国会図書館近代デジタルライブラリーでの一部書籍公開一時停止の件で

関連しそうなツィートのまとめです。 問題の背景を知りたい方は、まずはこちらをご覧ください。→ http://d.hatena.ne.jp/digitalnagasaki/20130702/1372772567 国会図書館からの公式発表: 続きを読む
人文 図書館 国会図書館 著作権 近代デジタルライブラリー
35079view 105コメント
83
NI-Lab. @nilab
大正新脩大蔵経は、投資回収に十分な期間が経過しているなどとして公開再開。南伝大蔵経は、投資コスト回収に一定の考慮をすべき期間内と考慮。 / 国会図書館、出版社の抗議で中止していた資料の公開を一部再開へ http://t.co/uNjIJpMBbr
nhr93@EV優勝お預けも進化ですね。 @nhr93since1981
著作権切れ書籍データのネット公開停止 出版社側からの抗議に国会図書館が折れる (3/3) : J-CASTニュース http://t.co/XIuXovBW53 @jcast_newsさんから JULAの例もあるからなあ(この出版社が事実上金子みすゞの…)。
takumi hada @TakumiHada
著作権切れ書籍データのネット公開停止するってアリなのか?どうやら仏教の経典が問題になったらしい 出版社側からの抗議に国会図書館が折れる : http://t.co/7QXK4WVE96 @jcast_newsさんから
きつねあんてな @foxantenna
【人気記事速報LV2】「近代デジタルライブラリー」の著作権切れ書籍「南伝大蔵経」、ネット公開停止へ 出版社の抗議に図書館が折れる・・・ 大蔵出版「紙の本が刊行中。公開に納得いかない」 http://t.co/SxiyOlXmIr
TetsuBloch_☁_(脱原発) @TetsuBloch
利権を優先して文化が遅れをとる。  // 著作権切れ書籍データのネット公開停止 出版社側からの抗議に国会図書館が折れる (1/3) : J-CASTニュース http://t.co/gWxShGpkB8 @jcast_newsさんから
なかね(ログ) @nakanelog
よくわかんないな。 / 著作権切れ書籍データのネット公開停止 出版社側からの抗議に国会図書館が折れる http://t.co/g5FC25UoF3 #NewsPicks
yukiyaTB 刀剣 @yukiyatakatou
@supan_call こんばんは~、著作権の話題って、これかしら?著作権切れ書籍データのネット公開停止 出版社側からの抗議に国会図書館が折れる 2014/1/ 8 19:01 http://t.co/MTrNdpXdwj
A K @a_kotani
"俺たちが商売しているものを著作権が切れたからと言って勝手に無償で公開するな。民業圧迫だ俺たちがどれだけ金かけたと思ってんだ" って感じかな。
A K @a_kotani
著作権について文句言っている人多いけど、著作権が関係なくなったものをどうしたかっていう話なんじゃないの?/国会図書館近代デジタルライブラリーでの一部書籍公開一時停止の件で - Togetterまとめ http://t.co/V3dsCRHCz5
隆之介 @Ryu10dou
そんな売れる本じゃないので気持ちは分かるんだけどね(苦笑) 著作権切れ書籍データのネット公開停止 出版社側からの抗議に国会図書館が折れる (1/3) : J-CASTニュース http://t.co/45jNOr7m3a @jcast_newsさんから
A K @a_kotani
笑った。/著作権切れ書籍データのネット公開停止 出版社側からの抗議に国会図書館が折れる (1/3) : J-CASTニュース http://t.co/nuxtefTZSl @jcast_newsさんから
Haruhiko Okumura @h_okumura
放射線データアーカイブにはこういうデータの収集保全を望むのだが,国会図書館みたいに正直に公開可否を尋ねると館内限定公開にしてくれなどと言われるだろうから,ゲリラ的にやるしかない
スピリチュアルダンス(藤原正雄) @f_masao
そう。すでにお金は払ってる。RT @YoshitoHori: 著作権切れならば、皆が無料で読めるはず。税金でデータができている…。 「抗議に折れて」意思決定するのが一番良くない。 http://t.co/mkb9VV4nI6 #著作権 #図書館 #国会図書館 #税金
萱沼真一@進撃の社畜/電子回路設計兵団 @kayanuma
法律を無視とか笑わせる。出版社は権利ばかり主張してやがるな。だから駄目なんだよ。 【著作権切れ書籍データのネット公開停止 出版社側からの抗議に国会図書館が折れる】 http://t.co/MZm4X1pFzN
Kuniaki @kunichan_1985
初版の刊行時にはインターネットなんて想像も付かないとはいえ、著作権の意味がないのではと思う。裏でなにかあるのではと勘繰ってしまう。 / 著作権切れ書籍データのネット公開停止 出版社側からの抗議に国会図... http://t.co/eSYjkYWGmO #NewsPicks
J ハイパーnews メディアTV編集部 @Ariel360360
著作権とは既得権益者を保護するためだけのものでイノベーションを阻害するもの。よって悪だ!RT 著作権切れ書籍データのネット公開停止 出版社側からの抗議に国会図書館が折れる : J-CASTニュース http://t.co/ZtClQat9sr @jcast_newsさんから
Shota @croisjapan1
出版社もわかってるだろ!自分らが、醜いことしてるって! / 著作権切れ書籍データのネット公開停止 出版社側からの抗議に国会図書館が折れる http://t.co/qKhe0LnHFD #NewsPicks
たくろうゲートウェイ @takurou7
そんなの・・ていうか著作権切れていない図書館の本だって膨大な量あるし・・・。>>著作権切れ書籍データのネット公開停止 出版社側からの抗議に国会図書館が折れる : J-CASTニュース http://t.co/bw59YU1WcX
yosuke watanabe @yowatanabe
なんのための著作権制度か⁉︎と思ってしまうが、簡単には片付けられない根深い問題ですね。 / 著作権切れ書籍データのネット公開停止 出版社側からの抗議に国会図書館が折れる http://t.co/rMPifZAwh2 #NewsPicks
ユニークな年寄りでありたい @Done3_seagreen
出版社からの抗議って、大蔵出版だったのか。堀義人@YoshitoHoriさんご指摘の通りで、困ったものだ。 著作権切れ書籍データのネット公開停止 出版社側からの抗議に国会図書館が折れるhttp://t.co/lbjeBywH8I
デミオ @dededemio
よくよくみると結構複雑な事情なのね。 校訂出版の著作権も含めて裁判所でまとめて決めてもらった方が良い気がするなあ 国会図書館近代デジタルライブラリー 一部書籍一部公開停止の件で http://t.co/A3aoGnhtil
ミリ @miri3cm
さっきの国立国会図書館の電子化書籍の件、まとめあったのでメモ用に貼っとく 国会図書館近代デジタルライブラリーでの一部書籍公開一時停止の件で http://t.co/QKI7HUfxds
2SC1815J @2SC1815J
@knagasaki 国会図書館が取った対応の背景に納本制度という人質の存在があるのは確かですが、仮にそれがなければ大蔵出版の申出を門前払いして良いのかは自明ではないので(結果として棄却したとしても)、納本制度は横に置いて議論することもできるのではないかと思います。
堀義人 @YoshitoHori
「抗議に折れて」意思決定するのが一番良くない。抗議があろうが無かろうが、何が正しい姿かを論じ、行動すべき。著作権切れならば、皆が無料で読めるはず。税金でデータができているならば、当然公開すべきだ。 http://t.co/IY96LKQkH5 #NewsPicks
ミリ @miri3cm
ああ、こういうことが…国会図書館、出版者からの抗議を受け、著作権切れ書籍のネット公開を一部停止 -INTERNET Watch http://t.co/TjCvcjBkXY @internet_watchさんから
残りを読む(1996)

コメント

Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月18日
近デジの件は、文化庁の文化審議会著作権分科会出版関連小委員会にて配布された資料が一つの根拠として挙げられている模様。http://www.bunka.go.jp/chosakuken/singikai/shuppan/h25_01/pdf/sanko_4.pdf
ex_hmmt @ex_hmmt 2013年6月18日
自分としては(まぁスラドへのタレコミの論調を見てもらえばわかるように)どちらかというとこういった形で公開が取り下げられる事に批判的な立場なので、逆に出版協側の立場の意見も知りたい。
ex_hmmt @ex_hmmt 2013年6月18日
自分がこれらに批判的な理由は、主にいわゆる「疑似著作権」、著作権と見せかけて実は根拠のない権利主張の横行を好ましく思わないから。こういった前例を作るのは良くないと思っている。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月18日
まとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月19日
まとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月19日
まとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月20日
国会図書館近代デジタルライブラリーの一部書籍公開停止に関するまとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月20日
『大正新脩大藏經』刊行に際しての逸話 ( #大正蔵刊行 )を追加して、まとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月21日
「解説」を少し整理して、まとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月21日
なるべく誤解を招かないようにすべくタイトルをもう少し更新してみました。
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2013年6月22日
不当なことを言ってたのなら悪かったと読んでみたけどわからない。編纂に苦労した人と、いま権利を持っている人は「別の人」なので、よしんば大プロジェクトが借金まみれで回収できなかったとしてもいまの人が負債の状態で相続してるわけではないのでは。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月22日
sudahato 諸々の記述の断片からすると、おそらく倒産した会社の債務を今の会社が引受けたのではないかと思われるのでそれがもう返済終わったのかどうか確認できたらと思っているのですが。
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2013年6月22日
@knagasaki 債権者とのあいだで、回収見合いにした整理をとっていれば問題ないかと。負債をいつ引き継いだかも論題ですね。
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2013年6月22日
「法律で決まってない権利は主張してはいけない」ということはないとおもいますが、大正期や戦後間もなくの労苦についての権利は消尽したと考えるのが妥当かと。当事者ならともかく、相続・売買できるような権利ではないでしょう。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月22日
sudahato なるほど、そうするとやはりその点を今の会社に確認しないとわからないということでしょうかね?
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2013年6月22日
knagasaki 最近引き継いだのであればこの事態は予見可能でしたでしょうし、30~40年も前なのであれば、現在までに回収できていないのは……。ということで、保護されるべき利益はそれほど残っていないのではないか、と考えています。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月22日
sudahato 実は上記の私の状況解説はまだ今回の出版者の主張そのものにはたどりついていません。『出版ニュース』と『新文化』の記事をご覧いただけたらと思いますがそれも情報不足で扱いを検討中です。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月22日
sudahato 今のところ、上記の状況解説は、これを機に学術出版のコスト負担について考えていただくきっかけになればと思って書いてみているものです。
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2013年6月22日
knagasaki 今週の『新文化』はさきほど退勤際に見ましたが、抗議と対応の経緯のみで、出版者の状況についての情報はなかったように記憶しています。『出版ニュース』が入手できたら見てみます。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月22日
sudahato 今週の『新文化』はさきほど退勤際に見ましたが、<おお!素晴らしい! 『新文化』は2013年4月18日号をご覧下さい。『出版ニュース』は4月中旬号だったと思います。
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2013年6月22日
knagasaki 歴史視点は大事ですが、今回の公開についての話は、現状の学術出版のコスト負担とは、また構造が違った話にみえます。
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2013年6月22日
knagasaki 了解です。来週出社したら忘れないようにしときます。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月22日
sudahato 学術研究の在り方からしてずいぶん変わってきてますからもちろん同列に語ることはできないわけですが。
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2013年6月22日
knagasaki 直接の学術出版には、先端の学問であるがための不確実性があるわけですが、今回のものは一定の市場評価が定まったのちの、維持・譲渡・相続・消尽にどのように対処するべきかという問題です。私も身近に没後30年を越した著作物があるので、たいへん関心があります。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月22日
sudahato なるほど、学術出版をそのような意味で使っておられるのですね。そうだとすると確かに今回の件は学術出版の問題ではないということになりますね。ちょっと私の言葉の使い方がよくないのかもしれません。少し検討してみます。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月22日
図書館情報学チャンネル http://www.ustream.tv/recorded/34708933 で参考になる(かもしれない)お話が少しありました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月22日
ここ数日のツィートを大幅追加してまとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月22日
追記したものを読みやすいように、ツィートの順番を逆にしました。新しいのが上に来てます。まとめを更新しました。
犬吠埼一介@ナイン構想 @inbosk_old 2013年6月24日
よろしければこちらも合わせてご覧ください。:) 「紙? 電書? 出版界隈の未来はどっちだ!?」 http://togetter.com/li/522278
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月24日
また少し新しいツィートを追記してまとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月25日
『南伝大蔵経』の件を冒頭の解説に少し追加して、まとめを更新しました。
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2013年6月25日
knagasaki 新文化の4/18号読みました。なるほど、税金を投入した事業による民業圧迫が主要論点ですね。高須さんや青山さんが無茶な著作権拡張を主張しているから、理解がこじれて反発が起きている気がします。
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2013年6月25日
青山さんへのインタビューからは漱石の作品がどうして性格が違うのかはよくわからない。市場サイズは漱石のほうが大きい。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月25日
例のインタビューは本当にあの通りに話があったのかどうかよくわからないというか不思議なインタビューです。facebookでカーリルの社長に公開コメント確認した限りだと大正新脩大藏經をネットで公開してる件も話に出たのだそうですがインタビューには出てませんし。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月25日
話に脈絡が無いというか、普通インタビューだったらもうちょっと話を確認しないだろうかとか確認したけどうまくいかなかったのかとか、色々よくわかりませんね。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月25日
いずれにせよ、校訂出版のような地道な学術系出版を守らねば、という原則は大事だと思いますがそのための解決策が著作権延長とか拡張とかだとちょっと厳しいですね。もっと別な方策を考えないと。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月25日
knagasaki ちなみに、『大正新脩大藏經』がネット公開されてる件は、あとからお願いして追記していただきましたので最初は載せない気だったようです。その意図も今のところよくわかりません。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月26日
『南伝大蔵経』の公開停止の経緯に関する情報を少し追加して、まとめを更新しました。
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2013年6月26日
校訂出版をした人の権利が守られなくてはならないのはその通りですが、年限はあります。大蔵出版が公開された本を校訂をしたのは1934年までですよね? 80年前に仕事した人は、もう生きてないのでは。
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2013年6月26日
カーリルのインタビューの背景を推察したりdisったりしているより、当事者からもっと整合性ある見解と事実を(存在するなら)引き出すほうが建設的だとおもいます。
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2013年6月26日
パブリックドメインになるということは、創作物が創作者(とその遺族)の私有を離れて、万人による自由な再生産に供されるということです。その理念と意義にあまりに無理解な発言が出版協や大蔵出版からなされていることが残念でなりません。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月27日
sudahato disったつもりではないのですがね。でも当事者やその周辺から何か引き出せるといいですね。『新文化』にこの件に限らず出版社の権利の話が色々書かれているような感じですが結構大きな文脈の一部でもあるような感じもしています。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月27日
sudahato 出版関係の方がそういってくださるのはとてもありがたいです。>パブリックドメインになるということは、創作物が創作者(とその遺族)の私有を離れて、万人による自由な再生産に供されるということです。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月27日
著作権保護期間に海外で非常に安価な海賊版が出て販売に支障を来したことについて著作権保護制度がどう機能したのかというのも気になるところです。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月27日
国内だとこんな感じで、民事上、刑事上の救済措置をとることができできるのか。→ http://www.saegusa-pat.co.jp/copyright/cr_02_7.htm しかし当時の台湾相手だとどうだったのだろうか?
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月27日
台湾の業者相手だと最近はこんな感じで対応できるのか。これはネット上のものだけど。→ http://www.globalipdb.jpo.go.jp/license/2863/
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月27日
そういえば著作権侵害ガイドブックというのもあったな。前に読んだ覚えがある。専門家が解説してくださるとありがたいなあ。→(PDF) http://www.bunka.go.jp/chosakuken/kaizokuban/pdf/taiwan_singai_handbook.pdf
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月27日
togetter、大体便利でとても良いと思うのだがコメント欄のチェックは結構手間だな。。。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月27日
また少しツィートを追記してまとめを更新しました。
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2013年6月27日
knagasaki あれ、メンションそっちに飛びませんでしたか?
須田正晴(埼玉・鳩ヶ谷) @sudahato 2013年6月27日
カーリルのインタビューは、日本だと珍しいけどCBSやBBCだとよく見る手法ですね。当人に発言の機会を提供するとともに、被取材者が何を知らない、意識してないかを当人の発言から浮かび上がらせる。烏賀陽氏が斑目氏にやっていたのも似た方法です。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月27日
sudahato 確かに発言の機会は提供してますしそのこと自体は功績として素晴らしいと思ってますしありがたいとも思っております。ただ「意図はない」ということなので…
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月28日
新たな関連ツィートと過去のツィートで改めて見つけたものを追加して、まとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月29日
『出版ニュース』の関連記事を再入手したので、その情報の一部を追記して、まとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年6月30日
「解説」に海賊版の件を追記して、まとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年7月1日
国会図書館の担当者様からご回答をいただきましたので、とりいそぎ解説最上部に掲載しました。迅速なご対応には感謝すること至極です。:まとめを更新しました。
ex_hmmt @ex_hmmt 2013年7月2日
そもそも論として、「大正新脩大藏經」の大正時代の編者には、本当に著作権は存在するのか?というのもちゃんと議論しておかなければならない事ではないだろうか。
ex_hmmt @ex_hmmt 2013年7月2日
そもそも著作権法というものは労力を保護しない。「大正新脩大藏經」の大正時代の編纂に当たって、新しい表現が付け加えられていない(修正にとどまる)のであれば、そもそも著作権法上保護対象にならない可能性すら十分にある。
ex_hmmt @ex_hmmt 2013年7月2日
この労力を保護する保護しないという話は、『「額に汗」の法理』と言うのだが、大正時代の話についても今回の話についても同様だろう。Webで読める簡単な解説としては白田秀彰「ご冗談でしょう、牧野先生」 http://orion.mt.tama.hosei.ac.jp/hideaki/mrmakino.htm の一節が良いのではないか。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年7月2日
ex_hmmt 新しい表現が付け加えられているかどうかという観点からは、この件は「付け加えられている」ということができると思いますが、一方で、「校訂に著作権はあるか」という問題設定があり、それについては @moroshigeki さんが少し前のツィートでその関連の議論を紹介してくださってます。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年7月2日
ex_hmmt 「「額に汗」の法理」はデータベース作成の件ではよく聞きますが校訂の場合にはまた少し別の観点も入ってきそうですね。
ex_hmmt @ex_hmmt 2013年7月2日
@knagasaki いや、基本的には同じですよ。データベース作成であっても、「額に汗」だけでは著作権法上は著作権を認められず、「情報の選択又は体系的な構成によつて創作性を有するもの」で無ければならないわけです。少なくとも著作権法上は校訂の場合であっても創作性の有無が問題です。
ex_hmmt @ex_hmmt 2013年7月2日
@knagasaki また、「新しい表現」についても、やはり創作性の有無が問題です。なので、一概に著作権法上有意な意味で『この件は「付け加えられている」』と言ってしまっていいかは、やはり議論の余地があると思います。だからこそ(編集・校訂という作業に対して現在認められている権利が少ないからこそ)「版面権」を作れだのという話になるのです。その善悪はまた別でしょうが。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年7月2日
ex_hmmt うーむ。論点を絞っていただいたところに「付け加えられている」と書いたつもりなので「付け加えられている」というところを取り出して別な文脈に持って行かれると困りますね…
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年7月2日
まあ私が何を書こうと現物を変更できるわけではないので、ここでどうこう言っても始まりませんが、ネットで現物を見られるのでそれでもって各論に入るという手はありますね。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年7月2日
一般論としてはそうだと思いますが、校訂出版の権利を守ろうとしている人たちが言っている「版面権」と今回の件で話に出ている「版面権」はまたちょっと文脈が違うようですね。
ex_hmmt @ex_hmmt 2013年7月2日
@knagasaki ん?こちらの理解力が足りないせいだと思うけれど、意図がわからないです。自分は一貫して「大正新脩大藏經」の大正時代の編纂に当たって、新しい著作権を発生させるに足る創作的表現があったのかなかったのかが問題だ、と言いたいつもりです。「別な文脈」とは?
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年7月2日
ex_hmmt なるほど、了解です。そういうことでしたら「別な文脈」というのはこちらの誤解でした。すみません。いずれにしても、これが創作的表現と言えるかどうかというのは、あとは各論ですかね。一応私は、全体としては創作的表現と言えると考えております。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年7月2日
ex_hmmt 「校訂」をどのように定義して「新しい表現」との関係をどのように扱うかというのが難しいところの一つで、データベースと同様に扱うと難しい面もあると思っています。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年7月2日
ex_hmmt さっきも書きましたが、 @moroshigeki さんがツィートしてくださったように、漢字文献情報処理研究会でこのテーマをしばらく扱っていて色々な議論がありますのでそこを踏まえていただくとよいかと思います。 個別には裁判に持ち込むしかないだろうかと思っておりますが「大正新脩大藏經」に関しては著作権切れなので…
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年7月2日
ex_hmmt 「編集・校訂」と書いておられるところにこの問題の難しさが端的にあらわれているとも言えるのですが、普通の編集作業と校訂の線引きがまず必要です。そして「校訂」ではなく「学術編集」のような呼称を用いるべきだとする人もいるのでそうしますとすべて「編集」の類型として考えなければならなくなったりもします。また、「校訂」と呼ばれるもののなかにも「これはただの編集ではないか」とみなされるものから新しい表現であると言えるものもあると思われます。ここには「校訂」の定義の問題もあります。(続)
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年7月2日
ex_hmmt (承前)「正しいテキストを再構成する」という意味合いでの「校訂」は、つまり「修正」に近いものかもしれないのですが、一方で「校訂」という行為自体には「学術的に信頼性の高いテクストを新たに作成した」という側面があり、そこには創作性が認められると私は考えていますが、しかし校訂者に創作かと問うと、創作ではなく古典をより正確に再現したのだ、という答えが返ってくる可能性も高く、(続)
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年7月2日
ex_hmmt (承前)そうすると「修正」ということになってしまいかねないという…これはむしろ校訂に関わる人たちが解決すべき問題なのですが、著作権法の枠組みとは別のものを考えるしかないのかもしれないとも思っております。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年7月2日
ex_hmmt いずれにしても、校訂の権利の問題に関心を向けてくださったことにはとても感謝しております。今回の直接の問題とは少しずれますが、それはそれで、より良い解決につながるよう、自分としても色々頑張らねばと思っております。
ex_hmmt @ex_hmmt 2013年7月2日
いずれにしても今回の一連の流れで(特にカーリルのインタビュー以後)より強く再認識した事は、「疑似著作権」は強く戒められねばならない、という事です。別の権利を創設する事を主張するならそれでいいのですが、「著作権」をそこまで万能にするのは危険ですらあると思います。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年7月2日
ex_hmmt 確かに「著作権」の万能化は危険ですね。その内実についてもきちんと明確にしていかないとサブマリン特許みたいな話にもなりかねないわけで、そこは専門家に期待するところです。
ex_hmmt @ex_hmmt 2013年7月2日
「疑似著作権」については福井弁護士の「擬似著作権: ピーターラビット、お前に永遠の命をあげよう」 http://www.kottolaw.com/column_091105_1.html あたりが詳しいかと。著作権法とは別の権利を与えるにあたっても、十分慎重な配慮が必要であると思います。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年7月2日
Webサイトを見てみると、台湾の「海賊版」とされたものは83年(民国72年)に出たようだ。これだとやはり校訂責任者の著作権保護期間(が認められるなら)にすでに海賊版が出ていたような。 http://www.swfc.com.tw/book_view.php?Vcode=1647
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年7月2日
当方の再度の問い合わせに対する国会図書館の担当者の方からのお返事をいただきましたので解説のところに追記しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年7月2日
なるほど、損害賠償請求権は、侵害の事実を知った時から3年又は侵害行為があったときから20年で消滅なのか。 http://chosakuken.bunka.go.jp/naruhodo/answer.asp?Q_ID=0000256
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年7月2日
それで、「不当利得返還請求権の時効は、10年の不行使です(民法167条)。 」 http://chosakuken.bunka.go.jp/naruhodo/answer.asp?Q_ID=0000256 か。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年7月2日
やっとみつけた。昭和5年の官報だが http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2957650 の10コマ目に『大正新脩大藏經』の著作権譲渡登録についての記載がある。近デジ素晴らしい。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年7月2日
もう一つの著作権譲渡記録も発見。 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2958882 の9コマ目。合資会社…から大蔵出版株式会社への著作権譲渡記録。この背景はこちら( http://togetter.com/li/521547 )を参照されたし。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年7月3日
「解説」を http://d.hatena.ne.jp/digitalnagasaki/20130702 に移して少し読みやすくまとめ直してみました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年7月8日
少し関連ツィートを追加して、まとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年7月12日
国会図書館から公式アナウンスがありましたのでちょっと追記してまとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2013年8月12日
もう少し関連ツィートが収集できましたので、まとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2014年1月7日
まとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2014年1月8日
まとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2014年1月8日
まとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2014年1月8日
J-castニュースへの反応も追加して、まとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2014年1月8日
もう少しツィートが収集できたので追加ました/まとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2014年1月9日
また少しツィートを集めて、まとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2014年1月9日
まとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2014年1月9日
昨晩~今朝にかけての関連ツィートを集めてまとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2014年1月9日
まとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2014年1月9日
まとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2014年1月10日
まとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2014年1月10日
今朝までのツィートを収集して、まとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2014年1月10日
まとめを更新しました。
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2014年1月11日
できればですが、時系列ソートしたほうがいいかな(一部逆順あったような)、とか分割も視野に入れてもいいかも
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2014年1月11日
まとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2014年1月12日
まとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2014年1月13日
まとめを更新しました。
Kiyonori Nagasaki @knagasaki 2014年1月16日
まとめを更新しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする