IAEA提言の解釈、各人バラバラ

IAEA提言もICRP勧告の解釈、各人バラバラです。
震災 ICRP 20msv 1msv 原発 放射線 IAEA 被曝
24
Flying Zebra @f_zebra
さてこのIAEAの報告書、日本政府はその意味を正しく理解できるだろうか。メディアには、もう何も期待しないでおこう。 福島の除染目標達成「必ずしも必要ない」 IAEA:日本経済新聞 http://t.co/AWZ9V9Y7mV
premiajp @premiajp
田中俊一 国会で平然と「年間20ミリまで被曝させても問題ない」発言10/23 http://t.co/PcNR88Gbvy
拡大
まとめ IAEAからの提言 f_zebraさんより 福島の除染目標達成「必ずしも必要ない」 IAEA:日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG2102J_R21C13A0MM8000/ 除染「1ミリシーベルトこだわらず」 IAEA調査団 住民の同意得てから 福島民報 http://www.minpo.jp/news/detail/2013102211639 環境省は「1ミリは政府の長期目標であり今後も変わらない」 朝日 IAEA調査団「被曝線量目標、短期達成は困難」 http://www.asahi.com/national/update/1021/TKY201310210428.html 5284 pv 121 16 users 11
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
温暖化対策・再生可能エネルギー・原子力は、腐敗の団子三兄弟。この腐敗を根絶すれば、随分マシになるが、存続も不可能。だから、PAでプロパガンダで洗脳を続け、洗脳された酷死がプロパガンダを壊れたレコードのように繰り返す。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
酷死は手の内を完全に読み取られているのだから、無駄なことはするなよ。
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
そういえば、日本は、経済学者の言うとおりに政策を行えばよいのだと公言していた酷死が居たな。大馬鹿な奴だ。これで無教養を曝け出していた。
Flying Zebra @f_zebra
IAEAの除染についての報告書についてはhttp://t.co/mUn6h8nycH で紹介されている。井上信治 環境副大臣に提出された概略報告書は以下で全文が読める。 http://t.co/lV6yBP1V5S
Flying Zebra @f_zebra
続いて、提言(Advice)として列挙されているPointを8つ列挙する。
Flying Zebra @f_zebra
提言1:関係各機関の調整のさらなる効率化と、公衆のそれに対する信頼を増すため、原子力規制委員会がもっと積極的に除染、復興活動のレビューに関わり、各機関にとって有益な成果が得られるようにすることを推奨する。
Flying Zebra @f_zebra
その際、適切な放射線緩和基準の決定とそれに関連した安全性評価の見直し、特に長期的目標については、特に注意深く考慮する必要がある。また、一時保管施設の開発と実施に関して、自治体間、さらに自治体と政府の間で情報と教訓を共有する仕組みと基盤が作られることを推奨する。
Flying Zebra @f_zebra
提言2:日本の機関は、もっと公衆に対するコミュニケーションの努力を増し、復興状況に於いては個人にとって年間1~20mSvのどのレベルであっても関連する国際機関(ICRP、IAEA、UNSCEAR、WHOなど)の推奨する基準に照らして受容可能であることを伝えるべきである。
Flying Zebra @f_zebra
復興の戦略に於いて適切な最適化原則を適用して現実的に実施するには、被災者が健康と安全に関して最大の便益を得られるよう、状況に影響する全ての事項(訳註:放射線だけでなく)を考慮するバランス感覚が不可欠である。
Flying Zebra @f_zebra
こうした事項を考慮する際には、公衆がより現実に即して放射線や関係するリスクについて認識、理解できるよう、公衆とコミュニケーションを取りながら行わなければならない。
Flying Zebra @f_zebra
政府は国民に対して、各自1mSv/yの追加被曝というのは長期的な目標であって、短期間で、例えば除染だけで実現できるものではないということを説明する努力を強化すべきである。(訳註:ここでは推奨する"encouraged to"ではなく、~すべき"should"を使用)
Flying Zebra @f_zebra
この長期的な目標を達成するためには、段階的なアプローチが必要だ。限られた資源を(除染だけでなく)生活環境を改善するために不可欠なインフラの復旧に回したりできるこの戦略の利点を、注意深く公衆に理解してもらう必要がある。(ここも"should")
Flying Zebra @f_zebra
IAEA、そして恐らく他の国際的な科学コミュニティーも、日本がこの困難な問題に立ち向かうのを全力で支援する用意がある。
Flying Zebra @f_zebra
提言3:復旧と再建の全体像と、それぞれの要素がどう関わるか(例えば、被曝低減と廃棄物の増加のトレードオフなど)を話し合うことは、不確実性をいくらか減らし、意思決定において大きな信頼を与えてくれると信じる。
Flying Zebra @f_zebra
全体的な視点を持つことは主要な利害関係者が予め活動に参加する機会を助け、活動を対処的ではなく、予防的に行うことができるようになる。こうした取り組みを自治体間で共有できる仕組みを作っておくことも有益かもしれない。
Flying Zebra @f_zebra
こうしたアプローチによって、公衆が信頼を増し、より多くの人が避難先から自宅に帰ることができるようになるかもしれない。
IAEAは移住オプションを示したかどうか
🌸🍀眞葛原雪🍀🌸 @pririn_
あなたと早野さんの自宅で許容する放射線量なら許容するRT @f_zebra: IAEA、そして恐らく他の国際的な科学コミュニティーも、日本がこの困難な問題に立ち向かうのを全力で支援する用意がある。
Hiro_Skm @hiro_skm
この記事に関するツィートが少ない気がするのは、なぜだろう。「利益と負担のバランスを考え」という経済学的発想が日本人には馴染まない?/ 「IAEA調査団長「1ミリシーベルトにこだわらず」」 News i - TBSの動画ニュースサイト http://t.co/u7PYm3bMel
🌸🍀眞葛原雪🍀🌸 @pririn_
それ統治者目線で、公害被害者はポカーンですわRT @hiro_skm: この記事に関するツィートが少ない気がするのは、なぜだろう。「利益と負担のバランスを考え」という経済学的発想が日本人には馴染まない?/ 「IAEA調査団長 http://t.co/MTLeBHrA49
Hiro_Skm @hiro_skm
国難だからこそ統治が必要では? RT @pririn_:それ統治者目線で、公害被害者はポカーンですわ /この記事に関するツィートが少ない気がするのは、なぜだろう。「利益と負担のバランスを考え」という経済学的発想が日本人には馴染まない? http://t.co/u7PYm3bMel
🌸🍀眞葛原雪🍀🌸 @pririn_
あなたは統治のためなら年間1 0mSvの場所で妻子と暮らすんだRT @hiro_skm: 国難だからこそ統治が必要では? RTそれ統治者目線で、公害被害者はポカーンですわ /この記事に関するツィートが少ない気がするのは http://t.co/MTLeBHrA49
残りを読む(175)

コメント

酋長仮免厨 @kazooooya 2013年10月24日
一部報道に煽られずキチンと読んだら? http://j.mp/GYY2up 『環境省は「1ミリは政府の長期目標であり今後も変わらない」と強調している』(福島民報)
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年10月24日
IAEA「地域の環境回復に関するIAEA国際フォローアップミッション(和訳)」 http://j.mp/1gEviay
mnnkaanjinno @mnnkaanjinno 2013年10月27日
「そう。経済弱者は、なにも選択肢がない。」それが経済弱者というものです。経済と命は直結するもの。諦めて下さい。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする