことならいざ知らず、今ならありえない設問。都市伝説的なものでは。実際はその意図する設問に行くまで、比喩効果や行動を指摘させて段階を追って詰める。問題作成者は解答に論拠を求められるので、メイン正解1+サブの箇所2,3以外は作成を改められる(中学受験レベル)
がんまさん @gamma37564 2011年9月27日
「この時の著者の心境を答えよ」って設問の語彙が悪いよね。ただでさえ国語って正解のジャッジが難しいジャンルなんだしw
きよ○@4日目南1テ36a @mexjp 2011年9月27日
この問題を設定し、回答に×とした教師の心境をははてさて。
荒牧護 @arainmonk 2011年9月27日
本当、「人の気持ちが当事者以外でもわかる」という前提に立った設問っておかしいよね。それで点数が良いと自分が人の気持ちがわかる人にでもなったと錯覚してしまうかもしれないけど、そんなことはないんだな。
🚉Hugo✈@自家通販歓迎 @Hugo_Kirara3500 2011年9月27日
つまり、既得権益層の一角になって裕福になるのに必須の能力というわけです。>国語に限らず「この質問者が答えさせたい事を答えなさい」という問題がほとんどであると小学校時分から悟っていたので、小中学校はほとんどトップでした。
🚉Hugo✈@自家通販歓迎 @Hugo_Kirara3500 2011年9月27日
この種の能力を珍重しているのが日本人それも権限を持った人というのが悩ましいです>出題者としての落ち度はない と点数もらえないどころか反抗的だと単位をいただけませんでした。
今城 @imajou 2011年9月27日
現代文は「問題制作者の気持ちを読み取れ!」という問題ですよね。 先生「『うってかわって』を使って短文をつくれ!」 生徒「麻薬を打って変わってしまった」 先生「ピキピキ」 /『作者の気持ちを読み取る』←そんなエスパーな!!
namae @chainsmoking 2011年9月29日
「小説を書いてる時の作者の気持ちを問う問題」とか今までに見たことないです。本当の話ですか?
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2012年11月17日
chainsmoking 昔ですが、なくはなかったかな。そこだけNGでも合格できる点だったのであまり気にしなかったですが
TomOne@PARALLEL ACT @tomone_pact 2015年12月27日
「作者の気持ちを読み取る」以前に出題者の気持ちを読み取る必要がある問題
catch__23 @catch__23 2016年11月17日
yamnew3 宮本輝さんが似たようなことを言っています。 http://www.oullib.otemon.ac.jp/teru/exhibition_list/pdf/item_suisei_monogatari_4.pdf 「作者の意図を30文字以内で述べよと書いてある。30文字で述べられないので小説を書いてるのに。」
catch__23 @catch__23 2016年11月17日
作者の宮本輝さんが「解いて答えを見たら間違ってる。」ので、「作者の気持ち」では無くて「出題者が考える作者の気持ち」が大事で、模範解答を当てるクイズなんだと思っています。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする