「薩摩義士の宝暦治水」という物語の、虚実をめぐる議論

えーと、twitter上、togetter上ではみんな大好き、戦闘民族・薩摩人たちの逸話やそれを基にしたフィクション。漫画になっているものも多く、最近もいくつかが話題になりました。その流れで、平田弘史、みなもと太郎らも漫画化した「宝暦治水」についても時折話題にあがります。 ところがこの逸話に関し「かなり脚色されたものではないか?」という研究などが出てきています。ちょっとつくり時を逃して検索により雑多になってしまいましたが、そんな議論をまとめました ツイートを使わせていただいたアカウントはこちら(※追加は除く) @kirinosakujin @otegarushuppan @yurinan90 @koh1970 @ele_cat_namy @meitetsu600V @den2do @hiragumoP @puremalt2010 @r_cat01 @miztan2 @ruroumin @fujiofujikko @Anime_VHS @uorya_0hashi @sawafrontier @leedcafe @steamboat1004 @pmanman @akiran_ran_ @KojimaGubato @G_2_7 @minoruno @simadu1123 @SagamiNoriaki @unamuhiduki @seikaisha_moegi @ashibetaku @wintermute2009 @satoshin257 @ginzame_x @Simon_Sin @hirataitaisho @sinkkanpf @hi_kashi @camparimikan @masyuuki @ri17b3lyi8 @Sz73B @LoveIsNotLoving @ebios_baby @Basilio_II @luca102 @syosyo_ngn @mugiyamasan @k_kinokuniya @wazeppelie @anigma_AZ @aomidonaomido @aizu_sniper_yae @TakeyariMaster @jibetaP
歴史 偽史 宝暦治水 薩摩義士伝 鹿児島に対するヘイトスピーチ みなもと太郎 平田弘史 江戸時代 薩摩 風雲児たち 衛府の七忍
38095view 32コメント
89
最初に、従来史観をベースにした2作品を (平田弘史「薩摩義士伝」&みなもと太郎「風雲児たち外伝」)
電動伝奇堂@C95 2日目 東テ 46b @den2do
みなもと太郎『宝暦治水伝 波闘』 #マンガ図書館Z mangaz.com/book/detail/43… 絵柄からは想像もつかないほど、凄まじい話でした。 いや面白かった。 薩摩義士伝の続きも楽しみです。
リンク マンガ図書館Z 4 users 77 宝暦治水伝 波闘 | マンガ図書館Z - 全巻無料で読み放題 マンガ図書館Z

※個人的意見ですが、この話の「虚実」を知る(楽しむ)ためにも、今現在の「スタンダードな史観」に沿った作品で、しかも無料(マンガ図書館Z)で読めるこの作品に目を通すことをお薦めします。

リイドカフェ@プチリニューアル @leedcafe
無料のコミック配信サイト【リイドカフェleedcafe.com】では、伝説的作家による伝説的コミック作品を伝説的に紹介する企画[伝説画廊]を連載。毎週(月・金)に時代劇画家・平田弘史が描く劇画界のファーストインパクト『薩摩義士伝』を公開中。
リイドカフェ@プチリニューアル @leedcafe
【リイドカフェleedcafe.com 1月9日(月)の更新】午前0時→さいとう・たかを『サバイバル』/弓咲ミサキックス『その廊下に、何かいる』 ● 正午→平田弘史『薩摩義士伝』
リンク leedcafe.com 30 薩摩義士伝 – LEED Cafe 時代劇画界のファーストインパクト!! 惨くも美しいサムライたちの[凄絶時代劇画]

## こちら「リイドカフェ」内の平田弘史「薩摩義士伝」は期間限定配信のようです。古い回は順次抹消されていくようです。

http://leedcafe.com/webcomicinfo/薩摩義士伝/

sawaga @sawafrontier
薩摩義士伝面白いなあ。聞いたことある逸話もある。しかしこんな蛮風の中で育たざるを得ない、向いてない人には死しかない地獄だったと思う。 leedcafe.com/webcomicinfo/%…
⚡波島想太🐈 @ele_cat_namy
宝暦治水事件 ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9D… 「工事中に薩摩藩士51名自害、33名が病死」「現場で3度にわたり堤が破壊され、その指揮を執っていたのが幕府の役人であることがわかり、その抗議の自害であった」「以後合わせて61名が自害を図った」 流石薩摩といった所か。
リンク Wikipedia 25 宝暦治水事件 宝暦治水事件(ほうれきちすいじけん、ほうりゃくちすいじけん)は、江戸時代中期に起きた事件。幕命によって施工された木曽三川(木曽川・長良川・揖斐川)の治水事業(宝暦治水)の過程で、工事中に薩摩藩士51名自害、33名が病死し、工事完了後に薩摩藩総指揮の家老平田靱負も自害した。宝暦治水とは、江戸時代の宝暦年間(1754年(宝暦4年)2月から1755年(宝暦5年)5月)、幕命によ..
だが…
桐野作人 @kirinosakujin
岐阜県の若手研究者、水谷英志さんから御高著『薩摩義士という軛―宝暦治水顕彰運動の虚実―』(ブイツーソリューション刊、2014年)をご恵贈いただく。御礼。宝暦治水と地元のその後を再検証。「薩摩義士」の美談だけで語れない厳しい事実を指摘。amazon.co.jp/%E8%96%A9%E6%9…
リンク www.amazon.co.jp 1 薩摩義士という軛 宝暦治水顕彰運動の虚実 | 水谷 英志 |本 | 通販 | Amazon Amazonで水谷 英志の薩摩義士という軛 宝暦治水顕彰運動の虚実。アマゾンならポイント還元本が多数。水谷 英志作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また薩摩義士という軛 宝暦治水顕彰運動の虚実もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
自費出版&書店流通/お手軽出版.com @otegarushuppan
ご紹介ありがとうございます^^@kirinosakujin 岐阜県の若手研究者、水谷英志さんから御高著『薩摩義士という軛―宝暦治水顕彰運動の虚実―』(ブイツーソリューション刊、2014年)をご恵贈いただく。御礼。宝暦治水と地元のその後を再検証。「薩摩義士」の美談だけで語れない厳し
竹本昌之 @wintermute2009
宝暦治水事件の偽史性(というか、僕としては後世の修飾過剰なのだと思う)については、讀賣新聞の連載が良かった。yomiuri.co.jp/chubu/feature/…
リンク YOMIURI ONLINE(読売新聞) 6 users 4 宝暦治水「非業の死」追う/ 愛知、岐阜、三重県境を流れる木曽、長良、揖斐川の中・下流域は、江戸時代、川筋が網の目のように広がり、洪水が多発した。幕府が大名に命じた治水工事の御手伝(おてつだい)普請(ぶしん)は幕末までに16回を数える。中でも薩摩藩による宝暦治水は、工事の規模、費用とも最大のうえ、短期間に平田靱負はじめ薩摩藩士85人が亡くなるという難工事だった。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
togetter用資料 これ重要 / “宝暦治水「非業の死」追う/ : 中部発 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)” htn.to/JyHxYh

(略)…しかし、「私が靱負の死について語るとき、切腹という言葉は使いません」と岐阜県海津市にある宝暦治水史蹟しせき保存会の中西達治会長(76)(金城学院大学名誉教授)は語る。同会は靱負をまつる治水神社を守るために約60年前に誕生したのだが、「靱負らの切腹に裏付けはないのです」とも。

 中西さんが切腹説に疑問を持つきっかけには、靱負との不思議な縁があった。靱負から数えて9代目の子孫、平田正風さん(故人)の就職先が岐阜県庁で、配属先が宝暦治水ゆかりの高須輪中土地改良事業所(海津市)だった。一時期、正風さんは中西家の敷地内に立つ県の官舎に住んでいたこともあって、中西さんは平田家に伝わる「家系図」を見る機会があった。

 世間では「切腹」とされる靱負が…(後略)

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
全10回の「薩摩義士の宝暦治水」検証記事(読売新聞中部支社)が、ここでリンクでまとまっています。 / “【企画・連載】:薩摩義士の物語:中部発:読売新聞” htn.to/5HHncW
リンク YOMIURI ONLINE(読売新聞) 4 users 6 【中部発】:企画・連載:地域:読売新聞 中部地方(中部支社発、愛知、岐阜、三重)のニュースや話題を掘り下げた記事をお届けします。

http://www.yomiuri.co.jp/chubu/feature/CO021611/

(10)史実追求し藩士へ感謝を(2016年05月03日)
(9)試行錯誤した治水工事(2016年04月16日)
(8)新史料の掘り起こし課題(2016年04月02日)
(7)幕府との対立否定(2016年03月26日)
(6)「刀を鍬」に残る疑問(2016年03月19日)
(5)顕彰活動「誇張」進む/(2016年03月12日)
(4)「病死」明記の埋葬証文/(2016年03月05日)
(3)埋葬者1人増えていた/(2016年02月27日)
(2)京都の墓知らず切腹説/(2016年02月13日)
(1)宝暦治水「非業の死」追う/(2016年02月06日)

野原 結理那 @yurinan90
大久保利通については、鹿児島の学校ではあまり深く教わりません。もちろん安積疏水と大久保の関係の事もほぼ教わらない感じです。一方で岐阜県の宝暦治水の平田靱負の事は、道徳で大々的に取り上げられる感じです(続 @Fleaflicker80 @koh1970 @kinokuniyanet
野原 結理那 @yurinan90
続)私見ですが、宝暦治水に携わった平田靱負の事を鹿児島の教育でやたら強調するのは、「理不尽なことでも黙って従い、最後は自決する」人間像を生徒に「道徳」として押し付けたいとする意図もあるのだと感じます。 @Fleaflicker80 @koh1970 @kinokuniyanet
残りを読む(84)

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年1月23日
各氏に多謝(アカウントは前文の欄に)。誰でも編集可能です /しかし、togetterはすぐに作らないとだめだね。少し前、年末ごろ、もう少し体系的に皆さんが語っているTLを読んだ記憶があるのだが…
はよ @hayohater 2017年1月23日
「偽史」はちょっと強烈な言葉なんでナンですね。毎度のことながらあんまり「(薩摩の)陰謀」軸に語るのもどうかなと思う
nekosencho @Neko_Sencho 2017年1月23日
どのへんが疑われてるのだろう?
坂東真紅郎@隠居中 @sinkurou 2017年1月23日
かるかんの方が気になった
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2017年1月23日
まとめ内にあった読売新聞の連載だけとりあえず読了。物語の魔力というか誘惑は強いものだね。物語は広がりやすいけれど、貼り付いた物語を切り剥がして事実を明らかにしたほうが、時代の変化に伴う物語の陳腐化にも耐えられて最終的には時代を越えて長く残せるのだと思う。ただ、物語を切り剥がすという物語にとらわれて、否定に耽溺すれば確かにあった事実まで曇らせてしまうかもしれない。
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2017年1月23日
薩摩義士伝は「宝暦治水は性欲との戦いであった」って印象で、工事やってたイメージがない。そーゆう目をした!
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2017年1月23日
読売新聞の連載にあった、宝暦治水史蹟保存会(岐阜県海津市)の中西達治会長が自著に記された<顕彰活動を次世代につなぐためには、史実の確認が欠かせない>のお言葉はこれに限らず全くそのとおりだと思う。また、物語を史実と異なる作られた創作物と明らかにすることは、必ずしも物語としての魅力を損なうものではなく、むしろ、より純粋に物語としての楽しめるものに変えるのではないだろうか。
紫トウモロコシ辞めました @murasakicorn 2017年1月24日
ネタではなく、ゲロ以下の臭いがプンプンする内容のものを見た・・・これはあくどい
ma10ma19(今日もほえほえ) @ma10ma19 2017年1月24日
三川分流がはじまったのが宝暦治水で、明治のデ・レーケによる明治治水を経て、昭和後期になってようやく洪水被害が無くなった。 200年かけた偉大な公共事業だよ。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年1月24日
順番やフォントの着色を工夫し、多少読みやすくしました。/「日本の川は川でない、滝だ」と外国の治水技術者が評したという話、教科書で読んだ記憶があるのだけど、まとめのツイートを読むと伝説なのかもしれんのか。
和田名久司 @sysasico1 2017年1月24日
hallow_haruwo 物語性。一番大きいのは赤穂浪士吉良邸討ち入り事件でしょうか? あれは尾ひれが付きすぎて、史実は違うてのが常識になってから「俺忠臣蔵」が大量作成された気がします。吉良上野介が名君だったってのが最初のカウンターですが、これは周囲に差別された吉良家の旧領の人達が必死に抗弁した結果で誇張も多いと。でもいろんな要素を丹念に取り除いていったとしても、一番整合性が高いのが浅野内匠頭乱、ストレスによる乱心説という。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2017年1月24日
sysasico1 室町時代設定にされたり四谷怪談の伊右衛門とお岩さんと悪魔合体と言うか亡霊合体までされてますからねw赤穂事件というより「忠臣蔵」からのn次創作が、その時々の価値観やウケ筋に合わせて新解釈・新アレンジも加えられてたくさん作られてきた感じ。その中には実際あった赤穂事件に立ち返った「ひとひねり」がある作品もっていう。この場合、元になった史実に沿わせるのでも、「物語としての忠臣蔵作品群の歴史」から見れば「ひねり」と感じられるのが面白いなと。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2017年1月24日
んで、事実を元にした創作物を物語として純粋に楽しむには、史実が明らかにされてて今さら創作物のせいで実在の某かの名誉なりが左右されたりしない状態ほうが引け目無く楽しめていいと思うんですよね。むしろ、物語の○○と史実の○○で二度美味しいみたいに。
the loyaltouch @theloyaltouch 2017年1月24日
こういうのが他の地方にもいっぱいあるんだろうな、、、うちの地元ではクラーク博士が過大評価され過ぎってのがあった
義明_雑談用 @yoshiaki_idol 2017年1月24日
『薩摩義士という軛』は地元岐阜県の海津市あたりなら小さな公共図書館にも置いてあると思うけど、愛知県だと県図書館、鶴舞図書館の他はわずかな市にしか置いてなくてなぁ。その辺の事を呟いてたら、著者の方から反応を戴いたことがあったのを覚えてるな。>https://twitter.com/yoshiaki_idol/status/607526690252677120
義明_雑談用 @yoshiaki_idol 2017年1月24日
薩摩義士を供養した三重県桑名の海蔵寺には去年参拝したな。桑名美術館で刀剣・村正展をやってて、蜻蛉切の写しも展示されてたんだが、そこで初代桑名藩主でもある本多忠勝の菩提寺・浄土寺が紹介されてたんで行ってみたら、なんとそこから歩いて5分くらいのところにあったんでついでに参拝したというw
殻付牡蠣 @rareboiled 2017年1月24日
gryphonjapan 鹿児島の教育のまとめは不要です。こういうヘイト塗れの意見は、個人でどう思おうが勝手ですが、まとめたあなたもヘイトに加担することになります。削除を求めます。地域に対する差別です。
みるひ @nachtpferd 2017年1月24日
薩摩では知られた話ではないというのは聞いた事あるんだが、切腹が相次いだので徳川に漏れるとマズイって事で事は伏せて実態が知られなかったと聞いたんだが、どうなんだろう
これだけ @koreda_k 2017年1月24日
「薩摩義士を利用して思想教育云々」というツイートがあるがそんなの受けた記憶ないぞ。鹿児島の偉人についての教育すらろくにされない。県の育英財団が「西郷隆盛」「大久保利通」「薩摩義士」と3冊の伝記本を無料配布して終わり。それを利用しての授業なんかないし。こんな恨みつらみ書くほどの思想教育をやるのはどこの学校だろう?そっちに興味がある。
上野 良樹@規制中 C95お疲れ様でした! @letssaga3 2017年1月24日
最初は大きな仕事をうけて名誉な事だと思っていたら、思ったより出費が嵩んで……といわれるとこれまた現代的な話に見えます。
殻付牡蠣 @rareboiled 2017年1月24日
このまとめに来られるか方へ、鹿児島でこういう思想教育などやっていませんので、このまとめしたまとめ主に対して差別カテゴリの通報をお願いします。例え本人が発言していなくてもまとめとして取り上げることがヘイトスピーチそのものです。これは地方を面白おかしく、かつての文化を飛躍して面白おかしく言うことの延長として、真実も確認もせずにアクセス稼ぎの悪質まとめです。よろしくお願いします。
菊地研一郎 KIKUTI , Kenitiro @kenitirokikuti 2017年1月24日
千葉県の手賀沼にも顕彰運動が生んだ幻の治水工事があり申す。
ma10ma19(今日もほえほえ) @ma10ma19 2017年1月24日
重要なのは太古から多くの人々が同胞の生命・財産を守るために苦闘してきたことと、我々もそれに続かなければならないということ。 個人の妄想に矮小化してはいけない。
Sひろし @1970er 2017年1月25日
濃尾平野の輪中民とし言っておきたい。治水の要諦は水を流す河道幅の確保と水を一箇所に集めないこと(分流)にある。脚色はあるが、薩摩の治水は実際にあったし、揖斐川を分流した功績がある(揖斐川水系の洪水が減った代わりに長良川水系に洪水が増えたけど)。そして、デ・レーケ指導で、木曽川の新河道を作って長良川も分流することで三川分流の治水体制はほぼ完成して、堤防決壊は大きく減る。(雨が降っただけで洪水になる輪中から洪水が消えるのは排水機場が整備される1980頃だが)
Chieftain @ChieftainMK9 2017年1月26日
洗脳的教育云々と言うよりも未だに「ともあれ幕府は滅ぼさなければならなかった」が続いているだけの様な気もする
hpradi @hmemradio 2017年1月26日
Wikipediaの「宝暦治水事件」に、早速IPユーザーがこの件を突撃編集してまるっと削除されてた。
福耳 @sagamiriver1997 2017年1月27日
治水ってどこも大変なんだね。(こなみかん)
ひーろん @bo__san 2017年1月27日
まあこういうのは大事だな
後藤順一朗 山に行きたい @goto_jun 2017年3月28日
江戸時代の印旛沼干拓(田沼意次が失敗した2回目が有名?)で水野忠邦がやった3回目の記録をまとめた本を読んだけど、夏季の労働で作業者も監督した武士もばたばた倒れて亡くなっていたりしますので、薩摩の治水工事でも病死した方は多かったのではと、ただ病死だと名誉にならないので切腹したということに… あくまでも想像ですが 件の本は「印旛沼掘割物語ー江戸・天保期の印旛沼掘割普請始末」 という書籍です。 なお印旛沼干拓は明治期も失敗し戦後になってようやく実現しました
</bissy> @bissybissy 2018年1月5日
鹿児島で義務教育うけたけど、宝暦治水と薩摩義士は初めて聞いたな… 笠野原台地に水道引いたおじさんの話は習ったけど…
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする