10周年のSPコンテンツ!

"難関大学"という先入観を無くせば、"難関大学"はこれほど合格しやすくなる!

難関大学は難しい問題を出す大学だと定義している人は少なく有りません。しかし、難関大学の本当の姿は違います。難関大学とは、取りたい学生の定義を明確にしている大学のことなのです。
心理 難関大学 医者 自衛隊 難しい問題 合格
117
Naoto Hayashi @CheNaoto
がんばんなきゃできないことはするな。
Naoto Hayashi @CheNaoto
今日四発目は「"難関大学=難しい問題を出す"という先入観を無くせば、人生はこれほど豊かになる!」です。
Naoto Hayashi @CheNaoto
難関大学とは、そもそもどんな大学でしょうか? 難しい問題を出す大学でしょうか? いくつかの例を挙げて考えてみましょう。
Naoto Hayashi @CheNaoto
まず、防衛大ですが、問題そのものは決してむずかしくは有りません。予備校の先生なら、簡単すぎてため息が出るほどです。これは、絶対にミスをしない生徒を入学させるために必要なことです。実弾を扱う訳ですから、ちょっとしたミスが命取りですからね。
Naoto Hayashi @CheNaoto
あと、医学部もそうです。医学部と聞くと、センターレベルの問題では東大生よりも高い点数を取らないといけないとか、ことその難しさが強調される事が多いですが、センターレベルの問題だけに特化して対策すれば、東大生以上の成果を上げることはさほどむずかしくありません。
Naoto Hayashi @CheNaoto
医学部で、センターの配点が高かったり、センターレベルの問題を大量に出す大学があるのは、これもまた絶対ミスしない生徒を入学させるために必要なことです。命がかかってるわけですから、あ、ミスったみたいなことを言う生徒は必要ありません。
Naoto Hayashi @CheNaoto
早稲田や慶應は、たしかに難しくて長い長文が出る訳ですが、べつに構文を100%正しく理解していなくても、きれいな日本語訳が作れなくても、マーク式で合格できてしまう学部もあります。これはざっと長文を読んで、正しい判断をする商社マンになるために必要な能力。
Naoto Hayashi @CheNaoto
逆に、京都大学なんかはきれいな日本語訳や、英文がつくれるかどうかが問われます。これは、研究者に必要な能力。東大は、あらゆる問題を短時間で処理することが求められますが、これは官僚に必要な情報処理能力でしょう。さまざまな人と折衝するために必要な能力です。
Naoto Hayashi @CheNaoto
ここまでざっと書き出して、ご理解いただけたかとは思いますが、難関大学とは、ずばり取りたい学生像を明確にしている大学のことです。だから誤解を恐れずにいえば、難関大学の二次試験対策はセンター対策よりも、無名大学の入試対策よりも遥かに楽であることが多いのです。
Naoto Hayashi @CheNaoto
人生、往々にして、なりたい自分と、自分に向いている将来というのは違うものです。たとえばおっちょこちょいな人が、自衛官や医者になろうというのはやめたほうがいいでしょう。
Naoto Hayashi @CheNaoto
大学入試というのは、そういう意味でなりたい自分と自分に向いている将来は違うのだということを教えてくれる儀式です。これが分からないままに、収入がいいからとか、社会的な地位が高いからという理由で適切でない学部・大学を選んで卒業し、切でない職業を選ぶと生き地獄です。
Naoto Hayashi @CheNaoto
べつにおっちょこちょいだから生きている価値がないというわけではなく、たとえばミスが多い人は、大学なら慶應を目指せば良い。合格者平均点が低いので、メスが目立ちません。あと、職業適性としては、こういう人は政治家とか経営者に向いています。リーダーに向いています。
Naoto Hayashi @CheNaoto
よく誤解されることですが、リーダーというのはミスをしない人ではありません。ミスを許してもらえる人です。それだけの愛嬌がないといけない。ミスをしない・ミスを許さないリーダーは得てして恐怖政治的になり、メンバーを苦しめます。このあたりも日本ではしっかり理解されていないと思います。
Naoto Hayashi @CheNaoto
全体としての方向性は間違えない。ミスがあっても、あきらめずに巻き返せる。それだけの愛嬌がある。そういう人材を取るための入試があっと、逆にミスが許されない職場に適切な人材を取るための入試があります。AO(アホでもオッケー)入試なんかなくても、一般の入試だけで取りたい人材は取れます。
Naoto Hayashi @CheNaoto
数学の問題なんかみると、それがよくわかるでしょう。人間の能力には、キレと粘りがあると思っていて、キレは天才的な思いつきや応用力を生み、逆に粘りは正確な情報処理能力や基礎的な力を生みます。
Naoto Hayashi @CheNaoto
学習塾をやっていてつくづく思うことですが、キレと粘り、応用力と基礎力、もっと言い方を変えれば、イノベーション力とオペレーション力は得てして反比例します。世の中うまくいかないのは、このあたりが理由です。
Naoto Hayashi @CheNaoto
たとえば、粘りがある人は、正確な処理をしてセンター試験ではいい点数をマークしますが、キレがないので、見た事が無い問題は解けません。だから二次試験で失敗します。そういうこともあり、京都大学や東京工業大学はほとんどセンター試験の点数を見ません。
Naoto Hayashi @CheNaoto
これは起業家にも同じ事が言えるのですが、今まで世界になかったすごいサービスをつくるような起業家は、そのサービス自体はすごいのですが、礼儀がわからなかったり、日々の集客努力が出来なかったりして、得てして後発の会社に負けます。
Naoto Hayashi @CheNaoto
後発の会社に負けないで、天才発明家みたいな奴の会社が生き残るためには、オペレーション力がある側近が必要ですが、えてして天才というのは人格が奇天烈で付き合いにくいので、もう頼る物はオペレーション力がある側近の我慢強さしかありません。
Naoto Hayashi @CheNaoto
だから、スタートアップのベンチャーをつくるときに非常に大切なことの一つですが、側近に高学歴なプライドの高い、我慢強くない奴を置いてはいけません。まぁ優秀に確実にオペレーションをこなす事ができ、我慢強さがある人間を採用するべきです。これはかつてのダイエーや西武がそうでした。
Naoto Hayashi @CheNaoto
まず考えないといけないのは、自分がどういう人間になりたいのか、ということではなく、自分がどういう人間に向いているのかということです。その上で、キレがあるか、粘りがあるかを判断して、受ける大学を決める必要があります。
Naoto Hayashi @CheNaoto
自分がどういう人間になりたいのかを基準に行きたい大学を選んではなりません。自分の希望的観測が入った将来設計をすると、社会不適合を起こしかならず不幸になるからです。自分のそもそもの性格からして、どういう人間に向いているのか。それを考えるべきです。
Naoto Hayashi @CheNaoto
そもそも、好きか嫌いかというのは、もうほとんど知識量の問題です。たとえば、私が商社マンに向いている性格だとして、レアメタルのことを一週間勉強したら、ものすごくレアメタルのことが好きになるでしょう。今はレアメタルの事なんてなにもしりませんが、人間の好き嫌いなんてそんなものです。
Naoto Hayashi @CheNaoto
これは商売でも一緒で、やりたい商売、すきな商売ではなくて、自分の能力・適性で儲かる商売を選ぶべきです。そうすれば、そこそこは成功します。儲かる商売をやりつづけていくうちに、それが好きになってくるからです。お見合い結婚がうまくいくのもそのあたりにあります。
Naoto Hayashi @CheNaoto
好きな事でうまくいかなかったら最悪だと私は思います。好きな事が嫌いになります。だから、自分の適性に合う学部・大学・入試を選んで、そこで一つなにか極めて、知識量を多くして、それを好きになれば良いのです。その方が人生はよほど幸せになります。
残りを読む(2)

コメント

Naoto Hayashi @CheNaoto 2013年8月18日
まとめを更新しました。
さとり @zgmf_x13a 2013年8月18日
学校の先生もこういうこと分かってるのに、毎年のことだから当然すぎて案外生徒には伝えないんだよね。不親切だよね。
YAMADA Masayuki @yymmdd 2013年8月18日
入試選抜方法が実質的な入学者受入れ方針とする見解ですね。興味深いです。しかし、入試選抜はいかに受験者間に差をつけるかという技術的側面も含むので、それが純粋な入学者受入れ方針の表れとみなすのは無理がありそうです。各大学が明文化して表明している入学者受入れ方針にも目を向けてもらえれば。
BUNTEN @bunten 2013年8月18日
ミスが多くて愛嬌のない俺の行き先はない。¢(-∀-○)。▼。・゚・(ノД`)・゚・。
昼夜のおかず@ごちうさ難民 @okaz_ja 2013年8月18日
難関大学の難しさは、受ける人がみんな頭いいことにあるんだよね。地方国公立大学が出すような基本的な問題だけではほとんど差がつかないから、難関大学ではそれなりに難易度の高い良問を出す。
Peculiar News JP @digdagzigzagu 2013年8月18日
バスケのシュートでもクレー射撃でもいいけど、「百発百中で一発も外さなければ勝てますよ(キリッ)」と言われてる気分▼ノーミスってそれ自体がスゲー難しいんだって。
Peculiar News JP @digdagzigzagu 2013年8月18日
難関大医学部ともなるとセンターテストだって満点に近い点を取る▼英単語のスペル一つとっても絶対に失敗しないためには、出る可能性のある「全ての」英単語を丸暗記する必要がある。そこそこの大学が三千語レベルとすると難関大なら1万語超を覚えるとか、そういう辛くて地道な努力をしないとその点は取れない。
sakai @SkiMario 2013年8月18日
結局、どうすれば合格しやすくなるの?自分に合った問題を出してる大学を探せって事?それって過去問を解きながら受験生自信が理解している事なんじゃないのかな。そうでもないのかな?
なお @_bryj 2013年8月19日
希望した将来を最優先したいのが人情だが実際社会には適性による向き不向きがあって、それは必ずしも自分の希望には沿わないことを高校生のうちから十分認識し、自分の適性についての客観的評価を知った上で将来設計をする方が良いといった主旨でしょう。主観要素を交えることなく客観的適性を活かすのが社会という「相場」の中で自分の「市場価値」を最も高められるという合理的かつ俯瞰的見解かと。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013年8月19日
東大教授の知人の言:「東大の先生方は、入試問題をすごく大事にしていると思う。入学してからたいした教育をしているわけではないことは、みんな自覚しているから…。」
万打無 @mandam111 2013年8月19日
見事なまでに抽象論ばっかりだな。「東大の数学の立体問題は難問のように見えるが、ここの部分をしっかり押さえてこの辺の一連の過去問をしっかりやっておけばちゃんと解けるようになる」みたいな具体的な対策が一切提示されておらず、そこら辺に転がっている単なる自己啓発と同レベルの主張でしかない。
AiNI@月曜南3メ32b @aini_bellwood 2013年8月19日
結局のとこ、「◯◯大学行きたいんすけど」「お前にゃ無理だ他当たれ」ってだけじゃねーか。まさに論外だ論外。
LёдёL @ririkikimaru 2013年8月19日
途中までは面白かったんですけどね。途中からなんというか社会主義みたいですねw希望と現実のジレンマを教えるのは構わないですが押し付けるのは良くないですよね、夢がないや。
文殊堂 @monjudoh 2013年8月20日
理系科目に関してはあの狭い範囲をちゃんと全部習得して基本的には全部解けるようにしておいてミスしなかった分で合格点行くようにする以上でも以下でもないと思うけどな。学校ごとの特色とかない。
文殊堂 @monjudoh 2013年8月20日
大学入試レベルの微積・ニュートン力学・電磁気学あたりで、学校ごとに特色があるとか思っちゃう人は理解が足りてないから落ちると思いますよ。
闇ときどき豚 @yami_buta 2013年8月20日
大学名をシャッフルしても理屈はつけられる.血液型占いみたいなものだ.生徒が自分の適性はこうだと思い込み,自分はそれを好きだと思い込んで,それで結果として大学に入れればまあOKなのだろう.
かりうむ40 @ka1ium 2013年8月20日
馬鹿でも東大に受かる方法:入試で高い点数をとること と言われてるような気分
しょーた @shota243 2013年8月21日
... どっちかっつーと、こまごまとした問題作るのがめんどくさいから長文和訳とか証明問題とかどかんと出してるだけだろ、ってのが入学してから理解したことだけどな。 授業の試験もそんなノリだったし。
闇の聖母ガラテア @galatea_rs3 2013年8月21日
冗長部分が多すぎて何が言いたいのかわからん。大学は自分に合ったところを選べ風な事を言っているように聞こえなくもないが。
西大立目 @relark 2013年8月22日
とりあえず、この人の小論文の点数は低そうだといつも思う
ゴジラ@競プロ @gojira_fav 2013年8月22日
英語の入試問題だけ見れば大学ごとに異なる特色があるのは分かるが、数学や理科となると傾向に大差はない。いずれの難関大学も基礎基本を大切にしている。東大や京大に「受験テクニック」は通用しない。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする