アニメ監督・幾原邦彦氏、「届く言葉」について語る

『輪るピングドラム』『少女革命ウテナ』などの監督をされている幾原邦彦さんが「届く言葉」というのは何かについてつぶやかれたものをまとめさせていただきました。 愛は躊躇わないこと!悔やまないことさ!
14
幾原邦彦 Ikuhara Kunihiko @ikuni_noise

『さらざんまい』とか『ユリ熊嵐』とか『輪るピングドラム』とか『少女革命ウテナ』とか『ノケモノと花嫁』とか。リプライは気まぐれに。オフィシャルHP『IKUNI.net

ikuni.net

幾原邦彦 Ikuhara Kunihiko @ikuni_noise

目の前の人が「頷いている」からといっても、それは必ずしも「言葉が届いている」わけじゃない。

2012-08-21 17:49:27
幾原邦彦 Ikuhara Kunihiko @ikuni_noise

「届く言葉」というのは、一方が発する「これ正しいですよ」とか「あなたの為ですよ」などという言葉のことではない。

2012-08-21 17:51:56
幾原邦彦 Ikuhara Kunihiko @ikuni_noise

まずは先方の「屈辱」や「悔しさ」に自分が共感できなければならない。「先方のその部分への共感」が自らの中に芽生えない限り、こちらの言葉も決して先方には届かない。「届く言葉」を発するということは「自分こそが試されている」ということ。

2012-08-21 17:58:36
幾原邦彦 Ikuhara Kunihiko @ikuni_noise

「なぜ言葉が届かない!?」と思うこちら側が、案外「あなたの為だよ」的な「上から目線」で言葉を発したりしている。試されているのは、いつでもこっちなのだ。

2012-08-21 18:18:49
幾原邦彦 Ikuhara Kunihiko @ikuni_noise

「愛」が試されているのです。 RT @Boyakim: @ikuni_noise 誰にでもサッとアンパンを与えているアンパンマンにも葛藤があるんじゃないかと思います最近

2012-08-21 18:30:33
幾原邦彦 Ikuhara Kunihiko @ikuni_noise

愛が何か分からない人はギャバンの歌を聴いてください(ω)

2012-08-21 18:32:02

コメント