遺伝子組換えって不安ですか?

GFPを導入した「光る熱帯魚」の話をしていたら、それは「世のため人のため」の技術ではない…と言われました。自分は分子生物学をやっているのであんまり抵抗はないのですが、一般的には、そして生物学クラスタはどう考えているのかな、と。 時系列ではなく、対話のまとまりごとに分けています。
25
もっち @motthy

遺伝子組換え、って不安ですか?

2013-03-20 00:21:50
もっち @motthy

生物学クラスタはもういないかしら

2013-03-20 00:23:32
みるく @mirucyan

@motthy |ω・`)クラスタと言えないけど、好き

2013-03-20 00:24:35
もっち @motthy

@mirucyan では、生物学好きさんにちょっと聞きたいんだけど、「遺伝子組換え」と聞いて不安を感じることってありますか?

2013-03-20 00:26:47
みるく @mirucyan

@motthy うーん、詳細よく判ってなくてすみませんが、不安というより判ってないからどうなんだろーって感じが強いですかねぇ

2013-03-20 00:30:12
もっち @motthy

@mirucyan 遺伝子組換え自体をわかっていない、ってことかな(技術的にも目的も

2013-03-20 00:31:40
みるく @mirucyan

@motthy ですです。その言葉だけで違和感持ってるけど、それがどういうことなのかっていうのを判ってない人が(私の周りでは)多いです。

2013-03-20 00:34:32
僭越研究者 @thinkeroid

超OK! “@motthy: 遺伝子組換え、って不安ですか?”

2013-03-20 00:27:06
もっち @motthy

@thinkeroid わたしもOK!なほうなんですが、ではなんでOK!だと思うんだろうと考えちゃうんですが…

2013-03-20 00:30:07
薬作り職人 @drug_discovery

@motthy どの遺伝子を何に入れて、どう使うのか、によりますよね。使い方によっては、きちんと安全性を調べないと。

2013-03-20 00:23:17
もっち @motthy

@drug_discovery たとえば「過剰発現させるプロモーターを組み込んで」みたいなときは目的遺伝子以外に働いてガン化することのないように…とかですか?

2013-03-20 00:28:24
薬作り職人 @drug_discovery

@motthy そうですね。これは、薬とかでもそうなんですけど、むやみやたらに発現を増やすというのは、どうしてもoff-targetを考えてしまったりするので。もちろん、そのあたりを考慮した技術的工夫とかがされてたら良いのですが。

2013-03-20 00:30:23
もっち @motthy

@drug_discovery さきほど例に挙げた過剰発現だけではなくて、もともとないものを発現させたり、機能を失っているものについてあらたに導入したり、というあたりも…ですよね

2013-03-20 00:33:31
junpei @junpei_km

@motthy 医療用、という観点ではがちがち過ぎてむしろ企業_規制当局の身を守るためではないかと思うくらいなので特に不安はないかなぁ、遺伝子組換え。 食品に関しては規制がどの程度規制がかかっているのかわからないところが少々不安ですが、得体の知れない農薬や木酢酢よりかはry)

2013-03-20 00:33:37
もっち @motthy

@junpei_km おっと最後のあたり、まるっと同意w

2013-03-20 00:35:20
薬作り職人 @drug_discovery

@motthy そうですね。あるものを消す、とか、変異をかける、とか、既存のもののトレース、ならわかりやすいのですが、全く新しいものを入れるというのは、ちょっと考えなくてはいけないのでは、とは思います。

2013-03-20 00:35:32
もっち @motthy

@drug_discovery 農薬耐性トマト(?たしか植物種はそうだった)の話がそういうパターンですね

2013-03-20 00:40:36
薬作り職人 @drug_discovery

@motthy 食物であれば、何らかの形で安全性の確認はできるのでしょうけどね。

2013-03-20 00:44:49
もっち @motthy

@drug_discovery 動物実験(昨今こちらも難しい)になると思いますが、実際に食べさせて影響見ることは可能ですね。

2013-03-20 00:46:18
薬作り職人 @drug_discovery

@motthy 遺伝子組み換え作物の場合は、これまでにないタンパクをタンパク質の形で口から取り込むことがほとんどなので、その点はあまり気にならないといえばそうですね(酵素の産生物が重要な場合は別です)。遺伝子治療とかで細胞を放り込む、だと、これは大変かと。

2013-03-20 00:48:50
junpei @junpei_km

@motthy @drug_discovery サリドマイドもそうでしたけど、ヒトと動物の違い、倫理的に人間に対する試験が実施出来ない、加えて実験したところであくまで限定されたサンプルの結果であるという点から、日本の社会が要求する厳密な事前の確認は困難ではないかと思いますね。

2013-03-20 00:51:03
薬作り職人 @drug_discovery

@junpei_km @motthy 医薬品に関しては、ヒトと動物の違いを認識した上で、治験を含めた仕組みはあるのですが、遺伝子組み換え作物に関して同じ土俵でできるか、といわれたら、それは無理でしょうね。

2013-03-20 00:54:26
もっち @motthy

組換えた遺伝子ってそんなにグローバルに働かないって思ってるからか

2013-03-20 00:30:49
ひらばと! @hirabat

@motthy 生物クラスタじゃない人の方が夢とか悪夢見てそうですよね。

2013-03-20 00:32:55
もっち @motthy

.@hirabat Glofish(GFP導入した熱帯魚)の話をしていたら「心のない科学」と言われてしまってね(´・ω・`)

2013-03-20 00:37:13
残りを読む(45)

コメント

もっち @motthy 2013年3月20日
まとめを更新しました。鍵アカウントのかたのツイートはまとめに入れていません。(とても有意義なお返事をいただいているのですが
0
shimainu @shimainu99 2013年3月20日
遺伝子組み換え動物での医薬安全性試験は?
0
salmo(ポリコレめんどくさい @invasivespeacie 2013年3月20日
私見として農作物のGMOは従来の品種とそう変わらんやろという認識。怖いのが安易に外来生物問題と結び付けられること。管理前提の作物と管理を逸脱している外来生物は基本的に別物だけど意図的に混同させる人がいる。問題がややこしくなるのでそういうのは外来生物問題に関わる身として迷惑。
2
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2013年3月20日
GFPなんかは細胞内の挙動とか、いろいろ役に立って(そう)なので、ちょっと見当も違うよなぁ...とも
1
YN,RedQueen @yn_redqueen 2013年3月20日
(当方クローニングしかしない遺伝学生です)「遺伝子組み換え、と一緒くたにされてもなぁ」と不満に感じます。どの遺伝子を組換えたのか?in vitroかそうでないか。実験のガイドラインがぎちぎちなのはよいことだと思いますが、また別の感傷として、「都合のよい動植物を作るのは是なのか。病気の治療に役立つならよくて、実用性がなければだめなのか?ヒトの思い込みの上に、さらに自己弁護を塗り重ねる無意味な議論ではないか?」と考え込むこともあります
1
うさじま うさこ @usausa1975 2013年3月20日
遺伝子組換えという技術そのものはかなり使いこなされてるし、制御不能な恐ろしいものという見方は妥当ではないと思う。基礎研究や物質生産では不可欠。他の、実験室外に出したり、人体に使用する方法については、やり方しだい(どこまで管理できるか・するべきと考えるか)かなぁ。
1
三月レイ@内調39課ニコ技室 @mitsukirei 2013年3月20日
別品種を受粉させて品種改良ってのも一種の遺伝子操作じゃん、と思ってますが。この方法じゃ時間も掛かるし限界もあるからなあ。
1
レイブン🦅 @raven777raven 2013年3月20日
毎日インスリン打ってる身としては、怖がってられません。遺伝子組み換え様々です(´ー`)
0
kartis56 @kartis56 2013年3月20日
人の役に立たない技術だから悪だととか言ってたら、世の中の大半の技術は人の役に立たないから悪なのかという…どこの修行僧ですかと。娯楽は全部人の役に立たないわけで。
0
つくし なづな @Do_like_her 2013年3月21日
(遺伝子組み換えでない)←この表記が無ければたぶん誰も怖がらなかった
0
Localio Projects @LocalioProjects 2013年3月21日
『実は昔からやっている「交配による品種改良」と同じことなんですよ』だけど、「ネズミとクラゲを交配させたら光るネズミが生まれたよ!!」とか「人間と○○を交配させたよ!」というのは遺伝子組換で無くても引く。「交配による品種改良」は同種だから抵抗は少ないけど別の生き物との組み合わせを「同じ」と表現するのは難しい。
0
Shouji Ebisawa @Ebi_floridus 2013年3月21日
今行われているのは組換えよりも導入。遺伝子組換えを行った成果物は出回りません。形質を無理矢理変えた物よりも新しい形質を導入した方が安全です。遺伝子組換えのものが流通する可能性はほぼ無いでしょう。
0
Localio Projects @LocalioProjects 2013年3月21日
「時間をかけて交配させればどんな特殊能力で発現できる!」「でも時間が勿体無いから遺伝子組換で時間短縮するよ」は「時間をかければ自力で1億円貯金できる!」「でも時間が勿体無いから1億円盗ってくるよ!」ぐらい違う。一億円ゲットするのが目的なら方法は些細な問題ですが。
0
kartis56 @kartis56 2013年3月22日
最初に戻ると、光る熱帯魚はいくら時間をかけて交配しても実質的には実現不可能です。でもそれを悪だとういのはおかしいのでは?
0