ヒンデンブルク80回忌記念まとめ ナチスをめぐる、こなたま氏と高須克弥氏のやりとりを中心に

1934年8月2日、ドイツ(ワイマール共和国)大統領ヒンデンブルク元帥が亡くなりました。首相ヒトラーはただちに「指導者兼帝国宰相」、つまり総統に就任し、独裁体制を打ち立てました。これはそんな記念日の直前に起こった、麻生太郎副総理のワイマール憲法とナチスをめぐる「失言」をきっかけとして、ネット上で生じたやりとりをまとめたものです。 主な発言者は、戦間期のドイツ史を専門とし、名編「やる夫がフューラー続きを読む1934年8月2日、ドイツ(ワイマール共和国)大統領ヒンデンブルク元帥が亡くなりました。首相ヒトラーはただちに「指導者兼帝国宰相」、つまり総統に就任し、独裁体制を打ち立てました。これはそんな記念日の直前に起こった、麻生太郎副総理のワイマール憲法とナチスをめぐる「失言」をきっかけとして、ネット上で生じたやりとりをまとめたものです。 主な発言者は、戦間期のドイツ史を専門とし、名編「やる夫がフューラーになるようです」http://snudge.blog38.fc2.com/blog-entry-182.html をネット上に発表された、こなたま氏です。かたや、メディアによく登場する有名美容外科医院・高須クリニックを経営する高須克弥氏など。 この両者のやり取りは、「歴史修正主義」的な感情を抱く史学の基礎教養を欠いた人が、如何にして自説の正当性を主張するのかという点で一つの典型と考えられたため、煩瑣をいとわずまとめを作成しました。また、同様の事例として、手前味噌ではありますが、小生(墨東公安委員会)が西尾幹二氏と「ブログ論壇」なるもので接触した際の記事を上げておきます。 ・『諸君!』秦郁彦・西尾幹二「『田母神俊雄=真贋論争』を決着する」 http://bokukoui.exblog.jp/10496626/ ・『諸君!』秦郁彦・西尾幹二対談の評論への西尾氏の批判について http://bokukoui.exblog.jp/10625498/ 歴史専門家を「細かいことにこだわって大局を見ない」と批難しながら、その「大局」自体の正当性の根拠を明確にせず、ただ賛同者を集めて互いに正しいと信じあっている、という状況が同様の事例と考えます。 ※このまとめは話のつながりを分かりやすくするため、ツイートを発信された時間通りには配列していません。個々のツイートの発信時間をご覧ください。
ヒトラー ワイマール憲法 歴史 ヒンデンブルク 麻生太郎 ナチス こなたま
bokukoui 107045view 25コメント
216

限定公開の新機能が大好評!

プライベートなツイートまとめの共有がもっと簡単になりました。フォロワーだけに特別なまとめを公開しませんか?メンバー限定はメニューから設定可能です。詳細はこちら

ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「人文」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする