10周年のSPコンテンツ!

被災地では本当に古着はいらないの?

とりあえずまとめました。 @Ncky_D_MgjrvさんのTweetに対する反応など。 今後の災害支援のあり方を考える上で「なぜ古着はいけないのか」という疑問はたびたび出てくるでしょうけど、その考えるヒントになればと思い、ここに記録します。
震災 支援 物資支援 災害支援
341
こちらもあわせてお読みください。

ツイートまとめ #被災地いらなかった物リスト まとめ #被災地いらなかった物リスト のハッシュタグから、ネタ、揶揄等を除く、具体的・実際的な投稿のみ収録しています。※随時更新します みなさんの #震災時に役に立ったもの http://togetter.com/li/322992 851742 pv 13860 835 users 2871

ツイートまとめ みなさんの #震災時に役に立ったもの #震災時に役に立ったもの というタグを作成したところ、たくさんの方から震災時に役に立ったもの、知識が寄せられたのでまとめさせていただきました。 121392 pv 1786 32 users 174

ツイートまとめ 災害時における支援ニーズとフューズを考えるー災害支援のミスマッチを避けるために。 ・#被災地いらなかった物リスト まとめ http://togetter.com/li/585312 ・みなさんの #震災時に役に立ったもの http://togetter.com/li/322992 派生議論まとめ。物資の支援がどうあるべきか、避難所のフェーズ支援、現金支援、海外での物資支援の状況など。 佐藤賢一先生コーディネート(@ke_1sato) 22116 pv 268 28 users 41

前置き
Acewell(アーシェル) @Acewell_ren
@micky__s ふぁぼられてたので。 気分の問題じゃ無い。という事に気付けない人が多いですね、本当に…。 他人経由の以上、発生するリスクだとかの「現実」を無視して精神論のみを説く馬鹿達。
micky__s @micky__s
ー 救援物資は被災地を襲う第二の災害である ー http://t.co/iVnljMzr7n というわけで歴史的な事象なのですが、このままいったら、次に大災害が起きたときにもまた同じようなことが起こりそ.. http://t.co/sx2zXgQpJb

※長いですが、こちらのエントリを全文転載します。
http://www.isad.or.jp/cgi-bin/hp/index.cgi?ac1=IB17&ac2=knowhow63&ac3=5902&Page=hpd_view

(引用ここから)


地域防災実戦ノウハウ(63)
ー 救援物資は被災地を襲う第二の災害である ー
Blog防災・危機管理トレーニング
主  宰 日 野 宗 門
(元 消防科学総合センター研究開発部長)

1.はじめに
 被災地へ届けられる救援物資は被災者支援に大きな役割を果たしています。これは疑いようのない事実です。しかし、物が豊かで流通機構やマスコミが発達した国では、災害が発生すると全国から救援物資が被災地に殺到し、被災地自治体の災害対応に大きな困難をもたらすという「送り主の善意が裏目に出る」事態がしばしば発生します。
 サブタイトルは、それに対する警句としてアメリカの防災関係者で使われ始めたものと言われています。
 このような事態(現象)は、アメリカだけの問題ではなく、日本でも過去にたびたび発生しています。

2.国内の災害時における救援物資に係る問題ー地震災害を例にー
(1)1964年新潟地震(1964年6月16日)
 「中古衣料品も全国民の暖かい同情のバロメーターといえる。この量はまた記録的な数字を数え、体育館の天井まで届く程積みあげられた。これをやっとの事で配分して、翌日他の集荷所へ行くと、またそこにも山積みの中古衣料品が厳然として待ち受けているのである。」 (新潟市:新潟地震誌、pp. 324-325、1966年11月)
 「救援物資を配給するに当り、色々の事に出会ったり見聞したりしたので、以下思いつくまま述べて見る。まず数多くの梱包を貨車でいくつも戴いて有難かったが処理に困った。こんどの地震では火事に焼けたのは極く一部で、浸水したと云っても今すぐ衣類を必要とするのは少なかったが、梱包の中では衣類が一番多かった。(中略)これまでに災害救援物資の送付をうけた経験のあるある市長さんが、自ら慰問に来られ、お送りする梱包が準備してあるんだが、処理に困って居られるなら換金して送りましょうと云って下さったが、これは本当に有難かった。
 とにかく梱包の数の多いのには処理に手を焼いた。初めは物によって分けて処理しようと新潟小学校と寄居中学校とで区分けしたこともあったが、余り数が多くなって、とにかく一括積み上げてという事になったが、これを配分するのに頭を悩ました。」 (同上、p. 218)
(2)1983年日本海中部地震(1983年5月26日)
 「救援物資の中の衣類の配分には苦労した。衣類のほとんどがいったん着用したもので規格がそろっていないこと、火災などと違って、震災では家財が残っており、衣類などに困っている人が少ないことなどから、被災者へ直接配分することは困難であった。
 配分委員会では、市婦人団体連絡協議会に衣類を寄託し、換金することとした。婦人団体連絡協議会では、バザーを開催し、売上金を義援金として寄付した。」
(能代市:昭和58年(1983年)5月26日 日本海中部地震 能代市の災害記録、1984)
(3)1993年北海道南西沖地震(1993年7月12日)
 1993年7月12日の北海道南西沖地震では、被災地の奥尻町に救援物資が殺到し、その救援物資を保管するために、町は1億2千万円をかけてわざわざ倉庫を作らざるを得なかったという事実があります。当時の越森町長は、国会に参考人として招かれた際に以下のような発言をしています。
 「天候にもよりますが、救援物資は大型ヘリコプターによるピストン輸送等、緊急かつ大量輸送手段の確保が必要と思われるとともに、救援物資については、マスコミ等の大々的報道により災害直後から全国各地よりたくさんの救援物資が送られてまいりまして、三千トンとも言われる膨大な量でしたが、仕分け等で大変な労力を必要といたしましたし、そのためにわざわざ一億二千万もかけて倉庫も建設しなければならないことにもなりましたし、対岸の江差町やあるいは江差町周辺の町村にも集会所や学校に大変なお世話になったわけでございます。
 個人からの救援物資はできるだけ受け付けず、義援金としての援助をお願いすべきだと考えております。また、企業からの救援物資の提供リストをもらい、必要なときに必要物資を提供していただけるシステムづくりが必要ではないかと感じております。
 (中略)
 それから、さっきちょっと触れましたけれども、このことだけはぜひとも言っておきたいなと思ったのですけれども、大変な救援物資が来たのですね。だけれども、衣類については七割方ほとんど使うことができなかったのです、残念ですけれども。それで、これは先ほど倉庫を建てたということも言いましたし、札幌まで持っていって道庁の皆さんに仕分けしてもらうために、逆にこれも九千万ほどかかりました。それがほとんど七割方投げなきゃならないようなものだということで、もう保管する場所もないし、雨は降ってくるし、中には食料品と一緒に送ってくるものもあるものですから、もうにおいがついてどうしようもない。膨大な三千トン以上の、あの島にどうして入るわけがないのですから。それがもうそういう形に雨ざらしになる、そういうことになるというような状態が続いてどうしようもないから、焼け、焼却してしまいなさい。そうしたら、それをテレビ朝日が追っかけていって、全国の好意を踏みにじる行為を町長がしている、またたたかれるのですね。」
(第132回国会 地方分権に関する特別委員会 第3号、1995年(平成7年)2月8日)
(4)1995年阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震:1995年1月17日)
 阪神・淡路大震災では、救援物資の問題が大規模な形で噴出しました。
 資料(緊急物資等の備蓄・調達に係る基本的な考え方 平成18年3月 総務省消防庁 参考事例5)によれば、以下のようなことが指摘されています。
○  郵政省では、被災者救助用寄贈品(衣料、寝具、保存に耐える食料品、医薬品、日用品、学用品、新聞雑誌類等)を内容とする小包郵便物の料金免除を1月20日から3月2日まで実施した。無料化されたゆうパック(郵便小包)等によって、全国の個人・市民団体から様々な品が義援物資として送られた。しかし、個人からの物資は、中身を開けて整理し、梱包をし直して配布しなければならず、膨大な物資の受入れ、仕分け、配布には多くの人手が必要となった。全体として、ゆうパックは61万個にも及んだ。
○  神戸市は、同災害対策本部宛のものを配送済みとみなし、郵便局で内容を分類した上で、市の集積場所に配送することを要請した。こうした異例の処置は、1月23日から29日まで続き、7万個のゆうパックが処理され、分類作業については、旧大阪小包集中局で行われ、応援要員も含め、約600人体制で行った。
○  神戸市は、約43万個に及ぶゆうパックについて、一つ一つ開封し、品目毎の仕分けが必要となり、物資の受入れスペースの他に、仕分け場所、人手を必要とし、約29,000人のボランティアの協力を得た。
○  神戸市に届けられたゆうパック等の内訳は、衣類51%、食品14%、毛布・布団13%だった。
○  西宮市には、ゆうパック約20万個が届き、その中身としては、アルミホイールに包まれたおにぎり、みかん、ラーメン、缶詰等の食べ物、茶、天然水、ジュース等の飲料水、ノート、消しゴム、鉛筆等の文具類、肌着、セーター、防寒着等の衣類、タオル、ティッシュペーパー、生理用品等の生活必需品で、その内訳は、衣類70%であり、そのうち50%が中古であった。被災者は中古の衣料は受け取らないため、西宮市では、どうしても使用できない義援物資等を処分するのに、2,800万円の費用を投じた。
 阪神・淡路大震災では、救援物資に関する問題は一般国民の間でも話題となりました。当時の朝日新聞(東京本社版)の「声」欄には、以下のような投書が見られます。
 被災地でボランティア活動を行った36歳会社員は、次のように記しています。
 「(前略)救援物資を送って下さる方にもお願いがあります。いろいろな品物を一つの箱で送りたいお気持ちはよくわかるのですが、一つの箱には一つの種類の品物にしていただきたいのです。その方が、効率よく仕分けできますし、量も多くできると思います。」
(「救援を手伝い思いは切々と」、1995年1月28日(土)朝刊)

 神戸市東灘区出身で横浜市在住の36歳の主婦は、救援物資を送るべきかどうかで悩んでいます。
 「(前略)自分の住んでいるマンションの方々にも呼びかけて救援物資のご協力をあおいだところ、4日間でダンボール箱7、8個の物が集まりました。ところがです、集まった物資を神戸市あてに送ろうとしているときに耳に入ってきたのは、「物資が郵便局に6万個も足止めされている」とか「避難所では毛布等は余っている」とかいう情報です。(中略)送ってよいものか、送るとかえって迷惑なのか考えあぐねてしまいます。(中略)救援ということのあり方の難しさをつくづく感じてしまいました。こちらが小さな親切のつもりでしていることは、実はひとりよがりの大きなお世話なのかと…。」
(「救援物資送る難しさを実感」、1995年2月1日(水)朝刊)

(5)2004年新潟県中越地震(2004年10月23日)
 2004年に発生した新潟県中越地震で大きな被害を受けた小千谷市では、救援物資に関して以下のような状況がみられました。
 「地震発生の夜半から、全国からの救援物資が続々と届くようになってきて、昼夜を問わず、市役所前にトラックが着くたびに荷降ろし作業に取り掛かりました。職員は一睡もせずにこの作業を続けました。
 地震発生後3日目の10月25日、朝一番で食糧や水を各避難所に送り出すと同時に、早朝から救援物資を載せたトラックが続々と市役所に到着しました。市役所周辺の道路は荷降ろしを待つトラックで大渋滞となっていました。物資が次々と運び込まれ、市庁舎2階の市民ホールは積み上げられた物資で満杯になり、通路や階段などにも積み上げられました。ついに入りきらず、庁舎前の庭や空きスペースも埋めつくされ、仕分け作業はおろか職員の通行にも支障をきたすまでになってきました。」
(前小千谷市長 関広一:中越大震災 自治体の叫び、p. 33、ぎょうせい、2007年3月)

3.救援物資への対応のあり方

 前述のように、救援物資は被災地にはありがたいものですが、他方では、被災地の防災力を削ぎ、大混乱をもたらすものになりかねない側面を有しています。そして、この傾向は個人からの救援物資において特に顕著です。
 救援物資に伴う前述のような状況を招かないためにも、自治体はマスコミ等を通じて、緊急救援期の早い段階から救援物資による混乱を防止するための広報を実施することが重要となります。
 2007年7月16日の新潟県中越沖地震では、この点に関して注目するべき対応がなされました。地震翌日の17日、新潟県は個人からの救援物資の受け入れを辞退する旨の以下のマスコミ発表をしています。柏崎市においても同日に同様の趣旨のマスコミ発表がなされました。
「県は個人の皆様からの救援物資を辞退しています
 現在、新潟県災害対策本部では、各被災市町村と連携して被災された方々に必要な物資を掌握し随時対応しております。
 小口の救援物資は、被災地域の受け入れ態勢を整えるのが難しく、現場に混乱をきたすおそれがあります。現在多くの方々から救援物資のお申し出をいただいておりますが、上記の理由から、県では当面、個人の皆様からの救援物資の受け入れを辞退させていただいております。
 今後、被災地の要望を確認したうえで、県ホームページおよび報道発表等により必要な物資について随時お願いする予定としております。ご理解のうえ、報道においてご配慮頂きますようお願い申し上げます。」

 国内において、災害時にこのような対応(早い段階で県と市町村が足並みを揃えて「個人の救援物資を辞退する」旨のマスコミ発表)がなされたのは、2007年新潟県中越沖地震が初めてですが、決してその場の思いつきでなされたのではありません。筆者の個人的な見解ですが、このような対応の伏線(契機)となったのは、2004年新潟県中越地震の被災地となった長岡市が2006年度(平成18年度)の地域防災計画において示した「個人からの救援物資の辞退」の方針であったと考えます。
 今後、国内においてはこのような対応方針で臨む自治体が増えてくると思われます。その結果、個人からの救援物資による混乱は回避されることになりますが、それで救援物資に係る課題が全て解消されるわけではありません。対策をさらに前進させるためには、以下のような意見に耳を傾ける必要があります。

 「全国からの救援物資がすばやく届いたことには大変力づけられた。しかし、本文にも書いたが、物資をトラックから降ろし、それを各避難所へ配送する手配が大作業であった。特に、水のような重い物資をトラックから一旦降ろし、他のトラックに積み替える作業は、大変な重労働であった。
 そこで、物資を提供してくださる方が、あらかじめ運送会社に対し、災害対策本部の指示に従い物資を各避難所まで届けるようにという指示をしておいていただければ、極めて能率的になる。トラックが災害対策本部に到着した時点で、本部員から配送先の地図を受け取って、そのまま何箇所かの避難所へ配送してもらえれば、物資の到着もそれだけ早くなり効率的である。
 虫の良いお願いかもしれないが、物資の集積場所は戦場のようになる現実から、このようなルールができるとありがたいと思った。」
(長岡市災害対策本部編集:中越大震災ー自治体の危機管理は機能したかー、p. 30、ぎょうせい、2005年7月)
 救援物資を満載して被災地の応援に向かう自治体、団体、企業には、被災地の負担にならない救援のあり方(「自己完結」など)が求められます。

   なお、救援物資問題を扱った良書である「中越発 救援物資はもういらない!?」(震災がつなぐ全国ネットワーク、2008年10月)のpp. 56-57では、行政に対して以下の6点を提言しています。これまでの議論のまとめ的な内容になっていますので、ご紹介します。
① 個人からの救援物資については、「災害発生直後は、原則として受け取らない」
② 応援協定を結ぶ自治体・団体・企業からの物資調達を基本にする
③ 無料「ゆうパック」の申請をしない
④ 大口の申し出については、提供物資や提供者などを記録する
⑤ 可能なかぎり避難所へ直接配送を依頼し、物資だけでなく車両や人員も要請する
⑥ 受け入れ体制の広報
 個人的には、「プロの配送業者の(ノウハウの)活用」も含めるべきかと思いますが、救援物資問題の総決算的な本ですので、ぜひ一度手に取られることをおすすめいたします。


(引用ここまで)

はじまり
革ヤス @Ncky_D_Mgjrv
#被災地いらなかった物リスト が話題らしいが、見ると時期を分けずにテンデンバラバラにコレイラン、コレイランと言っている。それなら結局、「現金」となるが、それすら被災直後は意味が無いっていう事に気づくべき。要らない代表格の折鶴だって、時期によって、人によっては大事なんじゃないの?
革ヤス @Ncky_D_Mgjrv
誰かが食品では書いていたけど、被災直後はこういう類、数日後はこういう類、1が月でこういう類、ってして貰った方が良いし、類型を考えるのに役に立つ。 #被災地いらなかった物リスト
革ヤス @Ncky_D_Mgjrv
つか、服だって、新品とか言っているけど、廃品は問題外だが、洗いさらしなら中古でも良いのでは?新品選り好みできる程、そう書いている人が居る時の被災地は衣類に関しては平常状態だったのか? #被災地いらなかった物リスト
革ヤス @Ncky_D_Mgjrv
結論として、「被災地は思考力が通常の半分以下です。だからアホでも便利だと思える品物を送りましょう」って事になるのだが?? 被災から数年経っているのに、未だに必要支援物資の類型化も出来ていないのが・・。
ここからが本論
micky__s @micky__s
.@Ncky_D_Mgjrv 古着が「いらない」とされるのは、種類ごとの仕分けにかなりの労力と空間が必要となる点が主な理由です。個人から個人に送るのなら、喜ばれる場合もあるかもしれませんけど。
革ヤス @Ncky_D_Mgjrv
そういえば、81の活動「コエチカラ」で拠出した義捐金はどうなったのだろうか??
革ヤス @Ncky_D_Mgjrv
@micky__s では何故新品なら良いのでしょうか? 即ち行政なりの支援物資送付元が衣類の類型化を工夫すれば良いという話なのでしょうか?
micky__s @micky__s
.@Ncky_D_Mgjrv まずは「第二の災害」について調べてみてください。話はそれから。
革ヤス @Ncky_D_Mgjrv
@micky__s 「第二の災害」ウィキレベルですが読ませていただきました。正直私がこのハッシュタグでツイートした事が書かれていただけに思いました。また、服は耐久品であるが故、不要に送られたものを処分した、とは読めましたが、何故新品でないといけないのかは分かりませんでした。
革ヤス @Ncky_D_Mgjrv
@micky__s 因みに、人手不足の件は私も承知しております。一応。
ウチダ シンヂ @udasji
@micky__s @Ncky_D_Mgjrv 僕、洋服専門の古着屋なんですけど、一人の人にマッチする洋服って500キロに対して一着あるかないかなんです。うちの近所の避難所では古着をうちの店に集めて分別して避難して来た方に店の在庫から無料で配布してました。
makoto @makoto0510
こんな感じでは次に災害が起こってもまた古着送りの二次災害が繰り返されそう。
ウチダ シンヂ @udasji
@micky__s @Ncky_D_Mgjrv ちなみに500キロの仕分けって毎日やってる僕らでも二人で半日以上かかるかな?震災から3か月くらいは毎日物資を買取して無料配布するのが続いてたかな。衣類の種類で一番必要とされるのが肌着関係なんだけどそいつはさすがに新品でした。
ウチダ シンヂ @udasji
物資と言えば、靴を思い出す。原発で逃げてきたばぁちゃんがサンダルしかなくて靴をもらいに来た。ぴったり合うサイズが店頭在庫のブランド品の革靴でそいつを渡したな。おしゃれな婆ちゃんが出来上がっていたっけ。
ウチダ シンヂ @udasji
ユニクロから届いた新品の洋服も倉庫でのハンドリングで止まっちゃって、炊き出しのボランティア言った友達が運搬してた。いま思い出すとうちの店はまぁ便利に機能してたかな?その店ももうすぐ閉店で、ちょっと思い出してしまった。
ウチダ シンヂ @udasji
郡山の避難所はものすごい物資がたまちゃって困ってた。南相馬は足りてなくて物資の受け入れを呼びかけてた。双方の担当の方を電話でつないで融通してもらえるように話したっけ。受け入れ側が遠慮してたけど有効活用という意味ではよかったんじゃないかな?
革ヤス @Ncky_D_Mgjrv
@udasji @micky__s 「マッチする服」って何でしょう?平時なら好みでしょうが。被災直後もそんな選り好み出来る状態なのですか?勿論お洒落第一の方もいらっしゃるでしょうが、これは一時の凌ぎですよね?皆様は1ヶ月、1年と時間を経てからの話をしている訳ではないですよね?
残りを読む(98)

コメント

言葉使い @tennteke 2013年11月10日
ロジスティクスの知識が必要ということか。うーむ。第二次世界大戦中の慰問袋って、どんなんだったのかしらん。
赤間道岳 @m_akama 2013年11月10日
一番役に立つものって、結局義援金なのだろうな。お金なら腐らないし何にでも姿を変えられる。一ヶ月後に役立てて貰ったっていい。
頭文字爺 @initial_g3 2013年11月10日
企業の在庫を集めた方が品質、量、サイズの種類の面で充実してるし、流通のライン上に流通に適した梱包状態で存在してるわけだから速さの面でも有利。衣類なんて最低一人一着もあれば十分なのに対し、毎日どこかで半額セールやってるくらい余ってて、需要に対して供給過剰。新品が届けられない処に古着が届くはずもない。以上を考えると、古着が必要になるケースはまず無いかと。
頭文字爺 @initial_g3 2013年11月10日
ただ古着であっても、各家庭で洗濯ができる程度には落ち着いた頃に被災地でバザーみたいなものを開いて、希望者に格安・無料で譲る形にすればまだ喜んで貰える可能性はあるかと。
秋月白兎 @ngc2041 2013年11月10日
というか、問題になってるのは血痕付きとか大穴が開いてるのとか、80年代の極端なデザインのヤツとかだよね。別に古着そのものがダメってわけじゃないんじゃないかな。
kjwhy @kjwhy 2013年11月10日
「送付元で工夫するなりクリーニングするなりして」という提案を読むたびに頭の中で「チャリーン♪」というコスト増の音がするんだが。
micky__s @micky__s 2013年11月10日
個人からの支援物資送付の場合、新品を小口で送ったところで受け手側での仕分け分類の手間がかかる点では古着と同じであって、「中古はダメでも新品なら送っても喜ばれるんだぁ」ということではありませんから、その点は誤解されませぬよう。
ノリエガ将軍 @steel_ball_run 2013年11月10日
日本語で会話してるのに日本語が通じない恐ろしさ
桶庵 @sininenkuumeri 2013年11月10日
「中古送るぐらいなら売り払って寄付するべき」でFAな気が
デュアルハート @haniwaras 2013年11月10日
よくもまぁ・・・最後まで付き合ったもんだ。感心する、見習わねば。
デュアルハート @haniwaras 2013年11月10日
古着よりは新品の方がマシ、ってだけの話ですね?
しする @thistle_key 2013年11月10日
個人宅でいくら清潔に管理してるって言ったって、真空パックで保存してるわけじゃなし。押入れにしまい込んでいたら防虫剤や除湿剤、押入れの匂い、たばこの匂い、匂いのきつい洗剤柔軟剤、そういった他人の匂いってささくれだった精神の時はより一層不快に感じると思う。保管状態が悪かったらダニカビ汚れ虫食いもあるわけで。ペット飼っている家の人の場合は動物アレルギーにも考慮しないといけないし。「被災者のために」って思うなら、素人が安易にポイポイ送るのはやめておいたほうが無難。
ask9♡3次元に2次元の幻を探して銀ブラ&全日本日曜だけ @ask9 2013年11月10日
80年代の巨大肩パット付コートが支援物資として来たのは今年の話です。被災地の母としても善意を捨てられずにわざわざゆうぱっく代かけて東京の娘に送ってよこしたんです「要らなかったら棄てていい」と。私は送り主の考えが解らず正直爆笑しました「着られるっちゃ着られるけどこんな夜霧のハウスマヌカン誰が着るんだよ!」と。結果、生地として改造しましたが。。。送り主の善意の真意を知りたいです(苦笑)
ask9♡3次元に2次元の幻を探して銀ブラ&全日本日曜だけ @ask9 2013年11月10日
また、震災直後に頂いた物は全て新品でユニクロさんから肌着・ヒートテック山盛り、ナイキの新品(でもブランドタグが破いてあったのでアウトレット品かな?)グランドコートとか、海外衣料も全部新品で届いてました。助かりましたけど余った分は被災者じゃない身内の私の所にも流れてくる程度頂いてました。
ask9♡3次元に2次元の幻を探して銀ブラ&全日本日曜だけ @ask9 2013年11月10日
古着は特に被災直後に関しては、上記でまとめられているプロの古着屋さんの選別の目が入るならいざしらず、基本的には直後は要らないと断言致します。上手く人集めて必要な人に必要な古着が配られるという場所を設けるのがそもそも大変なのです。古着のバザーとか開催できたのは仮設住宅に落ち着いた以後の話ですかね。
くすき @kusuki_xx 2013年11月10日
haniwaras 新品の方がマシですが、新品であっても個人発送しないで欲しいって話ですよ。
ask9♡3次元に2次元の幻を探して銀ブラ&全日本日曜だけ @ask9 2013年11月10日
どうしても古着を送りたいんだ!という方は、例えば救世軍や古着を集めている団体に一旦届けてもらい、そちらで選別されてからというのはいかがでしょうか?救世軍の場合だと古着をバザーで売ってその売り上げをさらに救済活動へ、だと思いますが。http://www.salvationarmy.or.jp/index.php?%E3%82%82%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%84
旨い蕎麦神 @ta1000islands 2013年11月10日
途中で病原菌のリスク云々の話が有ったけど、納得いただけなかったのが残念ではある。 何も古着が汚いと判断されているわけじゃなくて、「安全かは精査しないと解らない」からだと思うんだけどね。 何事も手間は簡素化できるに越したことはない。別にかっこいいのを着たいのじゃない。 現に自分も仕分けした時に倉庫にあったのは白一色のジャージとかだったし。普段はそういうのはそんなに着ないでしょ。
Acewell(アーシェル) @Acewell_ren 2013年11月10日
kjwhy そういう事なんですよね。 結果新品より高くつく可能性も高いんです。
旨い蕎麦神 @ta1000islands 2013年11月10日
Acewell_ren そうなってくると「新品より高く付いた場合のコストを誰が負担しているのか?」っていう話ですよね。
鉄⋈C97土曜南エ26a[P.H.S.]⋈早矢斗[デレステID:994240190] @cu6gane 2013年11月10日
災害時支援物資の初期~中期対応の話をしてるのに、どこか完璧な支援が行き渡ってる状態での外部からの支援者が怠慢してるせいで追加物資に無駄が出来てる、そんな環境を想定してるカンジなのが眉をしかめる。とても現場を意識してるとは思えないな…。
じゃりねこ@或る図ありがとうございました @jyaricat 2013年11月10日
「第二次世界大戦時の慰問袋の中身」ですが、「戦争中の暮らしの記録」「ぼんぼん」(こちらは小説)の中に、「子供たちが兵隊さんに手紙を書いた(訓練所に歌を歌いにいった)」「お菓子を入れて送った」という文言が散見されます。心を癒すもの(お手紙は、今だったら書籍・漫画に相当するのでしょうか)、嗜好品が入れられていたようです。
timmy @timmy_pigs 2013年11月10日
被災地には中高年の方が多いのですが、送られてくるユニクロの服や古着は若者向けで、腰周りが大きいマダム達は入らないという問題がありました。また、引き取り手のないもので捨てられたものもありましたが、裂き織りにしてヨガマットを作ったり、タオルで雑巾を塗ったりして被災者の収入と生きがいづくりにもなっているものもあり、一概に不要とも言えません。古着など衣料品で一番問題になるのは置き場が確保できないということでしょうか。
ぬんさん(クラフトパーソン) @Morosann 2013年11月10日
被災地の経験で話してるのに、被災地外の人が古着は必要だとする理由がわからない。
timmy @timmy_pigs 2013年11月10日
地元の商店のほうが住民のニーズを理解しているし(腰周りの大きいマダム達向けの服もある)、そういう地元企業に利益が行ったほうが復興にもつながると思うのですが、災害が起こってすぐそういうところが動けるとも限らないというところが難しいところです。(古着よりも大企業が在庫を出せばいいとかアマゾンを使えばという意見が多いようですが、ニーズにマッチしていない場合もあるし、地元の企業の利益が減ってしまうという問題があるのです。実際震災後地域通貨を発行した自治体があるくらいそれは問題視されています。)
nullmajor @nullmajor 2013年11月10日
「善意が最適化されて支援に結びつくような仕組みを頑張って作り出そう」より「古着とかwww偽善乙www」が日本人は好きなので。
micky__s @micky__s 2013年11月10日
nullmajor 思考が「善意がなくても困った人の支援につながる仕組みを考えようぜ!」という方向にいかないのが不思議です。善意の人の頑張りに期待するのは間違い。
不名誉 @sanukiudonkirai 2013年11月10日
フリマあたりでドヤ顔で古着出してる一家と、それに対する客のリアクション見ればわかるだろうに。
ask9♡3次元に2次元の幻を探して銀ブラ&全日本日曜だけ @ask9 2013年11月11日
timmy_pigs 多分というかぶっちゃけると、家の母がそういうマダムその一で、「新品だから一応貰って来たけど着ないからあんたどう?」と娘に横流しがありました。勿論、横流しを受け取った娘としてはそれ相応のマダム服を対価で渡している訳ですが。ま、これは現場で行われた善意を精一杯活用する工夫と言う事でご容赦願いたいですw
timmy @timmy_pigs 2013年11月11日
古着とか物資の仕分け作業をしていたのは被災した方というよりは、被災地の周辺の市町村や市内でも被害がなかった地域から来たボランティアの方が主でした(私が行ったところでは)。連日仕分けても仕分けても延々と古着が来て疲れ果てており置き場もなくなってきていました。たしかにあれば大変だと思う。
kjwhy @kjwhy 2013年11月11日
あらかじめ使われた時間を金で買うか、そこから改めて時間を使うかの差なんだとおもう。緊急時にはレディメイドの方がいい。
timmy @timmy_pigs 2013年11月11日
311の頃も古着は送らないでということを言う人はたくさんいましたが、それでも送ってしまう人もたくさんいました(中身は売れそうなレベルからボロボロまで様々)。海外からのものも少なからず有り、「送らないで」といくらアピールしてもゼロにはできない、なので送られてしまったものを再利用する方法を広めておくのが現実的対処法なのかもしれません。311のときはそれが広まるのが遅くてたくさん廃棄されてしまったので。
timmy @timmy_pigs 2013年11月11日
盛岡の古着屋が仕分けしてフリマに近い形で安く被災地で売る、というのをやっていて、餅は餅屋と思いました。こういう形でプロが入り適切な形で対応できればベストなのでは(しかし行政宛に送られたものはそういう形で処理できず多くが廃棄されたと思われます)送り先も考える必要があります(しかし送ってしまうレベルの人は考えないだろうな)
Acewell(アーシェル) @Acewell_ren 2013年11月11日
nullmajor 最適化の結果が現金にして寄付しよーぜwwwwwwwwwwになるんですよねえ。
KissuiJP @KissuiJP 2013年11月11日
先頭にある「(5)2004年新潟県中越地震」を見るとわかるが、衣類が緊急で必要なのは災害直後。避難所に届けるにはトラックに乗せるわけだが、必要なものかどうかは仕分けが必要になる。その時期を過ぎると他の物資の置き場の邪魔になる。善意はありがたいのだが、人手も置き場所も無尽蔵にあるわけではない。
KissuiJP @KissuiJP 2013年11月11日
災害時は情報の伝達も、避難所の需給情報も、仕分けの人手も、物の置き場も、輸送手段も全てに制限が掛かる。単体では気にならないほんの僅かな負荷も、積もりに積もれば不要な仕分けや、積み下ろし、移動が必要な負荷にまで膨らみ、他の必要な仕分け作業の人手が不足したり、あふれた物資の置き場所に困ることもある。古着の衛生面よりも、こちらのほうが問題。
timmy @timmy_pigs 2013年11月11日
被災地で古着はいらない!送らないようにしよう!を基本として、それでも送られてきてしまった場合どうするか考えて共有しておく、というのが現実的な議論かと思います(やっと結論)。
2nd_Stain @2nd_Stain 2013年11月11日
送られてきた巨大な量の「善意」を選別するにしろ配布するにしろ被災地では人手を取られる→Just in timeで必要な他の作業に充分な人員を振れなくなる という流れは、少し考えれば想像がつくのでは…。
2nd_Stain @2nd_Stain 2013年11月11日
どうせ贈るなら現金を贈った方がまだ活用に融通が効くのではないかと思いました。衣料品はどこまでいっても「繊維を使った何か」にしかなりませんが、お金は食べ物にも医薬品にも、緊急のインフラを整える資金にもできるわけですから。
社長 @rafcocc 2013年11月11日
このパンダの人、モンスター支援者のお手本みたいだな。(´・ω・`)
社長 @rafcocc 2013年11月11日
誰ももう覚えてないみたいだから一応言うけど、被災地は「瓦礫の焼却処分」にあれほど苦しんでいたわけでしょう。そこで「不要な物資なら燃やせばいいじゃん」って簡単に言えちゃう時点でもう想像力が足りなすぎる。
まつこ @pi_poko 2013年11月11日
支援する方としては、仕分けは想像してるよりもずっとキツいんだと思ったほうがいいんだろうな。数が多すぎて分けるのしんどいな〜程度じゃなくて、体力・精神力を大きく削り取る人災。自分はちゃんときれいなものを選んで送ってるから大丈夫とかじゃなくて、多くの個人から大量に届けられること自体が負担。
KissuiJP @KissuiJP 2013年11月11日
衣類が緊急で必要なのは着の身着のまま逃げてきた人とか、とりあえず数日耐えられればなんとかなる場合が多いので、中古を大量よりも、まずは新品を必要な分だけでなんとかなる。食料と違って一度着たら無くなるものではないので。
堀越韓玄 @friday1942 2013年11月11日
誰だって古着より新品のほうがいいんだよね。これ、実際今起きてることなんですがネット慣れしてない人がうっかりSNSで古着の支援をお願いします!って書き込みをしたら全国から沢山いただいた。ただその情報は延々RTされちゃって古い情報なのに未だに古着が送られてくる。
堀越韓玄 @friday1942 2013年11月11日
でもまさかいまさら「あ、やっぱ新品で!」とか言い出せない。情報は駆け巡って毎日ダンボール何箱とかで古着が届く。でももうとっくくに物資は足りてる。この大量の支援物資をどうする・・・・・ もう選択肢はひとつしかないわけで。
川田清貴 音響効果 @kksoundeffect 2013年11月11日
地域や季節、被災の内容に応じて復旧復興のステージ分けして仕分けをする。単にコレだけのような気がする。夏か冬か、家屋倒壊なのか大規模火災なのか津波なのか、山間部なのか都市部なのか沿岸部なのか。電気ガス水道、どのインフラが切れてるのか。そういう議論をすべきかと。
あーる・ヤマモト @aaru_yamamoto 2013年11月11日
要するに、災害が発生してからせっせと古着準備しても遅い・・・ということだよね。どうしても古着を災害直後に届けたいなら、発生した段階でトラック輸送の準備が完了している、ぐらいでないとほとんど意味が無い。
あーる・ヤマモト @aaru_yamamoto 2013年11月11日
まあ、それをしようと思えば、「古着の備蓄」が必要なわけだが、そのスペースの確保と、スペースの使用料はどうするんだ、となるわけで、結局衣料メーカーが毎日生産しているものをそのまま持ち出す方がどう考えても安上がり。
杢丸 @mokumaru_NOP 2013年11月11日
ask9 アウトレットの可能性もありますが、ブランドタグの件は横流し・転売防止が主目的じゃないかと
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2013年11月11日
理想状態(衛生保証、需要マッチング、タイミング、事前仕分け済みによるコスト増加なし)なら古着でもいいけど、実際諸々無理がかかる、かね。あと、どうがんばってもパッケージングしてある新品よりは古着のほうがかさばりそう、かな。(これだけで痛い)
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2013年11月11日
ただ、元発言の方の言いたいことなども部分的にはわかるし、Twitterだと情報がまとまってないというか複合要因(個々だと良い悪いが並ぶだけになっちゃうカンジ)もあってわかりずらくなってる気もする。
憑かれた大学隠棲:再稼働リプレイスに一俵 @lm700j 2013年11月11日
被災地で大量の古着をって、例えば家や冷凍倉庫の後片付けで余りに臭い生ゴミが大量に出るので、服を使い捨てにしたいとかそういう感じの需要とかはあるかも知れないけど、それとて使用済みの服が震災ゴミに加算されるわけで
Acewell(アーシェル) @Acewell_ren 2013年11月11日
正直な所、前置きの「地域防災実戦ノウハウ(63)」でもう結論は出てしまっているんですよね。 後はこの結論をどう解釈し納得するか、という話になるんです。 「大量の在庫が出てしまうのなら新品に限定したほうがいい(最悪売れるから)」 「少しなら送ってもいいし欲しがる人も要るだろう」に分かれてしまう。 ただ、「少し」とは言っても、西日本の人口何人だという話で。 結果凄まじい量になるのは回避出来ないんですよ。
憑かれた大学隠棲:再稼働リプレイスに一俵 @lm700j 2013年11月11日
阪神大震災からしばらくして近所の駅で救援物資詰め合わせを通行人に”押し売り”ならぬ”押しプレゼント”する事案が発生しましてな
百笑@常識知らずの悪魔 @hundred_smile 2013年11月11日
トラックいっぱいの衣類を「古着を選別して詰め込む」のか「メーカーの在庫を詰め込む」のか、時間だけを考えても後者のほうがずっと早いわけで。しかも支援物資は基本「時間との戦い」でもあるわけで。余分なものを運んでいる余裕は無いですね。
メメント森(ㆀ˘・з・˘)(見たことないやったことない) @ALUMII 2013年11月11日
どんな環境で保管、輸送して来たのか不明な衣類で疥癬にでも罹患したら、被災者しぬわ。
repunit @FlatSharp 2013年11月11日
わざわざ募るほど要るものではない、んじゃないでしょうかね。
Baalのようなもの@人生の墓場 @E_NxD 2013年11月11日
物流の現場で働いたことのある人なら、小口多数の荷物の仕分けってのが如何に工数がかかるかってのは嫌というほど味わうので…… まして被災地でその工数(=人的リソース)を割けるかって話になると答えはNOですよ。 あと、311の状況下では仕分け場所がまず確保できなかったでしょうね。
Baalのようなもの@人生の墓場 @E_NxD 2013年11月11日
「どこかに○○を必要としている人が居るかもしれない」という論に対しては、定量的に見てそれを達成するための手間暇が全体の妨げになるようでしたらやらない方がマシです。
ともはる @tomoharuhare_m8 2013年11月11日
長期保存きく下着シャツを箱買いして自宅用に保管。災害があれば寄付、でいいんじゃないかと。どうしても古着でないとお嫌ですか?(^_^;)
火吹達磨(愛喫豆腐) @zouroku_41yo 2013年11月11日
どうやら、「善意押付教」の人が古着を「よりしろ」にして被災地に布教活動しようとしているみたいですね。受益者の気持ちも作業員の気持ちも考えずに善意を押し付ける人は、もはや「カルト信者」ですから。
しむらさとし @shimurasatoshi 2013年11月11日
考えてみれば、衣類って、ほんとやっかいなんですね。年齢性別の違いで必要な衣類の種類って幅があるし、体格・体型の違いもあるうえに、冷え性だと余計に一枚欲しい、とか、細々とした切実な希望もあったりで。
無道入人 (Day-Bee-Toe) @DayBeeToe 2013年11月11日
阪神大震災のとき、南米の某途上国からボールペンが大量に送られてきたのことで学校で配られ、一同苦笑したことがあった。勿論お気持ちは有難いのだが、既に翌日には大阪から生活物資が山と届いていて、家が無事だった私の地域はその辺りは何一つ不自由しなかったのだ(ただし、医療関係はかなり深刻だったようで、死傷者が極度に少なかったと思われる私の地域でも、軽傷者である私は使用済み包帯を没収されるなどということもあった)。困っていたのは水道・ガスなどのライフラインの復旧で、こればかりはどうしようもなかった。
しする @thistle_key 2013年11月11日
E_NxD それに加えて募集外のものが入っていて「これも必要かな?と思って入れました。不要だったら捨ててください」という事も割と多い(震災関連ではないですが、途上国向け支援での実体験)。募集していないものは遠慮じゃなくて本当にノーサンキューなのです…。どうしても送りたい人は「募集されているものだけを」「募集されている期間のみ」「男女子ども向け・サイズ・上下分別された状態で(ビニールに男物・セーター・Mサイズとか)」「使用に耐えうるものだけを」送っていただけるとありがたいなあと思う次第。
地元密着なび新谷貴司(パゴちゃん応援中) @localnavi 2013年11月11日
阪神・淡路大震災の直後から半年ほど、佐川急便の物流センターで半年ほど延々と支援物資の仕分けバイトをしていた頃を思い出した。あの仕分け続けた荷物の何割がここで言われている「ゴミ同然の代物」だったのか考えたくない。
ししゃわさ @sisya_ws 2013年11月11日
議論をしたいだけの人と、現地の状況がどう推移するかを想像して話している人の差に思えた。頭でっかちでは分かり合う事はできない。
みちのく すたいる @michinoku_style 2013年11月11日
当時は被災地の各市町村役場がHPで欲しい物をリストアップしてましたけど、そちらを参照し、役場に問い合わせして送って欲しい。との話しもありましたよね。
はみばさん@しらす丼喰いたい @hummingbirdtako 2013年11月11日
「まだ着れるし、棄てるよりはるかにまし」は実は「捨てたほうがはるかにまし」なわけですね
にのうらさとこヾ(○'∀'○)ノ @ameayunon 2013年11月11日
友人が引っ越しに際し大量の古着をどこかに寄付しようと思いつきましたが、受け付けてくれたのは「アフガニスタンの難民が寒い冬を越す為に必要としている防寒着」を募集していた団体だけだったそうです。でその後間もなくその団体も次々に送られてくる衣類の山に悲鳴を上げ「受け入れ中止」となりました。ご参考まで。
中島純三 @sigihara_subaru 2013年11月11日
一人暮らししていると、たまに実家から服が送られてくるだけで要らないと思うので、「古着が欲しい」とか「古着でも必要」ってのがよくわからん。
倉瀬美都 @clausemitz 2013年11月11日
そういや引っ越しする時に、大量にあった母の古着をご近所におすそ分けしようとしたら、どこの家からも拒否されたことを思い出した。 :-)
sis_sis @sis_sis 2013年11月11日
古着屋さんで売れるぐらいのクオリティならいいんですけど、実際に多いのは「これ、向こう(被災地)で洗えば着ることができるよね」的な感覚で、軽い気持ちで送ってくるものが多いのです。被災直後は洗濯なんて出来ないにもかかわらず。あとは「うちではもういらないけど、向こうでは使えるんじゃないか」的なのも。
たろー @hanpa64 2013年11月11日
輸送への負荷や仕分けの労力に対する想像力がまったくないんだろうけれど、それ以前に、「施しなんだから黙って受け取れ」という態度が透けて見えて、とても不快。
清川ニゴル @Nigoru_K 2013年11月11日
物を運ぶにしても積載出来る上限がある訳で"必要かどうかわからない物"よりも"現地で必須な物"を運べる方が当然被災した方々のためになると思うのです。 "誰かが必要かもしれない"みたいな曖昧な物を送りたくなったらそれと同額の金銭をしかるべき機関に寄付した方がきっと救われる人は多い。
Ishida Brain Dam'd @tbs_i 2013年11月11日
「Aと言うデメリットがある」に対し「Bと言うメリットがある」は反論ではないのだよ。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年11月11日
私は物流の倉庫で働いた経験もあるので、そもそも仕分けが必要なもの、という時点で凄いことになるのは想像できます。という訳で、最強の「お金」以外はほぼ不要ですね。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年11月11日
そもそも、被災地は被災で大量の廃材などが発生しているわけで、さらに、それにゴミを増やすことはないでしょう。(余ったもの→ゴミ、ですからね。)
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年11月11日
そもそも、その不要なものを送る、運送自身も無駄になるわけでしょ。下手すりゃ、それが復旧間もない道路の渋滞引き起こすかもしれんし。(本当に、被災地を襲う、第二の災害ですよね。→ 救援物資。)
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年11月11日
まあ、被災後の直後だけは、現地で必要なものリストがあればいいかな。(物資も有効な場合があるかも。) ただ、現地は大混乱だろうから、そこも含めて、支援地がすべきなんですよ。
宇治金時 @uzikin 2013年11月11日
上記以外で古着は布や糸が劣化したりしてますんで補修が必要になる場合もあります。ところが今、裁縫セットを一から揃えるって中途半端な都会でも結構大変なんですよ・・・ミシンなんか無いし、熱溶着接着剤だってアイロンが無ければ無用の長物です。古着を送られたって仮設住宅状態でも厳しいと思うな。
メジロオナガペンギン @MzOngPeng 2013年11月11日
経験者が語る「輸送&仕分けのコスト・キャパを考えたら、古着は逆に負担になる」という簡潔な話を、何故に理解出来ないのだろうか?
the_spoiler @don_jardine 2013年11月11日
とにかく「供給過剰の方が供給不足よりまし」などという不毛な比較で「教訓」を得た気にならないで、できるだけ現地の需要を確認してから支援するということ。「捨てるくらいなら困っている被災地の人に」という自己都合と思い込みによる「善意」の支援は被災地に新たな負担を生み出すだけだということ。
狭川 雀 @SagawaSuzume 2013年11月11日
「物」ではなく「物資」としてとらえた場合、その品質が明確でなければ、その中にあるすべての品をサンプリングして一番品質が低かったものと同等として扱うとか、考えられる範囲で一番駄目なものとして扱うか、ぐらいしかないんだよな。 だから欠陥品の混入してる可能性がゼロではないにせよ、品質が安定している新品のほうが遙かに安心して使える。 「使えなかったら取り替えればいい」ってのは食品や必需品ではあまりやっちゃいけないことだし。
松本孝行 @outroad 2013年11月11日
当初からこういうのは言われてたからこそ、アマゾンのウィッシュリストを使った必要なもののマッチングなどが生まれたんだと思う。一部の人以外は必要な物を贈ろうと思っている。古着はホームレス支援団体とかが必要としてる場合が多いので、送ってあげて下さい。
たわし @penguaholic 2013年11月11日
パンダの人、いちいち極論だなぁ…物流の概念、ごみ処理という、「生活するにあたっての物理的な問題」がアタマからこぼれ落ちちゃってる模様。
straysheep@腰痛療養中orz @sheepfactry 2013年11月11日
日本赤十字なりが、被災地支援に関して「寄付金=現金」しか受け付けていないのかを考えれば自ずと答えが出るんだけどね。必要な物資は現地で活動してる支援団体や自衛隊の方がよく把握してるだろうしね。
sogapalag(さよならニッポン) @SOGAPALAG 2013年11月11日
古着が迷惑なのは有名な話なのに、まだ送る人がいるんですね。自分の要らないものは、他人も要りません。不必要なものでも何か役に立てたいという(ケチな)心だろうけど、そういう自己満足のために被災者を利用すべきではない。
たっくん(保育園送迎係) @Ttakkuunn 2013年11月11日
震災のとき、現地の役場やボランティアは、パンダみたいな人の相手するのにもエネルギー使ったんだろうな、と震撼。
和田みさき @wada_misaki 2013年11月11日
病原菌云々が理解いただけないのはペストを知らないからだろうなぁ。 原始的な生物兵器としてペスト患者が使った毛布を要塞への補給物資に紛れ込ませるとかもやられたくらいで…
春巻れいじ @KazunePP 2013年11月11日
そもそも業者が持ってくる新品の場合、基本的に倉庫出荷レベルだと寸法ごとにタグ付けされているからそのまま送り出してあとはそのまま現地配分に任せられるんだよなあ。その上で寸法に合わないとかそういう悲劇はあるかもしれないが。
春巻れいじ @KazunePP 2013年11月11日
そしてパンダの人から漂ってくる「服に身体を合わせろ」感。
Friendboy42 @Friendboy42 2013年11月11日
このまとめを見ると思い出すのが、「悪人より善人の方がよほど扱いに困る」ですね
とんねる海峡 @SunnyOfEngy 2013年11月11日
誰かの役に立ちたい!という善意を届けるにも、正しい知識と判断が必要だよ…みたいなやさしいアナウンスではなく「古着を送るのは害悪」くらいの強い言葉を使わないと定着しない気がする
ペパーミント @pepper_mint_pat 2013年11月11日
結局、1番役立つのはお金。それはみんな分かってるんだけど、義援金や募金がどう使われるかがブラックボックスな為、各々が必要と思う物資を送ってるじゃないかな?
瑞樹 @mizuki_windlow 2013年11月11日
そのうち「合わなくても、ぼろぼろでもぞうきんとして使えば良い。掃除をするところはたくさんあるだろう!!」とか言い出しそうね
BUFF @geishawaltz 2013年11月11日
MOTTAINAIもいいけど、要らなくなって場所ふさぎになったら自分できちっと捨てなよ、援助を口実に他人に押し付けて良心の呵責を逃れようとするなよって話だよなぁ。断捨離だいじ。
nekosencho @Neko_Sencho 2013年11月11日
ぐだぐだ言ってるより、現地の需給をまとめて援助物資関連の窓口を一本化できるようにすればいいんじゃねえの? 初期の数日を除けば今の技術ならなんとかなるでしょ。
杢丸 @mokumaru_NOP 2013年11月11日
善意は(本人の)ブレーキが利かず暴走しやすいくせに、他人からは止めにくいですからねぇ
くすき @kusuki_xx 2013年11月11日
義援金がどう使われているのか、実際に届くのか?という不安が「物資を送る」になるんでしょうけど、そう思うなら自分の活動理念に合う団体に活動費として寄付するという手もある。ただ震災後に義援金を集める詐欺行為も横行したし、善意をどうしても届けたいという人に人にしてみたら「じゃあ直接送るしかないじゃないか!」って結論に走ったんだろうなと想像はできる。 ただ単にTVなどの発送の注意のアナウンスを聞いていないって場合もあるけどね…
子ぬこ @konukopet 2013年11月11日
体験者の生の声って貴重だよな 真摯に耳を傾けないと
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2013年11月11日
なんにしろ直接被災地現場に送るのが悪いんじゃね?国なりボランティアなりが別の場所で被災地からはなれた場所で集積所を作って選り分けするなりすりゃいいじゃん、って理屈を考えて遊ぶ。余ったらリサイクルなり廃棄なりをそこですりゃいいんだから。
宮本 啓子 @mymtkiko 2013年11月11日
日本ではモノよりカネだよね。とりあえずカネがあればモノは買える。モノがない途上国には古着(洗濯済み・キレイなもの)がOKな場合もあるだろう
KissuiJP @KissuiJP 2013年11月11日
救援物資を受け取る側、仕分ける側の手間を考えればトラックに積んであるものが同種のものであることが望ましい。例えば飲料なら飲料、食品なら食品、衣料品なら衣料品。今はメーカーや大手小売(イオンやユニクロ等)が、災害時に大口で提供してくれたりする。災害時に求められるのは多品種少量ではなく、少品種大量なので、新品と中古という考えでいけば、おのずと同種を大量に揃えられる新品のほうが良いという話になる。
水牛・sui @suigyu703 2013年11月11日
独りよがりの善意って悪意より悪い気がする。
timmy @timmy_pigs 2013年11月11日
どうしても被災地に古着を送りたいの!というパンダさんのような方はこちらに送っては。http://sanriku.keizai.biz/headline/235/ 被災地が送られたものを処理できる状態にまで戻っていれば引き取るところもゼロではない。
ちんぽよしよしリベラル @Ponkom 2013年11月11日
すべてについて検品+50着100着ぐらいの単位で種類別/サイズ別でまとめたものを送るぐらいのことをなさるなら、古着の送付も「善意」になるんじゃないでしょうか。それができないなら、「子供がほしい」っていう女性にザーメンティッシュ送るようなもの。
まどちん● @madscient 2013年11月11日
善意が相手の不利益になることが理解できないなら、「一方的な善意が本人の不利益に繋がる仕組み」を作るしかないのではないか。
いとうけい@伊藤馨 @xink21 2013年11月11日
被災地近辺で起きたことで、支援物資を大量にゲットして、それを少し離れた古着屋に買い取ってもらっていたという事例もあったりする。何もかもが善意というわけにはいかないよね。送る側受け取る側の良心基準ってのも危険よね。と思った。
たわし @penguaholic 2013年11月11日
mymtkiko それも誤解を招くかと…。途上国支援で衣料品などを送っている団体も、一度団体が取りまとめてクリーニングと仕分けをしたうえで送っていますし、海外で起きた災害に関しても古着そのままはNGだった記憶があります
眠る羊 @sleep_sheep2010 2013年11月11日
企業が大量に仕分け済みの新品を支援してることも多いので、ニュースでそういう企業活動の報道があれば、該当企業の製品を積極的に購入したりするのもまた、間接的な支援になるかも知れない。
デスヘル社長 @Pres_D 2013年11月11日
状況次第で必要性が生じるものや見方次第で活かせるものがあるのは間違ってはいないとは思うけども、それを実際に考えたり使ったりするのは受け取る側だという事を忘れてませんかね
鹿 @a_hind 2013年11月11日
優先度は時間、効率性、コスト。 それより上位に支援者の自己満足とか善意が来ることはない。 法人・団体からの均一・大量の新品工場発送>越えられない壁>個人の新品寄付>>>個人の中古品 仕分け時間を金で買えるなら安い話。
デスヘル社長 @Pres_D 2013年11月11日
善意で行動するのはご立派だとは思うけど、それで独りよがりになってしまっては意味がないわけで。善意があることとその行動の是非は話が別でしょう というかそれ以前になぜ被災地の経験者の話を未経験者がそれはおかしいと理屈の押し付けをするのか
reesia @reesia_T 2013年11月11日
もうめんどくさいから機織り機と糸を送ればいいよ。その場で作れば間違いなく新品だし、その場で採寸すればサイズが合わないなんてこともないし、デザイン等にケチを付ける被災者様も納得の一品も作れる。やることのない避難生活に彩りを添えられるぞ。
KissuiJP @KissuiJP 2013年11月11日
France_syoin 同様のことは企業が先んじてやっていますね。東日本大震災においては、仙台が被害を受けたため、北関東や北陸、東北の日本海側など近隣県の拠点に救援物資を集約し、送り込んでいましたよ。これが自治体レベルでできると、更に支援の幅が広がりますね。
kartis56 @kartis56 2013年11月11日
受け取った側の人が要らないと言ってるのに、いやあっても困らないはずだ、とかいわれてもなぁ
pkill -f '東風谷さずりん' @Xatz 2013年11月11日
「手洗い」だの「お湯洗い禁止」だの「乾燥機禁止」だのいろいろ面倒なのが紛れ込むだけで迷惑だから規格品トラック一台分まとめ買いしたほうが正直安いと思うんだが
hanaito @hanaito 2013年11月11日
そんなに古着で支援したければ、自分が無償の古着で生活して 浮いたお金を定期的に募金基金として貯めておけばどうかな
枢斬暗屯子@30日西L04b @suuzanantonko 2013年11月11日
阪神大震災以降何度も繰り返された話を机上論で蒸し返す手合いは、一体何がやりたいのだろうか?何をすればいいかわからない時は、「何もしない」という選択肢もあるのだが。
さとい(っ'-')╮=͟͟͞͞⚾️ @satoi35 2013年11月11日
娘が中学の活動で授業が始まるまでの間、衣類の仕分けをやったんだが、毎日、汚れ判別係、女性用男性用を分ける係、冬物夏物分ける係、サイズを分ける係、と4班に分かれて作業してたが、やっぱり仕分けする場所が足りなくて大変だった言ってたな。
巧克力 @d_deridex 2013年11月11日
本当に古着も役に立つと思うなら多数の様々なサイズ、年齢の被災者に対してそれぞれに対して安全で着れるサイズのものをサイズ、性別、安全性がバラバラの大量の山積みの古着の中から即座に選択して取り出せるシステムを開発したらいんでないかねぇw ボトルネックに人員を大量投入ってw 中古送らなければそのリソースを他に使えるだろ。
とおこ@祈念💘マクFライブ @schneien 2013年11月11日
東日本大震災のレベルでも国内から新品の衣料品が一切なくなるなんてことはないわけで。支援の形を、「自分の古着を送る」から「衣料品メーカー等に支援物資を送る予定はあるか?それに対する寄付を集めてはいないか?を問い合わせてそちらの支援に乗っかる」に替える方がよほど合理的なのではないですかね?
たわし @penguaholic 2013年11月11日
reesia_T ボランティア自体は善意であって強制ではないので、面倒くさいなら、参加しなくてもいいんです。誰も責めたりはしないと思いますよー
ぱしゅ @h15sr 2013年11月11日
この間読んでなるほどと思ったブログ→ 「被災者がボランティアをレイプ」なんて事件を起こさないために~被災者への同情と勘違い」 http://kasakoblog.exblog.jp/14996010/ 被災者は元の生活に少しでも近づきたいだろうけど、恵んで欲しい訳じゃないからねえ。
Aprildiamond(坂山) @Poker_April 2013年11月11日
衣類は①かさばるし ②人によってサイズを合わせる必要がある=仕分けが必要だし ③そこまで大量にはいらないので 被災地の必要性は低いですよね そして同時に一般家庭にはタンスの奥底に古着が大抵あるので、結果善意の需要と供給のアンバランスが生じてしまう…
頓服 @alchmistonpuku 2013年11月11日
瓦礫で堤防つくって木植えたら万々歳!っていう話と同根な感じがする、善意の暴走による被災地の不利益。それなのに、「お前らの手際が悪いんだろ」みたいなご意見。善意こわいちょうこわい
朝宮ひとみ @HitomiDaisybell 2013年11月11日
(・ω・)防災の本にあった、古着の中にちょっと綺麗なやつやおしゃれなのがあるとそれを取り合いになって、誰かが「こんなときに私達は何やってるんだろう」といったらみんな我に返るって言う話を思い出した。故人で送るより、企業とか大きな団体に協力してもらって新品で同じもの(のサイズ違い)がサイズごとにまとまって届くようにするのが一番だと思った。
社長 @rafcocc 2013年11月11日
震災直後にニュースで流れた映像の中に、避難所の片隅に古着や古靴が2畳分ほどの山になっている中から、避難者が合いそうなものを選び出して身につけている光景があったんですよね。それがテレビの前にいる人にイメージ出来る限界なんだと思う。報道ももっと現状を伝えるべきですね。
そら豆 @solamame_k 2013年11月11日
善行ではないと徹底的に周知させないとだめだね。
たけ爺 @take_ji 2013年11月11日
最後に「必要な物」であればいいので、集める時点で「必要な物」である必要はない。「金」で送って被災地発送段階で「必要な物」になればいい。一番流動性が高いものは「金銭」という貨幣経済の原則を知らないのかな?
アザラシ@毒 @AzaraSeals 2013年11月11日
どーもこのパンダ、他人の立場を考える気がない、モンスターやストーカー化するタイプだなこら…
たけ爺 @take_ji 2013年11月11日
timmy_pigs ならば「個別オーダーにあわせて新規手配・集荷・発送」すればいい。一方、古着の場合「集荷・保管・各古着の在庫リスト作成・個別オーダーにあうマッチング・発送」作業工程が増えて無駄が多い。
鉄槌 @tettswi 2013年11月11日
@Ncky_D_Mgjrvってどこまでも他人事だな。救援物資を運ぶ、仕分ける、分配する、諸々のロジスティクスを誰かが「円滑に」やってくれることを前提にしている。自分が被災したら古着いらね千羽鶴じゃま金よこせに変貌すること間違い無し。
殻付牡蠣 @rareboiled 2013年11月11日
パンダの人が何考えているんだろうかっていうことも考えられたらもっといいんじゃないの。 パンダの人も何も人の迷惑になることを積極的にしたいわけで言ってるようにはみえんし、もったいないから中古の服でも何か使えるんじゃないのかっていう疑問でツイートしてるとらえられるんだけど。 そういう人が被災者に効率的に援助できる教育できたらいいんだし、頭ごなしにあんたは何も知らないっていうのも一方的でなんかやな感じだね。
たけ爺 @take_ji 2013年11月11日
「古着だって活用できる、発想側の問題」より「古着を売って、金を送れ。卸や生産者から直接安く安全な衣服を購入して送付するから」で済む問題。なぜ「自分の古着を送ればいい」なのか?「自分の古着を売って金にして送ればいい」じゃないのか?
Ar @argon2018 2013年11月11日
被災者の便益を最優先できないならなにもしないほうがマシだよ。善意が害を生むこともあるんだ
鉄槌 @tettswi 2013年11月11日
「大体仕分け人が大変な事位、想像力あれば直ぐ分かるっての。そこに人員を大量投入出来ていない、色々効率化してない(ボトルネック)だから、仕分けが滞るだろって皆と同じ事を発展させて言っているのに、何故か理解されなかったなー」だってさ、このパンダ。リスクマネジメントを理解していない奴に言われてもなー。「効率化」なんて非常時には容易く破綻するのを2年半前に見なかったのか?
鹿 @a_hind 2013年11月11日
既に着地点が決まっていて、そこに持ってくために屁理屈捏ねるのはは議論とは言わない。 相手の話を聞いて咀嚼しないのは対話とは言わない。(´・ω・`) 無限に時間があって時差なく無限に送れて無限に収納出来、検品から仕分け収納、マッチングまで自動化された被災地の話でもしてるのだろう。 そんなんあるわけないけど。
timmy @timmy_pigs 2013年11月11日
take_ji 私の言ってることは「被災地に古着を送らないようにしよう」が前提です(上の方のオレンジの過去のコメント参照)。しかし実際仕分けをしていた経験から言えるのは、送らないでといっても送ってくる人がいて、引き取り手のない古着もたくさん出てくるということです。それらを有効活用すべくリンクしたような裂き織りその他いろいろな知恵が出され活動が行われていています。
殻付牡蠣 @rareboiled 2013年11月11日
tettswi被災してない人間はなんも解らんよ。解ってないやつのほうがわかってるやつよりおおいんだよ。その解ってない奴が被災者に効率的に援助できるシステムが作られるのが理想だけど、そういうのはなかなか難しいし。ならば教育すればいいんじゃないのか?一方的に善意の押しつけって切り捨てるのは、おごりだよね。
timmy @timmy_pigs 2013年11月11日
個別オーダーに合わせてアマゾンのウィッシュリストを、という意見が多いのですが、地元の経済のためにはそれも好ましいとも言い切れず(一部モラルが狂う人もいるし)そのへんも難しく、上の方のオレンジのコメントで言いました。
Tz @Tzweet 2013年11月11日
えーっと、ロジスティクスを効率化することは、ある業界では「革命」と呼ばれるほどの現象で、アマゾンとかセブンイレブンとかブックオフは、そのあたりを整えたのがかなりの勝因だったわけよね。
Tz @Tzweet 2013年11月11日
で、ロジスティクスの効率化をするために何が必要って、やっぱりある程度の定式化が必要で、それが災害の場合、安定しないよね。災害ごとの特殊性があるわけだから。例えば離島への支援と都会への支援が同じ訳がないと思うの。
殻付牡蠣 @rareboiled 2013年11月11日
思ったのが、目立つ被災地の悩みに思えないこともないんだよね。当然目立つから物資集中するからね。 ド田舎で、小規模災害で孤立する実家出身の身としては、やっぱり目立つとこしか考えてないんだなという印象を受ける。 効率で考えたら小規模災害でド田舎なんて見捨てられるのは仕方ないと思うけど。
timmy @timmy_pigs 2013年11月11日
311の物資の仕分け@岩手 http://www.youtube.com/watch?v=1aFxEeIUIRo 分けても分けても終わらないというのが経験していない人に伝わるかしら。
鹿 @a_hind 2013年11月11日
散発的に古着送っても最も必要な時期には被災者の元には届きそうにないのに支払うコストが無駄。なら送る意味ないよね。 それでも古着必要(´・ω・`)? と言うか古着死蔵してる人はさっさと処分してお金にでも雑巾にでも換えるたらよい。 募金するなり後々被災地の物買うなりした方がよほど建設的。
Tz @Tzweet 2013年11月11日
じゃあどうするかっていうのはかなり答えに窮する話なんだけどねー。どうせ送ってくるし。うーん、とりあえず古着が届いたその瞬間から、大手服飾企業が、同じ重さの仕分けされた衣服と交換するの。だめ?
Tz @Tzweet 2013年11月11日
これなら取りあえず、「布」を判別するだけで何とかなるのでは?
殻付牡蠣 @rareboiled 2013年11月11日
Tzweet そういうのを織り込まないと駄目でしょうね。言ってもわからない人間は居るんだから、居るのを前提にそれをプラスに持ってく法を考える方が効率的とおもえます。
Tz @Tzweet 2013年11月11日
rareboiled ただ、ロジスティクス的な考えも同時普及したいですよね。せめて、同じ箱に複数の種類のものを入れるな、とか。
Tz @Tzweet 2013年11月11日
せめて荷物全部が古着だとわかっていれば、被災地外の倉庫へインターセプトして重さ情報を企業に送ればいいだけだもんね。まぜこぜだとそれもままならん。
文フリ東京サ-44[暮亭]壱岐津 礼@お茶菓子魁!! @ochagashidouzo 2013年11月11日
阪神淡路の頃でも一番のお見舞いは現ナマでしたよ。身も蓋もないですけどね。ボラが入れる状況時には既にプロがすべきことしてますので、足りない分は自治体なり個人なりで購入してもらった方が良いのです。
殻付牡蠣 @rareboiled 2013年11月11日
Tzweet 普段の政府広報(AC)とかで流せば安上がりの教育になると思います。個人が援助するならどうすれば効率的かっていうのを。災害大国なんですからそういう教育を体育の時間や家庭科の時間に組み入れればいいんでしょうけど。
neologcutter @neologcuter 2013年11月11日
古着を一方的に送り付けるより、安否確認も兼ねて一度希望を聞いてから個別に配送したほうがまだいいんでないの。
あーる・ヤマモト @aaru_yamamoto 2013年11月11日
ただ、コメントでも触れている人がいるけど、現ナマはどこまで行っても「詐欺」「中間搾取」等の問題から逃れられないからねえ。その点、現物(古着)なら基本的に提供者側が想定しない使い方はされにくい。
あーる・ヤマモト @aaru_yamamoto 2013年11月11日
今回の問題とは直接関係ないけど、ナマポ問題で「現物支給しろ」という意見も根は同じ。自分たちが考える使い道以外に流用することは許したくない、と。
そら豆 @solamame_k 2013年11月11日
現金は全額被災者に届かないかもと心配する人と無駄なコストを強いる物資を送り付ける人が同一というのがもの凄くバカバカしいよね。生活保護の現物支給も同じだけど、そういう人って明日は我が身やお互い様じゃなく施してやってるという意識が強いんだろうか。
Sひろし @1970er 2013年11月11日
パンダの人は、善意で古着送ったから役に立たなかったとは思いたくないのかもね。これに懲りず、次はより人の役立つ形で善意を示してくれればいいけど。
にのうらさとこヾ(○'∀'○)ノ @ameayunon 2013年11月11日
しかしまー、このまとめを読むと、世の中にはそんなにも不要な古着に囲まれて生活している人がいるのかとわかって勇気を貰えるね。片付かないのはウチだけじゃないんだ。(´・ω・`)
にゃーん @haruka_nyaa 2013年11月11日
古着であろうと,新品の衣類であろうと,個人からばらばらに物資を送られてしまうと,仕分けて頒布・保管するために労力をとられてしまうの。仕分ける側も被災しているし,ほかにも優先してやらないといけないことはあるのに,そればかりにコストかけられないから。新品ならいいって話でもないのよね。
ǝunsʇo ıɯnɟɐsɐɯ @otsune 2013年11月11日
よくわかったのは「中古でも必要」なんて瞬間は地震直後だとしても全く存在しないから、今後支援する人に向けて「絶対に中古の衣料品を送るな。負担に成る」といえばOkということだな。
鹿 @a_hind 2013年11月11日
勿体無いから古着を送ろう、って思う人は自分でも要らない、二度と着ないと思うものを送りつけて本当に喜ばれるのか考えたらいい。 そして本当に勿体無いのはそんなものを家に仕舞って日頃思い出しもしない自分達だということを。
ぬんさん(クラフトパーソン) @Morosann 2013年11月11日
「まだ着れる」なら自分が着れば良い。
火吹達磨(愛喫豆腐) @zouroku_41yo 2013年11月11日
まさか、今回のフィリピン被災地に日本の防寒着の古着を送ったりしませんよね...。「貧民に施してやってるんだぞ」みたいな態度を取りませんよね。かといって、リサイクルブティックで売れるような物だと業者が横流しするし。
げそぱん @gespannt_ 2013年11月11日
TPL(サードパーティーロジスティクス)のノウハウを生かせば、もう少し上手に分配できると思うんだけどね。ここ見ると感情論どまりのようだけど。
南山まさかず @minamiyama1994 2013年11月11日
「放射能危険!!!!!フクシマ危険!!!!!ほら危険でしょ!!!!!違うの!?!?!?!?!?」と言って「いやあのそんなに危険アピールされたほうが危険なんですけど」という被災地の声を無視する放射脳の人たちと似てる気がする
南山まさかず @minamiyama1994 2013年11月11日
.@Ncky_D_Mgjrv氏はとりあえず「生の声」を無視している時点で援助する資格ないんじゃないかな(小並感)
KissuiJP @KissuiJP 2013年11月11日
勘違いしている人が多いんだけど、古着そのものが悪いわけではないです。新品であっても送られてくるものが少量で品種が混載だと、同様に仕分ける手間が増えます。仕分けるというのは、ダンボールを開けて、赤ちゃん、子ども、大人、男性、女性、衣類の種類、サイズ、季節等に分けるということ。この区分が増えるとそれだけスペースも必要になります。これが古着とくらべて新品だと判別がつきやすく、仕分けもしやすいという話です。
KissuiJP @KissuiJP 2013年11月11日
また、避難所に物資を持って行く時もそれなりに数が揃っている必要があります。新品はメーカーや小売が提供することで同品種を大量に揃えやすく、逆に古着は個人が提供することが多いので同品種を大量に揃えるには少量を仕分ける必要があり手間がかかってしまうことがネック。仮に古着であっても、清潔な状態が前提ですが発送元が量をまとめて、仕分けが不要な状態に分けておけば、それはそれで有り。ただ、古着でそこまでの状況が作れるのは稀なので、新品で通したほうが話も意識も統一しやすいという事です。
KissuiJP @KissuiJP 2013年11月11日
問題は仕分けられなかった箱がどんどん山積みになり、唯でさえ狭いスペースを日に日に圧迫し続け、しまいには何がどこにあるか分からなくなったり、飲料や食品を受け入れたり仕分けるスペースすら無くなっていく事。重要なのは必要な物を必要な時に必要な分だけ迅速に被災者に届けられる仕組みであり、災害下なので優先されるのは細かな品質ではないのです。その仕組みは新品だと整えやすく、古着だと整えづらいという事です。
たわし @penguaholic 2013年11月11日
パンダの人、結局、ご自身の節は曲げないままのご様子で、ボトルネックの意味が分かってないとか言ってて、ちょっと面白いw
たわし @penguaholic 2013年11月11日
災害発生後、いつの時点でどんな支援が必要で、その支援は災害現場がどのような状態の時には実現できそうか、というのが分かっていないんだろうな…。ボトルネックが解消できるほどのボランティアの人手を送り込める時点というのは、古着はもう「さすがにちょっとこれは…」というタイミングなわけで
たわし @penguaholic 2013年11月11日
そりゃ本震発生直後2、3日の時なら古着でもありがたいというシチュエーションだって無きにしも非ずかもしれないけど…そんな時期にはボランティアも入れないしね
たわし @penguaholic 2013年11月11日
理念だけが先走ってて、「場所の概念」と「時間軸の概念」がない。なんか、机上の理想論のまま、大勢の人に否定されすぎて凝り固まってしまったという感じだろうか。不特定多数から否定され続けるというのは、twitter議論の良くないとこでもあるんだけど…
Inetgate Writer @Inetgate 2013年11月11日
Ncky_D_Mgjrv って、致命的なまでにコストの概念がないのだなあ。ひょっとして人件費はタダだと思ってるんじゃね?
Acewell(アーシェル) @Acewell_ren 2013年11月11日
暴走して人に迷惑かけた結果自覚したのだけれども。 ボクはネガティブ過ぎたのだろうと思った。 「システム構築しても反故にする奴が大半なのだから元を絶て」 病原菌を例も上げたのも「何かしら問題あるかもしれんやん?」を無理矢理被害が大きいのを探してたんじゃないかと今になっては思う。 新品信者である事はかわらないのだけれど。
まぼさん @mabo_san 2013年11月11日
まずは通常時にでも、自分が与えたいと思う物を欲しいと思っている人を見つけてみれば、それがどれだけ難しい事か気付くと思います。それが非常時では更に難しいですし、そういう人が居る筈だと思うなら、自分で見つけて直接渡しに行けば良いと思います。自分でやろうともしない事を出来る筈だと言い張っても、誰も聞く耳持たないのを理解出来ないって、困った者ですね。
たわし @penguaholic 2013年11月11日
うーん。パンダの人ご本人と話すのも面倒くさそうだし今更だしで、ヲチぽくなっちゃうからアレなんだけど…「モノ余り時代のボランティア」とか言い出してるぞorz 問題の本質はそこじゃないと思うんだけどな…
Totemo512 @Totemo512 2013年11月11日
micky__s お気持ちは分かるのですが、「善意がなくても困った人の支援につながる仕組みを考えようぜ!」という議論に導く為には、双方の相手への(心を含めた)想像が必要なのでは感じられました‥
Totemo512 @Totemo512 2013年11月11日
micky__s 「第二の災害」や、#被災地いらなかった物リスト という表現やリストは、双方の想像力(もしくは思いやり)の無さを増幅させて、余り良い結果を産みだせないのではないかと感じてしまいました‥失礼しました‥
s_doi @s_do_i 2013年11月11日
昔々、「報道ステーション」の前番組「ニュースステーション」のさらに以前に「久米宏のTVスクランブル」というニュース番組があった。そこで放映当時に大規模災害に遭った人口が1000人未満の村に日本全国から「善意」で送られた救援物資について取り上げていました。
s_doi @s_do_i 2013年11月11日
(続き)そのほとんどが「古着」「古着」(大事なことなんで2回言いました)。村民一人当たり何箱かは記憶にないですが、タンボール箱が人の背を遥かに越えて積みあがるくらい。余りの量の膨大さに選別もできず、「善意の贈り物」のため一括廃棄もできず途方にくれる村民の声を紹介していました。あれから30.年以上たっても、全く同じ問題が繰り返されているんですね。いいかげん学習しましょうよ。
社長 @rafcocc 2013年11月11日
「救援物資を仕分けるすんごい仕組み」もどこかの先生に考えてもらえばいいんじゃないかな。(*゚▽゚*)
iga9984 @iga9984 2013年11月11日
さて、今まさにTVで台風被害にあったタクロバンの被災者が「古着の一着でもいいから欲しい」と言ってるわけだが、これに触発されて…送る奴が居るんだろうな。そしてあらゆるところに負担をかけつつ、レイテに着くころには不要になっているという。東北だろうがレイテだろうが「いらないものはいらない」のは一緒。
iga9984 @iga9984 2013年11月11日
「自分が要らなくても誰かが必要とするかも」、そう考える人は物々交換がなぜお金に取って代わられたかを調べたほうがいい。あとはココを読んで「善意は時に悪意よりも迷惑である」ということを学ぶべき。
ケイ @qquq3gf9k 2013年11月11日
極端な例だが、誰かの履いた褌とか送られてきたらどんな思いが籠められてても嫌がらせだとは思うけどね。
和実 @kazumimm 2013年11月12日
でも、非常時の直後に服が必要になる時もあるわけだから、フレキシブルな服の備蓄だったり、各自コンパクトな服を持つとか、何もないときにやっておいてもいいかもと思った。「そこに服はある」なら誰も送らないわけだし。
うてん。 @uten00 2013年11月12日
システム化された大型倉庫の仕分け梱包作業ですらものすごい手間なのに、体育館のような仮設置き場から山積みの種類サイズばらばらの箱を仕分けして再配分する手間って想像を絶するよね。
玉藻さん@地球 @Roseate_Rosy 2013年11月12日
「あなたにとってにきれいな古着は他人にとっては汚れたゴミかもしれません」ということ。理解すべき。 自分の「片付いた部屋」は他人にとっては「掃除や整理をしてない汚れた部屋」である可能性も高いし(⊃Д`)  
kano @sept_mdr 2013年11月12日
少しは必要だけど沢山はいらないのが古着と使用感のあるタオルだな…というのが福島市で4ヶ月程毎日仕分けしてみての感想です。勿論場所によるとは思いますが、ありがたいことに「ないよりはマシ」と判断されたもののみを得て生活しなくてはいけない期間というのは多分それほど長くないので、その辺考えて頂けたらなと。
ざの人 @zairo21 2013年11月12日
そういえば ガイアの夜明けで 震災の困った物資として、 古着でしかも ふんどし を送ってきた人がいたそうな。 どうしろと? つまり善意を装って古着を処理している人もいるってことだわな。
たかぎ @tkghs 2013年11月12日
「いらなかった」にも(1)「需要が0だった」(2)「供給過多だった」(3)「仕分けが大変だった」があると思う。(3)だけならボトルネックって話だけど、(2)でもあったって話なんだろう。でも(1)ではなかったのなら、「いらなかった」というのはちょっと言い過ぎな感じする。
猫弥ゆきじ @Nekoya_Yukiji 2013年11月12日
善意ってたぶん、善いことを全力ですることじゃなくて、相手のためになることのみを徹底的に追求することなんじゃないかって思う。
たけ爺 @take_ji 2013年11月12日
tkghs(2)の段階で「供給過多を処理するため(処分するため)」には『余計な労力が浪費される』から止めて、という事でしょ。無駄な事にリソース取られて本筋の被災者支援の足を引っ張るようじゃ意味が無い。なら「無い方がマシ」になる。
たけ爺 @take_ji 2013年11月12日
zouroku_41yo 『心の支えのために千羽鶴を送ろう』と言い出す奴が出てくる、という最悪な予想がすでにできているのだが……
たわし @penguaholic 2013年11月12日
tkghs (1)の需要がゼロだった、というのも極端なのでは?「古着ですらありがたいという時期はあった、が、届いた時にはすでに需要がゼロだった」と考えれば、決して言い過ぎではないということが理解いただけるでしょうか
たわし @penguaholic 2013年11月12日
gespannt_ 3PL自体、日本でもようやく導入が本格化されてきたところですから、これからの取り組みが大切なのでしょうね。大手流通・小売企業と行政が協力しあったりできると良いのでしょうか。
脱臼 @pratula_twi 2013年11月12日
マジレスすると、支援物資が届き過ぎて、被災者が暮らす場所無かったんだよね。支援物資って屋根の下で保管しなきゃいけないから。 実は仮設住宅が足りなかった原因がこれだったり _
たかぎ @tkghs 2013年11月12日
take_ji 供給過多なら仮に処分のコストが0だとしても「これ以上いらない」ってことになるし、コストがかかればもちろん仰るとおり「無い方がマシ」です。
たかぎ @tkghs 2013年11月12日
penguaholic はい。(1)ではなかっただろうという趣旨です。届いたときに需要が0だったというのは(2)ですね。
たかぎ @tkghs 2013年11月12日
tkghs 書き方がまずかったけど、例えば米を消費する人が全くいなければ「米はいらない」ですけど、米が消費される以上に生産され供給過多だからって「米はいらない」って言うのはちょっとよくないでしょっていうような話でした。
たわし @penguaholic 2013年11月12日
tkghs そのお米の例えだと「被災地で古着が不要だって?! じゃあ古着屋は全部廃業しろ!」っていう感じになっちゃいませんかね…w さすがにそこまでの極論で誤解をしちゃう人だったらお話にならなすぎるのではないかと
風祭司 @whoxi4 2013年11月12日
被災自治体のHPに必要な支援物資が書いてあるケースがあったが、HPですらリアルタイム更新ではないので、『送付前にお問い合わせください』なんだよな。
風祭司 @whoxi4 2013年11月12日
例えば新品タオル。大量に人数分欲しいとHPに告知するも、数時間後にタオル業者とか旅館とかから新品タオルを送る話が決定し、話聞いてからロゴ入りを大量に作った奴は行き場を無くし、被災支援物資ではなく医療介護施設への寄付に廻った実例がある
たかぎ @tkghs 2013年11月12日
penguaholic 「いらなかった」と言われてる送られた物資って一切「全くいらなかった」ものばかりだったんですかね? もちろん「これ以上いらない」ものだったんでしょうけど、一部のコメントは「全くいらなかった」かのように叩いてるように見えるし、少しは役立ったものもあったのなら、それはどうかなって感じなんですが。
たわし @penguaholic 2013年11月12日
tkghs 極論を言って叩いている人は、どっちの極であれ、どうしようもないと思います。
たわし @penguaholic 2013年11月12日
tkghs 今回の地震は、被災された人の数はもちろん、被災地のエリアが何百kmの範囲におよんでいます。公に確認されている避難所だけでも2千か所あったわけです。被災範囲(阪神の6~10倍)の場所に、避難所が2倍強しかなかった。これらの場所に「日本中から押し寄せる「少しは役立つこともあるかもしれないから…」という善意が大量に送りつけられることを考えれば、現実の解決方法としては、仕分けしていない中古品などは禁止してよいぐらいだと思います。
たわし @penguaholic 2013年11月12日
狭ーいコンビニのお店に、仕分けされてない商品がいつもの何十倍も届いたら、お店の人がさぞ困るだろうし、棚に並べられてない消費期限もあいまいな食べ物を人に分けるわけにいかないよ、っていうたとえだと分かりやすいかな…
sis_sis @sis_sis 2013年11月12日
「私の善意なんだからノークレーム&ノーリターンで!!」という、善意の押し売りをしたい人には現地の状況ってなかなか見えないんですよね。
たかぎ @tkghs 2013年11月12日
penguaholic そうですね。ところで、なんかぼくの主張誤解してません? 元の人は(2)ではないと思ってるみたいだけど、ぼくは(2)だろうって最初に書いてるし、元の人のような主張してるわけじゃないですよ。(まあいいけど一応)
ぱーしもん @tkhsdesu 2013年11月12日
体の怪我と同じで、最初は血を止める血小板から段々と細胞の材料になる栄養へとなっていくように状況に拠りけりでしょう。広範囲の怪我ならそれぞれ状況も異なっていく訳だし。
ぱーしもん @tkhsdesu 2013年11月12日
支援ノウハウの蓄積=怪我に強い体になるようなものなので、冷静に分析を進めたいと思うし進めていって欲しいと思う。血の流れる部分に老廃物は流れるかもしれないけど、それを必要としていた所(価値観は人それぞれ)から流れでたかもしれないし中々一概には言えない。
山之上すみれ(だらだらの実の能力者) @viola_japonica 2013年11月12日
パンダの人は熊森と同類な感性だな。しっかしどうしてこうも頑固なんだろ。
地元密着なび新谷貴司(パゴちゃん応援中) @localnavi 2013年11月12日
とんでもない量の支援物資が積み上がっていたり、使い物になるものと実質ゴミとの仕分けにとてつもない手間がかかっている動画というのはないものだろうか? そういうのがあれば、直感的に「単に支援物資を送ればいいってモンじゃない」というのが腑に落ちる人が増えそうなものだけど。
たいしょう @taisho__ 2013年11月12日
だから、自分でニーズある人を捜して持っていくなら好きにしていいんだけど、効率最優先でやらないと人が死ぬ現場で、ボトルネックの存在が問題なんだよ、送る人は悪くないといい出す人は災害支援にむいてないのじゃよ。
たけ爺 @take_ji 2013年11月12日
tkghs 確かに「まったくいらない」じゃなく「ほとんど不要」と言えるのかもしれないが、結局、「より優先度の高い物が届かなくなる」以上、きっぱり「不要」といわれても仕方ないレベル、というのがこの話。
たけ爺 @take_ji 2013年11月12日
take_ji 「もしかしたらいるかも?」レベルの話でなく、より「確実にいる」モノを支援して欲しい。「古着」があるというなら、換金してより確実な「金銭」で支援してくれ、という話。
たけ爺 @take_ji 2013年11月12日
take_ji 「なんでそんな手間隙を送る側がやらなきゃいけないんだ、それぐらい被災者側や担当の支援ボランティアがやればいいだろ」というなら、そんな善意は邪魔、いらない、という話。
たわし @penguaholic 2013年11月12日
古着を古着屋さんが買い取って、そのお金で衣料メーカーから新品が送られる、みたいな仕組みを付くってもいいかもしれない。何としてでも古着や古物を寄付したいっていうならw
2hooo! @2hooo 2013年11月12日
資源ごみに出せば古着やウェスとして有効利用されるんだから、古着は資源ごみに出そうや。「着れるのに勿体無い。そうだ被災地に贈ろう!」な感じなんだろうが、目先生きることで精一杯な被災地に勿体無いの押し売りしたらだめだよ。311だろうがこれから起きる天災の被災地であろうが同じこと。
夢見月水龍 (表) |*´︶`*)╯♡冬コミ受かりました @kuronekoya_y 2013年11月12日
もうそんなに古着を送りたいのならサイズ、色、長袖か半袖か、薄いか暑いか、女物か男物か、布地の種類とか事細かにリストアップしておいて「こうこうこういう衣類が至急必要なんです!」っていわれたときに即座に出せるように送る側も日頃から準備しておけばいいじゃないの?そうすれば双方のマッチングうまくいくように思う。いかに現地で無駄な労力を使わせない事ができるかで初めて支援なきがする。
夢見月水龍 (表) |*´︶`*)╯♡冬コミ受かりました @kuronekoya_y 2013年11月12日
今回の震災の場合も「具体性」がないことと「なんでもいい」が双方のマッチングをさらに曇らせた感じがします。「どこが」それをさばいて「どこで」需要者に配布なり譲り渡しをするのかのネットワークをつくらないと全てが無駄になると思います。
きょくせん @kyokusen 2013年11月12日
ボトルネック云々というなら、その全国から集まってくる内容物不明な荷物が一気に集積所に集まってきた時の状況を想像して欲しいと思う。物流の仕事とか想像もつかないんだろうなぁ。
きょくせん @kyokusen 2013年11月12日
別に小売でも良いのだけれども、入ってきた品物を検品し、売り場に運び、そこに並べるという仕事がどれだけのコストを発生させているのか理解して欲しい。送付側が負担すべきコストだという主張もわかる。が、ならばそのコストは現金として送ってしまった方が早く無いか?
きょくせん @kyokusen 2013年11月12日
 とりあえずパンダの人はビーズを1袋買ってきて、そこから赤いものだけ取り出すという作業をやって見たら良いと思う。
夢見月水龍 (表) |*´︶`*)╯♡冬コミ受かりました @kuronekoya_y 2013年11月12日
@kyokusen さんのその通りだと思います!中越地震の時もそれで大変な状態になりましたので、送る側がすでにどういう物でどんな状態でと事細かに分けていただいてる状態で確実に受け取る人間がいるものだけを送ってくれたら無駄がないとは思うんですよね...「出して事細かに分けて需要がある人を探す」という無駄な動きがなくなるかと。
きょくせん @kyokusen 2013年11月12日
kuronekoya_y 仕分け部分での怠惰と言うような言われ方をすると物流部門経験者としてはやっぱりカチンと来てしまうんですよね。入ってきたモノを限られたスペースで品物を保管、分類し、送り出すという作業というのはやっぱりきついのです。確かに金よりモノという気持ちはわかるのですけれども、そのモノは輸送されなきゃ届かないですし、輸送するには手段と経路が必要でー、と。
きょくせん @kyokusen 2013年11月12日
kuronekoya_y リソースというのはそれだけに投入できるものでもない……特に緊急時には限られているのだという辺りが想像できればわかる事なんじゃないかな、と思うのですよねぇ。ボトルネックの改善をというのであれば、それを引き起こす原因を究明して改善する必要がある訳で、なんというか、もう。
きょくせん @kyokusen 2013年11月12日
ボトルネックという言葉を知っているというのなら、ついでにロジスティクスとか、ジャストインタイムとかも覚えて欲しいなー、とオッサンは思うのです。私はボトルネックって聞くと真っ先に思うのが狭路、次は律速だけど。
夢見月水龍 (表) |*´︶`*)╯♡冬コミ受かりました @kuronekoya_y 2013年11月12日
現金を送った方がいいのも確かだと思う。どちらかというとそっちのほうが手っ取り早いし手荷物どころか復旧の糧にもできる。
夢見月水龍 (表) |*´︶`*)╯♡冬コミ受かりました @kuronekoya_y 2013年11月12日
ただ最初の数ヶ月は現地に物資がとどかなかったりインフラが断絶してる状態のときはどうしても救援物資に頼らざるを得ないと思う。最初の数ヶ月は食品飲料企業、衣類企業が中心に支援物資の援助を集中的におこない、個人物資はうけとらない。また個人ボランティアもむやみに現地に入らない。物資を持ち込まない。インフラがととのってきた段階で現地にお金を送ることが必要なのではないかとも思ったんですが...。どうなんだろう?個人に企業のノウハウを混乱してる中でやれっていっても無駄ですしたぶんできないかと。
夢見月水龍 (表) |*´︶`*)╯♡冬コミ受かりました @kuronekoya_y 2013年11月12日
個人で無作為にやるよりも企業のネットワークを介した方がまだ混乱もさけられますし、必要物資をあつめられそうな気がします。個人は企業のバックアップおよび義援金にて支援をまずしたほうが被災地にもそこで活動してる自衛隊にも迷惑をかけにくいかと思います。
fukuroneko@長野県北部 @fukuroneko 2013年11月12日
国が衣類、食品、物流なんかの企業と災害時の支援協定結んで、個人での物資支援はしなくて済む仕組みをつくっておくのがいいんだろうなあ。
KissuiJP @KissuiJP 2013年11月12日
kyokusen ボトルネックの改善については災害のたび思うのですが、規模にもよるものの被災地の役所にハブ機能を持たせるのが間違えていると思います。可能であれば隣接する市町村(災害の規模が大きければ県レベル)の学校の体育館なんかを何箇所か使用させてもらい、避難所へ直接輸送できるよう行政間で連携することが一番良いのではないかなと思います。
たいしょう @taisho__ 2013年11月12日
本当はほかの自治体で揃えて避難所直送が正しい。ところが、災害救助は区市町村の自治業務なんだよなあ。当該自治体でやんなきゃいけないという整理ではないと思うけど、よそでやるのは大変なんだよなあ。
Totemo512 @Totemo512 2013年11月12日
こちらの映像なども参考になるのでは?☞救援物資を行き渡らせるには 21日仙台多賀城 http://youtu.be/5HYLMy0HmX0 11/3/21
夢見月水龍 (表) |*´︶`*)╯♡冬コミ受かりました @kuronekoya_y 2013年11月12日
@taisho__ 横からすいません。ちなみに今回市町村の自治体が被災したところはどうなっていたのでしょうか?そこの対処方法も聞けると今後の参考にもるかとおもうのですが...。
しする @thistle_key 2013年11月13日
taisho__ そこで自分の住んでいる市区町村がどこと提携しているか知ってる人が少ない「姉妹都市・友好都市」制度で何とかならんもんかなーと思ったりするんですが(各自治体が3~4都市と提携してるし)、ある程度知名度のあるところ同士で提携しているので、過疎町村への支援が薄くなる可能性もあるので、難しいところですねー…。
白瀬伸一(日本で5本の指が入る軍事アナリスト) @ChromeBranche 2013年11月13日
バケツいっぱいのレゴブロックの山の中から、必要な形状と色のブロックを見つけ出すのは至難の業である。ましてやそれがうず高く積み上がっているならば尚更。
たかぎ @tkghs 2013年11月13日
take_ji 送られ過ぎた結果「いらない」ってことになるのはわかってますよ。
岩狸 @HyraxWorks 2013年11月13日
パンダの人みたいな感じの人に対しては、問題を箇条書きに挙げて「ボトルネックだけじゃない」ってことを説明すればいいのだろうか。問題点を会話の中で出しても聞いてない可能性が・・・。
岩狸 @HyraxWorks 2013年11月13日
場合によってはちゃんと説明した上で、オブラートに包まず「あなたの考え方は視野が狭く、独りよがりである」とはっきり言った方がいいのでしょうか。ただ、この手の発言は「アンチが叩いている」程度の認識しかされない可能性が・・・。
ちんぽよしよしリベラル @Ponkom 2013年11月13日
パンダは「分類できない能なしの被災者が悪い。俺は悪くない」って態度なんだから、次の震災の時も、被災地に古着の形のザーメンティッシュを廃棄して「厄介払いついでにいいことできてンギモッチイィ」とかやっちゃうんでしょうなあ。
ネガ @negangan 2013年11月13日
阪神淡路の時に学校ぐるみで千羽鶴を送ったことがあり、クラスの一体感もあって良い思い出ではあるのだが、それが被災地の手間とごみになっているという事実には変わらないんだよな。そういう事実は広くみんなが今後受け入れていかなきゃならないと思うよ。
ネガ @negangan 2013年11月13日
結局、無知の善意を"善意だから"と無条件に受け入れることはできないのさ。送りたいなら最低限知識を付けたうえで適切な方法と物を選択して送らなきゃいけない。その知識を流布する意味でリストには意味がある。で、調べることが諸々の事情でできないなら、あえてなにも送らないか募金という形が一番混乱が起こらないってことだね。
夢見月水龍 (表) |*´︶`*)╯♡冬コミ受かりました @kuronekoya_y 2013年11月13日
読み返してみたんだけど、パンダの人はまず被災者を叩くのはやめてもらいたい。やってることがモンスターボランティアとかわらないよ?被災者は自分たちの家の修理や家族の安否を探しながらおこなってたんであって、眠る暇さえ無い人だっていたんだよ。そんななか予測や噂だけで送られてきた上でさばけないからだめだしとかどんな鬼畜な仕打ちなんだろうと自分は思うけどな。ただでさえ支援してもらう側はなにも言えないのをいいことにそういうこと言っちゃうのは善意とはいえないのでは?と...。
夢見月水龍 (表) |*´︶`*)╯♡冬コミ受かりました @kuronekoya_y 2013年11月13日
あと「なぜ新品でないといけないのか?」の一番の要因はアレルギーや帯状疱疹などの伝染ウイルス感染、サイズが分からないものや種類が統一されていないための分類の難しさにあると思います。まずウイルスは免疫力の落ちてる人に感染しやすいのはご存知かと思いますが、それによって更なる薬の需要がでてしまう可能性もあります。間に合わなければ死者も出てしまう可能性も否定できないかと。古着を被災地に!という人はまずそこまでかんがえて欲しいかとはおもいます。
夢見月水龍 (表) |*´︶`*)╯♡冬コミ受かりました @kuronekoya_y 2013年11月13日
あ、訂正。アレルギーは伝染じゃないです。ただ繊維の種類が明確に記載されていないものをアレルギー体質の方が着用したらと思うと大変なことになるのでは?と...
岡崎美合 @OkazakiMiai 2013年11月13日
住む家も失ったのに、避難所が古着で溢れるとか、急患や飲料水を運ぶ道が古着満載したトラックで渋滞してるとかって話を聞いて、そりゃマズいよね、じゃ、それを踏まえた上で自分に何ができるか、ひと呼吸置いて、少し距離を置いて考えることができないってのは、やっぱりマズいと思うよ。災害時だけじゃなく普段の暮らしでも仕事でも。
夢見月水龍 (表) |*´︶`*)╯♡冬コミ受かりました @kuronekoya_y 2013年11月13日
@deka2 ですねー。てか必要物資を被災者がネット通販会社経由で「あと何個必要」って募集し、支援者が入札していくサイトがあってあれはいい仕組みだなーって見てました。被災側も在庫を抱えることないですし、必要なもののみを受け取る事ができますし、実際に義援金、義損金でなくても支援ができる仕組みだったのですごくいいなと自分は思いました。
旨い蕎麦神 @ta1000islands 2013年11月13日
発災時、手元に古着があるのなら、古着屋に売ってお金を募金しよう。 大人なら我慢するからいいけど、子供相手の古着は「○○ちゃんのほうが可愛い服だった」とか駄々捏ねられたりとか、余計な面倒ごとを起こしかねないので、規格品のほうが配りやすいよねぇ。 ぶっちゃけ、大人は我慢すると書いたけど、我慢しない人も結構見たし。
あすなろ @d_g_at14 2013年11月13日
『発災時の被災地は人手が足りない』っていう事がまず分かってないと思う。大体被災地だってそれなりに衣服はある。被災のショックが過ぎれば瓦礫片付けて使える物を皆で分配する位はできる。欲しいのは「それでも絶対に足りないもの」であって、あるかどうかも分からない中古品を探す手間と、欲しい新品を輸送する手間と、被災者にどっちをさせたいんだ?人命救助も瓦礫片付けもある、不安で眠れなくて食べれなくて休めてない人達しかいない場所に「古着仕分けて~」なんて送ってる場合じゃないだろうって事を分かって欲しい。
Dorothy @dulcineal 2013年11月13日
パンダくんは30歳なんですね。若いなー。それだけ若けりゃモノを知らなくてもしょうがないか。
ǝunsʇo ıɯnɟɐsɐɯ @otsune 2013年11月13日
「ちょっとは要るかもしれないんだから、いらないなんて言うのは失礼」っての。善意を否定するな論の代表例で興味深い。これだけ「迷惑した」「コストがかかった」「届く頃には必要ないから100%要らない」と言われてるのに、被災者じゃなく支援者の自尊心を優先している。
ǝunsʇo ıɯnɟɐsɐɯ @otsune 2013年11月13日
「ボトルネックをなんとかすれば」論も、支援者の自尊心をどうにか優先したいという視点。被災者の迷惑を減らすために他の方法をとる簡単な解決法よりも、手間暇かけて支援者を満足させようという主張が出続けるのは興味深い。ここのギャップをWebサービスなり何なりで解決したら面白そう(マイクロファンディングみたいに)
万打無 @mandam111 2013年11月13日
とりあえずこの辺の議論をトータルで見ると被災地からの積極的な要請があるんじゃ無しに古着を送る事は無意味どころか有害であると確信しました。自分が善良ぶるためなら被災地が苦しもうが知ったこっちゃないって奴はそんな事お構いなしなんだろうが。精神性を結構重んじる私でも被災地の支援は個人の善意なんてガン無視して完全にシステム化して、いらん善意なんてはね除けろと思います。
HIG @HIG10 2013年11月13日
「そもそも古着でいいから欲しい」コレはそうやって伝えるメディアの問題であってパンダの人の問題じゃないだろ
micky__s @micky__s 2013年11月13日
物を送った側にとっては「送った物が配られたらそれでよし」かもしれないけど、配り配られる側は「そのものを配って・もらって」終わりではなくて、その後も生活や人間関係はずーっと続いていくのです。外部から支援する側には、現地での人間相互が織りなすいわば「生態系」の健全な維持発展にもっと目を向けてほしいし、災害発生直後の不安定な状況における全体としての秩序維持・秩序形成の重要性を理解してほしいです。
近藤 和宏 @kondoujp 2013年11月13日
供給過剰になって困らないのはお金だけ
maryuw@糖質制限 無断転載お断り(゚∀゚) @maryuw 2013年11月13日
コメント欄はすっ飛ばしてまとめの結論?部分の感想。「人員を大量投入してボトルネックを解消」 そういうのを後知恵っていうんだと思うんだが。
maryuw@糖質制限 無断転載お断り(゚∀゚) @maryuw 2013年11月13日
被災地でどこも人員不足で困ってたって話もよく聞くのに大量投入もクソもないだろ
mnnkaanjinno @mnnkaanjinno 2013年11月13日
パンダの人はなんでそんなに被災地に古着を送りつけたいんですかね? 家で余ってるのかな?
酷道内調隊@仕事復帰 @tocch 2013年11月13日
良かれと思ってする事なんだから結果に対してシビアになるべきなのに、パンダは逆にルーズになっているのな。それを指摘されて逆切れしている現状。
iga9984 @iga9984 2013年11月13日
「人の要らないものでもほしい」状況とは自衛隊外の組織しか動けない(=現地に直接行けない善意は役立たず)状況で、遠隔地の物資が届く状況では既に「人の不要なものは自分も要らない」状況である、と。やっぱお金最強。物が買える状況なら、必要に応じてどんなものにも替えられるし。まあ古着外要らないものがあるならオークションで金に替えて送れってことだな。
Yusaku @yusaku_c5 2013年11月13日
ac は、「ぽぽぽぽーん」ではなく、「お金が一番」、「仕分けが大変」と放送すべきですな。
iga9984 @iga9984 2013年11月13日
今、TBSのNEWS23見てたら、レイテでも「現金がなければ何も買えない」状況で「生きているATMに長蛇の列」だそうな。いよいよ古着以下、現物の善意の出番は無くなってくな。あのレイテですら「現金一番!」な状況なんだから。
殻付牡蠣 @rareboiled 2013年11月13日
micky__s ちなみに、あなたは今まで自分が災害にあって、救援物資を援助される側に回ったことあるんですか?
micky__s @micky__s 2013年11月13日
rareboiled 所謂被災地でずーっと暮らしております。
中乃井みあき/己丑より @nakanoi_miaki 2013年11月14日
これは巨大地震が来る前に啓蒙活動をしっかりしておかないと、「被災地の為を思ってやるのがなぜ悪い!」と 混乱をさらに倍加させるのが目に見えているな。
まつこ @pi_poko 2013年11月14日
想像力が無いと言われればそれまでやけど、遠くから何かできることはないかと思っていて、直接現場を見れない状況で玉石混淆の情報だけは入ってきて、あれが不足してますこれが足りませんっていう報道とかツイートとかを目にして、義捐金も送るけどすぐに行き渡るわけじゃないし、中古の衣類でもちょっとは役に立つんじゃないかと思うわけよね。それでもそこで踏みとどまって送らないという選択をするには、それなりに納得できる理由がいるんだろうなと思う。結論ありきの人はしらないけど。
まつこ @pi_poko 2013年11月14日
パンダのかた @Ncky_D_Mgjrv の発言を読むと、私の善意を受け取りやがれとまでは言ってなくて、まぁ喜んでくれるに越したことはないけど、根本にあるのは「ほんとに送らなくても足りるの?衣服が足りなくて体調が悪くなったりしない?もらって助かった人の声は無視されてない?」という疑問であって、その部分の納得ができてなかったんだと思う。その確認をする課程で実際に作業されてた方たちに対して意識せずに失礼なこと言っちゃって、現場の大変さを知らずに好きなこと言ってると反感を買ってしまったのかなと。
たわし @penguaholic 2013年11月14日
pi_poko 山ほどの玉石混交の情報、にも発災直後から悩まされました…。想像力というよりも、情報を受け取ったところから一歩進んで「どうやってそれを実現するか」に頭を働かせれば、善意余って迷惑百倍なことをしないですむんですが…
spy @Sp2er1 2013年11月14日
大量の古着送って仕分けに人員を割くよりも「最初から仕分けられてる新品」を持って行ったほうがマンパワーを少なく抑えることが出来るし仕分けに割かれてた人員を他に割り振る事が出来る。そんな話に落ち着きそうだけどさ
ɐǝɹpuɐ‾ǝuoq @bone_andrea 2013年11月14日
馬鹿による善意を悪意という。30でこれだと治るまい。理解力ない人は物考えなければいいのにな。
杢丸 @mokumaru_NOP 2013年11月14日
古着の仕分けをシステム化とかほざいている人は、「システムへの登録≒仕分け」ということに気づいてほしい
杢丸 @mokumaru_NOP 2013年11月14日
古着については地区のバザーなどで古着・雑巾として販売、売り上げを被災地自治体に寄付するのが作業コスト・中抜きを考えるとベストかねえ
ポポイ @popoi 2013年11月14日
ボトルネックがどうのと文句を言う人は、まず自分こそが、手弁当で、迅速に、完璧に仕分けてやったらどうだろうね。将軍様、その虎を、屏風から出して下さいませ。
鹿 @a_hind 2013年11月14日
例えばテレビ局の被災地中継で今何が欲しいですか?等とインタビューした時何でもいいから着るものくれと言ったとする。 その発言があった時にハイ、これどうぞ。って渡せないと遅いんじゃなかろうか。自分ならせめて当日中なり翌日くらいには欲しいよ。 中継見てよし、じゃあ今度の休みに古着送ってあげようか。みたいな事やってたらマッチング機会は永久に訪れないような。 かといって!被災直後、中継見た直後に自分の生活放り出して支援に走れる訳もない。
ななし~ず(普通免許取得、二年経過♪) @nonames74 2013年11月14日
少し話がずれるかもしれないけど、こういう場所ではウェス(古布)は足りるの?古着が山のように送られてくるから、この中から使えないのをウェスにまわすから大丈夫、って考えもあるかもしれないけど、機械でガー!って切断するにしても、そのウェス加工自体は手間といえば手間。だったらはじめっからウェスを送るのはどうなのかなと。
KissuiJP @KissuiJP 2013年11月14日
a_hind そんなことないですよ。近い将来、当日中には難しいかもしれませんが翌日には避難所へ届けられる仕組みが出来ると思います。
まつこ @pi_poko 2013年11月14日
penguaholic 災害が起きてからでは焦ってしまうし冷静に考えられないんですよね。こういう場でいろんな意見を聞いて問題点を知っておくと、いざという時の判断に役に立つなと思います。思いついたことをどう実現させるか考えるのは、言いっぱなしにしないためにも大事ですね。ただ素人が変に実現させようとするとおかしなことにもなりかねないので、あくまで経験者やプロの意見をよく聞いて…。基本的には自分にできる範囲で、迷惑にならないことを第一にということでしょうね。
鹿 @a_hind 2013年11月14日
KissuiJP 具体的には?誰がどのようにしたら実現できるとお考えですか。 個人が散発的に古着ないし新品を送ったものが適切に整理・再編され翌日被災者に届くスキームが自分には思いつきません。 勿論被災地に届くだけでは意味が無く、必要とされている被災者に届くところまでです。 誰がそれをやるのか、でもいいです。
鹿 @a_hind 2013年11月14日
現状、できる範囲で、迷惑にならないこと、で私は募金を選択しています。 どうしたら個人の送付物をボトルネックを発生させずに被災者に届けるか、は本筋ではなく、どうしたら短時間で効果的に被災地を支援できるか、が本筋と思います。 そちらで考えた時、古着支援が必要なのかどうか、と。
KissuiJP @KissuiJP 2013年11月14日
a_hind 最近知ったのですが、国土交通省を中心に自治体、トラック協会、倉庫協会が災害時での体系的な物資輸送の構築を進めています。http://bit.ly/1bx4sfI http://bit.ly/1bx4sfJ ここに示されている物資拠点を被災地外へ持っていくことは私も以前から漠然と考えていたのですが、既に行政と民間企業が動いているので、そう遠くないうちにこの仕組は実現するでしょう。
KissuiJP @KissuiJP 2013年11月14日
a_hind 被災地で荷受を想定していないところで素人が、仕分けを行わざるをえない状況だったからボトルネックが発生するのであって、被災地の外でノウハウを持ったプロが行い、必要な物を必要な分だけ避難所に供給することで被災地へかかる負荷も、リードタイムも大きく改善するはずです。
KissuiJP @KissuiJP 2013年11月14日
a_hind 災害直後は過去いくつかの自治体が個人からの物資の受取を拒否しているように、初期段階においては先の仕組みを利用した行政、運送業者、倉庫業者、メーカー、卸、小売による供給が最も良いと思います。これは古着に限った話ではなく、新品の衣類でも同じです。もちろん、食品でも飲料でも同じです。被災地からの細かい要望に基づいた個人による支援は、一端供給が落ち着いてからのフェーズになると思います。
鹿 @a_hind 2013年11月14日
KissuiJP 拝見しました。正常に機能すれば被災地での仕分けの負荷は改善されますね。 だから古着送ってもいいのだ、とは思えませんでしたが。 物資拠点も無尽蔵にスペースが空いてるわけではないと思います。 そもそも民間の拠点ですから、通常時は通常の荷物が集積されてると思います。 そこが溢れたら意味がない。
殻付牡蠣 @rareboiled 2013年11月14日
micky__s 現場の事なんて、所詮被災者以外にはわからんわけですが、期待しすぎじゃないですか?こう言えば分ってもらえるとおもって説明しても、当事者じゃなきゃわからんですよ。 解らない相手に怒っているんでしょうが、相手も解らないなりに考えてツイートしてんですから、それを理解してツイートしないとただ単に知ってる奴が傲慢に言ってるだけにしか見えないんですけどね。
鹿 @a_hind 2013年11月14日
KissuiJP プロ・素人問わず、膨大な量の仕分けが必要なら、やはり負荷は発生します。 負荷の掛かる場所が移動し、被る人が変わるだけです。 せっかく輸送を効率化するのなら、そこに集めるものも効率化した方がよくありませんか? 古着を送るための効率化になってませんか?
micky__s @micky__s 2013年11月15日
rareboiled 前半はご意見として受け止めますが、後半については、別にわたしは怒ってはいないんですけど…?
鹿 @a_hind 2013年11月15日
どうしても送るのであれば制限を設けるとか、国や自治体から周知徹底していただくとか、そういった事も必要かと。 送る事ありき、で始まるのはなんか違う。 個人的には古着蓄えるなら売るか棄てれば?と考えるので送る気にもなりません。 ノウハウをもったプロにはよりよい仕事をしていただきたい。
KissuiJP @KissuiJP 2013年11月15日
a_hind 何か勘違いされているのか分かりませんが、私は「古着を送って良い」という主張をするために提示したわけではありません。「当日中なり翌日くらい」に「マッチング機会」について「具体的には?誰がどのようにしたら」と質問を頂いたので提示させていただきました。先程のものは概要で、こちらが http://bit.ly/1bx9d96 詳細です。
KissuiJP @KissuiJP 2013年11月15日
a_hind 「負荷の掛かる場所が移動し、被る人が変わるだけです。」というのは負荷のかかり方も、対応能力も全く違います。被災地の外に物資拠点を持っていくことに大きな意味があります。「古着を送るための効率化」というのが何を指しているのか分かりませんが、詳細の資料は長いですが読んで頂ければご理解頂けると思います。
鹿 @a_hind 2013年11月15日
KissuiJP 一旦供給が落ち着いた時期には古着必要ないですね。そして必要な時期にはあなたがいうように個人が関与しない流れでもって配送できるならやはり古着は必要ないのです。 他の要望のある物資についてはまた別の話です。 他の物資を仕分け・整理・配送することにリソースを使う事ができるので、古着の送付はいらないんじゃないの?で決着かと。
KissuiJP @KissuiJP 2013年11月15日
a_hind 私のレスはちゃんと読んで頂けているでしょうか。私はここのコメント欄で何度か書いていますが、「古着を送るべき」という趣旨の内容は一度も書き込んでいません。
鹿 @a_hind 2013年11月15日
KissuiJP 成る程。あなたが最初に反応したコメントは古着の例えです。 ここで話題になってるのは古着の話ではないのですか? 「当日中なり翌日くらい」「マッチング機会」も古着の件です。 そこでああいうレスをいただいたので私はあなたがどうしても「古着を送りたくてたまらない人」 だと勘違いし、あの質問をしました。失礼いたしました。
鹿 @a_hind 2013年11月15日
KissuiJP 私も被災直後は行政主導のもと対応し、個々人による散発支援は後発でよいと思います。 ただし、その頃には古着は不要ですね、なら被災地が要望する必要なもの送りましょうねでよいです。それでも、物納よりお金がよいと思いますが。
鹿 @a_hind 2013年11月15日
KissuiJP これで最後にしたいのですが、こちらが文章入力しているのと更新タイミング我悪く、レスを返してからあなたのレスを拝見する、という状態が続いていました。 あなたの最初のレスで勘違いし余計な手間とらせたことお詫びいたします。
KissuiJP @KissuiJP 2013年11月15日
a_hind 個人で出来る範囲で最も効果的な援助といえば、仰るとおり募金が良いのでしょうね。個人で支援できる事の範囲は限りなく広いので何が正解かを見極めるのは難しいですね。
村上敦 murakami atsushi @nadjaism 2013年11月15日
2011年5月、相馬、9月、南相馬でボランティアとして配給の場に立ちあったが、衣料の需要は多くあったように思う。届いた衣料の仕分けに要した苦労は、それなりにあっただろうが、それは工夫する事で幾らでも対処出来るのではないのかな。
たわし @penguaholic 2013年11月15日
nadjaism 当然そういう場所やタイミングもあるんです。でも、できれば「届いた衣料の仕分けに要した苦労」までは、支援する側の負担にしたいですよね、という趣旨なのだと思います。工夫では追い付かなかったケースは、本当に多く聞くものですから。
たわし @penguaholic 2013年11月15日
nadjaism あと、できれば、その「工夫すること」の内容で有益なものは、こういう場でもシェアできると良いのではないかと思います。
みながわ あおい @Minagawa_Aoi 2013年11月16日
身内の話になりますが、「一度着用した服に愛着があって捨てられない」という理由で20年以上古着を貯めこんで納戸をいっぱいにした人が「フィリピンに送りたい」と言っていました。「自分で捨てられないから被災地に送る。現地で不要ならば捨ててもらっても構わない」人もいるのでしょう。
kigantetu @kigantetu1 2013年11月16日
「一般的に被災地に古着は要らない」を黙って鵜呑みすればいいのに、 パンダ「私の善意が邪魔をする!」というイメージ。
𝕥𝕠𝕞𝕖𝕜𝕒𝕞𝕚 @tomekami 2013年11月16日
現地での負担を減らそうという精神は無いのかね、仕分けの手間がかかるんだから直に配布出来るように新品送ったれよ。
𝕥𝕠𝕞𝕖𝕜𝕒𝕞𝕚 @tomekami 2013年11月16日
仕分ける側の負担って巡り回って被災者側への配給の遅れになるんだけどねーという想像力
𝕥𝕠𝕞𝕖𝕜𝕒𝕞𝕚 @tomekami 2013年11月16日
ま、なんかしたいけど何したらいいかわかんないし下手の動くと専門家の人の邪魔になりそうなので募金にしました。というヘタレが私です。
ユック @yultuku 2013年11月16日
僕とパンダさんの話もこのまとめに入れていただきたい。なんだか根本的に彼は会話が成立していない気がする…。誤字があるから全体の文章が理解できないと言われて愕然とした
殻付牡蠣 @rareboiled 2013年11月16日
基本的なことは、中古を活用できないかっていう人も、被災者のために何かしたいと思っての上での考えっていうのを忘れてるんじゃないのかい?考えがいたらないこともあるだろうけど、被災者の役に立てればって思う考えをお前何言ってるんだよって批判するのは今後の被災者のためにならんと思うよ。軌道修正ができればいいのに、其の人をそのものを否定するのは傲慢すぎる。
菊池雅志 @MasashiKikuchi 2013年11月16日
まだ使えるモノを捨てることに罪悪感がある人(高齢者に多い)は「誰かにあげればいい」と考える。「いらない」と断っても、「遠慮しないで。私には不要なものだから」などと頓珍漢なことを言われる。不要なモノを他人に押し付け、あまつさえ「感謝しろ」と言外に要求するのは、ただの自己満足の迷惑行為だと知るべし。
mnnkaanjinno @mnnkaanjinno 2013年11月16日
「だったらはじめっからウェスを送るのはどうなのかなと。」ウェスつーか雑巾の需要はありそうですね。古着をぞうきんにして送るのはいいかもしれない。
micky__s @micky__s 2013年11月17日
rareboiled 相手のために何かしたいと考えているならなおのこと、実際に相手の迷惑になるようなことは避けようとするものだと思うのですが、そこで自説に固執するから「自己満足」と言われてしまうんですよ。意見を否定されているのを人格を否定されたと勘違いするから、話がややこしくなる。
@nezumin_ 2013年11月17日
震災当時も今も宮城在住ですが、お風呂にも入れない頭も洗えないで体中が常にかゆい状態のときに誰が着たのか分からない古着を着てたらさらに自分が汚れる気がしただろうし、でも善意からきてるものだからと嫌悪するわけにもいかず気持ちのやり場が無くて泣くしかなかっただろうなと思う。故に迷惑。
micky__s @micky__s 2013年11月17日
rareboiled 「善意の意見はたとえ至らない考え方でも否定せずに受け入れるのが今後の被災者のため」って、つまり「善意の押し売りはたとえ迷惑でも涙をのんで受け入れろ、文句言うな」ってことですよね。受け手側は「いらないものはいらない」と言ってはいけない、と。
しする @thistle_key 2013年11月17日
基本支援で送るものは「あげる(やる・与えるの丁寧語)もの」ではなく、「贈り物(プレゼント)」だと考えていただければ。その梱包したものを自分が初対面の人(赤の他人)にプレゼントです、と対面で笑顔で渡せるかどうか?とか考えていただければ、送る物にどういった品質が求められているか、どのような梱包方法が適切かについても自ずとわかるかと。とりあえず「そこに古着があるじゃろ?」っていう古着ありきの考え方は捨てて欲しいなぁと思うわけです。
nekosencho @Neko_Sencho 2013年11月17日
被災者がほしいものを適切に送り届けるにはどうすればって話で、誰かを悪者にしようとしてるとしか思えない発言が多く見られるのは悲しいことですね
たわし @penguaholic 2013年11月18日
Minagawa_Aoi 平時でも発展途上国などに古着を寄付する活動を行っている団体があります。恐らく今回の台風被害でも援助をされていると思いますので、『その団体の寄付ルール(仕分け・クリーニングはクリーニング・仕分けは寄付者負担で必須でした〉に則り』寄付されることを検討してはいかがでしょうか。
たわし @penguaholic 2013年11月18日
rareboiled 「被災者のために何かしたい」と「被災者のために自分の家の死蔵物を利用したい」は、別の話だとした方が良いと思います。どうしても「何かしたい」なら、例えば古着を古着屋で換金してそのお金を寄付、でも結果は同じなわけですが…
たわし @penguaholic 2013年11月18日
なんか日本語が変だった…、『その団体の寄付ルール(私の知っている団体では、クリーニング・仕分けは寄付者負担で必須でした〉に則り』と言いたかった…
たわし @penguaholic 2013年11月18日
Neko_Sencho 「被災者がほしいものを適切に送り届けるにはどうすれば」ということなので、善意なんだから未整理のゴミ状のものでも受け取れというのは間違っていると、言っていかないと…
しする @thistle_key 2013年11月18日
そういえば、ツイッターを利用されている方にお願いがひとつ。震災時、いくつもの【拡散希望】が流れ、それをRTされた方も多いかと思いますが、救援物資募集をRTされたら※必ず※その募集締め切り(○○のxx募集終了しました)も責任持ってRTしていただけますようお願いいたします。上の方で挙げられたまとめでも今現在も募集されているところは限られています。一見募集中に見えても更新が1年以上前にとまっているサイトもございます。必ず各団体に現況をご確認の上、行動を起こしていただけますよう、重ねてお願いいたします。
そら豆 @solamame_k 2013年11月18日
「被災者に適切に送り届けるにはどうすればいいか」を、被災地を実験場に使って考えるなよという、もの凄く簡単なお話し。もの凄く簡単なお話しな。
ǝunsʇo ıɯnɟɐsɐɯ @otsune 2013年11月29日
「批判するのは今後の被災者のためにならんから、善意で古着送る人に失礼のない言い方をしろ」っての。すでに発生してて金銭負担もある過去の迷惑についてびた一文も考えてないうえに、未来の被災で脅しをかけるという意味で凄い。もし「古着送ると迷惑になる」が広まったら今後の被災者はまったく困らないし、ために成りまくるから前提自体が間違っているのも含めて凄い。
KAMON @KAMON_Yammani 2014年9月4日
「着られるものが一つでもあるかもしれない」じゃ役に立たないのです。砂金が入っているかもしれないドロの山は、緊急時に送られてきてもドロの山なのです。
箸呂院マジチキ @kairidei 2015年6月27日
参考になった。平時の古着は消費者にとって「選べるもの」だから価値がある。ただ災害直後は選ぶ余裕がない。新品のほうがリスクが少ない。ストレスも少ない。
KGN @KGN_works 2015年9月13日
結論からいうと、『だからさあ、すぐそこで新品売ってるし、買えるんだから、要らないんだよ』。 今回のような局地的な災害だと特にね。
そおさり @sos35r 2015年9月13日
被災した地域でも服屋くらいはあるから、お金を送った方が地域もいろいろと助かる訳で。というか、床一面が泥だらけになってるのをかき出さなきゃ生活できない時に、人的労働力とお金以上に助かるものは無いからね。ライフライン全部遮断、だと水や食い物のほかにトイレ・おむつ・生理用品周りが重要になるけど衣服は毎日換えることができなくてもとりあえずは死なない。
そおさり @sos35r 2015年9月13日
先の話は自分が体験したことであり>床一面泥だらけになっているのをかき出さなきゃ/ 被災地といっても直撃を受けたところもあれば被害が軽微なところも実際にあったし、商品が水を被って捨てるしかないお店もあれば大丈夫なお店もある。洗濯すれば着られる論がまじめに成立するなら現地の服屋さんの服の売り上げを最優先で、かつ捨てるしかない服の方をなんとかしてあげた方がいいでしょ。
そおさり @sos35r 2015年9月13日
うちの場合だと被災から3ヶ月は商売が成り立たなくて、半年で500万円くらいの赤字を計上した。善意の品が送ってこられなくてもこの数字だから、「買わなくて済む」が当たり前になった被災地とか個人商店はどうしてたのかな……。
アル戦ミュロス/くらミツハは中立・中庸@全部入り @7424h 2015年9月13日
仕分けにしろ送達にしろ、ロジ部門は裏方だし、基本人の目にも触れないから、知らないし解らないんだなとこの手の話題を見ると思う。http://www.jta.or.jp/kotsuanzen/earthquake/pdf/gaiyo.pdf PDFの1ページ目のような仕分けスペースを確保できない被災地に、個人宅からの支援「物資」なんか、初動段階では邪魔でしかないんだよね。
アル戦ミュロス/くらミツハは中立・中庸@全部入り @7424h 2015年9月13日
東日本での配達先は2000を超えた(参考:http://www.mlit.go.jp/road/ir/ir-council/hw_arikata/teigen/t01_data03.pdf)わけで、そんだけの拠点に日持ちのしないもの、「仕分けの必要なもの」なぞ配れる訳がない。ので、義捐金が一番合理的に被災者の助けになるのは確かだと思います。
アル戦ミュロス/くらミツハは中立・中庸@全部入り @7424h 2015年9月13日
あっ、今回もうちの会社共々、関東近県からいろんなところのトラックが緊急物資搬送のお手伝いに出回るので、路肩で居眠りしてるトラックとかがいたら、通報じゃなくて「お疲れ」してくれるといいなって思います!SAでトラックの停車スペースに乗用車で止まるのとかやめてあげてね!><
akita_komachi @antiMulti 2015年9月13日
「古着はいらない」ではなく、新品、古着問わず、個人からの小口の衣料品の提供はいらないわけか。被災地は、海外の最貧国の難民キャンプとは違うんだものね。
TB&SH @apdetteiu 2015年9月14日
鳥「少年よ、相談したまえ!」束「そりゃお前、善意の押し売りだよ……」鳥「相談しないと関節技をかけるぞ!」という某アンドロイド漫画を思い出したり。小さな善意で膨らむ手間とコスト。
endersgame @endersgame3 2015年9月14日
@Ncky_D_Mgjrv みたいな頭の悪い自覚のないやつが一番面倒くさい。 よく相手してあげたなあ。
taka @Vietnum 2015年9月14日
nadjaism それこそ、ボランティアの人らが仕分けに携わればいいかもしれませんね。
アル戦ミュロス/くらミツハは中立・中庸@全部入り @7424h 2015年9月15日
今回の激甚降雨対応は現段階で日頃から配達回ってる運送業、倉庫業、大手SCのイオン子会社が支援で出回ってるので、お金以外にまず必要になるのは道路修繕の出来る土建業、廃材処分の出来る産廃業、住宅再建の出来る建設業かなと思います。あと(宿自分で手配できるタイプの)ボランティアとかね。古着は……いらないんじゃあないかな……
CF型マシニーカhir @hir_CF 2015年9月23日
あれだけ懇切丁寧に説明されているのに、まったく理解してない人っているんだな… ぞっとした
甲斐 @dancewithsword 2015年9月26日
例えばあなたが「あー喉が渇いた」と言った瞬間、近づいてきた知らない人に持ち歩いたと思しき常温の水を渡され「良ければ飲んで下さい」と渡されて、それを信頼できるのかって話。 「飲むのが嫌なら浴びることも出来ますよ」って、そういう問題じゃねーっての。
夏越丸@ねんくり引き取り先募集 @nagoshimaru 2016年4月15日
ボトルネックはまずお前んちで発生してるじゃねえか向こうで人手が要らない支援をしろよ
Tamemaru🔞俺得本舗 @Tamemaru 2016年4月16日
古着が要らない理由は「津波で全部さらわれたような状況でなければ被災地で購入できるものだから」という単純明快なものだよね。被災地のショッピングセンターから衣料が消えるほどに物流が死んでたら支援物資も届かないし、そこまで物流死んでる状況なら当然衣料よりも食料を優先して送られるべきだし。