2013年4月22日

ゆとりを失ったゆとり世代

ゆとり世代の学力低下は逆説的だが「勉強しすぎた」からだ。学校不信に陥り、塾通いで余暇の時間を失った子供たちは遊びから学ぶ機会を失った。遊びは学力の重要な基礎。これを失ったことがゆとり世代の学力を奪った可能性がある。
39
shinshinohara @ShinShinohara

ゆとり世代は学校で教えてもらっていないから学力が低い、ということがまことしやかに信じられている。私にはこの話が信じがたい。ゆとり世代は塾通いが激増し、それまでの世代以上に内容も量もしっかり勉強しているからだ。

2013-04-22 19:58:57
shinshinohara @ShinShinohara

通塾率は全国平均にならすと次の程度の増加だが、http://t.co/MfK9MX8Pcr 大都市だと70%を越えている。http://t.co/jR4SSWeIKo 田舎は塾に通えない環境もあるためで、都市部の通塾率はゆとり世代でかなり上昇している。

2013-04-22 20:06:39
shinshinohara @ShinShinohara

塾では、学校では習わなかった円周率などを教えていた。つまりゆとり世代は塾に通うことで、それまでの世代と同じ質・量の学習内容を学んでいたのである。学習内容が減ったからゆとり世代は学力が低下した、というのは、まやかしだといってよい。

2013-04-22 20:08:39
shinshinohara @ShinShinohara

しかしゆとり世代とそれまでの世代で決定的に違うことがある。学習時間の異様な長さと遊ぶ時間の少なさだ。ゆとり世代は学校が終わると塾に通い、夜10時くらいまで拘束された。その分、遊びの時間を失った。ゆとり教育は結果として学習内容を減らすことにならず、遊びだけを減らしてしまったのだ。

2013-04-22 20:11:43
shinshinohara @ShinShinohara

ゆとり教育は本来、学習内容を減らすことで遊びの時間、家族とともに過ごす時間を増やし、「文字の学習」以外の学習を増やすことを目的とした。ところが皮肉なことに、塾通いが盛んになることで学習内容は結果として減らず、遊びの時間だけ減った。狙いが完全に裏目に出たのだ。

2013-04-22 20:13:52
shinshinohara @ShinShinohara

この原因は親世代の強迫観念にある。「円周率を3と学ぶようでは、受験戦争を勝ち抜けないのでは?」と不安になり、これまで通りの学習内容を学ぶには塾に行くしかない、と考えたのだ。だが、この強迫観念には大きな誤解がある。受験テストで円周率が3.14のまま出るに違いない、という誤解だ。

2013-04-22 20:18:47
shinshinohara @ShinShinohara

私立はともかく、公立の高校・大学は授業で習った内容だけで受験用のテスト問題を組む。だから円周率を3と授業で習ったのなら、受験でも3として出題する。なのに親は「受験では3.14で出題するに違いない」と勘違いした。3.14で学ばなければ受験に勝てない、と誤解したのだ。

2013-04-22 20:21:40
shinshinohara @ShinShinohara

この誤解を塾産業は利用した。「我々は円周率を3.14で教えます」といえば、親は勝手に「受験は3.14のまま出題するんだ、じゃあ学校だけでは不十分、塾に行かなければ」と解釈する。塾の先生は、公立の試験で授業以外の内容が出題されることはない、ということを知っていて、黙っていたのだ。

2013-04-22 20:24:26
shinshinohara @ShinShinohara

「受験のテスト問題はゆとり教育以前の内容で作られる」という誤解が不安を生み、学校への不信につながり、塾通いを異様に増やす結果となった。この結果、ゆとり教育の目的である家族のふれあいの時間、遊びの時間を増やすという狙いは、完全に裏目に出た。

2013-04-22 20:26:45
shinshinohara @ShinShinohara

ゆとり世代は、金銭的に余裕があり、近隣に塾のある都市部の家庭だと、たいがい塾通いすることになった。この結果、ゆとり世代は遊ぶ時間を決定的に失ってしまい、文字の学習(座学)ばかりする結果となった。これが学力と意欲をこの世代から奪う最大の原因になったように私には思えてならない。

2013-04-22 20:28:44
shinshinohara @ShinShinohara

なぜ遊ぶ時間を失うと学力が低下するのか?たとえば理科で燃焼という現象を学ぶとき、燃えるものと酸素、熱が必要だと教えられる。文字だけの学習だと、これがなかなか覚えられない。しかしたき火をしたことのある子なら、十分な空気(酸素)と熱がなければ燃焼は続かないことを体験的に知っている。

2013-04-22 20:31:12
shinshinohara @ShinShinohara

薪を組む際、互い違いに木を重ねることで空気の通り道を確保しないと、炎が消えてしまう。ある程度の量、熱い灰が溜まらないと、炎が消えやすい。こうしたことはたき火をしたことのある子供なら体験的に知っている。だから理科で習ったときに理屈が分かって深く納得でき、記憶しやすいのだ。

2013-04-22 20:33:51
shinshinohara @ShinShinohara

理科や数学では濃度の問題が出る。これは料理をやっている子には理解しやすい。ケーキを2人分から3人分に増やすにはそれぞれの材料を1.5倍ずつ増やさなければならない。実際に小麦粉や砂糖を計り取ったことのある子は、濃度の話は納得しやすい。

2013-04-22 20:36:06
shinshinohara @ShinShinohara

ゆとり教育は本来、家庭で過ごす時間を増やすことで、遊びの中や家の手伝いの作業から、学力の基礎を身につけてほしい、という狙いをもっていた。しかし残念ながら、親の多くは学力のなんたるかを知らず、文字の学習を増やすことが学力向上につながる、と誤解した。

2013-04-22 20:38:04
shinshinohara @ShinShinohara

ゆとり教育の失敗は「受験改革」を忘れていたことだ。親は受験テストがこれまでの世代が受けたのと同じ学習内容で問題が作られると誤解した。その誤解を文科省は放置してしまった。これでは親が不安がるのも無理はない。学校の授業が受験対策を放棄したかのように受け取られてしまったのだ。

2013-04-22 20:42:47
shinshinohara @ShinShinohara

文科省はもう一つの改革を怠っている。親世代の意識改革だ。学力とは受験戦争を勝ち抜くためのもの、というのが親世代の事実上の意識。生活体験からの学力は大切かもしれないが、それでは受験戦争を勝ち抜けないじゃないか、という意識のままだった。文科省はこの点でも改革を怠った。

2013-04-22 20:46:37
shinshinohara @ShinShinohara

学力を高めるには、遊び、座学、休息の3つのバランスが必要だ。遊びは座学の基礎となり、休息は学習内容の定着に必要だ(長期記憶は睡眠時に形成されると言われる)。しかしゆとり世代は不幸なことに、座学、座学、座学。ひたすら座学。遊びと休息を失って、学力を低下させる羽目になった。

2013-04-22 20:49:04
shinshinohara @ShinShinohara

真に学力を高めたいなら、遊び、座学、休息の3つのバランスを確保すること。そして、受験に関し親がむやみに不安にならないよう、学習内容と受験内容は一致するということ、学校で習う内容をしっかりやれば受験にも対応できることを周知徹底することだ。そうすれば無理な塾通いは減るだろう。

2013-04-22 20:51:51
shinshinohara @ShinShinohara

真に必要な学力とは「与えられた材料でやりくりする力」だと言える。「この道具がないから仕事ができません」というのでは、社会で役に立たない。社会では金も人材もないのが当たり前。ない中をどうやりくりするかが、仕事の能力だ。ただ記憶するだけのこれまでの学習法はこの能力が育たない。

2013-04-22 20:55:42
shinshinohara @ShinShinohara

ゆとり世代の不幸は、遊びを奪われてコミュニケーション能力を育てられなかったのに、就職でコミュニケーション能力を問われることになったことだ。

2013-04-22 21:05:13
shinshinohara @ShinShinohara

ゆとり教育の時代には河合隼雄氏が「生きる力」を訴えた。この方向性は今も重要だと思う。そのためには遊び、学び、休息のバランスが必要だ。友達と遊ぶことでコミュニケーション能力と工夫する力を、学びで知識を、休息で力の定着を。単なる詰め込みに戻らず、反省に立った教育改革を望みたい。

2013-04-22 22:57:00

コメント

PYU @PYU224 2013年4月22日
今度の教育改革だと更に座学の方に行きそうなんだが・・・・・・
0
ワス @wsplus 2013年4月23日
塾通ってないといろいろ絶望的という事でしょうか。
0
Ishida the Brain Damaged @tbs_i 2013年4月23日
親からして焚き火したことなかったり、料理と理科の関係分かってないんじゃないかな。
4
游鯤 @yusparkersp 2013年4月23日
親の共感を得られない教育方法をゴリ押ししたのが失敗、ということですか。だれだよ「ゆとり教育」なんて言いだしたのw
3
言葉使い @tennteke 2013年4月23日
子供が塾で真面目に学習に励んでいるとは、必ずしも言えないんじゃないかなぁ。我が身を振り返ると。塾で出会った友達と遊んだ思い出ばかりで、学習内容はよく覚えていない。
0
ネガ (R18) @negangan 2013年4月23日
ゆとり前の世代が"よく勉強していた"なんてのは大嘘とは思うし、夜遅くまでの塾通いでむしろ以前より学力の高い子供が増えているのは確かだが、逆に勉強できなくて極端に学力低い子供が増えたから、むしろゆとりって貧乏とお金持ちで学力の差を大きく広げた政策なんだと思うよ。
6
ネガ (R18) @negangan 2013年4月23日
遊ばないと真の学習に繋がらない話とゆとり世代の学習能力は別個に考えたがいい気がする。野山で遊んでた昔の子供が学習能力が高かったかと言えば、ぶっちゃけ必ずしもそんなわけじゃないし。
2
sakanaya@こんぺん @sakanaya701 2013年4月23日
野山で遊んでいても、そこで学ぶべきもの学ばないで単純に遊んでるだけだったら、知識も学力上がらないよ。それに学力や知識って、興味や好奇心がないと向上もしないしね。
1
@rbmio 2013年4月23日
いい加減ポエムの自爆晒しは止めるようこの人の周りが止めないのかねぇ、、、
1
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2013年4月23日
ゆとりと言われて批判されてるパターンって学力不足よりも「調べもしないで人に聞く」行為くらいだと思うけどな。
0
shinshinohara @ShinShinohara 2013年4月23日
wsplus 塾に行かない友達が連合すると良いのですが、当時は塾に行かない子の方が少数派。塾に行っても遊べず、塾に行かなくても友達と遊べず。「塾に行かない連盟」を親御さん同士で作り、子供同士の群れ遊びを重視すればよいのですが、そうはならなかったですね。
0
shinshinohara @ShinShinohara 2013年4月23日
tbs_i 分からなくなっていますね。
0
shinshinohara @ShinShinohara 2013年4月23日
yusparkersp ゆとり教育自体の本旨は間違っていなかったと思います。進め方がまずかったですね。あと、「ゆとり」教育というネーミングに、私は当時から悪意を感じていました。このネーミングだと、ただ「勉強する時間を減らす」だけに見えます。本当は、家事手伝いや遊びの時間をしっかり確保する、というのが目的でしたから、「体験教育」と銘打つべきでした。
0
shinshinohara @ShinShinohara 2013年4月23日
negangan 学力の定義って難しいですね。ゆとり世代は概してまじめで、大学でもよく勉強します。それ以前の世代とは大違い。しかし、まじめな分、応用力が乏しいというのが大学教員や社会人の評ですね。「お勉強」の学力はむしろ高いのですが、創意工夫の能力がかなり減退しています。大学や社会人が「学力低下」といっているのは、この部分のようです。
0
shinshinohara @ShinShinohara 2013年4月23日
negangan バランスが大事ですね。遊んでばかりで学力が高まるはずもないです。遊び、学び、休息がバランス良くないと、学力は高まりません。
0
shinshinohara @ShinShinohara 2013年4月23日
sakanaya701 遊ぶから学ぶ意欲が増す。学ぶから遊びから発見する喜びを知る。休息するから記憶がしっかりし、意欲を高める。こうした、遊び、学び、休息のバランスが必要ですね。
0
shinshinohara @ShinShinohara 2013年4月23日
France_syoin そうですね。「答えは誰かが教えてくれる」という姿勢ですね。自分で発見する機会を与えられてこなかったので、そういう行動パターンになってしまうのだと思います。遊びは発見の喜びを知る上で、重要なように思います。
0
三月レイ@内調39課ニコ技室 @mitsukirei 2013年4月23日
自分の世代の塾って、進学と補習の2種類に分かれていたけど、今目立つのは進学塾ばかりですねえ。あと、町内の子供会が自然に触れさせるイベントをいろいろ企画してるけど、そういうのは昔は子供同士でやっちゃってたな。自分も中学生頃までは近所の小学生引き連れて遊び回ってたし。
0
三月レイ@内調39課ニコ技室 @mitsukirei 2013年4月23日
最近の親(自分の世代もそれに入るが)って極度な過保護と手抜きを感じる。野球一つやるにも子供が集まってやるでなく、まず野球クラブへ直行とか、なんでも指導教室に入れちゃう。親や近所のお兄さんお姉さんが先生になる機会がないってのもコミュニケーション不足を招いている感じもする。
0
そら豆 @solamame_k 2013年4月23日
時代の空気が違うだけで頭の出来も人間の出来もそれほど変化してないんじゃないかな。
2
ODST でいこう。 @kuonin 2013年4月23日
団塊ジュニア世代も親の価値観に洗脳されてる人は多い。詰め込むより何が人生という長い航海で生き抜く知識や人とのコミニュケーションの仕方を教えていかにと行けない。試験が巧くてもそれは学生時代のテクでしかない。生きる力を教えるのも必要
0
kartis56 @kartis56 2013年4月24日
通塾率が上がってるってことは学校でまともに教わってないという傍証のような。つまり「学校で教えてもらっていないから学力が低い」のを塾に行って補助せざるを得ない状況なのでは?
0
kartis56 @kartis56 2013年4月24日
ゆとり世代の学力は学校教育の変化でも変わってないというなら、塾に通っていない生徒での学力の比較が必要かと。
0
ネガ (R18) @negangan 2013年4月24日
ShinShinohara 私はゆとり世代の創意工夫が低いとは全くもって思わないですね。むしろ、過去の世代より創意も工夫も格段に高く各所で思いもよらなかったアイデアがどんどん出てます。"上の人に決まっていることがあるかどうかを聞きたがる"傾向を見ていっているのであれば、それは単に"余計なことをされると面倒だ"と思っている大人が自分の責任を押し付けた結果ですよ。
1
ネガ (R18) @negangan 2013年4月24日
ゆとり世代を創意工夫が低いなんて危惧している大人はその世代がどんな創意工夫をしているのか"自分自身が理解できていない"ケースも当然考慮すべき。
1
ひな @Karerllen 2013年4月24日
ゆとり教育は「勉強できない子は分をわきまえろ」というえげつないメッセージによって行われた教育だった。学校の拘束時間を減らして勉強できる子には自習時間を与え、そうでない子にはとっとと社会へ出てもらおう、というものなのだから。
0
ひな @Karerllen 2013年4月24日
「馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない」という諺がある。いくら勉強させても意欲を湧かせることはできない。ならそんな無駄な努力は放棄しよう、というのが「ゆとり」だ。
0
ひな @Karerllen 2013年4月24日
「詰め込み教育」は逆に「全部覚えられるか分からないけれど、コレを全部理解できれば何とかなるよ」という楽観的メッセージが込められている。しかし「ゆとり」にそれは無い。
0
ひな @Karerllen 2013年4月24日
そうやって厳しい淘汰圧に晒されて育った「ゆとり世代」の目は厳しい。もしあなたがゆとり世代から何の手がかりも感じられないのなら、それはあなたが「ゆとり世代にとって価値が無い」ということだ。
1
ひな @Karerllen 2013年4月24日
あと世間様で言われる「ゆとり世代の欠点」って、「今時の若い者は~」の派生でしかないので意味が無い。調べもせず聞くとか、言われたことしかしないとか、そんなの誰でもそう。何を調べたらいいのか、何をしたらいいのか、きちんと指示されてないなら誰でもそうなる。
1
冶金 @yakeen4510 2014年1月22日
教育内容よりも、試験が必要ない入試増加の方が学力低下の原因であると思う。もっといえば少子化で「誰でも大学に入れるようになった」ことが原因。内部進学を一切認めず、どんな大学でも「最低英検・数検3合格しないと入れない」みたいなことにすれば、少なくとも大学で分数の足し算を教えなくて済みそう。
0
でき🌂 @dekijp 2016年1月13日
世の中には自主的に勉強する子供と、自主的には勉強しない子供が居る。詰め込み教育では勉強しない子供は、たとえ嫌でも机に向かわされていた時間が多かったのに対し、ゆとり教育では、勉強しない子供は勉強しないままに放置された。単純に、勉強時間の差がそのまま学力の差に繋がった話。
0
でき🌂 @dekijp 2016年1月13日
もちろん、自主的に勉強する子供は詰め込みでもゆとりでも成績は良かった。自主的に勉強する子供を見ながら設計したゆとり教育を、自主的に勉強しない子供に当てはめた結果、全体的な統計として、学力が下がった話。
0