プラスワンプロジューサー烈伝

ロフトプロジェクト(LOFT PROJECT, 新宿ロフト, 下北沢SHELTER, ロフトプラスワン, ネイキッドロフト, 阿佐ヶ谷Loft A, Rooftop) http://www.loft-prj.co.jp/ ブログ:ロフト席亭、平野悠の何でも見てやろう http://blog.livedoor.jp/yu_hirano/ 続きを読む
ネイキッドロフト rooftop 阿佐ヶ谷ロフトA 下北沢SHELTER ロフトプラスワン yuhirano 新宿ロフト
0
平野悠 @yu_hirano
プラスワンプロジューサー烈伝そのー1 9月11日にプラスワンでは「うまい棒大感謝祭」というイベントがある。この企画を見て私はふっとこの企画をしたプラスワンが生んだ伝説の斉藤有里子の偉大さを思い出した。彼女の発想は凄かった。もう従来のロフトのイベントの方程式を完全にぶち破った。
平野悠 @yu_hirano
プラスワンプロジューサー烈伝そのー2 それは2001年11月24日(土)に、うまい棒業界最大のイベント「うまい棒3000」が、 新宿ロフトプラスワンにて開催された。 私は斉藤嬢に聞く「うまい棒イベントって何するの?」「ただ食べるイベントです」「それで?お客は」「ひろゆきが来ます」
平野悠 @yu_hirano
プラスワンプロジューサー烈伝そのー3 更に私は聞く「うまい棒何本用意したの?」「はい、3000本です。メーカーから無料で貰って来ました。メーカーもこのイベントには期待しています」「一般公募したお客さんが2時間で何本食べられるかの勝負します」「ふ〜ん、うまい棒フードファイターか」
平野悠 @yu_hirano
プラスワンプロジューサー烈伝そのー4 この時代のプラスワンは加藤梅造、シンスケ横山、斉藤有里子の3人プロジューサー体制だった。その中でも斉藤はアニメシーンに集中して取り組んでいてそのシーンの裏方で苦労されている人々に焦点を当て引っ張り出し各方面から感謝されていた。巨乳だった(笑)
平野悠 @yu_hirano
プラスワンプロジューサー烈伝そのー5 彼女は特に怪獣、戦隊ものを得意とした。しかし私が興味を引いたのは「プラモデルナイト」お客さんがただプラモデルを持って集まって、酒を飲みながらプラモデル製作に熱中するだけのイベントだった。「客来るの?」はい、オーケンさんやミュージシャンが来ます
平野悠 @yu_hirano
プラスワンプロジューサー烈伝そのー6 プラスワン伝説のイベント「うんこナイト」「くすぐりんぐす」では彼女は平気でステージでうんこまみれになりくすぐられた。「プラスワンお化け屋敷」は本当に凄く怖かった。材料は撮影所からただで借りてきた。これも斉藤プロジューサーの人柄だった。
平野悠 @yu_hirano
プラスワンプロジューサー烈伝そのー7 ライブハウスとか小屋とかの常識をぶち破った革命児斉藤有里子はプラスワンを去った。18歳でロフト入社、なんにも知らない小娘は成長した。プラスワンでは治まりきれない何かがあった。10年近くプラスワンにいたことになる。出来たら又帰って来て欲しい。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?