フランス自閉症論争 パッキング(packing)療法の周辺

精神科医 schizoophrenie 氏と、フランス在住の Artamika 氏のやり取り。
7
schizoophrenie @schizoophrenie

Quand une psychanalyste rend les mères responsables de l'autisme http://t.co/aszDdkYb 仏自閉症論争続報(まだやってたの…)レクスプレス紙は、ラカン派分析家が自閉症は母親に責任があると(続く)

2012-05-28 21:24:25
schizoophrenie @schizoophrenie

(承前)はっきりと言っている未公開インタビュー映像+その書き起こしを公開。そしてもりあがるフランス自閉症関係者…という構図。精神分析は心因論ではない、と何度いえばわかってくれるのでしょうか。

2012-05-28 21:27:04

参考のために、過去のtweetから「構造因」について。


schizoophrenie @schizoophrenie

それと@ueyamakzk さんにリプライしておくと,「発達障碍は、脳髄の器質的な理由によって生じているとされるので「社会が発達障碍化している」といった議論は…最初から社会的・政治的要因を織り込んだ話」という点に関しては,…

2011-12-31 13:10:10
schizoophrenie @schizoophrenie

分裂病も,その概念ができたときにはすでに「未知の器質性疾患」であり,内因性endogèneと言いますけどそれは実のところ「謎の外因性crypto-exogène」です.現代の認知主義はこれを外因性疾患に還元しようとしていますが,社会や環境を含んだ「構造因」の観点を私は重視します.

2011-12-31 13:13:56
schizoophrenie @schizoophrenie

暴論をいうと,19世紀に梅毒による進行麻痺の増加と前後して,もし独特の社会の変化との関連が指摘できればそれを「社会の進行麻痺化」と呼ぶことだって可能なはず.病の流行にだって社会的原因があるはずだから.それがどんなものかといわれても皆目見当はつかないけどね…

2011-12-31 13:19:56
schizoophrenie @schizoophrenie

『人格との関係からみたパラノイア性精神病』 http://t.co/GdXD0aDW のラカンの立場は構造因を考えるにあたって極めて示唆的.彼は精神病の原因を決してひとつのものに還元せず,むしろ因果性そのものの質を問うことによって複数化している.

2011-12-31 13:24:18
schizoophrenie @schizoophrenie

1.精神病の発病を規定する「偶発因」:これは中毒や内分泌障害といった器質的原因で,これによって発病が促進される. 2.症状の構造を決定する「作用因」:生活上の葛藤が妄想のただなかに直接的に表現される. 3.精神病反応を決定する特異因:超自我の生成の停止.

2011-12-31 13:26:50
schizoophrenie @schizoophrenie

1950年代のラカンが精神病の「構造因」として「父の名の排除」を論じたとき,これは先の3つの原因をすべて織り込んだものとして読むべきなのです.だからラカンは器質因も排除していない.脳の器質的異常と,社会と精神のシステムすべてが交錯するところにあるのが彼のいう「構造」.

2011-12-31 13:29:50
cf.本 togetter 編者の立場: http://bit.ly/yfvIr6

以下、もとのtweetに戻ります。


schizoophrenie @schizoophrenie

しかしこの公開された映像…見てもらえればわかりますが、エステラ=ソラノ・スアレ女史(ラカン派分析家)が水を飲みたいと言って、マイクを外している最中(つまり休憩中)にもかかわらずカメラを回し続けて撮っていたものを出してきている…。最初から最後まで下衆ですこと…。

2012-05-28 21:35:25
Esthela Solano-Suárez 氏。
schizoophrenie @schizoophrenie

これまで書いてこなかったけれども、フランスの自閉症患者団体の反精神分析、反パッキングのプロモーションのやり口には犯罪すれすれの事件まであった。患者団体「自閉症を克服するVaincre l’autisme」は、社会党の有力者マルティーヌ・オーブリー手紙を捏造したのである。

2012-05-28 21:44:08
マルティーヌ・オブリー http://bit.ly/JpZeS6
schizoophrenie @schizoophrenie

それがこれ。2011年9月28日のオーブリーの手紙。この手紙のなかで彼女は「自閉症を他の精神疾患と同一視」することや「パッキングというひどい実践」に遺憾の意を表明している。社会党の有力者が反精神分析、反パッキングの立場を取るということだ。http://t.co/hCig46lR

2012-05-28 21:46:56
schizoophrenie @schizoophrenie

しかし、この手紙は患者団体による捏造であった。2011年12月24日、オーブリーは先のパッキング批判の手紙は,彼女が書いた「草稿」に,彼女の許可なしにパッキング批判の文章が付け加えられたものであり,彼女自身は特定の治療法を支持しているわけではないと説明している。

2012-05-28 21:48:16
schizoophrenie @schizoophrenie

オーブリーの弁明の手紙がこちら。 http://t.co/qRvWXm09 参考:Notice explicative sur les derniers évènements à propos du packing http://t.co/scqEDtMl

2012-05-28 21:49:54
手紙のあて先は、ピエール・ドゥリオン(Pierre Delion)医師。 パッキング療法の中心的な唱道者。http://bit.ly/LA7lvv
ドゥリオン医師の著書: http://amzn.to/N04z5R http://amzn.to/N04iQC あるいは:http://amzn.to/LvgplV

フランス在住の方とのやり取り


Artamika @Artamika

@schizoophrenie 初めまして。私はオブリー氏が市長であるリール市在住日本人ですが、仏人の夫との間にもうけた三人目の子供(男児、現在12歳半)が自閉症児であり、長年hôpital du jour にて、治療や進学相談に関してお世話になりました。

2012-05-28 21:58:03
Hôpital de jour http://bit.ly/Jq0GUG 日本とは制度が違いますが、要するに「デイホスピタル」でしょうか。http://bit.ly/MZYXIM フランスは日本に比べ、はるかに充実した医療サービスの体制を整えているようです。私は住んだことがありませんが、「敷居が高くない」らしい。
schizoophrenie @schizoophrenie

@Artamika そうでしたか。我々の所には先日までリールから留学生が来ており、フランスに帰国したらパッキングが出来なくなっていたという話を聞きました。行動療法も含め精神分析やパッキングも、適材適所で用い、治療にも多様性があることが望ましいと思うのですが、軋轢が大きいようです。

2012-05-28 22:06:38
残りを読む(23)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?