「悪人を懲らしめながら旅をする殿様は実在した!」~島津家久あばれ旅

テレビ時代劇によく出てくる、悪人を懲らしめながら旅をする殿様は実在した!江戸時代に佐土原藩となった、永吉島津家の当主・島津家久がお伊勢参りをした時、至る所で悪人を懲らしめながら?旅をしていた記録『中書家久公御上京日記』が、歴史雑誌『歴史街道』8月号に紹介されています。最近、この日記は研究が進み、複数の論文が出ています。内容はアレだけど。 これが国宝文書『島津家文書』の一部なんだぜ…
歴史 歴史街道 時代劇 ネタ 島津家久 島津 島津家
268
松平俊介(東龍) @matu2syun
今月の雑誌『歴史街道』は島津特集。いやー、島津、ネタ多い大名ですねー。ドリフターズから、野太刀自顕流から、なんでもありですね。
松平俊介(東龍) @matu2syun
一番面白かったのは『島津家久あばれ旅』でしょうか。これは何かというとですね、島津家久(※忠恒組み換えではない)がお伊勢参りに行った時の旅日記でして、実はこれが詳細に残っている。
松平俊介(東龍) @matu2syun
1575年、家久は2月に国元をたち、2月末日には福岡県久留米市の高良大社の宿坊に泊まっているのですが、その日に、無理難題をいう土地の関守をボコってるんですね。
松平俊介(東龍) @matu2syun
4月13日には播磨室津で船頭と口論になり、またボコって船を降ろされていますw家久は「よきふるまい」と述べていますが、そうか?
松平俊介(東龍) @matu2syun
まあ、これ以外にも色々島津家久の旅はネタが尽きないのですが、何より吹いたのはテレビ時代劇の旅物みたいなのを平気でやっている大名がいて、ちゃんと史料があることですねw
松平俊介(東龍) @matu2syun
その他、信長が居眠りしているのを見たりw大友家に献上される虎の子を見たり、まあこの人も色々見てますね。敵情視察の意味合いも強いのでしょうが、ミーハーなのかもしれん。
松平俊介(東龍) @matu2syun
皆様有り難うございます。まとめを更新しました。 「「悪人を懲らしめながら旅をする殿様は実在した!」~島津家久あばれ旅」 http://t.co/rHZdFyQ1wh
松平俊介(東龍) @matu2syun
島津家久あばれ旅こと、『中書家久公御上京日記』については、近世史の資料としては結構重要らしく、論文も複数あるようです。例えば立正大の白井氏の『京都の島津家久』(http://t.co/TY7YrhTHpg)とか
松平俊介(東龍) @matu2syun
家久くん、京都では暴れていないようで、熱心に寺社に参詣して、恐ろしく筆まめにあちこちのことを書いています(このために資料価値が高い)。友人の里村紹巴が寺で坊主とケンカしたという記事が出てくる当たりは流石か。
松平俊介(東龍) @matu2syun
それから、家久くんが石見であった出雲の芸能集団が、小さい女の子を連れていたらしいのですが、これが出雲阿国の資料初出という説もあります。家久は「出雲之衆男女わらハへあつまりて能ともなし、神まひともわかぬおひいれ、出雲謌とて、舞うたひける見物し」と書いている。
ののまる @nonomaru116
毛利輝元や伊達政宗の上洛時のエピソードも微笑ましかったり呆れたりするものがあって、田舎から出てきた大名ってそういうものかと思わせますけど、この島津家久のエピソードは他とは違う味わいがありますねw マ.. http://t.co/enBCPassGd
松平俊介(東龍) @matu2syun
なお、東大資料編纂所の紀要に一応全文(?)が出ていますので興味のある方はご一読を。http://t.co/BIMOLMVluE
松平俊介(東龍) @matu2syun
このサイトでは『家久君上京日記』(異本)を地図入りで詳しく紹介していますが、実に面白いです。http://t.co/xs5okALnD5
松平俊介(東龍) @matu2syun
あと、この『島津家久あばれ旅』(上京日記)を含む島津文書は国宝だというのも実に趣深いですねw

コメント

松平俊介@暑い @matu2syun 2013年7月7日
まとめを更新しました。
佐倉和音🥴 @O_Flow 2013年7月7日
興味深い。島津家はドリフターズで着目されつつあるけど史実も破天荒であったか。
松平俊介@暑い @matu2syun 2013年7月7日
皆様有り難うございます。まとめを更新しました。
ののまる @nonomaru116 2013年7月7日
毛利輝元や伊達政宗の上洛時のエピソードも微笑ましかったり呆れたりするものがあって、田舎から出てきた大名ってそういうものかと思わせますけど、この島津家久のエピソードは他とは違う味わいがありますねw マジで暴れ旅をしていたのか、とw
松平俊介@暑い @matu2syun 2013年7月7日
まとめを更新しました。
松平俊介@暑い @matu2syun 2013年7月7日
nonomaru116 ありがとうございます。マジであばれ旅をしているので、読むと吹きますw
松平俊介@暑い @matu2syun 2013年7月7日
O_Flow まあ、知れば知るほどネタの多い大名家であることは間違いないですねw
松平俊介@暑い @matu2syun 2013年7月7日
yoshitada_n ありがとうございます。さすがですよ。島津は。
Cal Que El Lulu-rain @senzaluna 2013年7月7日
島津バンザイそろそろ義弘を主役の大河ドラマをやってくれないかな島津バンザイ
hamp@横浜山中 @32hamp 2013年7月7日
別に世直しでも何でも無くて「暴れたいだけ」っぽいのが笑えるw  ……うちの家系島津の家老職だったらしいので自分の血が怖いわ……
Gril @Gril_ops01 2013年7月7日
安定の家久(Ⅱ型)の扱い
マガミ@「南洋通商」 @ryuya_magami 2013年7月7日
流石としか言いようが無い島津家。掻い摘んでの面白エピソードのまとめ、ありがとうございます。勉強になります。
そら豆 @solamame_k 2013年7月7日
期待を裏切らない島津家に笑ったw
zingoroh @zingoroh 2013年7月8日
暴れん坊大名の伊勢ケンカ紀行
あかい(仮) @akaiosorani 2013年7月8日
家久君のあばれ旅を追体験できるよ!と「戦国大戦」をステマしてみようと思ったけど、既におすすめ商品に載っている何かが見えた、、、
平尾 由矢(パブリックエネミー) @astray000 2013年7月8日
ただ単に「暴れたいだけ」という人が、詳細に記録に残したがるのも、珍しいねぇ。
よーぐる @Seto_yasu1987 2013年7月9日
龍造寺ファンとして、敵の快男児っぷりは話に聞くだけでなく一度ちゃんと学ばねば、と思いました。何より面白そう。
qyen @9yen 2013年7月9日
おすすめ商品に追加しました。 Amazon.co.jp: 歴史街道 2013年 08月号 [雑誌]: 本 http://www.amazon.co.jp/dp/B00DICWN66
チェスト鉄火巻 @saru_23 2013年11月18日
基本今でも薩人マッスィーンはあんま変わってないから始末に困る
köümë™ @tknr_koume 2014年2月17日
NHKかテレ東にモキュメンタリー作って欲しい
十円龍@基本は法師 @junenryu 2014年2月21日
ワロタwwまさかの傾奇者ネタがうちの地元県から出るとはwww
えびとろあなご蒸し@ロボガZポセス鯖 @ebitoro 2014年5月6日
 暴れた数だけ強くなれる 暴れた数だけ痛みを知る 暴れた数だけ優しくなれる とは歴史が物語っていた事実だったんですね(^_^;)
今日が終わりの始まりの日 @__blind_side 2016年9月14日
家久が訪れた地で彼に関する伝説というか、言い伝えの類いが残っているのかどうかが気になりました。

注目の記事 - トゥギャッチ

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする