2013年8月3日

デファイアント再考~何がしたかった・何がまずかった・理想的には?

割とネタにされがちな銃塔戦闘機デファイアント 彼らは何がしたかったのか? 一体何がまずかったのか? 理想的にはどういうものが欲しかったのか? というお話
59

デファイアントのはじまり

ぼろ太 @futaba_AFB

英国で斜銃が生まれたのは、英国の戦闘機で使われていたフォレスター銃架が http://t.co/AwFwVI5Zir

2013-08-03 12:21:10
拡大
ぼろ太 @futaba_AFB

弾倉交換やジャムった時に直せるように、引っ張れるように作られていて、たまたま引っ張っている時に銃を打つと斜め上に撃つことが出来て、それが爆撃機や偵察機の視覚になるので重宝されて、これを多用したエースパイロットとかがいたからなんですね http://t.co/IeSRT7FB3o

2013-08-03 12:22:27
拡大
ぼろ太 @futaba_AFB

そういうのの積み重ねが英国にはあったと思うと、デファイアントの登場はかなり自然な帰結と思えそうです。 http://t.co/dXz6rJwHD7

2013-08-03 12:27:28
ぱんてる @pantel2f

@futaba_AFB 一次大戦でもデファイアントタイプの戦闘機が好成績残したんでまた作られたって読んだことありますね。ただその機体は前方機銃もついてて戦果の大半はそれで上げたものだったってオチだったと思います。

2013-08-03 12:48:08
ぼろ太 @futaba_AFB

デファイアントの登場には当時高速化が著しかった単座戦闘機で500km/hオーバーのドッグファイトは人体が耐えられないだろうとか、色々な理由があって誕生したのですが ある意味予測と過去の経験を元にしたのに現実はそれを飛び越えちゃったのですかねぇ~

2013-08-03 12:28:58
ウチューじん・ささき @uchujin17

@futaba_AFB 私の理解では、爆撃機の密集編隊による防御砲火の火力が戦闘機を上回ると考えられたため、死角から攻撃する機体が求められたと思っています。一式陸攻の仕様制定議事録には「優秀な複座戦闘機」に対抗するため前方機銃の装備が要求されたと書かれてもいますし。

2013-08-03 16:43:39
ぼろ太 @futaba_AFB

ただの斜銃よりも照準だけに限って言えばデファイアント方式のほうが融通は効きますからね

2013-08-03 12:29:30
ぼろ太 @futaba_AFB

デファイアントの映像を見るとよくまとまっているとは思いますが、やっぱり重いそうですね http://t.co/wGLtxkxW0V

2013-08-03 12:37:22
拡大
ぼろ太 @futaba_AFB

デファイアントの全備重量:3,900kgみたいですもんねぇ 同じエンジンを搭載したスピットファイアよりも全備重量が1000kg前後重いので大変ですよね グリフォン並のパワーがあればもう少し軽快に動いたかもしれませんけども

2013-08-03 12:40:48
ぼろ太 @futaba_AFB

でも、ファイアフライのあの性能を見るとダメかも、、、

2013-08-03 12:43:06
えすだぶ @FHSWman

P-61の例を見るに、デファイアントのやろうとした事はそんなにおかしな方向性でもないように思ったり

2013-08-03 12:43:57

デファイアント以外の銃塔戦闘機計画

えすだぶ @FHSWman

双発化すれば、あるいは……!

2013-08-03 12:45:29
リンク Photobucket joncarrfarrelly's image F9_37_TURRET_01.jpg Photo: This Photo was uploaded by joncarrfarrelly. Find other F9_37_TURRET_01.jpg pictures and photos or upload your own with Photob...
えすだぶ @FHSWman

@futaba_AFB あまりにも予想通りでした……やっぱりやってるんですね

2013-08-03 16:06:42
ぼろ太 @futaba_AFB

旋回機搭載の双発戦闘機というと デファイアントのボールトン・ポールが F.11/37 でボールトン・ポール P.92を計画してましたね かなりかっこいいと思います。 http://t.co/tL5wVWYhrU

2013-08-03 13:17:51
リンク www.the-blueprints.com The-Blueprints.com - Blueprints > WW2 Airplanes > WW2 English > Boulton-Paul P.92/2 (England) (1941) The-Blueprints.com - The largest free blueprint collection on the Internet, more than 55000 blueprints online - 8700 vector templates for sale.
ぼろ太 @futaba_AFB

実際に作られたのは1/2サイズの実験機だけなんですけどね、、、 http://t.co/jTPqbTgIH9

2013-08-03 13:20:07
拡大
ぼろ太 @futaba_AFB

このレドーム風ターレット銃座はものすごくかっこいいと思うんですけどねぇ~ http://t.co/M4yBlls9Ek

2013-08-03 13:22:26
拡大
ぼろ太 @futaba_AFB

ターレット銃座は重複表現ですね、、、

2013-08-03 13:24:02
ぼろ太 @futaba_AFB

ボールトン・ポール P.92 | 下々。ア #pixiv http://t.co/g9A9uCa9qF 絵を描いている人がいる!

2013-08-03 13:25:10
残りを読む(119)

コメント

T.U.Yang @tadatsome3 2013年8月4日
誰も言わないのが不思議なんだけど、操縦者と機銃操作員が別で、機銃弾の命中には射座(機体)の安定が不可欠なら、操縦者と機銃操作員の意思疎通に難があれば無駄弾を撒くだけでしょうが。
0
T.U.Yang @tadatsome3 2013年8月4日
(承前)爆撃機なら基本まっすぐ飛ぶだけだから射座は安定してるけど、護衛戦闘機や標的の射座に狙われる複座機が、WWIののんびりした格闘戦はともかく、WWIIでは「勝手に機動するな狙えねえじゃねえか!」「馬鹿野郎今クラウツにケツに着かれたのがわかんねえのか!」と機内で怒鳴りあったのは容易に想像できるでしょ?
0
T.U.Yang @tadatsome3 2013年8月4日
(承前)結局WWIではそれなりに活躍した複座戦闘機が、FCSが操縦者一人では扱えなくなる50年代まで月光みたいなのを除けば廃れるのは、「開発目的を達成できなかったから」に尽きると思いますよ。連投失礼しました。
0
ぼろ太@9月を迎えたリノ・エアレースジャンキーなので禁断症状が出ている。 @futaba_AFB 2013年8月4日
書いてますよ >自機移動分の見越しを取ってくれる照準器はB-25とかでもありますが、回避のためにぶるんぶるん動く自機と敵機も動き回っている中で照準をつけるのは、動きの少ない爆撃機でも大変だったのに戦闘機になると殆んど無理なんじゃないかなと
0
ぼろ太@9月を迎えたリノ・エアレースジャンキーなので禁断症状が出ている。 @futaba_AFB 2013年8月4日
tadatsome3 僕が書いてますよ~ >自機移動分の見越しを取ってくれる照準器はB-25とかでもありますが、回避のためにぶるんぶるん動く自機と敵機も動き回っている中で照準をつけるのは、動きの少ない爆撃機でも大変だったのに戦闘機になると殆んど無理なんじゃないかなと
0
T.U.Yang @tadatsome3 2013年8月4日
私が言いたかったのは、「搭乗員間の意志疎通の困難性」ですよ?
0
琵琶さざなみ @Mickey_Trunk 2016年7月22日
ミサイルが通用せず、機銃が有効な敵がいて、高度に自動化された電子機器が標準装備されている。 マクロスFのトルネードパックとかYF-29とかの旋廻機銃ってまさにこれだったのでは?
0