Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2013年5月18日

KAMONのたとえ話シリーズ 発達障碍編 ~ADHDって、脳みそのどこが動かないの? 車に例えて考える。

ADHDが障碍だとわかってもらいづらいのは、脳に詳しくないとわかりづらい部分が動かないからだ。例えば、AT限定しか持っていない人に、「この車はセカンドギアが壊れている」と言っても「でもお前、この車ちゃんと運転してるじゃないか」と言われてしまうだろう。
212
KAMON @KAMON_Yammani

①昨日つぶやいた「発達障碍の生きづらさを壊れたMT車に例える」をもうすこし体系立てて連続ツイートする。 #ADHD

2013-05-12 23:46:47
KAMON @KAMON_Yammani

②人の障碍を「車のどこが壊れているか」に例えてみよう。身体障害の場合、タイヤがないとかハンドルがもげているとか見ればわかるものが多いので、「ああ、これじゃ運転できんわな」と誰でも思う。乙武洋匡さんに「がんばれば50mを10秒で走れるだろ!」っていう人はまずいない。 #ADHD

2013-05-12 23:53:34
KAMON @KAMON_Yammani

③多くの精神障碍は見た目ではわかりづらいが、それでも行動を見れば一目瞭然だ。エンジンや制御コンピューターに不具合がある状態ならそもそもエンジンがかからない。「おかしいのはドライバーじゃなくて車の方だ(本人の努力の問題ではなく体の不具合だ)」と誰もが思ってくれる。 #ADHD

2013-05-12 23:59:26
KAMON @KAMON_Yammani

④さて、発達障碍である。この障碍は、「見た目にわかりづらいところが壊れている」「そこが壊れていても一応車は動く」「壊れているところが何をするところなのか説明しづらい」というところが壊れている障碍だ。車に例えると・・・? #ADHD

2013-05-13 00:01:49
KAMON @KAMON_Yammani

⑤・・・「セカンドギアだけが壊れていて、ローもサードもトップもリバースも正常」という状態である! MTで運転免許とった人なら、この車を一生運転し続けるということがどういうことかおわかりだろう。

2013-05-13 00:05:10
KAMON @KAMON_Yammani

⑥免許ない人やAT限定の人のために説明すると、車は速度に応じたギアを選択しないとエンスト(駆動に無理がかかってエンジンが止まる)を起こす。発進時にはロー(1速)を選び、速度が乗るごとにギアを上げていく。セカンドギアはその2番目が動かない状態。 #ADHD

2013-05-13 00:11:36
KAMON @KAMON_Yammani

⑦セカンドは速度を十分に出す前段階として、または速度を十分に落とした際に頻繁に切り替えられるギアだが、実は使わなくても車は動く。いきなりサードギアで発進することもできるのだ(路上教習でうっかりやったことがある)。 #ADHD

2013-05-13 00:15:21
KAMON @KAMON_Yammani

⑧セカンドギアなしのMT車は、ローで延々走り続けるか、いきなりサード発進することになる。前者は遅い上に燃費が悪くなるし、後者は操作を精密にしないと即エンストである。 #ADHD

2013-05-13 00:18:20
KAMON @KAMON_Yammani

⑨以上、車におけるセカンドギアの重要性と「非」重要性について説明した。まとめると、これがぶっ壊れた車は「恐ろしく運転しづらい」けれど「全く動けないわけではない」のである。 #ADHD

2013-05-13 00:21:24

ここ、「前頭葉」と書いていますが、前頭葉すべてというわけではなくて脳の「前頭前野」という部分だそうです。お詫びして訂正いたします。

KAMON @KAMON_Yammani

⑩さて、ADHDは脳の前頭葉という部分の障碍である(といわれている)。ここがダメになっても目や耳が聞こえなくなるわけではないし、学校の成績も普通である。だから重要性がわかりづらい。 #ADHD

2013-05-13 00:26:59
KAMON @KAMON_Yammani

⑪しかし、ここは「何か行動を起こそうとしたとき、頭の中を整理するまでちょっと待つ」機能を司る部分である。これができない脳をどうやって運転する? #ADHD

2013-05-13 00:29:22
KAMON @KAMON_Yammani

⑫方法は2種類。まず「前頭葉の機能を無視して、思いつきで行動し続ける」。車のたとえでいうとサードギア発進である。これは行動が早い反面、不注意が多くなる。その上、何かトラブルが起こると動けなくなってしまう。 #ADHD

2013-05-13 00:33:34
KAMON @KAMON_Yammani

⑬もう一つの方法は、「いっぺん頭の中を整理してから行動に移すことで、前頭葉の機能を代替する」。車でいうローギア運転だ。これなら行動は慎重になるが、仕事が異様に遅くなる。他の人が自動でやっている機能を自分だけ手動でやっているのだから。 #ADHD

2013-05-13 00:38:11
KAMON @KAMON_Yammani

⑭そんなわけで、前頭葉の動かない脳みそもセカンドギアの動かない車も、運転するにはものすごいテクニックが必要である。逆に言うと、テクニックさえあれば一応運転はできるのだ。このことには2通りの言い方がある。 #ADHD

2013-05-13 00:45:11
KAMON @KAMON_Yammani

⑮一つは、「動くんだから、運転できないなんていうのは本人の技術不足」、もう一つは、「上級者じゃないとまともに動かせないような脳みそはやっぱり大変だ」。前者のほうがポジティブに見えるが、話はそんなに単純じゃない。 #ADHD

2013-05-13 00:51:57
KAMON @KAMON_Yammani

⑯本来、高度なテクニックは人並み以上の力を発揮するために使いたいものだ。車でいうなら、テクニックはレースで勝つためやより安全に運転できる方法、大型車や二種免許車のために使いたいのだ。それが、ポンコツ車を「普通に動かす」ためにまず割かれてしまう。 #ADHD

2013-05-13 00:55:25
KAMON @KAMON_Yammani

⑰ADHDの脳みそも、まず「普通に動かす(動かしているように見せる)」ために高度な技術を使わなければならない。普通以上の付加価値をつける余裕はないし、あっても他の人はその遙か先を行くのだ。 #ADHD

2013-05-13 00:58:57
KAMON @KAMON_Yammani

⑱これが、ADHDの人が「努力しているのに仕事が遅い」と悩む理由であり、傍目に「怠けているように見える」理由の一つである。普通に動くだけで精一杯で、それ以上のことをしようとすると疲れちゃうのだ。 #ADHD

2013-05-13 01:02:03
KAMON @KAMON_Yammani

⑲「普通に動くのに人並み以上の努力が必要」はほかの障碍も同じだが、発達障碍は障碍の箇所がわかりづらい。おまけにこの国は「努力パワーは無限である」という謎の宗教を信じている人でいっぱいだ。 #ADHD

2013-05-13 01:09:31
KAMON @KAMON_Yammani

努力パワーはいつか尽きるし、それを他の人が努力しなくてもいい部分に使ってしまっている。努力しているのにその努力が恐ろしく見えにくい。発達障碍は努力教の聖書に載っていない存在なので、存在を認めたがらない人が結構多いんです。 #ADHD

2013-05-13 01:14:24

コメント欄の「サード発進簡単」というTWに対して追記。

KAMON @KAMON_Yammani

コメント欄を見ていると「サード発進簡単やん!」というTWの方がいらっしゃるようなのですが、そうおっしゃる方でも、自動車学校ではまともにミッションが動く車で練習しましたよね? 発達障碍者は、教習の時点でローとセカンドがぶっ壊れているのです。脳に教習車はない。

2015-03-17 00:43:28
KAMON @KAMON_Yammani

この喩えでも「簡単じゃん!」という人がいるということは、我々が血反吐を吐きながら努力している部分が大変だってわからない人はとてつもなく多いということなのだろう。少なくとも、らくらくサードギアで発進できる人と同じぐらいには。

2015-03-17 00:49:59
KAMON @KAMON_Yammani

なお、この連続ツイートでは「ADHDには多彩な発想力がある」のようなメリットについては書きませんでした。そういうメリットって、まずデメリットを克服しないと見えてこないしねえ。 #ADHD

2013-05-13 01:17:44
残りを読む(1)

コメント

KAMON @KAMON_Yammani 2013年5月18日
まとめを更新しました。
0
モリノ @yaguramorino 2013年5月18日
せやな。普通の人になる努力のためだけに、持てる努力をすべて費やしている気分になるよ。もし自分が定形発達でこの努力を自分の夢の達成やその他の問題克服に費やせたら、一体どれほどのことができたのだろうか。特性を克服しようとするたびに毎回思う。
10
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2013年5月18日
>「努力パワーは無限である」 ま、これがよくない。が「国家リソース」「周囲の配慮や忍耐」も有限なので、まあ大変(でもまだまだ福祉が薄いとは思う)
0
🐢汚部屋座の怪人カメタケ🐕 @Kamelogy 2013年5月18日
全く本筋とは関係ないけれど、ADHD兼MT車乗りとしてどうしてもコメントしたいので、コメントしちゃいます。どれか一つのギアーのみで走れと言われたら、間違いなく2速を選びますね。発進にも使えるし、低速走行や山道の走行では欠かせないし、ブン回せば一応はそれなりのスピードが出るし。無理矢理本題に繋げると、セカンドが使えない/壊れているのは便利なものが使えないという事です…。(¦3っ)∋
7
アガタ水晶 @AgataSuisho 2013年5月19日
大変わかり易いまとめですね。セカンドギアという箇所が「物理的に」壊れている、というところが重要で、足がないと何をどうしても歩けないのと同様にセカンドギアを使うのが「物理的に」不可能である、という認識がいる
4
うずまきУзумаки @iligks 2013年5月19日
生徒のギアが壊れているという判断は、医者でない自分には不可能。なのでギアは壊れていないという前提で指導せざるを得ない。それが無用の苦痛を与えていると思うとやりきれないがどうしようもない。生徒をひたすら観察するしかない。
4
うずまきУзумаки @iligks 2013年5月19日
まあ「ギアが壊れている」と断定できなくても「セカンドギアの調子がおかしいぞ?」程度はわかるから、ADHDを[念頭に置きつつ]指導する、という落としどころを毎回探している。本当は親御さんから事前に話を聞いておきたいが、デリケートなのであまりこちらからは質問できない。
6
充満黒萬獣 @MyMassGuilt 2013年5月19日
分かりやすいしかなり的確な例えに思える。「故障を原因とした事故の恐れもある」という点も含めて。
6
かなえ @kanade00lacks 2013年5月19日
非常に分かりやすく的確だと思う。努力しなくてもいいところに努力する必要があり、だから大変なんだよね。
3
Ikunao Sugiyama @Dursan 2013年5月19日
車の運転で言うなら、脳の病気。障がいは「ドライバーの不調」に例えたほうがわかりやすいと思う
1
ゴイスー @goisup 2013年5月19日
その後治っていくってのは、つまりは段々セカンドにもつながるようになったのか、サード発進orローぶん回しのテクニックが上がったのか判断に困るところもありますね
1
KAMON @KAMON_Yammani 2013年5月19日
goisup 後者です。セカンドなしで運転する技術がある程度向上するんです。ただし完全に代用はできないので、子供の時とは別の形で問題になってきます。
5
ゴイスー @goisup 2013年5月19日
KAMON_Yammani なるほど。別の問題になっちゃうんですね。
0
うに(5歳) @uni_2030 2013年5月20日
例えが悪いな、2速が壊れててもなんとかなるし、実際、1速→3速→5速っていう飛ばしシフトすることも結構あるし、坂道登るときは不便だな。やったこと無いと判らないかも。
0
Black.os @MountainAndRive 2013年5月22日
非常にわかりやすい内容でした。
0
ゆきぞー@自分の事を語るBot @yukizokin 2013年5月22日
たとえが惜しい。セカンド、サードが無いから、ローからいきなりトップに繋がないといけない。なら納得なんだけど、いきなりサード発進でエンストしますかね?のろのろと加速が悪いだけだと思う。
0
犬丸@「私の従僕」コミカライズ @kuroinusha 2013年5月22日
こういうのって、どう説明しても「一生続くんだったらそりゃ大変だな」って思う人と、「なんとか出来るんだったら良いじゃん」って思う人とわかれるんだよね
4
KAMON @KAMON_Yammani 2013年5月23日
シリーズ化につきタイトルを変更しました。
0
KAMON @KAMON_Yammani 2013年6月5日
行動だけ見てると、「社会人に必須の能力だけ狙い澄ましたかのように抜けている」ように見える。そんな都合のいい障碍なんてあるわけないだろ!と定型さんは思ってしまうのです。それらは制御装置がぶっ壊れた脳を20年以上酷使した結果とご理解いただければと思います。
1
らお @fivel_tolic 2013年6月5日
すごいわかりやすいし、すごい納得。「初めて持ったノック式ボールペンが押しても出てこなくてペン軸だけ抜いて書くのが普通だと思ってた」みたいな変な例えもしてみよう。押せば出てくるのが普通と分かったときの衝撃と言ったらもう。
0
らお @fivel_tolic 2013年6月5日
ボールペンと違って変えられないので押しても出てくるようにはならないわけですし、軸だけで書くコツなんかも会得しちゃったりして、それはそれで工夫する能力を身に着けていたりはするわけですけど。(限界はあるけどね)
0
KAMON @KAMON_Yammani 2013年6月10日
この例えに対して「サード発進なんて簡単じゃーん」と言っている人は、「発達障碍に理解のない定型発達者」もしくは「発達障碍だったけど気づかないうちに超スキルで乗り越えちゃった人」の気持ちを疑似体験しているのです。
4
KAMON @KAMON_Yammani 2013年6月10日
サード発進は簡単な人には簡単かもしれないが、へたくそな人が聞いたらむかっ腹立つのです。「あ~、俺ってそういう人たちのことがわかんないのか」と思っていただき、世の定型発達者は発達障碍者をそういう目で見ている、と感じていただければ幸いです。
3
TM @TM_KG 2013年6月27日
「『恐ろしく運転し辛い』けど『全く動かないわけではない』」というのは非常に的確な例えだなと思った。なまじ普通に走らせようと思えば走らせられる分、周囲から「普通に走らせられるのに」という非難を浴びることも多いから。
2
みのり@カプ・テテフ @minoricat 2016年11月1日
KAMONという名前に釣られてみた記事
0