2013年5月26日

第二十八話:かえるのうた 第二十九話 第三十話:猫の恋夢

角川Twitter小説コンテストにて執筆中の『チョッとした話』を読みやすいようまとめてみました。読了後面白いと感じてくださったら章タイトルや本文のファボやRTなどいただけるとありがたいです。 以下のURLからもどうぞ。http://commucom.jp/t/fo9FMO
0
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 大学で飲み会があって、その二次会でカラオケに行くことになった。僕は別段歌が上手いわけじゃないんだけど、なんとなく離れがたい雰囲気に流されて同行することにしてね。流行りの歌も人並みには歌えるし。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-05-26 00:18:11
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 それで同行した連中の中に、とある奴がいた。普段は抜群に歌が上手いんだが、今夜はどうも調子が悪い。  歌いもせずに、げ、げ、げ、と嫌な声を出し続けてケタケタ笑っている。みんな不気味に感じたんだけれど、 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-05-26 00:18:32
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

「酒の飲み過ぎなんじゃない?」  って冗談めかして気づかないふりをしようとした。だけどやっぱり、様子がおかしい。 「トイレ行こう、吐いたら楽になるかも」  見かねた僕はそいつを連れ出して、ふと項に目をやった。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-05-26 00:18:42
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 服の襟が妙に盛り上がっている。 「ここ何か入れてる?」  訊ねてぽんと叩くと、むにゅりと嫌な感触。  驚いて襟を引っ張ると、そいつの首の後ろに黒い塊がついているのが見えた。塊は、ぐぇ、と不気味な声で鳴いた。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-05-26 00:19:09
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 巨大なカエルだ。 「うわっ!」  僕は驚いて手を離した。その拍子に手元が狂って、そいつの背を思い切り叩いてしまった。ぴしゃ、と嫌な音がして、塊が潰れた。  それでも、出血するでも体液が流れ出る様子はない。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-05-26 00:19:47
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 恐る恐る襟を引っ張って覗いてみると、もう何もいなかった。 「うぅん……」  そいつは少しうめいて頭を振って、僕を見た。 「ん、どうかしたのか?」  訊かれて、僕はいや、と頭を振った。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-05-26 00:19:58
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 誰もが絶賛するような歌声に、カエルが憧れたのか。それともたまたまとり憑かれただけなのか。  真相はさておこう。  田でカエルが鳴くのを思い出して、僕は無性に家へ帰りたくなったのだから。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-05-26 00:20:03
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

『またね』  そう言って、電話は切れた。私はがちゃりと受話器を置く。 「ちょっと出かけるね」  母さんにそう告げて家を出た。外はすっかり暗い。  家から少し歩いた先の公園に、その男はいた。頭を抱えて震えている。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-05-26 14:54:39
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

「あの」  声をかけると、血走った目で睨みつけられた。 「こっちに来るんじゃねぇ!」  明らかに正気でない。 「あの……少しお話したいことがあるんです」  私は彼の前に立った。 「女性がいるんじゃないですか?」 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-05-26 14:56:11
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

「え?」 「そばに、女性が立ってるんじゃないですか?」  言われて、男ははっとなった。 「誰に聞いた」 「いえ、誰からも。私、分かるんです」  聞くなり、男の表情が変わった。 「助けてくれ」  男は情けなく言う。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-05-26 14:58:05
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

「この女ずっと消えないんだ。つきまとってきて離れない」 「身に覚えはあるんですか?」  男は首を振った。 「知らない女なんだ。本当だ。俺に何の恨みがあって……」  私は嘆息する。 「安珍清姫の話をご存知ですか?」 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-05-26 14:58:57
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

「え?」 「再来の約束を破った、男の話」  男は怪訝そうな顔をした。私はそのマヌケヅラに苛立ちを覚える。 「貴方、また来るから、と伝えたんじゃないですか? そうしてそれを反故にして、忘れているんじゃないですか?」 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-05-26 14:59:19
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

「でも俺に覚えは……」 「じゃあ教えてやりますよ」  言うなり、私の体がめきめき音を立てた。私は巨大で凶悪な犬に化け、吠える。男は驚いて尻餅を付いた。  私の意思に関わりなく、にたり、と、顔が歪む。私は笑った。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-05-26 15:01:18
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 ずるり、と、私の顔の形が変わる。くしゃりと表情を歪ませて、涙がボロボロ流れる。 「『またね』」  男ははっとなった。 「ああああ!」  みっともなく叫んで、私から逃げようと必死になった。このぐらいでいいだろう。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-05-26 15:03:15
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

「思い出しました?」  男はひぃひぃ荒い呼吸を繰り返していた。言葉にすらなっていない。 「いいこと教えてあげましょうか。女の念は、男が思っているよりずっと深いんですよ」  私は元の姿に戻って、公園をあとにした。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-05-26 15:06:10
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 受話器から、私に言葉が聞こえる。――耳に、入る。  一度耳から入った言葉は、私の体をめきめきと動かす。  そうして口に寄って、口から離れていく。  口寄せとはうまくいったものだ。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-05-26 15:07:14
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 私はまた受話器を耳に当てる。 「もしもし」  そうしてまた言葉を身に入れて、誰かもとへ向かうのだ。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-05-26 15:07:23
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 彼岸花が一面に咲いていた。君はひとりで立っていて、まっすぐに、何かを見ている。 「何かいるの?」  視線を合わせるように身をかがめた。何も見えない。 「にゃあ」  君は、僕の頭に、手袋をした手をぽんとのせた。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-05-26 20:48:54
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 途端、彼岸花が燃え上がった。その炎の奥に、ひとりの女性が見えた。真っ赤な着物姿で、静かにうつむいている。 「にゃあ」  君はもう一度言って、僕の頭から手を離した。幻の炎は消えて、あたりはまた一面の彼岸花だ。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-05-26 20:49:24
さく@今日も生きる @C_N_nyanko

 君は踵を返した。そして、僕を案内するように歩き出した。  向かった先は、山奥の寺だった。無人になってからもう随分経っているのだろう。どこか不気味で、それでいて物寂しい。こんな場所があるなんて、僕も知らなかった。 http://t.co/Yoa5FrowrV #角川小説

2013-05-26 20:49:41
残りを読む(13)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?