Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2012年12月27日

遠藤卓司が振り返る「『天羅万象』誕生の頃」

Jコミ(http://www.j-comi.jp/)にて井上純一先生(@keumaya)の処女作『天羅万象』(初版)が復刻されました。当時スタッフとして関与されていた「ルールシステムマイスター」遠藤卓司先生(@takujiendo)が開発当時、そして井上先生との出会いを振り返っておられます。
32
遠藤卓司@東京 @takujiendo

深夜ですし、ちょっと思い出がたりなんぞを。天羅ってものとの馴れ初めは、もう20年近く前になりますか。井上純一が描いて、RPGマガジンで賞をとったイラスト、「骨の時代」になります。……ってイラストタイトル覚えてるよ。自分でびっくりだ。

2012-12-27 01:42:43
遠藤卓司@東京 @takujiendo

思えば、あの時にはもう、井上の中に天羅の萌芽があったのでしょう。まぁ、途中は飛ばしますw 彼と自分が所属していたサークルで彼はラフイラストを広げたのです。「新しいRPGを作ろうと思っているんだ」と。

2012-12-27 01:46:46
遠藤卓司@東京 @takujiendo

後の金剛機のイラストとヨロイ、ヨロイ狩りのイラストだったと思います。ショックを受けましたねー。その一方で、ムクムクと俺の中でもうひとりの俺が叫んだのです。「今が、その時だ!」

2012-12-27 01:50:18
遠藤卓司@東京 @takujiendo

高校2年の頃に、TRPGを始めたんですが、その年の終わりまでには、これを俺の職業にしようと決めていました。TRPGを、この楽しい、楽しすぎる遊びを提供する側になろう、と。その時、すべての歯車ががっちりと噛み合いました。

2012-12-27 01:53:12
遠藤卓司@東京 @takujiendo

「骨の時代」を視たときに、俺は、この名前も知らない男との縁を、彼と友達にならねばならないと感じました。ラフイラストを視たときに、これだ。いま、この世界を彼ら(サークルのメンバー後の天羅制作チームです)に感じさせよう。この変な時代劇の世界をこの場に再現しよう。それが、できれば、俺は

2012-12-27 01:56:13
遠藤卓司@東京 @takujiendo

「俺は、TRPGを提供するプロになれる!」 自分がTRPGのデザイナーになることには、奇妙なことに確信がありました。その手順が見えたのです。寝る間も惜しんで一週間で、金剛機と侍(サムライではないですw)のデータを某TRPGを改造してそろえて、セッションをしました。

2012-12-27 01:59:49
遠藤卓司@東京 @takujiendo

最初のテストプレイ天羅万象Aバージョンのデビューです。セッションを終えた後、井上は、天羅万象のコンセプトを掲げました。これが天羅のはじまり、そこから4年掛けて、俺の予定(××歳までにはプロになれるだろう、なぜかそう思ってました)から遅れること約三年。

2012-12-27 02:04:40
遠藤卓司@東京 @takujiendo

天羅万象は生まれました。いま、Jコミさんで、DLできる天羅が、どうしようもないほどに歪で、カミソリのように切れる。そんなTRPGが生まれたのです。これがTRPGデザイナーとしての最後の仕事でもかまわない……いや、最後の仕事でいい。そんな思いで作り上げました。

2012-12-27 02:08:36
遠藤卓司@東京 @takujiendo

その後、社長(鈴吹太郎)に「今、FEARに入ったら、新しいN◎VAを作らせてやる」と言われて拾われた俺は、今もTRPGを作っているわけです。何かがひとつでも狂っていたら、こうはならなかった、と思います。だから、天羅万象のはじまりと自分の縁を運命を感じずにはいられませんね。

2012-12-27 02:13:27
遠藤卓司@東京 @takujiendo

これが当時、エヴァンゲリオンが社会現象になっているときに、「エヴァはスゲェよ、俺もこんな作品を作りたい」と言っている井上に、「何言ってやがる、今、作ってるじゃネェか!」と傲慢にも言いはなった俺の思いでであります。

2012-12-27 02:16:49
遠藤卓司@東京 @takujiendo

あ、しまった。コレを書いておかないと格好良すぎる。井上と初めて会ったのは菊池たけし先生のファンの集い的オフ会でした。新宿の滝沢で、井上、その時に、自己紹介代わりに「骨の時代」の原画を持ってきてて、直接見せてもらったのですよ。生のイラストの迫力は半端なかったw

2012-12-27 02:24:19
遠藤卓司@東京 @takujiendo

今でも、明確に覚えている。「コイツはすごいぞ、俺の人生に二度と現われない男だ」、稲光が走ったようにそう感じた。まぁ、たぶん、まちがってなかった。その後に、美人の嫁さんをもらっていちゃいちゃして金を稼ぐような男になるとはまったく思ってなかったけどwww

2012-12-27 02:28:35

コメント