2012年9月16日

茂木健一郎(@kenichiromogi)さんの連続ツイート第717回「アダムスキーの円盤と、応挙の幽霊」

脳科学者・茂木健一郎さんの9がつ16日の連続ツイート。 本日は、昨日のおもしろかったこと。
10
茂木健一郎 @kenichiromogi

しゅりんくっ! ぷれいりーどっぐくん、おはよう!

2012-09-16 06:01:18
茂木健一郎 @kenichiromogi

連続ツイート第717回をお送りします。文章は、その場で即興で書いています。本日は、昨日のおもしろかったこと。

2012-09-16 07:04:42
茂木健一郎 @kenichiromogi

あお(1)昨日、山梨の日川高校で講演した。スーパーサイエンスハイスクールである。質疑応答の時間になって、でかい身体の男の子がおずおずと立って、「あのう、ぼく、オカルトに興味があるんですけど」と言う。「幽霊とかに興味があるんですけど」「脳科学的にどうですか」と聞く。

2012-09-16 07:06:04
茂木健一郎 @kenichiromogi

あお(2)「あっ、そうなんだ」と言った。完全に想定外の質問だったが、こっちにも作戦がある。「君さ、二十世紀最大のクリエーターは誰だと思う?」と聞いた。「はあ」「クリエーターって、わかるよね。新しいもの作る人。ぼくは、二十世紀最大のクリエーターの一人は、アダムスキーだと思う。」

2012-09-16 07:08:22
茂木健一郎 @kenichiromogi

あお(3)男の子は、きょとんとしている。「アダムスキーってさ、何を作った人か知っている?」「いや、ちょっと、わかりません」「あのさ、宇宙人が乗ってくるやつあるじゃない。」「UFOですか?」「そうそう、その、空飛ぶ円盤をつくったのが、アダムスキーという人。」

2012-09-16 07:09:49
茂木健一郎 @kenichiromogi

あお(4)「アダムスキーがさ、空飛ぶ円盤の写真を撮ったんだよね。というか、はっきり言うと、捏造したんだよね。だけど、その姿が人々の印象に強く残ったから、それから、いろいろな人がアダムスキー型の円盤を見るようになった。空飛ぶ円盤は、実際にはないよ。想像で人間がつくるんだ。」

2012-09-16 07:11:45
茂木健一郎 @kenichiromogi

あお(5)「面白いと思わないか。アダムスキーがさ、空飛ぶ円盤を捏造すると、それまでそんなもの見たことがなかった人たちが、次から次へと空飛ぶ円盤を見た、と言い出す。人間の想像力って面白いね。ぜんぶ脳がつくった脳内現象だけどね。くわしくは、『脳と仮想』という本に書いてあるよ。」

2012-09-16 07:12:54
茂木健一郎 @kenichiromogi

あお(6)男の子との会話をさらに続けた。「君さ、幽霊って、どんな格好で出てくるの?」「さあ。」「たとえばさ、恨みを持って死んだ女の人が幽霊で出てきたら、どんな感じ」「こうですか?」男の子は、自分の身体の前で、両手をだらりと垂らした格好をする。「そうそう、それ!」

2012-09-16 07:14:14
茂木健一郎 @kenichiromogi

あお(7)「その幽霊の格好をつくったのが、円山応挙という人。応挙が、だらりと手を足らした幽霊の絵を描いたから、人々がそういう幽霊を見るようになった。足がないっていうのも、同じ。面白いね、人間の想像力は。一人のクリエーターが作ったビジョンが、後世を支配するんだからね。」

2012-09-16 07:27:47
茂木健一郎 @kenichiromogi

あお(8)「空飛ぶ円盤も、幽霊も、科学的には存在しないよ。そんなものはない。だけど、人間の脳の中には、あるね。脳内現象としてね。それは、想像力が作り出したもの。でも、その想像力の中でも、説得力のあるものとないものがあって、説得力のあるものだけが、残っていくんだね。」

2012-09-16 07:16:48
茂木健一郎 @kenichiromogi

あお(9)アダムスキーの空飛ぶ円盤と、応挙の幽霊。そのような想像力が、男の子が興味を持っているという「オカルト」の文化をつくっていく。素朴にそういうものが存在すると信じているのもいいけれど、成り立ちを考えるともっとおもしろい。脳は案外不安定で、ないものを見ちゃうからね。

2012-09-16 07:17:56
茂木健一郎 @kenichiromogi

以上、連続ツイート第717回「アダムスキーの円盤と、応挙の幽霊」でした。

2012-09-16 07:18:31

コメント

とし @toshihiro36 2012年9月16日
まとめを更新しました。
0
ワス @wsplus 2012年9月16日
ハウニヴをパクって「オレ考えた」で有名になった人という印象が強い
0
ののまる @nonomaru116 2012年9月22日
たしか「応挙の幽霊」には円山応挙の真の落款が入ったのが存在しないので、日本美術の世界では「応挙が描いた幽霊の絵」は存在しないということになっているとか。
0