「ゲーム性」ってなんだ? そもそも「ゲーム」ってなんだ?

主に「お前がそう思うんならそうなんだろう。お前ん中ではな」という話、っていうわけでもなく、クロフォードやらカイヨワやら桜井政博氏なんかの分析を自分流にアレンジしたものなので、大きくズレてはいない、と信じているお話。
ゲーム 考察 ゲームデザイン 定義議論ゲーム
65
「ゲーム性」ってどういう意味?
栗坂こなべ @kurisaka_konabe
ls氏のゲーム性の簡潔な定義。元エントリが消えてしまっていたので、サルベージに苦労した。これふたつ足せば全文だったっかな… http://t.co/dybYtnaP http://t.co/ueY7RGkY
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
「ゲーム性」は、多くの人が「ゲームがゲームであるために必要な要素」という定義で使ってると思う。ただこの一言の説明を理解できない人も多いので、「ゲーム性」という言葉を別の意味として使ってる人も多くいる。とりあえず自分は「ゲームのルール部分」って言うようにしてるけど、言葉が長くてな。
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
「ゲーム性」を「ゲームのルール部分」と定義した場合、「ゲーム性がある/ない」「○○みたいなゲーム性」とかは意味が分かるけど、「ゲーム性が低い/高い」は意味が分からない。ルールが複雑だと高いのか、面白いルールだと高いのか、ゲームが難しいと高いのか分からん。だから使うと誤解を招く。
ISA @koge2do
@R_Nikaido 高低で表す場合は、「割合が高いか否か」という文脈で使われてる気がします
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
@koge2do そういう解釈の仕方もありますね。でもこれも人によって解釈が違うのでやっぱり使えない言い回しだと思います。

SpyroBlacky @SpyroBlacky
ゲーム性ってのは、「プレイヤーvsゲーム」「プレイヤーvsプレイヤー」といった対決において、これらの対決の駆け引きを生み出すために盛り込まれたルール・フィーチャーのこと っていう定義で良いのではないかと思ってます。
SpyroBlacky @SpyroBlacky
「何をもって楽しませたいか」という話と、ゲーム性は必ずしも一致しませぬ。 なぜなら、グラフィックや音楽による雰囲気づくりのサイドから、プレイヤーを心の底から掻き立てる楽しませ方もあるので。 そこに「駆け引き」は存在しないので、「ゲーム性」ではない。

ウナム日月 @unamuhiduki
「ゲーム性」って言葉は開発現場では禁句にしてるところもあるってさ。
いくつか例を挙げて、「これはゲームか?」と考えてみる
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
例えば『PONG』はゲームか? 間違いなくゲームだ。でもPONGにはキャラもストーリーも世界観も音楽もない。つまりキャラもストーリーも世界観も音楽も、ゲームがゲームであるために必須の要素ではないってことだ。

ニカイドウレンジ @R_Nikaido
よく「『ひぐらしのなく頃に』はゲームか?」っていう議論がある。要は選択肢がないノベルゲー。ゲームと似たフォーマットだしゲーム機で出てるからゲームっぽいけど、プレイヤーができることはは「読み進める」という1点だけ。もしひぐらしをゲームとするなら、電子書籍もゲームになってしまう。
ISA @koge2do
@R_Nikaido ゲーム性をルールだと定義してる側としては、そもそも議論があること自体不思議ですよね
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
@koge2do 理解できてる人が多くないというのはよく分かりますけどねえ。以前誰かが「俺ストーリーないゲームは買わないからストーリーはゲームに必須だよ」って言ってましたし。
ISA @koge2do
@R_Nikaido 将棋がゲームでないと言うのはなかなか豪気ですな。「売れるための要素」と「ゲームと呼ぶために必要な要素」がゴッチャになってるんですかね
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
@koge2do ゲームへの理解が深くないと分からないんでしょうね。ひとまず「ゲーム性」という言葉は大半の人には通じないというのは間違いないのであまり使わない方が無難だと思います。
ISA @koge2do
@R_Nikaido 「ルール」と呼ぶのが簡潔かつ妥当なんですかねぇ
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
@koge2do ゲームがゲームであるために必須な要素って「ルール」だけ、でいいのかな、と悩んでるところですが、今のところルールだけでOKな気がしてます。

ニカイドウレンジ @R_Nikaido
ボールペン工場Ⅱ http://t.co/y7EnjA03 ]ボールペンにキャップをはめるだけ。はめた数に応じて給料が貰える。ミスなくやれるとボーナスが貰える。でもミスやゲームオーバーという概念もない。要は「単純作業」。これは「ゲーム」と呼べるだろうか。
 拡大
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
@R_Nikaido (続き)もしボールペン工場がゲームだ、ってことになったら全ての仕事がゲームになってしまう、と思ったが、実は仕事って思いっきりゲームか。ルールに従って何かをやり、成功するとご褒美(昇進)、失敗するとペナルティ(減給)、失敗し過ぎるとゲームオーバー(クビ)か。
ニカイドウレンジ @R_Nikaido
あと「格ゲーのトレーニングモード」とか「ボタンを押したら絵が変わって音が鳴るよ」みたいなのとかは、「ゲーム」と呼ぶかどうかという問題があるけども、これは「インタラクティブ(相互作用)」と呼ぶべきだと思う。ルールもジレンマもないからね。
残りを読む(27)

コメント

こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo 2013年1月30日
「ルール・目的・障害・意思決定」が揃ってもゲームにはならない。なぜなら、ただのパズルやなぞなぞの本も「ルール・目的・障害・意思決定」を備えているから。
ぺんでゅらむ@大阪 @pendulumknock 2013年1月30日
「ゲームなんて面白ければ定義なんてどうでもいいだろ」とか言われちゃうのは、境界条件の話ばかりしてて肝心のゲームのコアに触れないからだと思いますよ。カテゴリ分けの議論ではよくあることなんですけど
ぺんでゅらむ@大阪 @pendulumknock 2013年1月30日
例えば、「(具体的ゲームタイトル)のゲーム性は○○で、だから面白い/つまらない」という話ならユーザーでも興味深い議論になるんじゃないかと
ぺったん @pettan_72 2013年1月30日
目的や障害はルールに内包されると思われる。意思決定の必要のないゲームも存在する(たとえばごく単純なすごろく)
芹沢文書 @DocSeri 2013年1月30日
私は絵すごろくをゲームと認識していません:意思決定がないので。すごろくによっては「途中に分岐があって好きな方へ進める」などの意思決定がある場合もありますが、これも「選択がゲームに及ぼす影響をプレイヤーが認識した上で決定できない」ものはゲームではない
中田吉法 @ynakata 2013年1月30日
ゲームのことを議論するのに事前に定義を置くことなくいきなり「ゲーム性」って言葉を持ち出しちゃう人は、だいたいゲームのことなんてちっともわかってない(と俺は思ってる)。
あじぇ@転職させて @aje0810 2013年1月30日
やってて大多数が楽しいと感じてればゲームでいいよもう…
中田吉法 @ynakata 2013年1月30日
意思決定もないのにどうやら多くの人間は絵すごろくを「ゲームっぽいもの」と感じる、という事実は(ゲームなるものがなんなのかを知るためには)重要だと思いますね。
すこる @skollG 2013年1月30日
ゲームの定義をめぐる議論が面白くないのは確か
ふぁむ氏 @phantom0730 2013年1月30日
既にゲーム製品として存在するものをゲームでは無いとするのは暴論。「ゲームの必須条件」と「ゲーム性の必須条件」は異なり、ゲームの必須条件にはゲーム性は含まれない、で良いんじゃないの?
さうす@く)8]彡 @south_ws 2013年1月30日
ルール・目的・障害・意思決定 に抜けてる観点は「局面の動的変化」と「終了条件・勝利条件(によって報酬・順位など評価が変わること)」だと思うなあ。ルールに含まれるとする向きもあるだろうけど、パズル≠ゲームを考えるなら括り出すべきところ。現実はそう認識されてないだけでゲームなのでは。
さうす@く)8]彡 @south_ws 2013年1月30日
静的な「パズル」は、解くまで終わらない構造になってる。制限時間がカウントされるものは「パズルゲーム」と呼んでいいよね。もちろん静的パズルでも 解けた=勝ち 解けなかった=負け というゲームをすることが出来るけど、それは初代シムシティで50万都市作る=勝ち というプレイを自主的にするのと変わらないという認識。
○○もへじ @marumarumoheji 2013年1月30日
「ゲーム性はルール」でも別にいいんだけど、ゲームにゲーム性は必ずしも必要無いし、ゲーム以外のものにもゲーム性は存在する。
ナスカ-U-島流し-114|【C96】1日目(金)南“フ”-08a @Chiether 2013年1月30日
パズルを例に出されて考えたんですが。 そうするとゲーム性が高い・低い(極端な話、ゲームとなるかどうかすら)は、ゲームを提供する時点ではなくて、プレイヤーの遊び方でも変動するものという事になりますね。 「何がゲームか」ではなくて「どうしたらゲームになるか」と遊ぶ側の視点に立たないと間違った道に進みそうです。
keel @NORTHtheKEEL 2013年1月30日
パズルは解くことが目的であり、解く以外の選択肢が不要だから実質的に意思決定は存在しない。ただ、制限時間ありはゲーム的にはなるとは思う。飽くまでそれっぽさでしかないが、プレイヤーにとってはそれでいいし、そうなると静的パズルもそうなる。そして、ユーザは、面白かったかそうでないかで判断してくれればそれでいいと思ってる。
ニカイドウレンジ @R_Nikaido 2013年1月30日
ツイートの並び順をちょっと修正。 こんな反応あるとは思いませんでした。気付いていなかった角度からの意見とかありがとうございます。
智章 @chiaki_1980 2013年1月30日
シムシティを勢作したウィル・ライトは、あれはゲームじゃなくて玩具だって言ってるんだよね。もとは積み木なんわけだし、で、明らかにゲーム性が高いといえるのが、シヴィライゼーション。目的に達するまでの過程の中毒性が高いものがゲーム性が高いといえると思う。
ヤスダケイイチ@偽名 @jen_nise 2013年1月30日
格ゲーの瞬殺ハメ技の様な「一定の動作をすればほぼ勝てる」というのは、ゲーム? それともパズル? こういった、境界線に関する話は議論に役立つ様な事を、偉い人が昔言ってた。
中田吉法 @ynakata 2013年1月30日
それたぶん「スポーツ」なんだと思う>「一定の動作をすればほぼ勝てる」 しかし現実には「その一定の動作をする」ところが極端に難しい、と。
オヌーマ @saamonumai 2013年1月30日
最近はやりのゲーミフィケーションの話かと思ったら違った。
ニコちゃん @oNIKOCHANo 2013年1月30日
パチンコのような中毒性
BIT VADER_雑貨・玩具 @zentaroh 2013年1月30日
こういう話の中でわりと忘れがちなのは、ゲームを成立させる上で必要な要素に訴求力のある価値観の創出というのがあるという事実。平たく言うと単なる「ご褒美」の事なんだけど。従来のゲームなら成長したキャラクターとかハイスコアとか評価とかそういうもの。パチンコなとのギャンブルが強いのはお金というご褒美があるお陰だし、課金ソーシャルが儲かってんのは単なるデータに価値をもたせることに成功したから。
芹沢文書 @DocSeri 2013年1月30日
じゃんけんはゲームか:原理的には、意思決定はある(何を出すかは自分で決める)が勝敗はランダム(自分の手が何であっても勝率は常に1/3)なので意思決定が勝敗に介在しない=ゲームではない。ただし手癖が読めたり出す前に駆け引きがあるような場合は……
こなたま(CV:渡辺久美子) @MyoyoShinnyo 2013年1月30日
「コスティキャンのゲーム小論」でまずググってみるといいんじゃないかしら。この手の議論をするならまず踏まえておきたい有名な論です。というかここまでその名前が出ないのに驚いた。
誤ロン @dara2goron 2013年1月30日
自分はざるの会さんの「ゲームデザイン入門」を思い出しました。 http://www11.ocn.ne.jp/~zaru/zaru/backnumber/nyuumon/index.html
たるたる @heporap 2013年1月30日
狭義のゲームは『駆け引き』の事を指すと思います。その駆け引きの連鎖が複雑になれば、それはゲームの難易度として反映されるんじゃないでしょうか。
たるたる @heporap 2013年1月30日
ゲームを「遊び」という意味で使う事がありますが、これは双六などの運(ランダム)の要素が強いものを指すと思います。しかし、双六でも行き先が選択肢となっていて、どの道を選ぶかによって出目との関連で進行に大きく影響が出るようなら、それも「駆け引き」の部類に入ってくると思います。じゃんけんの例も出てますしね。
たるたる @heporap 2013年1月30日
サウンドノベルは「サウンドノベル」というジャンルであって、ゲームではないと思いますが、いちいち分類を増やしていると店などが管理できなくなるという理由で、既存の分類におさめようとした結果、「音楽」「書籍」ではなく「ゲーム」に含めたのではないでしょうか。(朗読CDは店舗によって書籍だったり音楽として扱っているところもあります。)
たるたる @heporap 2013年1月30日
『ゲーム性』として表現する場合は、その駆け引きの度合いが大きいか、小さいか、ということだと思います。裏技や必勝パターンを使えば誰でも必ず勝てるというのは駆け引きの要素が一切なくなります。そういう必勝パターンが存在する物はゲーム性が低いといわれるのではないでしょうか。
みこみこ @mikoto_1009 2013年1月30日
こういう話でいつもも出てくる「ひぐらし」だけども。ひぐらしはその背景(作者からの挑戦)も含めて全体でゲームを構成していたので、単体で語ることに意味がない。大食い競争の「ラーメンを食べる」と言う行為を抜き取って、これは食事であって競技ではない、とか言うような物。
闇の聖母ガラテア @galatea_rs3 2013年1月30日
人生がゲームなら他は全てゲームの一部か。
デュアル【※RTお願いします※】 @BMB1111 2013年1月30日
ゲーム性って僕的には、そのゲームにおいて何の要素にゲームらしさを感じさせるか、感じるか?「この気持ち、感動はやっぱゲームという形式でないとダメだよな!感」のことかと思ってる。
聖夜 @say_ya 2013年1月30日
シムシティやひぐらしがゲームであるか否か、ましてシヴィライゼーションや選択肢の多いAVGと比較してどちらが優れているかとかいう考え方は少なくとも消費者にとっては無意味でありナンセンスです。
neologcutter @neologcut_er 2013年1月30日
ゲーム性って「実はなかなか実現しないところをどうやって簡単そうに見せるか」というところにあると思う。
さるたに @Sarutani_tweet 2013年1月30日
何をもって「ゲーム」とするか定義できてない時点でダメだろ、これ。
空岬海 @utsusaki 2013年1月31日
ゲームとは「非決定論的な双方向性」と定義したいですね。これに当てはまらない要素は(狭義の)ゲームではない。広義のゲームに含まれる要素は他に「パズル」と「ストーリー」があります。パズルとは「決定論的な法則の元の目標達成」、ストーリーは「情報の受容」…と、個人的に考えています。
波平の1本毛をフライにして食べたい @tri_man 2013年1月31日
個人的には、リスクとリターンによるジレンマがあるものがゲームだと思ってるけど、それだとアドベンチャーゲームがゲームじゃなくなるのが悩ましい。
あさのひろすけ @hirosuke_asano 2013年1月31日
「ゲーム」という文字がゲシュタルト崩壊してきた・・・
kartis56 @kartis56 2013年1月31日
ボールペン工場は工場の作業を模倣したゲームですよね。実際の損得がないから仕事ではない。つまりMMOでRMTするのは仕事であってゲームではないことになります。
kartis56 @kartis56 2013年1月31日
くじやさいころなどのある種の乱数を利用するもの、数字の振ってあるカードをよく混ぜたものもこれに類するとするとトランプや花札、マージャンもギャンブルになりかねないですが、ギャンブルとゲームの違いは金銭やチップなどを賭けるかどうかじゃないでしょうか。
kartis56 @kartis56 2013年1月31日
乱数の大小比較するだけのものはゲームとしてはあんまり面白くないけど、賭博には利用できる。逆にゲームとして面白いものに金銭などを賭ければ、それは賭博なわけで。
kartis56 @kartis56 2013年1月31日
プロの棋士とかスポーツ選手とかは、階級とかの実利を賭けてゲームという仕事をしてる。 つまり自分のスキルに賭けるのが仕事で、他人のそれにかけるのが博打なのかも。
箸呂院マジチキ @kairidei 2013年1月31日
作る人にとってのゲームと、遊ぶ人にとってのゲームと、売る人にとってのゲームは違うみたいね。
すこる @skollG 2013年2月1日
ゲームを作る側は従来のゲームの定義や常識を超えようと常に考えているので、定義すること自体が無意味なんだろうな。するとしても「面白ければ何でもいい」位の括りにしかならない
Palantir @Palantir_K 2013年2月3日
半分だけ流し読み、私はゲーム性を最小の言葉で表すならば"報酬系"が最もふさわしいと思う。あとで読む。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする