WHOと専門家、コロナ禍受け「空気感染」の定義で合意する|病原体の用語提案に関する世界技術協議報告書(2024.4.20作成) #新型コロナウイルス #COVID-19 #SARS-CoV-2

2
リンク www.who.int Global technical consultation report on proposed terminology for pathogens that transmit through the air This global technical consultation report brings together viewpoints from experts spanning a range of disciplines with the key objective of seeking consensus regarding the terminology used to describe the transmission of pathogens through the air that can 3
World Health Organization (WHO) @WHO

WHO publishes a global technical consultation report introducing updated terminology for pathogens that transmit through the air. This report is the result of an extensive, multi-year collaborative effort and reflects shared agreement on terminology between WHO, experts and four major public health agencies. The pathogens covered include those that cause respiratory infections, e.g. COVID-19, influenza, measles, Middle East respiratory syndrome (MERS), severe acute respiratory syndrome (SARS), and tuberculosis, among others. This consultation was the first phase of global scientific discussions led by WHO. Next steps include further technical and multidisciplinary research and exploration of the wider implementation implications of the updated descriptors. Read more: 🔗bit.ly/3W2IO0m Press release: bit.ly/3Q8xlIO

2024-04-18 19:11:48
拡大
リンク note(ノート) WHO 『空気経路伝搬病原体の用語案に関する世界的技術協議報告書』 (仮訳)|vogelsang7 訳者解説 以下に、WHO ” Global technical consultation report on proposed terminology for pathogens that transmit through the air" APR.18.2024 を訳出します。 この文書は、2020年コロナ禍当初から高まったCOVID-19空気感染論争という科学論争の、一里塚となるものです。 医学界では、ながらく5μmという飛沫と飛沫核を区別する基準があり、季節性インフルエンザをはじめほとんどの呼吸器感
リンク Reuters Japan WHOと専門家、コロナ禍受け「空気感染」の定義で合意 世界保健機関(WHO)は18日公表した技術協議文書で、約500人の専門家と空気感染による病気のまん延の定義について初めて合意したと明らかにした。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)初期に起きたような混乱を今後、回避することが狙い。 22
FORCEPS @FORCEPS4

特定界隈では、いまだに空気感染vs飛沫感染論争をしていますが、WHOは連続的な値を持つ粒子径を無理に分類するより全部まとめた方が合理的、という考えのようです。 x.com/Be_Yukino_55/s…

2024-04-19 08:27:50
ゆきんこ❄ @Be_Yukino_55

[備忘録] WHOが新たに定めたAir borne(空気感染)に関する用語「puff cloud」🤔 雲のような息吹? ピンときィひン…💦(京都) 🔗WHOプレスリリース who.int/publications/m… pic.twitter.com/sCkKgCwrl0 x.com/WHO/status/178…

2024-04-19 05:32:40
FORCEPS @FORCEPS4

個人的には、統一のとれていない医学系学会ではなく、エアロゾル学会の定義に基づく「エアロゾル」を用いた方が分かりやすいのではないかと思います。 jaast.jp/new/about_aero… pic.twitter.com/L0LMMpd3kL

2024-04-19 08:29:49
拡大
aoi@stayhome @aoisora139peace

WHOと専門家 コロナ禍受け「空気感染」の定義で合意 news.yahoo.co.jp/articles/c4d2c…

2024-04-19 13:21:22
リンク Yahoo!ニュース WHOと専門家、コロナ禍受け「空気感染」の定義で合意(ロイター) - Yahoo!ニュース Jennifer Rigby [ロンドン 18日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は18日公表した技術協議文書で、約500人の専門家と空気感染による病気のまん延の定義について初めて合 2 users 55
aoi@stayhome @aoisora139peace

2020年5月の時点で、通常の呼吸で感染する可能性を示唆されていたのですが… WHOもさぁ…🥹😇💢 ウイルス自体より、人間の愚かさによる人災だと思ってる。。。😭 #空気感染 #コロナ #陽性 #川崎病 #高齢ではない方の死亡 #心不全 #ユニバーサルマスク twitter.com/aoistayhome/st… pic.twitter.com/Yp4RbGO9gY

2024-04-20 07:35:57
拡大
拡大
拡大
拡大
うじー@感染対策魔人はマスク着用と科学で対処 @medical_for_all

WHOの空気感染する病原体に関する提案された用語に関する世界的技術協議報告書を少しずつ読んでます。 その中で「感染性粒子は様々なサイズの連続スペクタクル上に存在して、単一のカットオフポイントがあってはならない」と改めて言われてます。 これを踏まえて苦言を。 who.int/publications/m… pic.twitter.com/ph7HO2vXqi

2024-04-19 13:25:18
拡大
うじー@感染対策魔人はマスク着用と科学で対処 @medical_for_all

どこぞのダイヤモンドプリンセスな方が新型コロナは空気感染ではないと嘯き、麻疹を「さすが真の空気感染」とか言ってましたが、私からしても何言ってんだこの人……となっていたので、まぁWHOも改めて提言してくれて良かったです。 予防を非薬理的に考えるには物理の考えなどがいるのですが……

2024-04-19 13:25:18
うじー@感染対策魔人はマスク着用と科学で対処 @medical_for_all

いかんせんトンチキなことを言う権威をヤンヤと持て囃してはいけないなと感じます。 飛沫核より多少大きかろうが空気に乗るのは花粉を見たら分かります、何を言ってるんだお前ってやつです。 花粉で空が黄色くなるのを見たら分かりましょうや、飛沫はすぐ落ちるなんて言いますがそんな簡単ではない。

2024-04-19 13:27:57
うじー@感染対策魔人はマスク着用と科学で対処 @medical_for_all

検証したら分かりますが、0.3μmの飛沫核と似た大きさのものは確かに滞留しやすい。 でも、それ以上の大きさのものも時間の差はあれ空気中にまあまあ滞留します。 花粉の大きさである10μmから30μmのものも浮いてますよね。 飛沫の大きさに5μm程度やそれ以下のものは普通にあります。

2024-04-19 13:34:53
うじー@感染対策魔人はマスク着用と科学で対処 @medical_for_all

呼吸時に出すエアロゾル然り、飛沫然り、それらをカットオフポイントをつけるような真似は非合理的であると私も考えます。 なので溶連菌も空気を介して感染するぞ、と述べてる論文は頷けるわけです。 変な、いや無駄な拘りは予防に必要な科学的な行いの邪魔になります。

2024-04-19 16:04:17
Masami mel Kawamura Ph.D, IPP Okinawa @sirenamel

WHOと専門家、コロナ禍受け「空気感染」の定義で合意(ロイター) #Yahooニュース news.yahoo.co.jp/articles/c4d2c… ホント? "今回、あらゆる分野の専門家が空気感染の定義について合意したことで、病院や学校といったさまざまな環境での換気などの問題について議論を始めることができると考えられている。"

2024-04-19 19:44:09
Akira HIRAISHI @orientis312

WHOと専門家、コロナ禍受け「空気感染」の定義で合意(ロイター) >換気よりも手洗いなどの対策が強調され過ぎる結果を招いた 日本はこの典型。飛沫核サイズなどに拘泥した意味のない古典的空気感染を今でも主張する専門家がいることには閉口する。 #Yahooニュース news.yahoo.co.jp/articles/c4d2c…

2024-04-19 21:25:33
isopi新アカウント@カルトの国😭 @isopi152

@orientis312 この、ノーマスク手洗いポスターには、本当に絶句しました😔 マイクロ飛沫が危険、対策を、とNHKが報じた後にこれですから。pic.twitter.com/IoJECRvt4u

2024-04-19 22:22:26
拡大
Akira HIRAISHI @orientis312

専門家やメディアが「マイクロ飛沫感染」なる言葉で国民を惑わしていたのも記憶に新しいところ。 drtaira.hatenablog.com/entry/2021/07/… 結局、PCR検査の感度や特異度に関する誤ったメッセージとともに検査抑制論を展開していた集団が、新しい概念の空気感染にも対応できずに失敗を繰り返していたということだろう。 x.com/isopi152/statu…

2024-04-20 11:23:55
リンク Dr. TAIRA のブログII あらためて空気感染を考える - Dr. TAIRA のブログII カテゴリー: 感染症とCOVID-19 はじめに 新型コロナウイルスウイルス(SARS-CoV-2)の感染については、飛沫感染、接触感染、エアロゾル感染の三つの感染様式があると言われてきました。1 年以上も前、このブログでもそれらを取り上げました(→新型コロナウイルスの感染様式とマスクの効果)。しかし、この 1 年間の研究調査データから、科学者は一つの事実を明らかにしつつあります。それは主要感染経路が空気感染(airborne transmission)であるということです。それも新しい概念の空気感染です
Akira HIRAISHI @orientis312

この体質が改善されない限り、あるいは十分に検証されない限り、新たな危機でまた失敗を繰り返すだろう。 x.com/orientis312/st…

2024-04-20 15:08:32
Akira HIRAISHI @orientis312

救いようがないのが、失敗を失敗と認識していない、あるいはしようとしない政権や官僚組織。真っ当な批判に対しても「そうは思っていない」「指摘は当たらない」という強弁で逃れる体質がこれまた染み付いている。

2024-04-20 15:26:31
Akira HIRAISHI @orientis312

WHOの文書で、飛沫、エアロゾルの境を取っ払い、粒子サイズは無意味とし、空中のinfectious (respiratory) particlesを吸うことで「空気感染」が起きるとしたことは前進だ。一方でairborne transmissionを直接使わずに through the air という言い方に変えたのは、わかりやすいが不満。 x.com/orientis312/st…

2024-04-20 20:41:23
Akira HIRAISHI @orientis312

これはWHOが当初空気感染を認めてこなかったことのごまかしか? COVIDが空気感染することを明確に認めたことは朗報だが、これは当初からわかっていたことで、昨年「国際的な公衆衛生上の緊急事態」を終了した時点においてさえもまだはっきりしていなかった。

2024-04-20 20:49:28
Akira HIRAISHI @orientis312

"through the air" transmissionなんて言わずに、airborne transmissionでいいではないか?

2024-04-20 21:04:38
vogelsang7 @vogelsang7

これは旧パラダイムから新パラダイムへの転換過程の一つの節目かな? 旧パラダイムの飛沫感染にこだわる換気軽視も旧パラダイムの空気感染概念に乗っかるノーマスク論もさっさと消えろ! x.com/orientis312/st…

2024-04-19 21:43:55