編集可能

チーフテンMBTに関するメモツイート

いつも通りだらだらです。 今回はネタがド変態なので、あなたの健全な兵器への概念を著しく損なう恐れがあります。 ネタ本:Rob Griffin 「Chieftain」 http://www.amazon.co.jp/dp/1861264380/ 続きを読む
歴史 英国面
46
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko
さあ、どフェチ向けの悪魔的書籍に手を出そう…<Rob Griffin 「Chieftain」
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko
いきなり「コンカラーの自動排莢装置はまともに動かんかった」とか書いてある…( ;´Д`)
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko
コンカラーで採用された新機軸は大抵まともに動かんかったとかw
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko
宛:火砲クラスタ L11のブリーチのカッタウェイモデル http://t.co/0trRtdfRfn
拡大
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko
めも:チーフテンの湿式弾庫で満たされていたのは"standard anti-freeze"(多分クーラントでよさそう)、しかも7lb/sq in.で加圧されていた。(だから弾庫が貫徹されるとすぐに装薬をシケらせるシステムになっている)
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko
めも:ほぼ同一起源の120mm砲を有するM103ファイティングモンスターとコンカラーであるが、実は射撃速度に関しては2名装填手の前者よりも1名装填手の後者の方が速かったらしい(チーフテンの前説としてこの辺ががっちり解説されてる)
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko
(度々繰り返しますが、今読んでるRob Griffin「Chieftain」の筆者は実際25年間チーフテンのクルーを勤め上げた方で、マニアックなネタと図版がやたら多い名著なのですが日本でも海外でも泣きたくなるプレミアがついております…(;´Д`)
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko
@MktSasga http://t.co/07Jk8Q3nrq レアすぎて死ねる写真(イスラエルで試験中のチーフテンMk2、右はイスラエル・タル)
拡大
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko
なんか危ないおくすりキメた感があるなこれ…Prodigal、一人乗りとか正気かとw
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko
@Jagdchiha 隣のページにマジでその図面が載ってますw この本ヤバいっすw
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko
字面を追うだけで重篤な英国面のずんどこに引き込まれかねない危険な文章…160mm低圧砲でHESH撃ち込んで航続距離500マイルの1〜2人乗りの空輸可能とかどうすりゃ思い付くんだよw http://t.co/upBMMwlob9
拡大
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko
(Prodigalがズッコケて巡り巡ってチーフテンに行き着くので端折れないのはわかるけど、本題に辿り着く迄に既に脳の奥がむず痒くなってきて死にそうになる
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko
めも:英国面の極致であるコンテンシャス( http://t.co/ebtnwDwfn3 )については、恐ろしいことに収蔵しているボービントンですら、記録がほとんど残されていないため把握できていない(デヴィッド・フレッチャー先生ですらお手上げだそうな)
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko
めも:IS-3対抗として生み出されたコンカラーではあるが、そのIS-3がT-10に更新されてるんだけどコンカラーの後釜どうする?→重戦車の相手はATMでやれ!、というわけでおっぱじめられたOrange William Projectが後のスウィングファイアATMになる
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko
めも続:1957年に英・米・カナダの3者の会議で「Medium Gun TankとHeavy Gun TankってのやめてMBTに一本化しようず」となり…(FV200計画はこのカテゴリーのせいで設計者が腕を振えずにこけたと書いてある)
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko
めも続:英「あーじゃあうちで今作ってるMedium Gun Tank No.2(ちなみにNo.1はFV221カーナーヴォン)をMBTにするわー」→これがFV4201 "Chieftain"になる。 FV4202はなんつかその、センチュリオンのパーツ使いまわして(続
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko
めも続:チーフテンのコンセプト(防楯のない砲塔と寝そべる操縦手)検証しようぜ、的な車両なんですなぁ…。3両が作られ、うち2両がこちらに残存しております、と。 http://t.co/x4U1tMd504
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko
めも続:FV4202は1956年に3両完成。1両はボービントン、1両はBordonのREMEの基地で牽引車。もう1両は? ぬゎんと、センチュリオンをイスラエルに売り飛ばした時に間違って送られて、もらったイスラエルも「何これ?(´・ω・`) 」状態で処理して行方不明らしいw
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko
めも:Medium Gun Tankって、米軍の105mm砲(105mm T5系列かね、弾種はHVAP/HEAT/APらしい)が入らないね…液体装薬を試すか _人人人人人人人人人人_ > 液体装薬を試すか <  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄ この方々は…w
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko
めも:中戦車T95( http://t.co/GJA24SdKWF )の砲塔(この車も90mm滑腔砲積んでハイドロサスとか相当キてる)は、FV4201と砲塔コンパチにしねーか?とアメリカが言ってきたのを英国が蹴ったらしい
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko
(ふむ…1956年の段階で、距離2000ヤードから傾斜角60度の120mm装甲板をぶち抜くと(英・米・カナダの)3者会談で決まってたと…ほんでもって105mm以上は積めない論者が消えて120mmで行きましょう!になったと…w
残りを読む(268)

コメント

下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko 2013年5月24日
Sundance Program(チーフテンのエンジン改修計画)については、後日追記致します…
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko 2013年5月24日
あ゛、やべぇ追記。チーフテンで量産されたのはMk2/3/5だけです。Mk6~9はTotem Pole改修済の物をそう読んでて、Mk10/11は上記ツイートを参照して下さい。
下呂子(げろこ) aka でゅらちん @Geroko 2013年5月27日
まとめを更新しました。別の種本からエンジン改修ネタその他諸々を追加しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする