カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。

なにわホネホネ団 団長による剥製修復作業お手伝い@天王寺動物園

まとめました。 団長つながりでこっちもどうぞ 【なにわホネホネ団 団長による鳥の仮剥製作製講座】http://togetter.com/li/202213 【なにわホネホネ団 団長によるサイエンスホネカフェ 実況中継……ではない】http://togetter.com/li/247264
動物園 剥製 修復 サイ 天王寺
12
ニシザワマキコ@日本生態学会5階出展中 @makkotwitt
天王寺動物園で剥製修復作業お手伝い。スマトラサイの台座のヤスリがけひたすら。いまから皮膚の色塗り。
ニシザワマキコ@日本生態学会5階出展中 @makkotwitt
スマトラさん修復作業1 台座もちあげて、周辺の材の欠けをパテで埋めて、ヤスリかけてるとこ。今日はこのお手伝いがメインだった。 http://t.co/xsn78SKJ
 拡大
ニシザワマキコ@日本生態学会5階出展中 @makkotwitt
スマトラさん修復作業2 残念なお顔。角はもともとフェイクだったので外して、つけなおす予定。白いのは皮膚の欠けを石膏で埋めたあと。 http://t.co/U1WVq599
 拡大
ニシザワマキコ@日本生態学会5階出展中 @makkotwitt
スマトラさん修復作業2 台座の木釘の飛び出しをノコで削って平らに。 http://t.co/YuApY9HP
 拡大
ニシザワマキコ@日本生態学会5階出展中 @makkotwitt
スマトラさん修復作業4 ときどき鉋も。でも板が歪んでいるのであんまり使えない。  http://t.co/DZK8S7fu
 拡大
ニシザワマキコ@日本生態学会5階出展中 @makkotwitt
便利なサンダー。これで全体をずーっと磨いて行く。4時間くらいやってると振動で手が冷え冷えになる。 http://t.co/cidE0wru
 拡大
ニシザワマキコ@日本生態学会5階出展中 @makkotwitt
スマトラさん修復作業 欠けた皮膚、石膏?で修復しただけの状態。近くの皮膚を型取りしてそれを鋳型に反転させて印象はんこを作り、押し付けてそれっぽくしてある。 http://t.co/atAg5EJx
 拡大
ニシザワマキコ@日本生態学会5階出展中 @makkotwitt
スマトラさんをおそるおそる塗ってみた(人生であまりできない経験)。 この下塗りのあと、となりの皮膚との境目を、少し薄めの色をのっけてぼかした。 http://t.co/MwfNu5lr
 拡大
ニシザワマキコ@日本生態学会5階出展中 @makkotwitt
スマトラさん修復作業 ちょっとかわいくなっただろうか…でも、じっくり見ると、なおしてるとこはわかってしまうなあ。 スマトラさんはここが日本で唯一の飼育例らしく、大正10−14年に飼われていたんだそう。 http://t.co/U8x9r4Pj
 拡大

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする