編集可能

黒猫物語外伝(DNSポイズニング編)

DNSポイズニングを、黒猫が主人公の物語(DNSの動作説明)に付け加える形で説明されています。本編→ http://t.co/YyQU3UWQ
1
ゆうぞら @gaolay

DNSを壮大に映像化! "メールを届けるための一瞬の間に、こんな壮大なストーリーがあったのですね! 「黒猫と不思議な旅.jp」" http://t.co/YyQU3UWQ http://t.co/JsZuiKjP

2012-12-09 15:01:29
T-4 @horothewolf

人と違ってコンピュータはアドレスを右から読む(そして実は右端には頂点を示すドット「.」がある)というのは、DNSの設定をした事がある人には当たり前の事なんだけど、改めて物語にされると壮大だね。だからこそDNSブロッキングはインターネットに付いた汚物に他ならない。

2012-12-09 16:05:58
T-4 @horothewolf

右から読んで行って、普段は省略されている「.」が始まり、つまりルートサーバである賢者。この人にjpを知ってる人って聞く、次にjpを知ってる人に、aって何処?、次にaにbと「.」が無くなるまで聞いていく。最後に@の左側はうちに住んでるよという人までたどり着く仕組みがDNS。

2012-12-09 16:10:17
T-4 @horothewolf

賢者であるルートサーバは世界13か所にいる(13人ではない)。黒猫はこの賢者の居場所を知っている必要がある。13箇所のうちの一つは日本(202.12.27.33)である。

2012-12-09 16:19:30
T-4 @horothewolf

黒猫は、一度覚えた届け先を暫くは覚えている(DNSキャッシュ)。すぐに友達が引っ越すことは普通はないからだ。手紙の届け先を教えてくれる人たちは正直である。嘘はつかない、そう黒猫は信じていた。しかし、嘘をつく案内人が現れたのである。友達への手紙は悪人に没収されてしまった…

2012-12-09 16:22:16
T-4 @horothewolf

友達に送ったはずの親愛の情に満ちた手紙は盗みとられ、代わりに出会い系サイトの請求書の請求書が代わりに返って来た。友達のブログを開いてもピーなサイトにしか行けない。少女は悲しみにくれ、黒猫はネコ鍋にされてしまった…。「どうしてこうなっちゃったの」(DNSキャッシュ汚染攻撃)

2012-12-09 16:25:44
T-4 @horothewolf

あなたの黒猫、騙されてませんか? あなたの手紙が、あなたの真の友達に届くのも、あなたの黒猫が正しい住所を教えてくれるからです。あなたの黒猫を守りましょう。JPドメインは対応済み! DNSSECを普及させよう! http://t.co/dgDBlotJ

2012-12-09 16:49:37

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?