アマヤドリ(ひょっとこ乱舞改め)『幸せはいつも小さくて東京はそれよりも大きい』

作・演出:広田淳一 出演:中村早香、松下仁、笠井里美、田中美甫、糸山和則、渡邉圭介、稲垣干城、小角まや、榊菜津美 2012年10月13日(土)〜16日(火)[全4ステージ] 元・立誠小学校 音楽室
舞台芸術 広田淳一 playdom 杉原邦生 kyotoexperiment ひょっとこ乱舞 アマヤドリ
0
高間響 笑の内閣 新作オンライン演劇「信長のリモート・武将通信録」6月中旬配信予定 @hibiki_takama
私は脚本家だから、自分では思い付かない台詞や、思いついても(これを発表したら一部のお客様を傷つけちゃうとか、友達から嫌われそうとかいう理由で)書けない台詞をバンバン書ける脚本家は凄いて思うからアマヤドリは面白かった。言い訳がましいのが良い
高間響 笑の内閣 新作オンライン演劇「信長のリモート・武将通信録」6月中旬配信予定 @hibiki_takama
で、アマヤドリさんを見て来て図々しくも飲み会まで参加してきたのです。主宰の広田さんは非常に近い視点を持ってた。道産子ガールもいた。シアターZOOにぽんプラザと遠征先が一緒なのも盛り上がった
nyorokirin @nyorokirin
いつもイラついてみせる、どこまでも冷ややかで常に不機嫌な態度を絶やさない。恋愛も友情も結婚も薄寒い。日常会話の回転スピードばかりが高まりきっている。あまりにも強烈な孤独と負のストローク。そこに現代の東京の若者を感じる。#幸せはいつも小さくて東京はそれより大きい アマヤドリ
吉永美和子 @Yoshine_A
アマヤドリ『幸せはいつも小さくて…』にしても、話の中心となる男子と女子がホントに「絶対共感できないけど完全否定もできない」っていう、絶妙なキャラだったなあ。歪んだ愛というのは、元を正せば純愛の形を変えたものなのだなあと、改めて感じることができました。明日15時が千秋楽公演だよ。
吉永美和子 @Yoshine_A
アマヤドリ『幸せはいつも小さくて東京はそれよりも大きい』歴代のKEXフリンジ作品で、これほど気持ち悪い関係性をキチンと描ききった作品は初めて観たかも。全編リアルにやられたら相当居たたまれなかっただろうけど、随所に入るダンス風のポップな演出がうまく緩和してたと思う。
キム @kimu_kimura
みんながミナホやFFに行く中僕は一人で京都に足しげく演劇やらを観に行ったりしてるのですが今日観た演劇はめちゃくちゃ良かった アマヤドリという劇団 普段は東京でしかやってないのが残念 明日まで京都でやってるので暇な人は観に行けば良い
小沢修司 @thunderbird_oz
アマヤドリの余韻に浸りながら、プラプラと歩いて帰宅。気持ちのいい爽やかさ。また一つ、いい劇団と出会った。今回のKEXで出会った東京の劇団たち。競泳水着、ニッポンの河川、アマヤドリ、そして(10日後の)締めのポツドール。東京に行く楽しみが増えた。さて、朝作っておいたおでんを食うぞ。
是常祐美(シバイシマイ) @Garam_M
アマヤドリ「幸せはいつも小さくて東京はそれよりも大きい」観劇。吐き気がするほどおもしろかった。あんな演出したい。2000円は安い。京都おもしろい。東京こわい。心のざわざわがおさまらない。明日で最後らしい。京都で15時やけど、観られる人は観たらいい。
a k i r a _ g o t o @akira_goto
アマヤドリ『幸せはいつも小さくて東京はそれよりも大きい』@元・立誠小学校音楽室。監禁させるオンナと、監禁させられてしまうオトコ。いろんな過去を背負い孤独に生きる魂たちの相互作用?ラス前の味噌汁を巡る二人のすれ違いが哀しい。っつーか、誰か止めてやれよ…。 #engeki 明日まで。
小沢修司 @thunderbird_oz
アマヤドリ「幸せはいつも小さくて東京はそれよりも大きい」@元・立誠小、観劇。こころの中にある狂気、フツーって何だろう?戦慄の内容なのに何故か清々しい。爽やかな気分。よかった、クセになるとスタッフのHさんに話した。それにしても、声がいい。すばらしい役者たち。ほんと、クセになる。
にさし あむやら @2990say8
素直に面白いと感じた 何だろ?私が好きそうな内容だったのかな? ちょっと話が説明的に感じたけれど、だからこそ探らないでいい芝居だった いや、もちろん何が言いたいのかは探るけど… 見やすかった! とかとか色々思う今夜はアマヤドリ見てきました^^
藤村弘二 @ko_fuji
元・立誠で公演してる、アマヤドリの余韻がまだ残るような気分。もしお時間有れば皆さん、是非! 確か、今日は19時~で明日は15時~だった筈(^_^;)
木ノ下裕一 @KINOSHITAyuichi
そうそう!昨日、KEX のフリンジ、アマヤドリさんを拝見したのだけど、いい作品でしたよ~!とにかくね、演出がどれも明確で、迷いのない完成度!それが清々しかった!フリンジ共通の美術コンセプトも巧く作品に取り込んでおられたし、練りに練られた作品!公演は明日までかな。おすすめです!
石田1967は全力ツイート @LINXS1967
アマヤドリ「幸せはいつも小さくて東京はそれよりも大きい」観劇。 相反する局面を、 右と左、前と後ろ、東と南、男と女、追う者と追われる者、傷つける者と傷つけられるも者と軽やかに裏返り、元通りになる。 仮想現実と現実のハザマであることの違和感を伝えられる不可思議なバランス感覚が素敵。
での @megu3ringo
昨日は京都に アマヤドリ という団体さんの演劇を観てきました。わたしは好きでした。
小やなぎ @koya0317
アマヤドリの女性陣も、ロロと同じく美人揃いでしたなあ。せっちゃんの可愛らしい声と、クミコの掠れた声が好きだった。あの2人はほんとに年齢不詳w成人してる....よな....??
小やなぎ @koya0317
昨日、企画説明会のあと演出家フォーラムいってきた。見たことある劇団の演出家、脚本家、役者等々のお話を聞けてよかったー!そのあと、実行委員のメンツとアマヤドリ二回目見に行ってきましたよーい笑 今度は一度目より前の方の席で見れたので、役者の表情がよく見えてよかった
@nino_halu
昨日のアマヤドリは、おもしろかったし演出とか雰囲気が好きだった。こういうことあるよなーってなにかと共感してしまうことも多かった。
伊藤元晴(イトウモ)/LOCUST所属 @gomzo__i
多分距離感のなさが嫌なんだと思う。狭くて、自分で作った言葉(ルール)を盲目的に信じて、それを(半無意識に)他人に迫ってくる傲慢さ、強制。それは警察とか学校の先生のそれに近くて、その表現の中での奥行きのなさ、対話のなさ、批評のなさへの嫌悪だと思う
伊藤元晴(イトウモ)/LOCUST所属 @gomzo__i
アマヤドリは正直、そんなに苦手でもない。まだ大丈夫、ましな方だったと思うけど、そういう類のものの何がそんなに嫌いなのか、考えていた
伊藤元晴(イトウモ)/LOCUST所属 @gomzo__i
それがなんでこんなに嫌か考えて、あれは一種の独り言だと思った。会話をしながらも自分へ、作者へ、作品の内側へと向けられる言葉。どうでもいい会話で笑がとれない原因はそこだと思う。主演の役者さんはおそらく唯一、客に届くような話し方をしていたと思う。その人の言葉は愛嬌をもって聞こえたけど
伊藤元晴(イトウモ)/LOCUST所属 @gomzo__i
アマヤドリ『幸せはいつも小さくて東京はそれよりも大きい』始まった瞬間、台詞の吐かれ方を聞いて生理的に、「あ、これは嫌いだ」と思ってしまった。たまにそう思ってしまう。芝居だと、悪い芝居、クロムモリブデンの一部、木ノ下歌舞伎の杉原さんの演出、映画だとスザンネ・ビア、「悪人」(続く
TAKU @khkh0101
おはようございます(^^) 大阪最高気温26° 少し冷んやりしてきました♪ 昨日は京都に行ってアマヤドリ観劇! 人間の心情を描いた作品で色々と考えさせられます♪ 関西にはあまりない雰囲気のお芝居で愉しめます!大阪でも公演して欲しいなぁ♪火曜日まで!京都の元・立誠小学校!
竹子 @takeko_pink4
京都エクスペリメント。アマヤドリさん観て参りました。役者さんたち素敵…。帰りしに少しですがお話を伺えて嬉しかった。
あややん @amygdalin_mp
あとアマヤドリさんの『幸せはいつも小さくて東京はそれよりも大きい』観に行きましたが、感想はまた明日。でも敢えていま簡単に言っておくと、あんな丁寧なつくりのお芝居を観られて良かったです。
残りを読む(25)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする