Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

20130312_13著作権とかピアプロとか『初音ミク』さんの雑談(最終版) #miku

僕が著作権法第1条における「もつて文化の発展に寄与することを目的とする。」部分をぽっかり忘れていたために、かえってみなさんにいっぱい教えてもらったありがたいお話しです。 【追記】クリエイティブ・コモンズに関する質問に対する回答 http://d.hatena.ne.jp/takeoloox70/20130318 を国際大学庄司先生(@mshouji)を通じ、渡辺智暁クリエイティブ・コモンズ・ジャパン(CCJP)常務理事より頂いております。なお渡辺CCJP常務理事より、 「公開も名前特定もOKです。さっと書いたものなので公式見解などではなく僕個人のリプライということもちゃんとお伝え頂ければと思います。」と一言ご注意を頂いておりますのでそれをご留意の上、お読み下さい。
14
石黒猛雄@未来予測 @ulto5

@m_ryou 著作権は文化の発展に寄与する必要はないと思うまどか☆著作者の権利を守るためにあると思うほむ♪

2013-03-11 21:17:01
だい @dais197x

@ulto 著作権法第一条読んでくるんだ

2013-03-11 21:54:01
水月涼 @m_ryou

@ulto 著作権法の第1条に「文化の発展に寄与することを目的とする」とあるので、その論理は通じないと思います。1条にあることからも基本理念ですから。  // http://t.co/Kc6tFuiurX

2013-03-11 22:12:41
リンク t.co 著作権法
K @Kazuhiro800

@m_ryou @ulto 条文とか読んだことなかったけど、目的を忘れちゃいかんよね。1条はこんなんだったのね。

2013-03-11 22:28:34
水月涼 @m_ryou

@Kazukake @ulto 自分もボカロに関わるようになって、興味本位で著作権の勉強会に出なかったら知らなかったし読まなかったねー。何でもそうだけど、理念や目的って大事よね。

2013-03-11 22:35:13
石黒猛雄@未来予測 @ulto5

@m_ryou @Kazukake へえーそうなんでありまどか☆勉強して見るほむ。

2013-03-11 23:14:03
石黒猛雄@未来予測 @ulto5

@m_ryou @Kazukake 著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。…たしかにこれじゃあ『初音ミク』さんのようなn次創作UGCは、ピアプロのようなオープンライセンスの仕組みを組み込むのは必須でありまどか☆

2013-03-11 23:28:35
だい @dais197x

@ulto その辺はコピーレフトの思想を追うといいぞ

2013-03-11 23:33:20
ぐる (たまご) @gull08

@ulto @dais197x 役に立つか謎ですが、この辺に昔書いた資料が…… http://t.co/doxDZTZNOR

2013-03-11 23:39:27
だい @dais197x

@gull08 @ulto とてもよくまとまってると思います

2013-03-11 23:46:15
ぐる (たまご) @gull08

@dais197x @ulto どうもですー お褒めいただいたので @ulto さんも興味があればどうぞ。

2013-03-12 00:03:00
石黒猛雄@未来予測 @ulto5

@gull08 @dais197x 読みまどか☆とっても勉強になったほむ♪とってもありがほむ♪

2013-03-12 00:06:31
石黒猛雄@未来予測 @ulto5

@gull08 @dais197x 『初音ミク』さんも、ニコニコ動画もオープンなn次創作なしにはその存在が成り立たないので、ピアプロやニコニココモンズが成り立たないと継続が厳しいでありまどか☆ほむぅ…ムゥ

2013-03-12 00:11:42
石黒猛雄@未来予測 @ulto5

@gull08 @dais197x もしかしたら…頂いた文章に「なぜ同人誌文化が黙認されているのか?」「なぜニコニコ動画が成り立っているのか?」「なぜピアプロが機能しているのか?」などの考察を加えると答えに近づくのかもしれないでありまどか☆ほむぅ…

2013-03-12 00:19:12
ぐる (たまご) @gull08

@ulto @dais197x うーん。ちょっとその表現だと良く分かんないですけど…… orz まあ、ピアプロライセンスはちゃんと成り立ってますんでいいんじゃないでしょーか。。

2013-03-12 00:20:58
ぐる (たまご) @gull08

@ulto @dais197x えーっと。ごめんなさい、最初の話題を知らないので命題が分からないですorz ただ、その3つの何故は全然違う理由なような……。ちなみに、レッシグは日本の同人文化についてちと誤解があると思うので、彼がその辺述べたものはちと注意して読んだ方が良いかと

2013-03-12 00:24:06
石黒猛雄@未来予測 @ulto5

@gull08 @dais197x ぼくは、日本には同人誌文化があってそれが(暗黙の了解で)成立しているからこそ、ニコニコ動画やPixivの存在があり、その上で、ボカロ文化や東方やアイマスが成り立っていると考えている人間です。だから同人誌文化なしに『初音ミク』は存在しません。

2013-03-12 00:28:28
石黒猛雄@未来予測 @ulto5

@gull08 @dais197x だから、『初音ミク』やニコニコ動画が今後どうなっていくかにとても高い関心がありまどか☆とても勉強になる資料をありがとうございまどか☆ほむ♪

2013-03-12 00:31:50
ぐる (たまご) @gull08

@ulto @dais197x もちろんそれはそうでしょうー

2013-03-12 00:33:00
石黒猛雄@未来予測 @ulto5

@gull08 @dais197x うーんとですね。実はクリエイティブコモンズのことは知っていて、著作権のこともある程度の知識はあった気がしていたのですが「文化の発展に貢献する。」という部分を忘れていて、@m_ryou さんにそれを指摘していただいたんです。

2013-03-12 00:40:38
石黒猛雄@未来予測 @ulto5

@gull08 @dais197x 著作権は著作者の権利を守ることによって結果的に文化の発展に寄与することが目的なのかな?と考えると、『初音ミク』のUGC・CGMはそれとは別の方法で文化の発展に寄与するスタイルになります。両者はどう両立するのが良いのかな?と考えているところへ…

2013-03-12 00:47:21
石黒猛雄@未来予測 @ulto5

@gull08 @dais197x グルさんの資料を頂けたので、ヤッパリ両立を真剣に考えた方が日本の発展のためになるなあ…とか思ったわけでありまどか☆ありがほむ

2013-03-12 00:50:42
残りを読む(227)

コメント

石黒猛雄@未来予測 @ulto5 2013年3月12日
まとめを更新しました。僕がフリーソフトウェアのコピーレフトとオープンソースを取り違えた部分があるので最後に訂正を付け加えました。
0
たるたる @heporap 2013年3月12日
コピーレフトとオープンソースが別物という例で、プログラミング参考サイトのサンプルコードは、オープンソースコピーライトがあります。個人的使用を目的とする場合は自由に使って良いが、それを公表しちゃダメ。つまり音楽の私的利用許諾と同じです。
0
たるたる @heporap 2013年3月12日
また、クローズドソース、コピーレフトの例で、ソースコードは非公開でバイナリコードは自由に使っても良いというものがあります。ランタイム、プラグインなどに多いです。
0
たるたる @heporap 2013年3月12日
あ、ここでいう個人利用というのは、主に「プログラミングを勉強する」「自分で使うためのソフトウェアを作る」という意味です。サンプルコードで使ったソフトウェアを自分で使うだけならいいのですが、それを公表すると、その時点で著作権法違反になります。
0
たるたる @heporap 2013年3月12日
たとえば視聴音楽ファイルでも、無料だからといって再配布すると著作権法違反になります。(コピーライト、フリーウェア、再配布禁止)
0
たるたる @heporap 2013年3月12日
そういえば、イラストはコピーライト・フリーウェア・再配布禁止ですが、ピアプロはコピーライト・フリーウェア・著作権表記を条件に再配布許可、ですし、InstagramやTumblrも「条件付き再配布許可」でしたっけ?
0
たるたる @heporap 2013年3月12日
ひと言で著作権といっても、著作物提供者がどのような条件で提供しているか作品ごとに違いますから、一概に「こうすればOK、こうすればNG」というのは言えません。親告罪という理由も、第三者にはそれが違法なのかどうかわからないからです。(再配布禁止の作品も、個別に許可を得れば再配布できるようになります。http://www.jasrac.or.jp/network/side/hayami.html
0
石黒猛雄@未来予測 @ulto5 2013年3月12日
話しがまだ進行中なので続きをとりあえず繋げておきました。
0
ぐる (たまご) @gull08 2013年3月13日
heporap 「自由に使っても良い」だけはコピーレフトとは呼ばないです。そう言う問題じゃないんです…… http://www.gnu.org/copyleft/copyleft.ja.html
0
ぐる (たまご) @gull08 2013年3月13日
heporap そこでJASRACの表は全然関係ないじゃないですか。何より、JASRACはいちいち原作者に許可を取らなくて良くする為に存在してるんですよ……。
0
たるたる @heporap 2013年3月13日
gull08 『「自由に使っても良い」だけ"で"はコピーレフトとは呼ばないです。」ですかね。GNUとBSDとで一部違ってたりしますし。(GNU GPLからBSDに変更できない。GNU GPLから改変禁止に変更できない。しかしBSDからGNU GPLに変更はできる。BSDから改変禁止に変更できる。)
0
たるたる @heporap 2013年3月13日
すみません、まだまだわかってない部分が多いです。
0
たるたる @heporap 2013年3月13日
gull08 語弊がありました。許可を取れば音楽を掲載、利用できるという例でした。『原作者に許可を取らなくて良くする為」という意味に取る事も出来ますけど、管理委託ですし、なんか違う気がします。原作者に許可が取れない時に、なんとか許可を取る方法として代理人を指定する、とか、、、
0
たるたる @heporap 2013年3月13日
複数の著作権があるもの(作詞、作曲の組み合わせなど)の場合、一括で許可がもらえるようにする仕組み、、、とか。
0
ぐる (たまご) @gull08 2013年3月13日
heporap BSDの話は全く間違っています。改変禁止になんてできませんよ。ただしライセンスの変更は著作者本人なら何でもできるので、利用者の場合ですけど。 まずライセンス文読んで下さいよー 日本語訳もありますから…… http://sourceforge.jp/projects/opensource/wiki/licenses%2Fnew_BSD_license http://opensource.org/licenses/bsd-license.php
0
たるたる @heporap 2013年3月13日
たとえば作者自身が法律に詳しくないので、弁理士に著作権管理、侵害があったら法的処置を行ってもらう、というのも、管理委託ですし。
0
ぐる (たまご) @gull08 2013年3月13日
heporap と言うか、今までの話は殆ど全ておかしいので、根本的に誤解があるんじゃないかと……。もうちょっとちゃんと調べてから書く事をお勧めします……
0
たるたる @heporap 2013年3月13日
gull08 BSDライセンスのプログラムを改変して、それを改変禁止で配布するのはOKだったと思うのですが?(未改変のまま、オリジナルのままではNG)。GNU GPLではGNU GPLの継承義務がありますので。
0
たるたる @heporap 2013年3月13日
この点はライセンス(利用契約)と著作権の違いですので。
0
ぐる (たまご) @gull08 2013年3月13日
heporap えーと、JASRACが受けている管理委託は、「著作権信託」です。で、これは内容が全部公開されてるんですよ。ですから適当な推測をせずにちゃんと読みましょう…… http://www.jasrac.or.jp/profile/covenant/pdf/0.pdf
0
たるたる @heporap 2013年3月13日
gull08 第3条によると、委託というよりも譲渡ですね。じっくり読んでみます。ありがとうございました。
0
ぐる (たまご) @gull08 2013年3月13日
heporap 改変した部分に関しては改変禁止にできますよ。自分が著作者なので。BSDなら全体のソースを公開しない、いわゆる「クローズドソース」にすることもできます。実質これで全体が改変禁止かというと、厳密にはそうではないかと。
0
石黒猛雄@未来予測 @ulto5 2013年3月13日
結局今日13日まで話しが続きました。とっても勉強になりまどか☆多謝ほむ!(クリエイティブコモンズへの質問の回答が来ましたら更新しておきます。)
0
石黒猛雄@未来予測 @ulto5 2013年3月14日
多くの方から資料やご助言を頂きましたが、補足と感想をコメントさせて頂きます。 @gullさんから紹介頂いた 「FLOSSとフリーカルチャーの流れ」は、フリーソフトウェア、オープンソース、クリエイティブコモンズ、著作権、ピアプロ(PCL)の流れがわかるとっても判り易いスライドです。 後半@gullさんの発言にでてくるRMSはリチャード・ストールマン(フリーソフトウェア財団の設立者)、ESRはエリック・レイモンド(オープンソースのスポークスマン的な存在)です。
0
石黒猛雄@未来予測 @ulto5 2013年3月14日
また、 「アートと知的財産権:クリエイティブ・コモンズの新たな役割」(2009年5月1日六本木ヒルズ クリエイティブコモンズ創設者の1人ローレンス・レッシグ(スタンフォード大学 教授))の講演VPは、これからのオープンライセンスや著作権の役割を考えるにおいて2013年の今でもとても参考になる資料です。
0
石黒猛雄@未来予測 @ulto5 2013年3月14日
個人的に印象深いのは、VP1/9の後半、「かつて19世紀までずっと人類の創作文化は R/W CULTURE であり、市民誰もが創作し2次創作する文化だった。しかし20世紀に悪魔の機械(コンピューター)の登場でトップダウン型の R/O CULTURE となり、消費者は与えられた創作を消費するだけで消費者自身は創作を生み出さなくなってしまった。これからは?」のくだりです。ジョージオーウェルのビッグブラザーが脳裏に浮かびました。
0
石黒猛雄@未来予測 @ulto5 2013年3月14日
それとともに今ネットのニコニコ動画やPixivで盛んに行われている『初音ミク』に代表されるボーカロイド文化や『東方Project』そのほかの一般人が主体となった同人創作活動及びn次創作活動は、新たな市民創作文化 R/w CULTURE を生み出し始めていることの素晴らしさをあらためて感じました。人類はネットをこんな風に使うべきなんですねw
0
石黒猛雄@未来予測 @ulto5 2013年3月18日
【追記】クリエイティブ・コモンズに関する質問に対する回答 http://d.hatena.ne.jp/takeoloox70/ を国際大学庄司先生(@mshouji)を通じ、渡辺智暁クリエイティブ・コモンズ・ジャパン(CCPJ)常務理事より頂いております。なお渡辺CCJP常務理事より、 「公開も名前特定もOKです。さっと書いたものなので公式見解などではなく僕個人のリプライということもちゃんとお伝え頂ければと思います。」と一言ご注意を頂いておりますのでそれをご留意の上、お読み下さい。
0
だい @dais197x 2013年3月18日
回答いただきありがとうございました
0