軽水炉による兵器級プルトニウム製造の話

軽水炉でもPu239の比率の高い兵器級プルトニウムの製造が可能である、というのは難しい話ではないでしょうに。 「平和利用は軍事利用の対極にある」という思い込みの為に理解が妨げられているんですかね。 もちろん軽水炉は運転中に燃料交換可能な黒鉛減速炉などよりは兵器用プルトニウム製造には向きません。 追記:原子炉級のプルトニウムで核兵器が作れるという話ではありません。為念。 追記2:日本続きを読む軽水炉でもPu239の比率の高い兵器級プルトニウムの製造が可能である、というのは難しい話ではないでしょうに。 「平和利用は軍事利用の対極にある」という思い込みの為に理解が妨げられているんですかね。 もちろん軽水炉は運転中に燃料交換可能な黒鉛減速炉などよりは兵器用プルトニウム製造には向きません。 追記:原子炉級のプルトニウムで核兵器が作れるという話ではありません。為念。 追記2:日本の話というわけでもありません。一般論です。 追記:続きというか、以下のまとめの方が読みやすいです。 http://togetter.com/li/729466
まとめ人涙ふけよ コメント欄が本番 ワーワー教 アーアーきこえなーい
harada_hirofumi 95507view 607コメント
52
ログインして広告を非表示にする

コメント

アプリならコメントをいいね順で見られます。