カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
0
氷泉白夢 @hakumu0906
東方妖々夢S 第一話 気付くと幻想郷は春だが雪が降っていてとても寒い 「くっ春なのに寒いなんて異変ね許せないわ」 霊夢は再び異変解決に乗り出した 「私は咲夜だけどついていく」 そうして咲夜が仲間になった時を止める力とナイフが初期装備だが強くさっそく表れたチルノをカンタンに倒した
氷泉白夢 @hakumu0906
進んでいくと黒幕のレティ・ホワイトロック 「ハハハ春眠で死ね」 花のような形の氷を作り出したりしてとても綺麗だがナントカ倒し幻想郷は崩壊した… 気付けば屋敷で雪はやんでいるように見えたが屋敷の外はやはり雪 「まだ春度が足りないぜ」春・・・
氷泉白夢 @hakumu0906
東方妖々夢S第二話 屋敷の周りはまるで雪が嘘のようになくとても不思議な雰囲気 この屋敷はマヨヒガでアイテムがたくさんあるが取りすぎると出るのが難しくなるのでほどほどにしなくてはいけない 「春なのに寒いのはどう考えてもおかしいわ」 そこに現れるクロネコ
氷泉白夢 @hakumu0906
「おかしいと思ったら人に聞く」 「四本足に興味はないぜ」 黒猫は人間になって襲いかかってくる とても速く霊夢達が攻撃する間に三回くらい攻撃したりすることも多いがナントカ倒した
氷泉白夢 @hakumu0906
「まさか猫屋敷だったとは」 「覚えていなさいまた戦いにくる」 黒猫はそういうと去っていき幻想郷は崩壊した・・・
氷泉白夢 @hakumu0906
そして気付けば魔法の森 「ここは・・・おもいだした私の家の近くだぜ!」 魔理沙の家・・・
氷泉白夢 @hakumu0906
東方妖々夢S第三話 魔法の森、妖精やキノコが多い恐ろしいところだが魔理沙が道案内するので平気だが 「クケケケケ」 「グワァ」 突然人形が現れて魔理沙を攻撃 「まっ魔理沙ーっ」 「クケケケケ死ね」
氷泉白夢 @hakumu0906
人形が襲ってくるが油断しなければ平気だが数が多くて大変 「フフフ久々ね霊夢」 「あっあなたは昔からの友人のアリス!ここでこんなとは!」 「巫女は所詮二色で私は七色で力が違うので死ね」 アリスは多くの人形を器用さで操作して人形を倒しても何度でも復活するがナントカ倒した
氷泉白夢 @hakumu0906
アリスは多くの人形を器用さで操作して人形を倒しても何度でも復活するがナントカ倒した 「春の異変を教えるにはこうするしかなかったの桜の花びらを集めて」 「わかっているわ安らかに寝ろ」 人形が安らかに笑い幻想郷は崩壊した…
氷泉白夢 @hakumu0906
気付けば空の上 「魔理沙もう平気?」 「休んだから平気だぜしかし空の上とは…」 「空の上の方が暖かいなんて涙が出そう」 空の上の春・・・
氷泉白夢 @hakumu0906
第四話 空の上だが桜の花びらがこんなところまで 「綺麗だぜ」 「でもおかしいわ」 しかし春に釣られてやってきたリリーホワイト等が現れ弾幕をばらまいていくので苦労するがナントカ倒した 「やっぱりここが春なのね」 「春だけど・・・あっ結界」 そこに三つのヒトカゲ
氷泉白夢 @hakumu0906
「私は長女のルナサ、次女のメルラン、三女のリリカ」 「貴方達は何か知ってるの?」 「演奏たいだから何も知らないよ」 演奏隊だが幽霊で音楽が弾幕となりそのまま攻撃となって厄介なので倒した
氷泉白夢 @hakumu0906
「歌は人を傷つけるものじゃなくて癒すものだぜ」 「ありがと目が覚めた友達空の結界飛び越せば入れる」 結界を飛び越して入ると幻想郷は崩壊した・・・ そして気付けば幽霊の世界 「騒がしいわ」 「お花見みたい」 幽霊のお花見・・・
氷泉白夢 @hakumu0906
東方妖々夢S第五話 幽霊の世界は会談が永遠に伸びていて登るのが大変 「もういやだぜ」 「あとちょっとよしっかり」 途中まで登ったところで魂魄妖夢 「あなたは人間ちょうどいい持ってる春を全部もらって死ね」 少女は刀を持っており一瞬で広範囲を切り裂いてきて強いがナントカ倒した
氷泉白夢 @hakumu0906
「まさか人間じゃないやつが相手とは」 そしてまた階段を登り始めるが終わりが見えないので非常に辛いし時間がかかる 「もう登りたくない」 「我慢しなさい」 なんとか登りきるとまた妖夢 「私は結界を破るのはやめて」 「春を一人占めしてはだめだぜ」 「でも入っちゃだめだから死ね」
氷泉白夢 @hakumu0906
妖夢は再び刀が巨大かし先ほどとは攻撃がガラリト変わり強い 「切れない物はあんまりない」 「刀が強くてよく切れる幽霊なのに」 「私は半分人間だから幽霊と合わせて強いのだハハハ」 しかしナントカ倒すと 「これ以上踏み込んではだめ」 「何を言ってるの」
氷泉白夢 @hakumu0906
「ハハハこの先にはお嬢様がいるがここを開けると幽霊が大変になって幻想郷が滅ぶ」 「くっ騙された」 そして幻想郷は崩壊し次の世界へ 「ここは・・・死の世界・・・!」 死の桜・・・
氷泉白夢 @hakumu0906
東方妖々夢S第六話 死の世界は死霊ばっかりで倒しづらくうんざり 「死人に口なしなのに」 「そんな言葉はここにはないの」 そこに現れたのは幽霊の最後西行寺幽々子
氷泉白夢 @hakumu0906
「春を返すんだぜ」 「もう少しで封印が解ければ何かが起こる私はそれを見たい」 「そんな勝手な理由で春を取るなんて許せない」 「私は桜を咲かせてお前たちは花の下で眠れ」
氷泉白夢 @hakumu0906
幽々子は蝶と幽霊で攻撃してくるがボムでナントカ倒したと思ったら 「うう封印が解けるキャア」 集まった春で封印が解け西行妖となり再び襲ってくる いかなる攻撃も効かないが2日の死闘によりナントカ倒した
氷泉白夢 @hakumu0906
「危ない春だぜ」 「封印しなおしましょう」 そして封印しなおして春が幻想郷に訪れ崩壊した・・・
氷泉白夢 @hakumu0906
気付けば博麗神社 「ああおわったのって貴女は妖夢」 「幻想郷の桜も悪くないですね」 「幽霊の桜よりも襲わないぜハハハ」 しかしその影響か幽霊が増えてしまい再び霊夢達の異変解決は続く・・・
氷泉白夢 @hakumu0906
東方妖々夢S第七話 そして再び死の世界 「妖夢が幽霊が幽々子の仕業じゃないと言っていたぜ」 「結界を直すのよ」 そこに黒猫 「私は橙でここで会ったが百年目でつきたてほやほやで死ね」 橙にはしきがみがついており前よりもはやさとつよさが二倍以上だが苦戦すがナントカ倒した
氷泉白夢 @hakumu0906
「あの世まで来て何も出なかったら困るわね」 するとそこに式神をつけたキツネ八雲藍 「橙をいじめた奴は許さない死ね」
氷泉白夢 @hakumu0906
しきがみを用いた攻撃が強く途中で橙も現れ3対2になるがナントカ倒すと 「結界ならたぶん私の上が治せるけど今は寝てる」 「じゃあ起こして」 「怖いけど仕方ない先に行って待ってる」
残りを読む(5)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする