Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2013年1月2日

架空CIS国家ワンコスタン妄想

lowen_loweさんの想像した架空国家ニャンコスタンの隣にこんなヒューマノイド国家があるんじゃないか的妄想。
14
現場猫教授 @Dr_crowfake

にゃんこスタンの隣にはワンコスタンという国があって、犬耳系民族が住んでる。犬なので、強いリーダーに従いその下に結束する社会性と、優れた身体能力をもって中世期には大陸を支配したものの、わんこ同士のアルファ闘いで国が分裂し、いまでは辺境の1小国。だけど国民は尚武の気風に溢れてる。

2013-01-02 03:31:22
現場猫教授 @Dr_crowfake

ワンコスタン国民はアルファと呼ばれる指導者の下、結束して外敵から自らを守っているが、自分たちより強い連中には従うという悲しい種族的特性があり、長らく被征服民族に甘んじていた。しかし彼らを支配していた超大国の支配が緩んだ後、ワンコスタン復興主義が勃興し近隣諸国の脅威になっている。

2013-01-02 03:33:59
現場猫教授 @Dr_crowfake

近隣のニャンコスタンとは険悪な関係にあり、互いに軍事拡大競争をしているが、今のところ全面的な戦争に至るほどではない。ニャンコスタンのゲリラ戦術や優れた装備の前に、ワンコスタンは一歩遅れを取っているのが現状だ。しかし昨今国境地域で有力な資源が発見されたため、緊張は激化している。

2013-01-02 03:36:14
現場猫教授 @Dr_crowfake

ワンコスタン国防軍はピラミッド上の指揮系統を持つ上位下達システムで、現代のデジタル戦争には対応していない。しかし、旧東側の兵器を大量に保有しており、大祖国戦争でも剽悍な戦いぶりを見せたその武勇は一定評価されている。

2013-01-02 03:38:03
現場猫教授 @Dr_crowfake

ワンコスタンは連邦が破滅的危機に陥った時、義勇兵団を供出し、多くの犠牲と引換に無数の勲功を上げた。それは彼らが連邦指導者を最強の「アルファ」と信じたからであり、それに従うことが遺伝子レベルで刻み込まれていたからである。だが連邦なき後、勢力の空白で我こそ最強と任ずるようになった。

2013-01-02 03:40:11
現場猫教授 @Dr_crowfake

ワンコスタンにおいては強いものが弱いものを支配するのは当たり前であり、そのため自身より弱者である存在には容赦しないし、絶対的な服従を要求する。その性質が、彼らをして中央大陸の覇者となし、そして一度は隷従の身に甘んずることを余儀なくされた原因である。

2013-01-02 03:41:54
現場猫教授 @Dr_crowfake

ワンコスタン国民は犬耳を頭に生やしたヒューマノイドで、ニャンコスタン人と外見的にはさして変わらない。しかしそのメンタリティは対照的であり、ニャンコスタンとの対立関係は連邦崩壊後顕在化しつつある。

2013-01-02 03:43:22
現場猫教授 @Dr_crowfake

ワンコスタン国軍のMBTはリアクティブアーマーつけまくったT90が親衛部隊、T62が1線部隊、航空機はMiG-29やSu-27が親衛部隊として配属されてるが、主力は近代化MiG-21、23とか。みな集団行動に長けてるが、アルファを失うと脆いので、ニャンコスタンのゲリラ戦に手こずる

2013-01-02 03:46:34
現場猫教授 @Dr_crowfake

ワンコスタン人はニャンコスタン人より体格や環境適応性に優れているが、リーダー不在の状況で混乱を起こすことが多いため(たいていはサブリーダーであるベータが指揮を引き継ぐが、アルファほどの吸引力はない)、ニャンコスタンのアルファハンティング戦術で結構痛い目にあってる。みたいな。

2013-01-02 03:48:20
現場猫教授 @Dr_crowfake

現在ワンコスタン政府はプライムアルファ(政府主席)のもと、軍備近代化製作を進めており、東側武器依存状況から脱出して近代軍を編成することに力を注いでいる。産業的にも、アルファを中心とした結束により躍進を遂げており、新兵器の導入を可能とする資本を持つ。

2013-01-02 03:50:35
現場猫教授 @Dr_crowfake

ワンコスタンは中央集権・中央計画経済の政治経済体制だが、国民が上位者に積極的に従っていくので生産性は高いし国内の治安もよくまとまっている。しかしプライムアルファに独裁的な権限が集中した結果、官僚制の肥大による非効率化が政治経済分野で発生しており、下位アルファへの権限分与が課題。

2013-01-02 18:19:08
現場猫教授 @Dr_crowfake

ワンコスタンは資源輸出によりかなりの外貨を獲得している。レアメタル類と石油・天然ガスが主要輸出資源。自然環境は中央アジア気候で、計画的灌漑と牧畜が盛んだが、灌漑については塩害が発生しており生産性の低下に悩んでいる。

2013-01-02 18:22:28
現場猫教授 @Dr_crowfake

また、灌漑による農業は商品作物、特に綿に大きく依存しており、さりげに食料自給率はあまり高くない。現在のプライムアルファは食料自給率向上による食料安保の確立を目指してさらなる計画的灌漑を遂行しようとしているが、灌漑向きの土地があらかた商品作物に用いられているので困難に直面している。

2013-01-02 18:24:45
現場猫教授 @Dr_crowfake

ワンコスタンの軍制は徴兵制で、男子は2年の短期兵役を必ず課せられる。その後、軍に残るか民間に帰るかを選択できる。女子については志願制。尚武の気風と集団の結束を重んずるワンコスタンにおいては、徴兵制はそれらを涵養する伝統文化の一面であり、非合理であるが撤廃は困難だとみなされている。

2013-01-02 18:28:47
現場猫教授 @Dr_crowfake

ワンコスタン軍は短期兵役の予備部隊を多数抱えており、それらは各パック(彼らの最小社会集団)による郷土防衛部隊として定期的な訓練を受け続けている。郷土防衛部隊はほぼ民兵という程度の軽装備であるが、ワンコスタンはこれにより国民総武装といえるほどの量的軍事力を持つ。

2013-01-02 18:31:06
現場猫教授 @Dr_crowfake

しかし国防の要はあくまで常備軍であり、予備軍は防衛戦略においてさほど重視されていない。常備軍は完全機械化の少数の親衛部隊と、それに劣る装備を持つ一般部隊に分かれている。親衛部隊はワンコスタン防衛の要であり、選ばれし精兵が集まっている。

2013-01-02 18:35:02
現場猫教授 @Dr_crowfake

ワンコスタンの工業部門は全般的に旧式化しており、資源輸出による大規模な資本投入による近代化を進めているが、国家資本主義と官僚制の非効率のため、改革はゆるやかに進んでいる。また、軍事偏重の傾向があり、民需部門においては多くを輸入に頼っている。外貨が流出するのは悩みどころである。

2013-01-02 18:42:18
現場猫教授 @Dr_crowfake

上位下達を重んずる種族的特性のため、下位からのイノベーションが進まないのも、産業構造改革についての問題点である。

2013-01-02 18:43:49
現場猫教授 @Dr_crowfake

ワンコスタンの政治体制はプライムアルファ(政府主席)による独裁制。プライムアルファを政治局と書記局が支え、彼の意思を具現化するために忠実に従う。共産主義体制時代にはその方針は非常に有利に働いたが、現在では民主主義国家や民主主義思想への妥協と開発独裁を両立させる必要に駆られている。

2013-01-02 18:47:42
現場猫教授 @Dr_crowfake

ワンコスタンの政治局・書記局における政治抗争は基本的にあまりないが、プライムアルファの引退、失墜、死などの局面を迎えると抗争が顕在化する。次のプライムアルファになろうと、政治局・書記局のアルファたちが俄然動き始めるからである。それに勝ち抜いた者が次代のプライムアルファになる。

2013-01-02 18:51:05
現場猫教授 @Dr_crowfake

ただ、この抗争で負けた者たちはおとなしく負けを認めるので、新しいプライムアルファは彼らを粛清することはあまりない。しかしながら、力量の伯仲するアルファ同士の熾烈な戦いになったときは話が別である。敗北したアルファは粛清され、その下のベータたちも危険分子として粛清あるいは失脚する。

2013-01-02 18:53:19
現場猫教授 @Dr_crowfake

ワンコスタン空軍はニャンコスタンの空軍に練度装備ともに劣っているので、現在親衛航空連隊・航空師団向けのFX調達を真剣に考えている。いきなり全てをアップグレードできないので、さてどこから手を付けようかと迷っているところ。

2013-01-02 20:02:00
現場猫教授 @Dr_crowfake

第3次ニャンコスタン紛争の時は空軍がニャンコスタン側の数倍の被撃墜率を計上し、ミサイルコンプレクスでどうにかしのいだが、結局勝てなかったので空軍は白い目で見られており、空軍は名誉挽回に躍起になってる。なのでワンコスタンの強硬派は空軍に多い。

2013-01-02 20:06:44
現場猫教授 @Dr_crowfake

現在のプライムアルファは大ワンコスタン主義の強硬派なので、陸軍穏健派のアルファの中には第4次ニャンコスタン紛争の危険を懸念する者たちもいる。陸軍のトップで第3次ニャンコスタン戦争の英雄として人気もあるワンコスタンのナンバー2・ラジ将軍は密かにクーデター計画を狙っている。

2013-01-02 20:11:14
現場猫教授 @Dr_crowfake

親衛航空連隊だけでSu-27・MiG-29合計36機保有、航空師団はMiG21/23を100機くらい持ってるのに、ニャンコスタンの空軍に手も足も出ないワンコスタン空軍……。宝の持ち腐れ……。

2013-01-02 20:41:52
残りを読む(5)

コメント