10周年のSPコンテンツ!
1
EC@main account @ericcarpton7
佐賀県鳥栖市に来春開業予定の九州国際重粒子線がん治療センター(サガハイマット)は、開業に必要な資金150億円のうち28億7千万円を金融機関からの借り入れで賄うことにした。当初の資金計画では融資なしで調達する想定だったが、 http://t.co/f9i4o7lu
EC@main account @ericcarpton7
民間からの寄付と出資が目標通りに集まらず、計画を見直した。佐賀県によると、佐賀銀行をメーンに佐賀共栄銀行、佐賀信用金庫など10金融機関が融資グループを結成。施設の運営財団に15億円、施設を建設・管理する特別目的会社(SPC)に http://t.co/f9i4o7lu
EC@main account @ericcarpton7
13億7千万円を貸し付ける。返済期限は15年で、利率は3.5%。また、SPCは国が所管する財団法人・民間都市開発推進機構から13億円の出資を受ける。出資金は20年以内に全額返済することになっている。この出資を含む借り入れの返済は、 http://t.co/f9i4o7lu
EC@main account @ericcarpton7
開業後の医療収入で賄う予定。資金調達は当初、寄付88億5千万円、出資41億5千万円、佐賀県の補助金20億円を想定していたが、今回の融資や佐賀、福岡県からの新たな補助金などにより寄付58億2千万円、出資28億円、補助金34億2千万円に変更 http://t.co/f9i4o7lu
EC@main account @ericcarpton7
した。ただ、寄付については9月末現在、入金が約19億円にとどまっている。 http://t.co/f9i4o7lu 早稲田佐賀中高同様に、九州電力の寄付頼みの事業だし、福島第一原発事故や景気悪化関係なく、そもそも計画が無茶だったようにすら感じます。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする