10周年のSPコンテンツ!
4
きんぶり(高口康太)@『幸福な監視国家・中国』発売中 @kinbricksnow
「日本の金融緩和は日本市場の回復には有利かもしれないが、人民元の大幅な値上がりがもたらす影響を帳消しにするには至らず、日本向け輸出の回復は難しい」 / “中国 円安の影響に強い懸念 NHKニュース” http://t.co/5WsApr2qD5
高口康太@『現代中国経営者列伝』 @chinanews21
商务部召开例行新闻发布会(2013年5月16日) http://t.co/C0ZJYjRRZ1 我们的外贸企业普遍认为,日本实施量化宽松政策,虽然有利于日本的市场复苏,但是难以抵消人民币兑日元大幅度升值带来的影响,对日的出口回升难度比较大。
梶谷懐 KAJITANI Kai @kaikaji

現代中国経済専攻。高口康太氏との共著『幸福な監視社会・中国』NHK出版新書が好評発売中です。  https://t.co/RdmcQs8bmQ https://t.co/zetuSWVvxP

https://t.co/6xjtv53Ac0
梶谷懐 KAJITANI Kai @kaikaji
↓この報道、中国商務部の会見も確認したけど、「中国(政府)が円安に懸念を表明した」という表現はミスリーディング。まず重要なのはこれは日本のテレビ局記者(NHK?)の質問に答えたものだということ。次に沈氏の回答だが「円安で輸出が減る」云々は「貿易企業の認識」だとはっきり断っている。
梶谷懐 KAJITANI Kai @kaikaji
(承前)つまり金融緩和や円安に対し「中国政府として」懸念を示し、批判するということを沈氏は慎重に回避している。しかも、それはあくまで日本のメディアの質問への回答であって、自分から切り出した話題ではない。それを「中国が円安に強い懸念」と報道するのは意図的なミスリードと言わざるを得ん
梶谷懐 KAJITANI Kai @kaikaji
これまで日本のメディアが繰り返してきた「中国政府当局が日本のアベノミクスに懸念」という報道はかなりの程度「針小棒大」に属するもので、むしろ「中国はアベノミクスを歓迎せず」という印象操作(による間接的批判?)を狙ったものではないか。米国QEの時の反発はこんなもんじゃなかった。
梶谷懐 KAJITANI Kai @kaikaji
・・というわけで、「中国はアベノミクスをどう見ているか」という点に関する日本のメディアの報道の「偏り」を正すことを目指した記事を来週の『週刊東洋経済』「中国動態」コラムに書いてますので、よろしければ読んでみてください。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする