dabiturさんによる原爆被曝と甲状腺がんに関する論文紹介

dabitur(@dabitur)さんによる原爆被曝と甲状腺がんに関する論文紹介
科学 放射線 被爆 原爆 甲状腺癌
38
dabitur @dabitur
[quote] 「1986年4月26日のチェルノブイリ原発事故からわずか7年を経過した所であるが、ウクライナとベラルーシの両共和国では後障害として小児甲状腺癌の発生が問題となっている」(武市宣雄ほか(1994:539)) http://t.co/uWjKltqiLc
dabitur @dabitur
[quote] 「一方、広島では原爆被爆からあと2年で50年が経過しようとしておるが、明らかな甲状腺癌増加傾向にもかかわらず、小児にはほとんど発生していない。これは事実か、又この差は何か、現地での協同研究と検診からこの問題を探ってみた」(武市宣雄ほか(1994:539))
dabitur @dabitur
[quote] 「広島の原爆被爆者に小児甲状腺癌の報告はほとんどない。その理由は、(1)全身照射である原爆の被爆線量が多かった小児は急性放射線障害、白血病等あるいは甲状腺以外の悪性腫瘍で早く死亡した事」(武市宣雄ほか(1994:543))
dabitur @dabitur
[quote] 「(2)被爆後10年間の甲状腺癌調査がほとんど行われなかった事、(3)その間の甲状腺癌手術例も集められていなかった事、等が考えられる」(武市宣雄ほか(1994:543)) http://t.co/uWjKltqiLc
dabitur @dabitur
[paper][lib] 読 / 今泉美彩(2012)「原爆と甲状腺」 http://t.co/utiOJXpqOU
dabitur @dabitur
[quote] 「広島、長崎の原爆被爆者の甲状腺癌に関する包括的な疫学研究は、放射線影響研究所(前・原爆傷害調査委員会)において継続的に行われている」(今泉美彩(2012:34))
dabitur @dabitur
[quote] 「原爆被爆者の甲状腺癌については古くから報告があるが、初めての本格的な調査に基づく報告は、1963年Socolowらによるものである」(今泉美彩(2012:34)) http://t.co/utiOJXpqOU
dabitur @dabitur
[quote] 「彼らは1958年から1961年(被爆後13〜16年)にかけて広島、長崎の被爆者約15,000名を対象に甲状腺の触診による診察を行った」(今泉美彩(2012:34)) http://t.co/utiOJXpqOU
dabitur @dabitur
[quote] 「その結果、21名が甲状腺癌と診断され、そのうち、15名が爆心地より0〜1,399mの近距離で被爆しており、遠距離群に比べて有意に頻度が高かった」(今泉美彩(2012:34)) http://t.co/utiOJXpqOU
dabitur @dabitur
[quote] 「甲状腺癌は原爆被爆者の固形癌の中で、被爆による増加が最初に報告された癌である」(今泉美彩(2012:34)) http://t.co/utiOJXpqOU
dabitur @dabitur
[quote] 「チェルノブイリ原発事故後に15歳以下の小児甲状腺癌の増加が報告だれたが、原爆被爆者では小児甲状腺の増加は確認されていない」(今泉美彩(2012:35)) http://t.co/utiOJXpqOU
dabitur @dabitur
[quote] 「その背景として、広島、長崎の腫瘍登録は1958年より開始されたので、被爆後13年間はデータがないことが挙げられる」(今泉美彩(2012:35)) http://t.co/utiOJXpqOU
dabitur @dabitur
[quote] 「つまり、一番若い被爆者でも、系統的な癌の情報は13歳以降のデータしかないのである。13〜19歳で診断された甲状腺癌は2例であった」(今泉美彩(2012:35)) http://t.co/utiOJXpqOU
dabitur @dabitur
[quote] 「しかしながら、当時は超音波検査による甲状腺のスクリーニング検査ができなかった時代であり、甲状腺癌があっても小児期に発見されなかった可能性もあり、この限られたデータで結論づけることはできない」 (今泉美彩(2012:35))
dabitur @dabitur
[quote] 「原爆被爆者において系統的に甲状腺超音波検査が行われたのは1984年から1987年(被爆後39〜42年)にかけて、長崎の被爆者2,587名を対象に行われたのが初めてである」(今泉美彩(2012:35)) http://t.co/utiOJXpqOU
dabitur @dabitur
[paper][lib] 読 / 和田修幸(2012)「小児の甲状腺腫瘍」 http://t.co/4t5FVA3oVD
dabitur @dabitur
[quote] 「小児甲状腺癌は稀であり専門家でも治療機会は少ない。また、良性病変の有病率も明らかでなく、福島原発事故後の甲状腺超音波検査で小児甲状腺腫瘍の実態が明らかにされようとしていることは皮肉と言わざるを得ない」(和田修幸(2012:75))
dabitur @dabitur
[quote] 「昭和31年〔本論文共著者の〕沼田等は原爆に被爆した12才女子の白血病に甲状腺癌を合併せる症例を報告したが、更に最近17才女子の原爆被災者の甲状腺癌を経験したので茲に併せて報告し、諸賢の御批判を仰ぎたい」(藤本幸雄ほか(1959:519))
dabitur @dabitur
[quote] 「若年者甲状腺癌の発生は極めて稀で、本邦に於いては吉友の17才例を始めとして伊藤、尾成、亘理等僅かに5例の報告をみるにすぎない様である」(藤本幸雄ほか(1959:519)) http://t.co/9RHLM0QSLo
dabitur @dabitur
[quote] 「併し欧米に於いては小児甲状腺癌に関する報告は可成り多く、殊に最近米国では乳幼児期のX線治療と小児甲状腺癌との関係に就いて注目されつつある」(藤本幸雄ほか(1959:519)) http://t.co/9RHLM0QSLo
dabitur @dabitur
[paper][lib] 読 / 藤本幸雄・山本司・沼田丈治・森建治二郎(1959)「原爆被爆者に見られた若年者甲状腺癌の二剖検例について」 http://t.co/9RHLM0QSLo
残りを読む(2)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする