汚染水の流出を恐れるあまりリスクが高まる悪循環

まとめました。
224
Flying Zebra @f_zebra

今朝の読売新聞の社説のタイトルは「原発汚染水 原子力規制委は一層の関与を」である。規制委が関与を強めて具体的にどういう効果が期待できるのか。規制委がこれまでどのように「関与」してきたのか。社説の内容はともかく、このタイトルを付けた読売新聞の見識を疑う。

2013-08-23 18:35:00
Flying Zebra @f_zebra

事故を起こした原子炉を冷温停止に持ち込むことに成功してから2年後にして汚染水の環境漏えいという醜態、これが他国で起こっていれば「何と馬鹿な事を」と軽蔑するところ。つまり、日本は軽蔑されても仕方ない。さして難しくもない問題をここまで大きくした原因は何か。

2013-08-23 18:36:44
Flying Zebra @f_zebra

大量の液体を漏らさず管理するのは難しい。だから、有害な排液などは濃縮減容、その上で可能なら固化して管理するのが基本だ。とにかく管理する「量」を減らすことが大切だ。技術的には難しい事ではなく、蒸留などで分離して管理基準を下回る水を捨てればその分管理する量は減る。

2013-08-23 18:38:53
Flying Zebra @f_zebra

高価な装置で汚染水を浄化しても、浄化後の水を管理下に置いていれば管理すべき量は減らず、根本的な解決にはならない。地下水が流入して汚染水の量が増えるのであれば、流入を防ぐ措置も必要だ。汲み上げるのが最も効率が高いが、汲み上げた(汚染されていない)水は速やかに捨てなければ意味がない。

2013-08-23 18:40:39
Flying Zebra @f_zebra

誰が考えても明らかなシンプルな理屈だが、実際にはひたすらタンクを増設して汚染水を溜め込み続けることしかできず、案の定破綻したわけだ。事業者が望んでこんな馬鹿げた茶番を演じているわけではない。この事態に対し、規制委員会はこれまで何ら有効な行動をしていない。

2013-08-23 18:42:03
Flying Zebra @f_zebra

あまつさえ、トリチウム以外のほとんどの核種を除去できるALPSの稼働にすら色々難癖を付けて邪魔をする始末。本気で事態を改善する気があるとは思えない。さらに言えば、能力もない。その規制委が関与を強めたところで、何ができるというのか。

2013-08-23 18:43:43
Flying Zebra @f_zebra

トリチウムについては何度か書いている。当然管理は必要だが、セシウムやストロンチウムと言った金属元素核種と同様に扱うべきではない。トリチウム水は軽水と挙動が全く同じであり、つまり生物濃縮は起こり得ない。また、生体への影響も限定的だ。

2013-08-23 18:46:05
Flying Zebra @f_zebra

実効線量係数が経口摂取で4.2*10^-8 mSv/Bqと小さく、排水中の濃度限度に定められた60,000Bq/Lであれば、この濃度の水を毎日2L、1年間摂取したとして実効線量は1.8mSvだ。もちろん実際には海水を毎日2L飲んだり、海産物を毎日2kg食べたりする人はいない。

2013-08-23 18:47:15
Flying Zebra @f_zebra

なお、海洋での拡散・希釈については均等ではなく、水平方向に比べ鉛直方向には拡散しにくい。表層混合層が形成されることもあり、鉛直方向は数桁程度拡散係数が小さくなる。JAEAのモデルでは水平が1.3*10^4 m2/s、鉛直が3*10^-5 m2/sとなっている。

2013-08-23 18:50:32
Flying Zebra @f_zebra

海流が拡散に卓越する場所では比較的高濃度の水塊が遠方まで運ばれるが、それでも確実に拡散・希釈は進む。JAEAのLAMERコードによる太平洋におけるセシウム137の拡散シミュレーションは、実測ともよく合っている。濃度限度未満に希釈したトリチウムの放出をためらうべきではないと思う。

2013-08-23 18:52:28
Flying Zebra @f_zebra

そもそも、現在も汚染水が増え続けているのは冷却のためではない。冷却水については循環再利用している。それとは無関係に、流入する地下水を全て汚染水にしてしまっているのだ。その挙げ句、管理が行き届かずに本当の汚染水が漏えいしている。それだけを見れば、馬鹿の極みだ。

2013-08-23 18:54:44
Flying Zebra @f_zebra

ただの地下水のパイパス放出に地元の了解が必要なのかと思うが、東電の立場からすればもちろん無断で放出などできるはずがない。一方地元にしても、お伺いを立てられた以上はおいそれと了解するわけにはいかない。了解すれば、その瞬間に「加害者」として糾弾される立場になるからだ。

2013-08-23 18:56:40
Flying Zebra @f_zebra

誰も責任を取れないまま、誰が考えても不合理な「何もせず汚染水が増えるに任せる」という愚行がまかり通る。そこでリスクを総合的に判断し、より高いリスクを避けるために地下水や処理水の放出を「命令」することこそが、規制当局に求められる役割ではないのか。

2013-08-23 18:57:33
Flying Zebra @f_zebra

被規制者に対する合理的な指導もできず、結果的に地元にはより高いリスクをもたらしておきながら、自らの無策と無能を反省することもなく他人事のように事故評価のレベルを議論することしかできない。そんな規制当局に、何の存在意義があるというのだろうか。

2013-08-23 18:59:10

コメント

🐷ええな@手洗いネコ🐽 @WATERMAN1996 2013年8月23日
規制委がどう考えても「合法的サボタージュ」というべき行動に出ているとしか思えないのよね。自分達が非難を浴びないように消極的な行動に出ているとしか思えない。規制委の存在意義からすれば、たとえば政治サイドに取るべき政策を進言すべきではないだろうか。
37
🐷ええな@手洗いネコ🐽 @WATERMAN1996 2013年8月23日
この汚染水問題にしても、規制委は東電に対してのみ物を言っている。東電は予算も人員も回らなくて限界だと言うのに。ならば「規制委が規制委の責任において政府に命じた」という形を取るべきではないか?
42
Aki @Aki_8ara 2013年8月23日
濾過して十分に濃度が下がってる処理水や、流入する地下水の事前抜き取りをせずタンクをバカバカ作れば管理も不十分になるのは判ってたこと。今まで反対していた漁連も求める方向になったのは、風評被害を恐れた結果現実としてより高いリスクを背負ったのに気づいたからだろう。
17
Aki @Aki_8ara 2013年8月23日
政権としては国費投入や国の直接関与をようやくやろうとしてるが、まだ時間かかりそうだし。現政権としては原発の再稼働は政治的に第4の矢としてタイミングを計りたいだろうけど、汚染水(処理水)については、法的には特例法案を通さないといけない。冷却が安定してる現状では特例命令も出しにくいし。
7
銀 子 ☆ し っ か り 手 を 洗 う 5 さ い @ginco_silver 2013年8月23日
菅直人氏の「置き土産」と揶揄されるが、土産なんてものではなく罠に近いんじゃないか。事故対応に関わりだしてからは余計、事故対応の政府側の責任回避を徹底し、事業側に責任を負わせるために機能している気がするし
28
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2013年8月24日
別のまとめにも書いたが、原発事故の収拾作業には「人・物・金」の集中投下が必要になるが、現状の問題として放射能忌避、東電・政府への処罰感情、追加燃料費による予算の圧縮などが足を引っ張っている。今こそ政府与党主導により諸問題を先送りせずに対処して欲しいところ。
22
山本八平 @yamamoto8hei 2013年8月24日
いずれにしろ誰かが悪者になってこの悪循環を断ち切らねばならない筈だが、それを阻んでいるのがゼロリスク厨と煽情的なマスコミ。コレを何とかしなければ…。
27
山本八平 @yamamoto8hei 2013年8月24日
非常時に適した合理的な処置を講じようとする者を、平時の基準で非難し悪者に仕立て上げ、解決を阻害する。こういう正義漢の独善ぶりは、始末に負えない。
30
Row@ @Row0916 2013年8月24日
一連の報道を見ていて感じるのは、(東電が)限られている手段を更に封じられてますます追い込まれて…。漁業関係者の思いは痛いほど理解できるけども、原子力規制委員会と国は東電にだけ任せてないで各関係者に理解してもらえるよう努力するべきだったのではないか?
18
ジョエーウ @joejoeu 2013年8月24日
懲罰委員会としか言いようがない惨状
8
ぬんさん🐾(クラフトパーソン) @Morosann 2013年8月24日
原子力規制委員会は如何にして自らの責任を果たさずに存続を目指すか、を実践してるだけに見える。
11
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2013年8月24日
http://bit.ly/jmtZjq 石油石炭利用で環境に放出された水銀は実際にこうやって実害を出してる訳でただ放射性物質だからって害なんて殆ど無いトリチウムを廃棄しないで貯め続けて
2
A.C.✨NCC1710hh2 @AerospaceCadet 2013年8月24日
事故対応に支障をきたすてのはバカの所業だよね。規制委ってのは事故対応の処置まで規制して被害を拡大する事も業務の一環なのか?w
4
Megatherium(メガテリウム) @Dairanju 2013年8月24日
規制委員会の枠組みは、破綻していると理解すべきか。規制官庁は、社会や政府の他機関からみて悪役を引き受けねばならないのに、その仕組もなければ、メンバーの覚悟も無いから。
7
Megatherium(メガテリウム) @Dairanju 2013年8月24日
水処理で、入る量をコントロールできない場合、汚染の少ない方を弁別し、無処理で流すしかないのは必然。規制委員会が「安全」を判断しようとしないのは、制度の欠陥もあるだろうが、メンバーが逃げていることも大きいと見える。
18
アムネシア ⛅ @amnesia828 2013年8月24日
さっさと低汚染水を海に排出していれば、こんな羽目にはならなかった。リスクの軽重を判断できない「安全志向」が蔓延している日本社会の問題。
20
Dr. Roy Ich-Meyer @ichimiyar 2013年8月24日
社会的に避難を受ける決断が出来る人が「原子力業界に近い」と「公職追放」されたために、「厳格な姿勢をアピールする」「避難されない」を至上命題とする組織になったのでしょう。 人員が米国NRCより少ないとしても、衆目を得るために重箱の隅を突つくような問題(活断層やストレステストなど)ばかり注力するので余計非効率になる。日米の航空局の違いにも似てますね。
7
neologcutter @neologcuter 2013年8月24日
全て企業や国のせいにするんだったら、そんな委員会要りませんよ。あんなのは脳ミソは無くても胃袋だけは一人前みたいな人間の集まり。
8
赤峰 翔@三重 @showark 2013年8月24日
責任逃れと自分たちの言い訳のためだけに動いてる組織なんていりませんな。重箱の隅をつついて他の重要な要件については一切触れようとしない。
10
neologcutter @neologcuter 2013年8月24日
まあ #反原発 も規制委の破壊活動を見込んでああも強気になってるんだろうけどね。今度の国会では自民党に追及してほしいですな~。
3
ささた さひこ スイフトスポーツは気持ちいい車 @kuro_kuroyon 2013年8月24日
規制委員会は「活断層」の学会論議に明け暮れて、現実を見ているのか?今の状態こそが、彼らが非難してきた「たこつぼ状態」になっている。
8
bn2 @bn2islander 2013年8月26日
規制委が具体的にどの様に汚染水の流出を停めているのかはこれを読んでもよく分からない。規制委よりはどちらかと言えば安倍政権の意向である様に私には思えるのだけど
0
bn2 @bn2islander 2013年8月26日
田中委員長は"原子力規制委員会の田中俊一委員長は24日の定例記者会見で「敷地内は水だらけになっている。基準以下(の汚染水)を排出するのは避けられない」と述べた。"と言っている以上、それを踏まえた議論を行うべきではないのかな http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130724-OYT1T01067.htm
0
bn2 @bn2islander 2013年8月26日
基準以下の汚染水を流すことが必至だとして、問題は誰がどう判断するかと言うことだと思うのだけど、規制委はそれが自分たちの役割だとは思ってないのでしょうね。そして、それは正しいのかも知れないけど
0