「マルマルモリモリはアイヌ語」というデマと、アイヌ語の真実

「マルマルモリモリはアイヌ語」というのは、ツイートした人間が言っているとおり、完全なデマです。また「マル」が食料、「モリ」が小山、というのも誤った情報です(アイヌ語の解釈には俗流の誤ったものが多い。有名な、富士山が「火の女神」という説も実は誤り)。 ※2012年1月末になっても未だにこのデマが流布されているので、ブログ記事にまとめました。「「マルモリはアイヌ語」デマはなぜ拡散したのか」 http://www.kotono8.com/2012/01/30marumori.html ★ちなみ続きを読む「マルマルモリモリはアイヌ語」というのは、ツイートした人間が言っているとおり、完全なデマです。また「マル」が食料、「モリ」が小山、というのも誤った情報です(アイヌ語の解釈には俗流の誤ったものが多い。有名な、富士山が「火の女神」という説も実は誤り)。 ※2012年1月末になっても未だにこのデマが流布されているので、ブログ記事にまとめました。「「マルモリはアイヌ語」デマはなぜ拡散したのか」 http://www.kotono8.com/2012/01/30marumori.html ★ちなみにラテン語で「死ぬ死ぬために邪悪な悪」というのもデマです。 「すぐにネタバレしているから、デマではなくネタ」と主張する人が見られますが、その屁理屈は通りません。 1)ツイッターがRTされる際の性質上、同一のツイート内にネタである旨がわかる記載がないと、ネタとしては扱えず、単なる虚偽ツイートすなわちデマと化す(ツイッターの仕様として前後のツイートが見やすくなれば話は別だが、現状はこういうまとめでもないとRTされたツイートの前後は切り落とされる)。 2)この虚偽記載については、アイヌを未開・野蛮と見る蔑視が背景にあるため、無意識の差別観に基づいた悪意ある発言を「ネタ」といえば免罪されるという誤った発想がある。 3)最初の「ネタ」ツイートと、それを拡散させた発展ツイートがともに削除されず放置され、その後も誤解を生む状況を放置している。当初悪意がなかったとしても、デマ化した時点で対応しないことはデマを幇助している行為にほかならない。
デマ 未開視 アイヌ語 野蛮視 エスノセントリズム 愉快犯
kotono8 99240view 35コメント
122

限定公開の新機能が大好評!

プライベートなツイートまとめの共有がもっと簡単になりました。フォロワーだけに特別なまとめを公開しませんか?メンバー限定はメニューから設定可能です。詳細はこちら

ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「コラム」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする