ジャズ論議〜吹奏楽部の毒舌な後輩bot

吹奏楽部の毒舌な後輩botの周辺で繰り広げられたジャズ論議をまとめました。余計なモノ、抜けているモノがあったら申し訳ありません。
58
吹奏楽部の毒舌な後輩bot @Suisou_Kouhai

先輩。吹奏楽が好きなら色々な曲を広く聴きましょう。色々な音楽を勉強する事で多角的に音楽を見る事が出来るようになります。しっかり勉強をすると「この曲のクラーベの使い方間違ってるぞ...編曲者しっかりと勉強してませんね...」とか色々分かるようになります。

2013-04-18 11:16:51
吹奏楽部の毒舌な後輩bot @Suisou_Kouhai

例えば他にも吹奏楽で良く使われるジャズの曲のSwing。表記には三連符の中を抜いた物で書かれていますが、ただそのリズムを演奏しただけではSwingにはなりません。時代によってSwing感も違います。そういうのを分かって書いてないアレンジャーの曲はすぐに分かります。

2013-04-18 11:22:51
吹奏楽部の毒舌な後輩bot @Suisou_Kouhai

という事でいつもは先輩に対してキツイ事を言っていますが、吹奏楽の編曲者、作曲者の皆様、しっかりと勉強してる人にはあなたがどんなに有名な人でも「この人全然分かってないなー」という風にバレてしまうのでしっかり勉強してから書いて下さいね。そういう人沢山いますよね!w

2013-04-18 11:26:58
ゆるゆる @yuruyurugdgd

@Suisou_Kouhai ラテンの厳格なルールをわかって吹奏楽アレンジを書いている編曲家、ものすごく少ないと思います。きちんとした歴史と知識のバックボーンがある作品が評価される土壌を作っていきたいものですね。

2013-04-18 12:42:33
ゆるゆる @yuruyurugdgd

@Suisou_Kouhai というか、そんな大げさな事じゃなく、ダメなアレンジは出版しない、演奏しない、カッコイイと思わない(ような感性を磨く)、くらいの意識でもいいと思いますが^^;

2013-04-18 12:42:54
ゆるゆる @yuruyurugdgd

某、なんだか有名にしていただいた例のアレンジも、ラテン的に見るとまだまだ穴が存在。(いくつか塞いで貰ったんだけど^^;) ラテンの流儀とビッグバンドの流儀がぶつかった場合、どちらを優先すればいいのかな?「ラテンジャズのビッグバンドアレンジ」と逃げつつ、次回作があれば改善予定。

2013-04-18 12:45:59
ゆるゆる @yuruyurugdgd

Swing関係も、まだまだ相当なデタラメが大手を振って歩いてるけど、そろそろ駆逐されて行きそうな流れ。やはり音楽の成立順と間違いが是正される順は似ている。

2013-04-18 12:47:16
吹奏楽部の毒舌な後輩bot @Suisou_Kouhai

話の流れついでに、皆さんが良く口にするラテン音楽という言葉も実は色々と問題があるのです。キューバもブラジルもラテンという括りで皆さんお話しますよね?でもそれって、北朝鮮と韓国と中国と日本がアジア音楽と言われるのと同じ感覚だと思うのです。つづく

2013-04-18 13:07:34
吹奏楽部の毒舌な後輩bot @Suisou_Kouhai

それにキューバとブラジルは両方とも植民地支配されていましたが、片方はスペイン、片方はポルトガルで、同じ西洋でも少し毛色が違うのですよね。ですからこういう違いを把握した上で「ラテン音楽」という言葉を使用している人は本当に少ないのではないかと。ボソボソ

2013-04-18 13:09:15
黒川圭一/KeiichiKurokawa @keiichikurokawa

私も,ラテンについては詳しくないながらも,後輩botちゃんに便乗すると,せめてキューバン・ラテンとブラジリアン・ラテンとの区別くらいはしっかりすべき(百万歩譲って「分かってるけど楽器がなくて」というなら,まだ理解の余地はあるけど)。 我々だって,日中韓を一緒にされたら嫌でしょう。

2013-04-18 13:10:31
吹奏楽部の毒舌な後輩bot @Suisou_Kouhai

(吹奏楽はなんでも出来て夢のある編成だと思います。しかし嘘知識や自分達の都合、なんちゃって演奏だらけの今の吹奏楽界はプロも含めて大嫌いです。TVで適当にジャズの曲を吹いている某プロ楽団を見て苦笑いしています。そうならないようにする為には私達が正していくしかないのです)

2013-04-18 13:18:13
黒川圭一/KeiichiKurokawa @keiichikurokawa

一連のツイートを見て,ジャズ,ポップス,ラテンに関してちょっと勉強してみようと思った方,こちらの『今さら聞けないポップス奏法 虎の巻』(http://t.co/AL2E8H2wz6)は如何でしょうか(ステマ!)。 今年の吹コンで課題曲3を検討しているバンドも必携です!

2013-04-18 13:22:19
三浦秀秋 Hideaki Miura @h_miura

ポップスの演奏法やアレンジ、デタラメはいけないけれど、あまり原曲に寄せようと気張ると、それは結局オケアレンジをオケの音がするように吹奏楽で真似る、みたいなことと変わらなくなってくるから、難しいところ。 @Suisou_Kouhai

2013-04-18 14:36:16
三浦秀秋 Hideaki Miura @h_miura

オケのシンフォニックジャズを、ジャズ側から見た違和感が果たして間違いかどうかとか、マツケンサンバの響けコンガ~は「国が違うから間違い」なのかとか。クラシックとポップスの狭間で仕事してるアレンジャーとして、いつも研究すればするほど迷うところです。 @Suisou_Kouhai

2013-04-18 14:39:19
吹奏楽部の毒舌な後輩bot @Suisou_Kouhai

@h_miura 三浦さんに意見をするのは恐縮ですし、既にご存知だとは思いますが、その音楽の一番大事な核の部分を大事にしつつ、アレンジをして頂けると演奏者も深い部分で楽しめると思いますし、お客さんにも大事な部分を聴いてもらえると思います。

2013-04-18 14:40:15
三浦秀秋 Hideaki Miura @h_miura

ついでに批判覚悟で言えば、「すごく」いい作編曲って、ジャンル・スタイルは明らかに気にしてないものが多いと最近感じる。それは原ジャンルを消化した上で自分の語法にスムーズに組み入れて色々組み合わさっているということかもしれないけれど。はてさて演奏する方はそれをどう読み解くか。

2013-04-18 14:52:16
三浦秀秋 Hideaki Miura @h_miura

@_BAMSE_ まるで想像ですが、あれぐらいの時代(のアメリカ?)ってジャズとクラシックの関係がもっと堅苦しくなかったのではないかと思います。自由に混ざっていたというか、もっと相互理解があった感じがします。音源と本とビデオと楽譜だけから感じることですが。

2013-04-18 14:55:08
松元宏康 @_BAMSE_

@h_miura そうなるとやはりすごくいい作編曲って、今も昔も変わらず現ジャンルを消化した上で自分の語法にスムーズに組み入れてという事なんですかね。奏者も指揮者も理解はもちろん経験も重要になってきますから、伝統あるジャンルと素晴らしいアレンジにより多く触れる事が大切ですね。

2013-04-18 15:04:48
三浦秀秋 Hideaki Miura @h_miura

特殊な事例かもしれないけど、例えばこのジャンルを超えた自由さとクオリティの高さ。吹奏楽にはこういうのが良いと思う。http://t.co/1YTSS9oiTB

2013-04-18 15:05:30
拡大
金山 徹 @TohruKanayama

アメリカ音楽ですが、ジャズではないような気がします。 QT @h_miura: @_BAMSE_ まるで想像ですが、あれぐらいの時代(のアメリカ?)ってジャズとクラシックの関係がもっと堅苦しくなかったのではないかと思います。自由に混ざっていたというか、もっと相互理解があった感じが

2013-04-18 15:09:54
三浦秀秋 Hideaki Miura @h_miura

@_BAMSE_ 勉強した上で変えるところは変えていって、共感を得ればそれがまたスタンダードになるのだと思います。視野の狭い原理主義者がそれを良しとせず古いものにわざわざ戻してかかるということもたまにありますが(^^;そういう者を納得させるよう頑張るのもアレンジャーだと思います。

2013-04-18 15:10:10
三浦秀秋 Hideaki Miura @h_miura

@TohruKanayama @_BAMSE_ どういうものがジャズで、ガーシュインはどういうところがジャズではないですか?

2013-04-18 15:13:29
吹奏楽部の毒舌な後輩bot @Suisou_Kouhai

(クラシックのプレイヤーは演奏家視点、ジャズプレイヤーは作曲家視点で演奏しているのではないかと、最近私はよく思います。アドリブというのはそれが良く出ますよね。多分アレンジャーの方々が陥りやすい罠がここにあるのかと…ジャズプレイヤーの方がこの為に物知りの場合が多いです)

2013-04-18 15:17:42
ゆるゆる @yuruyurugdgd

@h_miura 三浦さん、参戦、お待ちしておりました!(笑) さて、こちらの「演奏家と制作」の狭間からの意見としては、極めて真摯に原ジャンルに寄せなければならない要素と、自信を持って自分のフィールドのサウンドを出して欲しい要素とに、はっきりと別れていると思います。

2013-04-18 15:19:01
ゆるゆる @yuruyurugdgd

@h_miura @TohruKanayama @_BAMSE_ 初期のガーシュウィンの時代は、そもそもJazzという言葉が生まれていない時代ですね。後期がスウィングジャズの時代。ここに、「ジャズ」という言葉が持つ守備範囲の広さの弊害があると思います。(続く

2013-04-18 15:21:04
残りを読む(64)

コメント

三月レイ@内調39課ニコ技室 @mitsukirei 2013年4月20日
コンクール、コンテスト出場目的以外の曲は気軽にやりたいぜ。
1
空弁者 @scavenger0519 2013年4月21日
しきたりの話? POPSって何でもありなんじゃないの? 表現者が「きんもち良い~!(^O^)/」って感じられるものを世間に発表して、で良いんじゃないの?それが受容れられるかどうか別にして。 なんか、Jazzのクラシック化な話だね。 「厳格なルールがわかっていない編曲家」なんて言い回しとか。
2
空弁者 @scavenger0519 2013年4月21日
まあ、「君のやっているのは○○○○じゃない!<`ヘ´>」とか言われるんなら、自分の名前のジャンルで良いですけれど。(^_^;)
1
言葉使い @tennteke 2013年4月23日
ジャズとクラシック音楽系吹奏楽って、スタイルと集団反復練習(そりゃプロオケマンは学生ほどやらないけどさ)の違い、ソリストと楽団員の違いのようが気がするんだけど。
0
言葉使い @tennteke 2013年4月23日
ここで議論している人たちにとって、映画「スウィングガールズ」の彼女達の演奏は、“Jazz”としては論外なんだろうか。
1
しまでん⛄ÿú*゜司馬殿 @SHIMADEN 2013年4月23日
ジャズは民謡の要素が強いから、まるっきりポピュラー音楽かというとそうでもない。民謡だって好きなスタイルでやっちゃいけないわけじゃないけど、外れすぎるともはや“その”民謡とはみなされない。
0
しまでん⛄ÿú*゜司馬殿 @SHIMADEN 2013年4月23日
とはいえジャズは多種の音楽の影響を受けつつ育っているから吹奏楽風のジャズが確立してもよい気もする(たとえばコンボ→ビッグバンド→吹奏楽、と編成拡大の流れ)。
0
しまでん⛄ÿú*゜司馬殿 @SHIMADEN 2013年4月23日
そもそも、最初のジャズは16世紀ヨーロッパに始まった調性音楽の子孫で、ジャズの人は昔から同じシステムでできてるクラシックやシャンソンやロシア民謡なんかをジャズにして歌ってきた。だから吹奏楽のオリジナルがうまくジャズにアレンジされてもおかしくないし、面白いと思う。
0
maryuw@糖質制限/喪中 無断転載お断り(゚∀゚) @maryuw 2013年4月26日
興味深いがそれだけな話だった。プロとその周辺が歯噛みするほど悔しくても音楽は消費されるリソースでしかない。生半可に通じるくらいなら無知でいたい。有り体に言うとめんどくせえといち消費者は思います
4
たぬきタン @strangehorns 2013年4月26日
現状の姿はそれなりに最適化を経てできあがったものなので、「なぜ現状のような状態があるのか」を語らなければ、その先もありえないのではないかと。個々が目指したいものをアピールする場としてはこれでよいと思いますが。
0
tanigon@ついったー東方部 @tanigon 2013年5月3日
楽譜に書けること、編曲で伝わることなんて実はたかが知れていると思う。編曲を伝える手段は、全部自分で演奏しない限りは楽譜になってしまうし。だから、そのへんの話どうでもいいと思う(ぶっちゃけ)
0
tanigon@ついったー東方部 @tanigon 2013年5月3日
クラシックといってもいろいろあるけどその中には「この実施でないとこういう響きは得られない」みたいな和声もあって、それにコードシンボルつけてバッサリ落としたら怒るでしょ。"Swing"も同じだと思うけど。楽譜の表現能力の話ね。
0