10周年のSPコンテンツ!
0
岡田茂吉師論文です。 @takerukunn12
風邪は唯一の浄化法 『明日の医術・新日本医術としての岡田式療病法』昭和11(1936)年5月15日発行  いかなる健康人といえども、遁(のが)るる事の出来ない病気は、まず風邪であろう、しかるに昔から、感冒は万病の因、と言って、非常に恐れるのであるが、これは大変な誤りである。
岡田茂吉師論文です。 @takerukunn12
ここにまず、風邪の原因を開明して、風邪は決して恐るべきものではないばかりかこの病気あるが為に、いかに人間は、恩恵に預かっているかという、私の研究の成果を発表したいのである。  元来人体は、その高等生活器能が、頸部以上即ち脳及び顔面に、集注されている関係上、
岡田茂吉師論文です。 @takerukunn12
その器能の活動に要する、エネルギーとしての血液は、常に上部に向って、昇騰し勝ちである。しかるに、現代人の大部分は、汚濁せる血液の所有者であるから、その汚血も共に昇騰するので、その場合、頸部以上の高等器能を活動させるには、
岡田茂吉師論文です。 @takerukunn12
ある程度の浄血でなくてはならないので、その血液輸送門にあたる肩凹(けんおう)部及び頸部において、濾化浄清の自然作用による、残渣(ざんさ)即ち血液中の汚素が、絶えずその部に滞溜するのである。今一つは、肺臓の呼吸運動による空気中の塵埃吸入に因る残渣、
岡田茂吉師論文です。 @takerukunn12
それが上昇しては、肩胛部に滞溜するのである。今一つは、病的でない位の、軽度の脊髄〔椎〕カリエスに因る膿汁が脊〔背〕部の皮下を、通過上昇して、肩凹部及び頸部に集溜するのである。随って、頸部付近は人体における、汚物堆積所とも、言うべき場所である。
岡田茂吉師論文です。 @takerukunn12
これら、種々の汚物の滞溜は、ある程度の量を越ゆる時、必然に重患が発生する順序になっている、それを回避せんが為、自然は巧妙にも風邪なる、簡単にして奏効する、浄化作用を行う事になっているのである。それは、風邪に依って、汚物は溶解し、鼻汁となり、喀痰となって、排泄さるるのである。
岡田茂吉師論文です。 @takerukunn12
発熱作用は右の汚物溶解の為である。この理を知れば、風邪は、何ら療法をせず放任しておけば、順調に治癒してしまうのである。この事を知らない世人は、不安の結果、種々の療法や、手当を為すのであるが、それらは悉(ことごと)く、療法ではなく、反対に浄化妨害となるのであるから、
岡田茂吉師論文です。 @takerukunn12
療法や手当をする程、治り難くなり、長びく事になるのである。例えば、解熱剤を用いるごときはそれである、何となれば、汚物を解溶せんが為の役目をする。その発熱を退散させんとするのであるからである。又、無理に汗を取る方法も同一の理で、これも、人為的解熱法であるから不可である。
岡田茂吉師論文です。 @takerukunn12
要するに、自然療法が、最も可いのである。この理を教えられて、それを信じた人達は、一文の金も要らず手数も要せずして、医療の時よりも、より速く順調に治癒するので、その意外に驚くと共に、大いに喜んでおり、風邪に対する恐怖から、解放された幸福に、感謝しているのである。
岡田茂吉師論文です。 @takerukunn12
又世人は風邪は万病の因と思い、風邪によって、各種の重患を喚び起すと信じているが、これも、非常な誤りである。又、医家もそう信じて、風邪に罹らないよう、実に努力しているのであるが、全く真相を知らないからである。そうして、重患に罹るという事は重患に罹るべき条件が具備して居って、
岡田茂吉師論文です。 @takerukunn12
いつ勃発するや知れないという時、たまたま風邪がそのチャンスを作るまでである。病気は一切汚物即ち膿汁滞溜の排泄作用であるから、一日も早く発生した方が、それだけ軽く済む訳である。随って、風邪によって発病する事は、むしろ歓迎すべきであって風邪に罹らなければ、幾分遅延して、
岡田茂吉師論文です。 @takerukunn12
発病するまでである。故に、発病が遅れれば、後れるだけ、より重症であるから反って不利であるのは、勿論である。  もし仮りに、風邪を予防し得たとしたら、いかん、それこそ恐るべきである。それは滞溜せる汚物の浄化が行われないから、肺臓及び肋膜炎等の疾患を起し易く、
岡田茂吉師論文です。 @takerukunn12
なお、頸部付近の汚物滞溜は、送血器能を圧迫するから、上部の高等器関〔官〕活動のエネルギーに、不足を生ずるので、その結果、脳貧血、眼、耳、鼻等の疾患が起り易くなるのである。近来激増せる、近眼、肺結核、神経衰弱等これが原因が多いのである。
岡田茂吉師論文です。 @takerukunn12
この真相が知識されたなら風邪こそ、実に重患予防としての、大浄化作用であるから少しも恐るるに足りないのである。これ故に近来流行するマスクは、誤れるのはなはだしいものである。又、年々増加の傾向ある、自殺は勿論多くの犯罪は、神経衰弱者が多いという事である。又、肺結核患者は現在、
岡田茂吉師論文です。 @takerukunn12
全国に百二十万人ありとせられ、死亡率も、一ケ年十万人を下らないと言うに到って、この病患の撲滅には、官民倶(とも)に、頭脳を悩ましているのであるから、この私の説のごとく、風邪を予防しない事によってこれらの疾患の、激減する事は、断じて、疑ないのである。
岡田茂吉師論文です。 @takerukunn12
伝染病恐るるに足らず 『栄光』164号、昭和27(1952)年7月9日発行  これから夏期になるに従って、諸種の伝染病が続出するとして、当局は大童(おおわらわ)になって、予防方法や色々な施設に懸命であるが、吾々からみるとまことに情ないのである。
岡田茂吉師論文です。 @takerukunn12
何となれば医学はその根本が分っていないからでもあるが、根本さえ分ってみれば何も心配も要らないばかりか、むしろ伝染病に罹ればそれだけ健康は増すのである。その何よりの証拠は伝染病が治ると当分は発(おこ)らないばかりか、病種によっては一生免疫となり、
岡田茂吉師論文です。 @takerukunn12
健康はよりよくなるのである。こんな事をいうと現代人は到底信じられないだろうが、それが真理だから、仕方がない。そこでその理由を詳しくかいてみるがこれを読んだなら何人もなるほどと合点がゆくであろう。  
岡田茂吉師論文です。 @takerukunn12
そもそも伝染病なるものは最も急速に行われる浄化作用であって、これ程結構なものはないのである。というのは今日の人間は非常に血が濁っている。この原因はいつもいう通り無暗に薬を体内に入れるからで、薬は元々毒であって、その毒が血液へ吸収されて濁血者となるのである。ところが
岡田茂吉師論文です。 @takerukunn12
濁血者は虚弱で病気も発り易いから、ここに自然はその濁りを排除すべき浄化作用が発るので、人体は実によく出来ているのである。  ところが面白い事にはその濁りを解消する作用として黴菌という微生虫が発生してその仕事をする。すなわち黴菌はその濁りの微粒子を喰いつつ繁殖するのであるからつまり
岡田茂吉師論文です。 @takerukunn12
濁血の不純物こそ黴菌の食物になる訳で、殖菌作用ではなく食毒作用である。  右のように浄化作用が起るという事は、人間ばかりではない。地上一切の物に対しても同様で、これが万有の原則である。すなわち暴風雨も、雷火も空間の浄化活動であり、
岡田茂吉師論文です。 @takerukunn12
戦争も、火災も、洪水ももちろんそれである。従って人体も血液が濁れば浄化が発るのは、自然の生理作用であるから、伝染病に罹らないようにするには血液を濁らせない事である。では浄血者になるにはどうすればいいかというとはなはだ簡単である。すなわち薬を用いなければいい。
岡田茂吉師論文です。 @takerukunn12
伝染病は恐ろしくないばかりか、健康上必要なものである。そうして本教浄霊の意味であるが、浄霊とは黴菌の食物である血液の濁りを解消してしまう神力であるから、黴菌の食物がない以上、たとえ伝染しても繁殖出来ず、死滅してしまうのは当然でこれが根本的伝染病防止法である事が分るであろう。
岡田茂吉師論文です。 @takerukunn12
伝染病に罹ったら大変だ、外出から帰ったら必ず含嗽(うがい)しろ、手を洗えなどと面倒臭い事を言ったり、マスクを掛けさしたり、実に五月蝿(うるさ)い話である、政府は政府で、毎年何百億の無駄な金を使って大騒ぎをしたり、お医者はお医者で、年中七難しい顔をして、顕微鏡と
岡田茂吉師論文です。 @takerukunn12
首ッ引きであったりしている有様は、吾々からみれば可哀想どころか、馬鹿馬鹿しくてお話にならないのである、このような訳で吾々と世間との違いさはスッポンとお月様どころではない、何と言っていいか言葉は見付からないくらいである。  
残りを読む(13)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする