アーティスティクスの「Baby I Need You」にまつわる話

アーティスティクスの裏方だったダニエル&バーナード・リードの兄弟にスポットを当てた1960年代後半のシカゴ・ソウルの話です。こんなの、書ける雑誌ないからなー。
kentarotakahash 2684view 0コメント
  • 2
  • お気に入り
11

限定公開の新機能が大好評!

プライベートなツイートまとめの共有がもっと簡単になりました。フォロワーだけに特別なまとめを公開しませんか?メンバー限定はメニューから設定可能です。詳細はこちら

ログインして広告を非表示にする
  • kentarotakahashi @kentarotakahash 2013-10-19 17:37:02
    すげー! こんなヴィデオ・クリップが存在するとは! 1999年に撮影されたものだそうだが、マーヴィン・スミスが歌ってる映像を観ることが出来るとは思わなんだ。 The Artistics - I'm Gonna Miss You http://t.co/Wqrw7WMWWb
     拡大
  • kentarotakahashi @kentarotakahash 2013-10-19 17:51:21
    この「私の好きなブランズウィック」で、小西康陽くんと僕がともに選んでいるのが、アーティスティクスの「Girl I Need You」だった。 http://t.co/y1JUxXeO7g … … レーベルの全ての曲の中から5曲選んで、重なっている。特大のヒット曲でもないのに。
  • kentarotakahashi @kentarotakahash 2013-10-19 17:53:53
    アーティスティクスはリード・ヴォーカルがころころと変わったコーラス・グループで、マーヴィン・スミスがリードだった短い時期が最良の時期だった。その時期(1966〜1967年)にヒットしたのが、さっきの「I'm Gonna Miss You」と「Girl I Need You」。
  • kentarotakahashi @kentarotakahash 2013-10-19 17:57:18
    といっても、どちらもTOP40にも入らない。「I'm Gonna Miss You」がR&Bチャートで9位。「Girl I Need You」に至ってはR&Bチャートで26位。しかし、そんな曲を小西くんと僕が選んだ訳だ。ブランズウィック・レーベルの全ての曲の中から選んだ5曲に。
  • kentarotakahashi @kentarotakahash 2013-10-19 18:01:35
    実は、マイナーなコーラス・グループの小ヒット曲であるアーティスティクスの「Girl I Need You」こそは、ソウル・ミュージックの歴史において、非常に重要な1曲である、というのが僕の立場である。だから、小西くんの5曲の中に、それを見つけた時にはさすが!と思った。
  • kentarotakahashi @kentarotakahash 2013-10-19 18:07:10
    The Artistics - Girl I Need You http://t.co/iFXDv9isxw この曲のキーパースンはダニエル&バーナード・リードの兄弟である。二人はアーティスティクスのバックを務めていたギタリストとベーシスト。兄のダニーはこの曲の作曲者でもある。
     拡大
  • kentarotakahashi @kentarotakahash 2013-10-19 18:27:50
    アーティスティクス以前のダニエル&バーナード・リードの仕事として知られるのは、メイジャー・ランスの「Without A Doubt」。http://t.co/i1uLzsnVgm これは弟のベーシスト、バーナード・リードも作曲者に入っている。
     拡大
  • kentarotakahashi @kentarotakahash 2013-10-19 18:36:42
    1960年代前半の北部のR&Bでは、ともかくモータウンが強大だった。そのモータウンのデトロイト・スタイルに対して、60年代半ばになると、シカゴ・スタイルがノーザン・ソウルのもう一つの勢力として台頭してくる。牽引車となったのは、もちろん、カーティス・メイフィールドだ。
  • kentarotakahashi @kentarotakahash 2013-10-19 18:41:52
    メイジャー・ランスのノーザン・ソウル・アンセム、「モンキー・タイム」もカーティス・メイフィールド作。 Major Lance - Monkey Time http://t.co/6tlFVaFxOx
     拡大
  • kentarotakahashi @kentarotakahash 2013-10-19 19:25:30
    食事の途中で、アーティスティクスの日本盤CDが届いた→ http://t.co/N0ZXJSh5SE
  • kentarotakahashi @kentarotakahash 2013-10-19 19:28:17
    早速、開封して鈴木啓志さんのライナーを読むと、あれ、「Baby I Need You」のリード・ヴォーカルはマーヴィン・スミスではなく、トミー・グリーンがマーヴィン・スミスのファルセットを真似したのだと書いてある。 http://t.co/N0ZXJSh5SE
  • kentarotakahashi @kentarotakahash 2013-10-19 19:34:24
    鈴木啓志さんによれば、ジャケットの写真にもマーヴィン・スミスはいないそうだ。なるほどー。でも、ジャケットに映っている5人目のメンバーについての記述はないな。4人組のコーラス・グループなのに、同じスーツを着たメンバーが5人いるのだが。http://t.co/H5dVjrtm64
  • kentarotakahashi @kentarotakahash 2013-10-19 19:36:54
    このジャケットには5人目のメンバーがいる。後ろを向いているが、同じスーツを着ている。これがベーシストのバーナード・リードだと思われる。チャック・レイニーやジェームズ・ジェマーソンの1/100の知名度もないだろうが。 http://t.co/H5dVjrtm64
  • kentarotakahashi @kentarotakahash 2013-10-19 19:40:27
    アーティスティクスはメイジャー・ランスの弟分的な存在で、カーティス・メイフィールドが書いたランスのヒット曲、「Monkey Time」でバック・コーラスを務めた。そこでオーケー・レーベルのカール・デイヴィスと繋がり、デイヴィスが設立したブランズウィックにも迎え入れられる。
  • kentarotakahashi @kentarotakahash 2013-10-19 19:43:24
    だが、アーティスティクスは実はヴォーカル=インストゥルメンタル・グループ的な存在だったようだ。ベーシストのバーナード・リードもメンバーとされていた。彼の兄のダニエル・バーナードも作曲、演奏に関わっていた。そして、この若き兄弟は斬新なリズムとハーモニーの感覚を持っていた。
  • kentarotakahashi @kentarotakahash 2013-10-19 19:50:45
    メイジャー・ランスの「Monkey Time」(カーティス・メイフィールド作)と「Without Doubt」(リード兄弟作)を聞き比べると、それがよく分る。カーティスのスタイルを一歩進めた若々しい感覚。シカゴ・ソウルを一歩前進させる力を彼らはここですでに匂わせている。
  • kentarotakahashi @kentarotakahash 2013-10-19 20:01:59
    そして、アーティティクスの「Girl I Need You」ではその感覚が全開になる。60年代後半以後のノーザン・ソウルを特徴づけるメジャー7thと分数和音を使ったアッパーなリズム・トラック。その肝はリード兄弟のギターとベースである。 http://t.co/iFXDv9isxw
     拡大
  • kentarotakahashi @kentarotakahash 2013-10-19 20:03:21
    乱暴に言ってしまえば、フィフス・アヴェニュー・バンドやピチカート・ファイヴを経由して、日本の渋谷系のサウンドに繋がっていくサウンドの原型が、このアーティスティクスの「Girl I Need You」にあると言っていい。 http://t.co/iFXDv9isxw
     拡大
  • kentarotakahashi @kentarotakahash 2013-10-19 20:07:18
    カール・デイヴィスに才能を買われたダニエル・リードとバーナード・リードの兄弟は、ブランズウィックの制作チームに迎え入れられ、アレンジャーのソニー・サンダーズとともに、数多くのレコーディングに貢献する。多分、みんなが大好きなのはこの曲→ http://t.co/6zsXiWuGcy
     拡大
  • kentarotakahashi @kentarotakahash 2013-10-19 20:47:30
    バーバラ・アクリンの「Am I The Same Girl」がヤング・ホルト&アンリミティッドの「Soulful Strut」と同じ曲であり、トラックも同一なのはよく知られている。http://t.co/6zsXiWuGcyhttp://t.co/rRRx3Il73k
     拡大
  • kentarotakahashi @kentarotakahash 2013-10-19 20:47:58
    この2曲は実はバーバラ・アクリンの「Am I The Same Girl」(1969年)が先に録音されている。が、そのリズム・トラックにヴォーカルのかわりにピアノを乗せて、先に発表されたのがヤング・ホルト&アンリミティッドの「Soulful Strut」(1968年)。
  • kentarotakahashi @kentarotakahash 2013-10-19 20:48:34
    しかし、ピアノ・トリオであるヤング・ホルト&リミティッドは、「Soulful Strut」を全く演奏していない。演奏しているのは、ダニエル・リード、バーナード・リード、ドラマーのクィントン・ジョセフ、ピアノのフロイド・モリスら。アレンジャーはソニー・サンダース。
  • kentarotakahashi @kentarotakahash 2013-10-19 20:49:04
    モータウンにファンク・ブラザーズがいたように、ブランズウィックにはアーティティクスのバックアップ・チームから発展したスタジオ・バンドがいた。彼らには名前がなく、いまだに伝説化もされていない。が、明らかに新しいスタイルをソウル・ミュージックに付け加えたミュージシャン達だった。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「音楽」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする