1/21放映のフジTVとくダネ!の「無謀な山スキー」の内容文字起こし

録画したものから文字起こしに挑戦。 なるだけ忠実になるよう、画面キャプチャも多用しています。 なるだけ公平に記載すべきなのですが、文中にDQNとか書いてしまってるかもしれませんw
Lynn_Kato 14332view 6コメント
7
ログインして広告を非表示にする
  • はじめに

    このまとめは、2013年1月21日にフジテレビとくダネ!の「直撃御免!」で特集した内容を文字起こし+画面キャプチャーしたものです。

    この番組をリアルタイムで見ましたが、端的に言うとこんな感じでした。

    特集のテーマ→無謀で危険なルール違反の山スキーヤー
    実際の中身→スキー場で滑走禁止区域を滑るゲレンデスキーヤー
    効果映像→登山届を出して入山し遭難した経験者の山スキーヤーの救助シーン

    しかし、画面上のテロップには常に「山スキー」という文字が入っていたので、これは一般の方がご覧になったら100%誤解なさるだろうなぁ、と思い、一般の皆さんの感想を拾ってみたらまさにその通りになっていて、山スキー系の人達との対比があまりにも面白かったので皆さんのツイを拾ってまとめサイトを作りました。

    そのうち、その特集をご覧になりたいという方が増えてきたので、文字起こしをした次第です。(動画がいつまでも見られる保証がないため。)
    最初に文字起こしをしたためにグジャグジャ長くなってしまったので、後からナレーションだけ抜き出して、段落ごとにわけてみました。
    そんなわけで、まとめの体裁があまりよくなくてすみません。

    全体的な概念図 タイトル

    遭難の危険も 無謀な雪山スキー、その真相を直撃

    段落は下記の4つに別れている。

     
    ・標高2000mから救助要請 ルール違反の山スキーも
    ・山スキー 森の中へ続々 ルール違反で雪崩の危険も
    ・遭難・雪崩にも万全準備 山スキー本来の心構えとは
    ・ルール破った末に救助要請 山スキー若者たちの言い分

    参照:
    http://www.twitlonger.com/show/kpjt2h

    録画 番組録画その1

    番組録画その2

  • 加藤 鈴 @Lynn_Kato 2013-01-21 23:19:33
    1.わかりやすくするために、ナレーターの声は「声」と記します。 画面テロップは「文字」と記します。 キャプチャー画像は「画像」と記します。 映像についての説明は()でくくりました。 それ以外の個別の事象については個別に記します。
  • 第1段落

    直撃 標高2000mから救助要請 ルール違反の山スキーも・・・

    ナレーション全文

    直撃したのは、冬山救助の最前線、長野県警航空隊。
    今、雪山である問題が起きているといいます。
    これは、救助に向かう隊員が撮影した映像。
    標高2000mを越す雪山になぜか大勢の人影が。
    すると、山肌を滑り始めました。
    彼らが行っていたのは、手付かずの雪山を滑る、バックカントリースキー、いわゆる山スキー。
    近年、人気が高まる一方、山スキーヤーからの救助要請が相次いでいるといいます。
    さらに、ゲレンデでは管理区域外を滑る山スキーヤーに手を焼いていました。

    参照:http://www.twitlonger.com/show/kpjuaf

  • 加藤 鈴 @Lynn_Kato 2013-01-21 23:20:05
    2.女性アナ 「続いては、直撃御免です」 画像1 http://t.co/dnkjlyHM
     拡大
  • 加藤 鈴 @Lynn_Kato 2013-01-21 23:20:44
    3.声「直撃したのは、冬山救助の最前線、長野県警航空隊。」 画像2 文字(画面右上)「直撃 標高2000mから救助要請 ルール違反の山スキーも。。。」(常時貼りつけ) http://t.co/PHGeloEO
     拡大
  • 加藤 鈴 @Lynn_Kato 2013-01-21 23:21:20
    4.声「これが救助ヘリ?」 長野県警航空隊の人「そうですねえ、はい」 声「今、雪山である問題が起きているといいます」 画像3 文字「ある問題が」(でっかい文字で) http://t.co/LOVadswS
     拡大
  • 加藤 鈴 @Lynn_Kato 2013-01-21 23:21:59
    5.(画面がかわり、1月5日に八方尾根上空から県警ヘリが撮影した雪山画像に変わります。) 声「これは、救助に向かう隊員が撮影した映像」 文字「長野県警航空隊撮影」 画像4 http://t.co/911GQshx
     拡大
  • 加藤 鈴 @Lynn_Kato 2013-01-21 23:22:23
    6.(ヘリはそのまま尾根筋に沿って飛んでます。 そして隊員同士の無線の内容がカメラのマイクに入ります。) 無線の中の県警航空隊員「完全に無法地帯だな」 文字「完全に無法地帯だな」 画像5 http://t.co/B5tZs0Mf
     拡大
  • 加藤 鈴 @Lynn_Kato 2013-01-21 23:22:48
    7.声「標高2000mを越す雪山に」 文字「標高2000m以上」 画像6 http://t.co/Spt55WHs
     拡大
  • 加藤 鈴 @Lynn_Kato 2013-01-21 23:23:40
    8.声「なぜか大勢の人影が」 画像7 (稜線上に居るバックカントリースキー&ボーダーや登山者をズームで写しています) http://t.co/qrjEENlp
     拡大
  • 加藤 鈴 @Lynn_Kato 2013-01-21 23:24:04
    9.隊員「いっぱいいるよ、多いよこれ」 文字「いっぱいいるよ、多いよこれ」 画像8  http://t.co/IGwdqIV8
     拡大
  • 加藤 鈴 @Lynn_Kato 2013-01-21 23:24:34
    10.(ヘリからの映像が、稜線から沢筋に切り替わります。 そこには滑走者2名+よく見ると遭難者の姿が。) 声「すると、山肌を滑り始めました。」 文字「山肌を滑走」 画像9 http://t.co/4hrTwOSd
     拡大
  • 加藤 鈴 @Lynn_Kato 2013-01-21 23:25:20
    11. (ここで画像が切りかわって、なぜかイメージ映像。 スノボで気持ち良くBCをしてるシーンで音楽も流れます。) 画像10 声「彼らが行っていたのは、手付かずの雪山を滑る、バックカントリースキー、いわゆる山スキーhttp://t.co/zsQCyRyL
     拡大
  • 加藤 鈴 @Lynn_Kato 2013-01-21 23:26:05
    12.(ここで画像が切り変わり、ツリーランの映像に一瞬変わります。) 文字「山スキー」 画像11 http://t.co/MX6L3NFr
     拡大
  • 加藤 鈴 @Lynn_Kato 2013-01-21 23:27:38
    13-1.(そしてすぐにまた八方上空の先ほどの山肌にカメラが戻ります。) 声「近年、人気が高まる一方、山スキーヤーからの救助要請が相次いでいるといいます」 http://t.co/9tLaTy6b
     拡大
  • 加藤 鈴 @Lynn_Kato 2013-01-21 23:27:56
    13-2. 文字「相次ぐ救助要請」 画像12 (八方で遭難した人とそれに付き添う人が写っており、付き添いの人がヘリに手を振っている) http://t.co/IdDMBp8x
     拡大
  • 加藤 鈴 @Lynn_Kato 2013-01-21 23:28:25
    14.(そしていきなり画像が変わり、野沢のコース外滑走をしてるボーダーの映像に。) 声「さらに、ゲレンデでは」 画像13 http://t.co/Q5tchJ9X
     拡大
  • 加藤 鈴 @Lynn_Kato 2013-01-21 23:29:19
    15.声「ほら!ここ!コース外です!コース外!」 文字「コース外です!コース外!」 画像14 http://t.co/v64c8lvh
     拡大
  • 加藤 鈴 @Lynn_Kato 2013-01-21 23:29:43
    16.声「結構なスピードで、木々の間を通り抜けて」 文字「結構なスピードで、木々の間を通り抜けて」 画像15 http://t.co/VPIrnTM5
     拡大
  • 加藤 鈴 @Lynn_Kato 2013-01-21 23:30:08
    17.スキー場の人「怪我されても自分の責任ですからね!」 文字「怪我されても自分の責任ですからね!」 画像16 http://t.co/LRttX6HP
     拡大
  • 加藤 鈴 @Lynn_Kato 2013-01-21 23:30:40
    18.声「管理区域外を滑る山スキーヤーに手を焼いていました」 映像は、管理区域外を示す看板とか、そこを通りぬけていったボーダーとかを写す。
  • 加藤 鈴 @Lynn_Kato 2013-01-21 23:31:03
    19.画面かわって、突如インタビューの映像。 DQN「いや、そんなルールとかさ~そういうのに縛られてないから、俺たち」 文字「いや、そんなルールとかさ そういうのに縛られてないから 俺たち」 画像17 http://t.co/8ISDROOF
     拡大
  • 加藤 鈴 @Lynn_Kato 2013-01-21 23:31:26
    20.そしてまた画面が変わって、スタジオの映像で、レポーターが深刻な顔してる。 声「遭難の危険も・・・無謀な雪山スキー、その真相を直撃」 文字「遭難の危険も・・・無謀な雪山スキー、その真相を直撃」 画像18 http://t.co/SLYv3SLj
     拡大
  • 第2段落

    山スキー 森の中へ続々・・・ ルール違反で雪崩の危険も

    ナレーション全文

    スキー人気の再燃でにぎわう、長野県、野沢温泉のスキー場。だが、スキー場の総支配人にはある懸念が。
    安全に滑れるよう整備されているゲレンデ。その管理区域外を滑る人が増えているという。踏みしめられていない新雪の上を滑れば一般スキーヤーにも雪崩が及ぶ危険が。
    そこでスキー場ではパトロールを強化してるというが、同行させてもらうと、後を絶たないルール違反者。

    彼らはなぜ雪崩や遭難の危険がある場所をわざわざ滑ろうとするのか。直撃を試みることに。声をかけても、避けるように滑り去る人々。
    ようやくある男性に理由を尋ねることが出来た。誰も踏みしめていない新雪の上を滑る瞬間がたまらないという。さらに多く目にしたのは外国人。彼らは不測の事態が起きても自分達で何とかするというのだが。去年、このスキー場から管理区域外に滑り出た3人のスノーボーダーが遭難。19人態勢で救助に当たる事態も起きている。

    さらに、今人気なのが、手付かずの自然が残る雪深い山岳地帯での山スキー。
    今月5日、長野県警航空隊が撮影した映像には遭難者が。ヘリに向かって手を振る人、その傍らには座りこんでしまった人の姿が見える。隊員がワイヤーで降下、救助に向かう。・・・ると(不明で聞きとれない)見動きがつかなくなった男性が。山スキー中に転倒し、右足を骨折。自ら救助要請したという。

    過酷な自然を相手に、救助する側もまさに命がけ。
    救助に当たった隊員は。(航空隊員のインタビュー入る)
    警察による救助の場合、遭難者は費用を負担していない。つまり、国民の税金から支払われるのだ。だが、大規模な捜索や救助となれば、地元の遭対協からも救助隊が出動、その費用は人件費や雪上車の燃料代が数十万円かかることも珍しくない。

    野沢温泉村では、遭難者に救助費用を請求できる条例を制定している。(観光課の職員インタビュー入る)
    ルールを無視しておきながら、スキー場に事故の責任を求めるケースもあるのだという。

    そして、ゲレンデで取材していたこの日も救助要請が。
    そこにあったのは、自己責任ならぬ、無責任な若者の姿だった。

    参照:http://www.twitlonger.com/show/kpk0l7

  • 加藤 鈴 @Lynn_Kato 2013-01-22 00:24:42
    21.画面が変わり、野沢温泉スキー場のゴンドラ乗り場の映像。 声「スキー人気の再燃でにぎわう、長野県、野沢温泉のスキー場」 文字(右上のテロップ)「山スキー 森の中へ続々・・・ ルール違反で雪崩の危険も」に変わっている 画像18a http://t.co/klF90g3M
     拡大

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「政治」に関連するカテゴリー