宗教法人課税は、多額納税団体の影響力を増大させるか?(続「ちょっと待った、宗教法人への課税」)

「ちょっと待った、宗教法人への課税」(@wacamecciさんまとめ) http://togetter.com/li/295709 からの続編と考えてください。主に、そのまとめ内の「課税によって、多額の納税者(団体)は現状以上に政治的影響力が増す」という主張の真偽についての議論です。
国内 宗教 天理教 宗教法人 税金 仏教 課税 財政 キリスト教
44

これの前段階として、「ちょっと待った、宗教法人への課税」 http://togetter.com/li/295709 があり、その流れから議論がはじまります。

※「前編」としていた前のtogetterに、議論に出てくる”天理教の事例”の一部などが収録されていないことに気づいたので、そこを中心にあとから補足で挿入しました(※抜けがあるかもしれません。気づいたら補足してください)

菅野完 @noiehoie
そもそも、非課税になってるのは、信教の自由を確保するためではなく、政教分離するためなんです。政教分離を踏みにじる公明党や創価学会等の外道は、税金以外の手で罰すればいいんです。 RT @mr_nice_guy_da: 政経分離をきちんと実行せずに主張だけすることはいいのですか?
菅野完 @noiehoie
奈良県天理市の事例がります。税ではないですが、奈良県天理市は天理教からの寄付に財政的に依存しています。この場合、天理教の信者でない市民はどうすればいいでしょう? RT @mr_nice_guy_da: @noiehoie 課税されると政教分離がおろそかになるということですか?
菅野完 @noiehoie
「特定の宗派・教会が財政的な屋台骨になることによって、その宗派に属さない人の意見が政治的に反映されない」 という事態を避けるために、非課税になってるんです。RT @mr_nice_guy_da: @noiehoie 課税されると政教分離がおろそかになるということですか?
菅野完 @noiehoie
同じ話です。天理教は税金を一部はらっていませんが、財政を寄付金でささえています。一朝、課税されたら、天理市の財政はどうなるでしょう? RT @mr_nice_guy_da: @noiehoie 今の天理市のケースで、課税非課税の是非はどう関係しますか?
菅野完 @noiehoie
それで、水道事業まわしてるからね。 RT @Kevtaro: 天理市の予算のうち寄付金は6%弱なのだが、まぁそれでも結構な規模だよね。
菅野完 @noiehoie
よく、課税反対を唱える時に宗教法人側が「信教の自由を踏みにじる」といいますが、それは「自分の信教の自由を守れ」という主張ではなく、「他人の信教の自由を守れ」ということなんです。 RT @mr_nice_guy_da: @noiehoie 課税されると政教分離がおろそかになるという
菅野完 @noiehoie
まあ、細かい話ですが、中山家からの寄付っていう裏のルートもありましてな(ゲフンゲフン RT @Kevtaro: 仮に国税とするときっとそれだけの額が天理市には落ちない(特例を設けない限り)でしょうし、地方税とすると―どうでしょうね。論
菅野完 @noiehoie
課税したら余計そうなるって話です。よく読めばわかります。 RT @mr_nice_guy_da: @noiehoie 先程の天理市のケースでは課税でも同じですね。 勉強不足だと存じますが課税により「他人の信教の自由が守られなくなる」とはどういう論理でしょうか?
菅野完 @noiehoie
あと、市議会議員や県会議員の後援会や名簿等というルートが(ゲフンゲフン  RT @Kevtaro: @noiehoie ゲホゲホ。あと市債の購入という手も考えられそうです。因みに当方の家は天理kyゴホゴホ
菅野完 @noiehoie
いまのこの景気の悪いタイミングで、宗教法人に課税したら、それこそ、「おらが村は創価学会の地方税でささえられてます!」「おらが村は真如苑だ!」「だまれ、おらが村は霊友会だ!」って話になるだろうな。
菅野完 @noiehoie
渋谷区って、地味に財政難だから、宗教法人課税が実現されたら、聖心の裏に謎の屋敷をもつ、真如苑がどばどば納税して、「渋谷区は真如苑のおかげで財政再建できました!」って事になろうと思う。

【※下のツイートが、特にこのまとめの中心テーマとなります。ご注目ください】

菅野完 @noiehoie
宗教法人に課税しない理由というのは、「課税しないことによってその宗教法人の信教の自由を保証する」ためではなく、「課税しない事によって、強制的にその宗教法人の財政貢献度をゼロにすることによってお、その宗教を信奉しない人の自由を守る」という所にあるんです。
菅野完 @noiehoie
創価学会が財政的に支えてる市町村に住む真如苑信者はどうしましょう? RT @hangium: ダメなんですか、宗教はお金余ってるから。。還元してよというのは人情かも。。 RT @noiehoie: いまのこの景気の悪いタイミングで、宗教法人に課税したら、
菅野完 @noiehoie
天理市の事例はまさにその事例です。「いま寄付金なんだから課税しても同じ」ではなく「寄付も課税も禁止しろ」と言わないといけない。でないと、天理市内の天理教信者以外の市民の自由が毀損されます。 RT @mr_nice_guy_da: @noiehoie その「課税しないことによって他
菅野完 @noiehoie
天理市の事例でいうと、天理教への課税も天理教からの寄付も禁止してこそはじめて、天理教信者でない天理市民の自由が担保されるということです。 RT @mr_nice_guy_da: @noiehoie その「課税しないことによって他人の信教の自由を守る」ということが全く
菅野完 @noiehoie
表に出てる金額だけでな。その他の有形無形の寄付金とかな。 RT @aqn_: 5%以上って凄い割合だぞ
菅野完 @noiehoie
天理教は、教祖生誕100年とかの節目で、大規模なインフラ工事をするんだが、そのインフラは、イベントのあと、天理市に寄付される。管理費だけは天理市持ちだが、自分の財政で整備されない四車線道路とか寄付される天理市の気持ち考えてみ? RT @aqn_: 5%以上って凄い割合だぞ
菅野完 @noiehoie
教祖生誕100周年だから、自分とこの敷地である、駅から徒歩五分の10haほどある土地の中に、四車線道路敷設するお! で、そこへのアクセスのために、高速道路を跨ぐ高架橋をつくるお! で、イベント終わったらこれ、天理市に寄付するお!! ・・・ってのが、天理教と天理市の財政関係。
菅野完 @noiehoie
で、整備された、道路 橋 水道 下水道 電線等のインフラの寄付は、財政上は「寄付金」として計上されないので、実際の依存度は5%以上。 RT @aqn_: 5%以上って凄い割合だぞ
菅野完 @noiehoie
まあ天理教に限らず、どの宗教団体でもいいんだけど、宗教法人に課税するとなって、もし宗教法人側が「よござんすよ!きっちり納税しますよ。え?地方債の金利支払いが財政の5%ですって?じゃ、その金利分だけきっちり納税と寄付しましょう・・・クックックッ」ってなってみ? これ、恐怖だぞ。
菅野完 @noiehoie
宗教法人に課税するっていうのは、そういうことがアチコチで発生すると同時に、財政的に弱小な伝統宗教が締め付けられるという事を意味するんです。 RT @aqn_: @noiehoie なるほどね。それはすごいわ。
菅野完 @noiehoie
「この高速道路は、創価学会の納税でつくられました」
残りを読む(90)

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2012年5月1日
まとめを更新しました。(参考の前説挿入 )
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2012年5月1日
(前のtogetterに載っていると思っていた「天理教の事例」があまり無いことに気づき、そこを中心に大幅に追加収録)。まとめを更新しました。
#53 @hsgwkyt 2012年5月1日
まあ「宗教団体を対象にした非課税制度」自体、日本じゃあまり耳にしないからなあw
とおやま@ミスミストのフレンズ @to_yama1192 2012年5月1日
単純に宗教法人を納税対象にして、「税金は税金。税金納めたからって政治的発言力は高くならない」って決まりを作ったら良いだけの話じゃあ無いの?
鐘の音 @kanenooto7248 2012年5月1日
法の下の平等な課税のケースでも、「俺のお陰で~」とか言うんだったら、「お前らが財政を支えてる?法の下、わが世俗国家が皆から平等に徴税してるだけだ、えらそにすんな!」でいいと思うけれど。
とおやま@ミスミストのフレンズ @to_yama1192 2012年5月1日
税金は所得の再分配でもあるわけだから、「貴方達の税金を皆で再分配しましたハッピー」で済ませられないのかな?何故「この道路は○○教からの税金でできました」って話になるのか分からん。
熊野風。 @nobody2knows 2012年5月1日
「この道路は○○組からの税金でできました」を防ぐ為に暴力団への課税をやめよう。
川村賢一 @kkawa01 2012年5月1日
よし、税金を全部やめよう(もちろん暴論)
甘茶 @amateur2010 2012年5月1日
企業城下町の例だって思想弾圧的に例示している訳で、それを放置で宗教法人課税はダメと言うのは、論拠として弱いと思う。納税はあくまでも義務であり、何かを主張する道具ではないという原則を徹底していればいいんじゃないの。
Sebastian KOBAYASHI @Dongpo_Jushi 2012年5月1日
普通に「寄付の受け取り側は非課税」って解釈でいいんじゃね?
Sebastian KOBAYASHI @Dongpo_Jushi 2012年5月1日
で、相変わらずのえほえの人は頓珍漢なこと言ってるわけだが。
武田具朗 @grobda 2012年5月1日
課税しても変わらん言ってる人は、じゃあ天理教が天理市を離れることを想像してみればわかるかと。 企業以上に宗教はどこでもやれるんだよ。信者さえついてくればいいんだし。 企業城下町は工場の移転やら何やらで手間かかるだろうけど、それでもトヨタや日産は海外移転を積極的に始めてる。(生臭)宗教法人はもっとフットワーク軽いわけで…。
とおやま@ミスミストのフレンズ @to_yama1192 2012年5月1日
↑仮に宗教法人に課税したとして、その後天理教が天理市を離れても、移動した先で税金を払わなくてはならない訳で、徴収された税金は結局どこかの赤字の所の補填に使われる訳だから、広く税金の徴収、再分配って観点で見れば問題ないだろう。海外にでも逃げない限りはね。海外に信者は連れて行けるのか?
シベリア 小晴 @siberiakoharu 2012年5月1日
ノイポイたんが、政治的な影響力を出したのが間抜け 宗教法人に対しての非課税部分は、公的な活動に対する対価であるだけ
杉山真大@震災被災者 @mtcedar1972 2012年5月1日
そう言えば、茶会運動とかの背景として「納税者主権」ってのがあって、殊に税を多く負担している富裕層が負担分に見合っただけの恩恵を受けていない(=税金を払わない様な貧乏人のための政策なんて止めろ)って理屈だったりしますね。
杉山真大@震災被災者 @mtcedar1972 2012年5月1日
かの「我々は(豊かでない)99%」って運動が起きた際にも、それに対抗して「我々は(納税している)53%」って運動が起きていて http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=3177 それなりに支持されている現実もありますし。
甘茶 @amateur2010 2012年5月1日
企業よりフットワークが軽いって話で海外移転の話は完全に墓穴だよね。納税を忌避して海外まで信者を連れて行くほどの宗教法人が日本にあるなら見てみたい気もする。信者側も最後は集団自殺した人民寺院クラスの腰の入り方してないと無理でしょ。あれは税金逃れの移住じゃなかったけどね。
guanoman @guanosymphony 2012年5月1日
低レベルな話だなあ。天理市の例を反対の根拠とするなら、国税である法人税の課税強化(軽減税率の廃止等)で済むのでは?課税論者も反対論者もどうしてそう両極端でしか考えられないのか…課税する主体は国税か地方税か、課税対象はフローかストックか、軽減措置の見直しか、税務調査の強化か、改善策はいくらでもあるのに。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2012年5月3日
まとめを更新しました。(非課税制度の由来・歴史に関する新たな議論を追加)
内股膏薬一言居士(ハゲたらいかんぜよ) @wiki_tube 2012年5月3日
【1-a】まず、宗教法人課税によって『信教の自由の侵害』が国政レベルであり得るのか否かである。例えば、ある企業や産業に国が優遇的措置を講じた場合、それは最終的に様々な国益を守るための行動であり、それらの企業・産業が莫大な国税を納めているから優遇するという理由からではない。いくら巨大な企業・産業であっても、国税の総額からでは、影響力を発揮するには到底至らないし、そもそも為政者が特定の納税義務者から国庫に入る金に影響を受ける理由がない。
内股膏薬一言居士(ハゲたらいかんぜよ) @wiki_tube 2012年5月3日
むしろ現実の企業による国政への関与は、企業献金によるところが大きいのであり、これは完全に納税とは無関係である。さらには企業献金には上限がありまた、献金を行う資格要件も儲けられている。だが現実には個人献金の形を取った企業献金も存在する。しかしこれもまた納税とは全く関係は無く、仮に企業への課税が緩和されれば、逆に個人が支出可能となる献金の額が大きくなる要素となり、noiehoie氏が憂慮するような『課税=(信教の)自由の侵害』という構図の逆になりかねない。
内股膏薬一言居士(ハゲたらいかんぜよ) @wiki_tube 2012年5月3日
【1-b】宗教法人が金で国政への影響を与えるには、ほぼ同様な形での政治家個人や政治団体への献金によるものであろうが、これも同様に納税とは全く関係はない。ある政党に強大な影響力を持つある宗教法人が、多額の国税を納めたからといって、その政党には関係はなく動かす力にはならないことは容易に想像できるところである。
内股膏薬一言居士(ハゲたらいかんぜよ) @wiki_tube 2012年5月3日
つまり国政レベルでは『納税額の多寡』が『特定の団体に利便を図る』為の動機になることはあり得ず、一宗教法人が納める国税によって『その宗教を信奉しない人の自由が侵害される』という事態は起こり得ないのである。
内股膏薬一言居士(ハゲたらいかんぜよ) @wiki_tube 2012年5月3日
【2-a】次に地方行政単位での問題である。 宗教法人が非課税であっても、小規模な行政単位では、一つの宗教団体の本部が置かれ同時に多数の信徒が居住することにより、その宗教団体が実効支配してしまうという現実がある。これに対しnoiehoie氏は『その宗教法人に課税すると更に行政への影響力が高まるから課税すべきではない』と主張する。
内股膏薬一言居士(ハゲたらいかんぜよ) @wiki_tube 2012年5月3日
このnoiehoie氏の主張は《「課税しない事によって、強制的にその宗教法人の財政貢献度をゼロにすることによって、その宗教を信奉しない人の自由を守る」》という自説からくる考えであるようだが、現実にはそのようなこととは関係無く、彼が憂慮する事態が起こっている訳である。つまり『非課税=信教の自由の保障』とはなっていないのである。
内股膏薬一言居士(ハゲたらいかんぜよ) @wiki_tube 2012年5月3日
2-b】noiehoie氏が例示した天理市のケースで検討する。宗教法人が自ら意図を持って多額の寄付等を行なった場合、行政管轄と財政規模の小ささに起因する地方行政に於ける経営的側面の重要性から、その寄付行為は地方行政の運営に直接的影響を及ぼす事となる。
内股膏薬一言居士(ハゲたらいかんぜよ) @wiki_tube 2012年5月3日
しかしこの宗教法人への課税がされていない現状でも、既に問題は発生しているのであるから、行政管轄内に巨額の収入を得、かつ、巨額の法人所得を得ている存在があるなら、(寄付に依らず)これに課税をし、財政収入を得る事によって、どのような深刻な問題が発生するのであろうか。むしろ法の強制力によって機械的に財政収入となるのであるから、淡々として徴収することが出来る。
内股膏薬一言居士(ハゲたらいかんぜよ) @wiki_tube 2012年5月3日
意図を持って行われる寄付と強制的な税収入では、宗教法人が行政に与える影響は、税に依った方が圧倒的に低いのは明らかである。また宗教法人が『多額の納税しているのも拘わらず思い通りにならない』として転出をした場合、税収は減少するが、これは企業が転出した場合と全く同じ現象であり、何も宗教法人だから特別ということではない。
内股膏薬一言居士(ハゲたらいかんぜよ) @wiki_tube 2012年5月3日
返って宗教法人への課税を行うことで、どこへ転出しても同様に機械的に課税されるのであるから、転出をする動機が薄れる事となり、財政の安定化を促す結果となる。結局のところ、ある意思を持った宗教法人が行政に対しての圧力となり、それが信教の自由を侵す結果をもたらしてしまう最大の要因は、宗教法人への課税などではなく、その行政管轄内における住民に占める信徒の割合にあることは明らかである。
内股膏薬一言居士(ハゲたらいかんぜよ) @wiki_tube 2012年5月3日
3-a】当方との話し合いでnoiehoie氏はこの点、言及を避けていたようであるが、noiehoie氏は非課税であるべき理由の一つに『所得が低い宗教法人への課税はその法人の破綻を意味する』旨の発言をしている。そもそも宗教法人への課税は税収が目的ではなく、宗教団体を名乗る経済的活動を主とした団体や、不当、不法、反社会的な活動を行う宗教団体の活動を抑制する事にあり、正当な活動をしている宗教法人の活動を妨げようとするものでない。
内股膏薬一言居士(ハゲたらいかんぜよ) @wiki_tube 2012年5月3日
これはnoiehoie氏の《「宗教法人への課税」って話だが、あれ、おそらく創価学会や統一教会を意識して主張してんだろうが》という発言をしていることから、noiehoie氏も課税の主旨は理解しているようである。【3-b】課税するにあたっての問題の一つは、この両者を区別し、一方は課税対象しながら一方は課税対象としないことが、宗教法人への課税である限り不可能な事である。
内股膏薬一言居士(ハゲたらいかんぜよ) @wiki_tube 2012年5月3日
そこで、不当な宗教法人に多く見られる『過剰な所得』に対して選択的課税をし、活動を抑制し、同時に正当な宗教法人の経済活動への影響は最小限に留める方法を考える事が重要となる。これまでの法人課税とは異なる規則を用いる事で解決の道となる可能性があるのではないだろうか。もはや不当な宗教団体を野放しにする段階ではなく、法人税から切り離す位の措置も検討すべきではないだろうか。
内股膏薬一言居士(ハゲたらいかんぜよ) @wiki_tube 2012年5月3日
【3-c】宗教施設自体には殆ど生産性はないにも拘わらず、保有資産は大きいという特徴を考えると、氏が憂慮した低所得法人保護の為には一律、資産税の免除(但し建物建築等による法人税圧縮減への対策は必要)は当然考えられる。また、宗教法人税には新たに(高い)基礎控除を儲け、さらに宗教法人住民税は税割のみとする等で、低所得である宗教法人は実質無税(従来から課せられている税は除く)となり、これまでと同じ活動を継続する事が可能となる。
内股膏薬一言居士(ハゲたらいかんぜよ) @wiki_tube 2012年5月3日
【3-D】もう一つの問題は不当な宗教法人への課税方法である。宗教法人の主な活動はは営利を目的としない筈であるから、過剰な所得が発生するのは異常な活動によるものと考えられ、課税によって所得を圧縮し、活動に制限を加える仕組みが必要である。
内股膏薬一言居士(ハゲたらいかんぜよ) @wiki_tube 2012年5月3日
そこで宗教法人税は、規模に拘わらず課税所得のみによる税率区分を細かく分け2次曲線を描く累進課税とし、宗教法人税にかかる宗教法人住民税も累進課税として、宗教団体として適正な可処分所得まで減殺することである。 以上はnoiehoieさんが当方の説明を聞く事がなかったため、この場を借りて行わせて頂いたnoiehoieさん説への反論と意見です。
ソクラテス太郎 @nomorepropagand 2012年7月25日
宗教法人課税を税収増を目的として議論するのはどうかとおもうな。 一部巨大カルト宗教の税制上の特権を剥奪するため、この点に集約するべき。 政治活動を禁止できるなら税制上の特権を維持させてもいいかも、と思ってる。
(○´ω`○)ゞ @ToshIYk 2012年9月15日
続編はすごく詰まらないが、なんでだろな。後で考えよう。
釣本直紀 冬コミどういたしまして @turimotonaoki 2012年11月16日
1.noiehoie氏の発言は喧嘩腰で不愉快。納税の影響を過大に見積もり過ぎている。納税額が高かろうと「創価以外の祭り禁止」なんて認められる訳が無い。極論を想定して意見を述べている。
釣本直紀 冬コミどういたしまして @turimotonaoki 2012年11月16日
2.小規模な神社仏閣の破産は課税額を低く設定すれば避けられる話。小規模な営利法人だって納税が理由で破産に至ったりはしない。
釣本直紀 冬コミどういたしまして @turimotonaoki 2012年11月16日
3.財政貢献度を根拠に宗教法人の影響力が増すとしても税収増という長所に比べれば些細な問題。「おらが村は創価で支えられてる」という状況は市民への増税よりずっとまし。
釣本直紀 冬コミどういたしまして @turimotonaoki 2012年11月16日
4.市の税収の屋台骨になっている法人の意向が市政に反映されるという事態は水俣市の様に営利法人でも起こり得る。氏の言い分だと営利法人への課税すら避けなければならない。
と☆てくのん☆ @Toteknon 2013年9月17日
真如苑の場合信徒の便宜のために、傘下に営利企業をたくさん持っていて、当然税金は払っているらしいですが、だからといって立川市が潤っているかどうかは疑問。ただ、立川市の社会福祉協議会やお祭りなどの場合は真如苑と創価学会が寄付合戦をしています。
と☆てくのん☆ @Toteknon 2013年9月17日
問題は、反社会的カルトが真如苑を真似て、傘下フロント企業を通して納税するケースだろうな…。
軍荼利 @GundariYasha 2013年11月9日
現実的に企業が多額の納税と政治への影響力でどれくらい幅を利かせているか見てるはずなのに、更に思想的に先鋭化した特定団体に大手を振らせようっていう発想がわからない。企業が投票を社員に促す以上の影響力があるのなんか火を見るより明らかだろ・・・ 世間知らずは怖い。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする