編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら

中学校って義務教育だったよね?「お前、何しにきた、帰れ!」とは何事じゃ〜(# ゚Д゚)

息子と私の泥んこ日記NO3☆今回は、私が息子の学校問題をきっかけに、司法試験を目指すことになった経緯まで〜✨ この前のお話は…「息子と私の泥んこ日記NO2」巨大な組織☆法務局を動かすには?! ⇒http://togetter.com/li/600621 更に、この後日談は〜校長に「犬」扱いされた息子の暗黒時代からの脱却✨でどうぞ♡ http://togetter.com/li/598377 続きを読む
思い出
1155view 2コメント
1
nanairokinue @nanairokinue
息子と私の泥んこ日記☆3〜息子の学校問題から法務局へ〜のその後。調査開始から数ヶ月後…法務局から『学校側へ指導に入る』と言う知らせが入った。但し、内容については一切教えられないと言われ…腑に落ちない気持ちがあったけど、これが今の現状では最善の結果だということもどこかで分かってた。
nanairokinue @nanairokinue
文部科学省という縦社会の中で、学校側の人間が上層部から指導を受けるということは、それなりに考える所はあったと思うけど…私には先生方の心の内まで知ることは出来ない。後は、息子の学校生活が改善されることを信じるしかなかった。その後の様子としては、さすがに学校側も態度を軟化させ
nanairokinue @nanairokinue
収束していった。ここには、ちょっと面白い後日談があるけど、長くなるのでまた別のまとめにて☆ その後も息子は、とにかく学校での出来事を良く喋ってくれて、地域性もあるのかもしれないけど…万引きしてきたものを買ってくれと言われたり、恐喝まがいの事も…どうしてこんなに荒れてるのだろうと
nanairokinue @nanairokinue
悶々とする日々。私は、教育ママじゃなかったので公立・私立に拘らず地元の公立中学に入れたけど、これほど悲惨な現状だと知り考えさせられた。その時に一番衝撃を受けたのは、不登校がちだった生徒が、午後から学校に来たら『お前、今頃何しにきたんだ!帰れ!』と言って先生が追い返したことだった。
nanairokinue @nanairokinue
その子の両親は学校の先生で…いつも帰りが遅く、夕飯はテーブルの上に置いてあるお金でなんとかするんだって…と息子から聞いていた。その子の家庭環境を知ろうともせず、やっとの思いで学校に出てきたのに追い返す?私には理解出来ない行為だった。一喝したとしても、その後『どうして学校に
nanairokinue @nanairokinue
これないんだ?』って、聞いてあげようとしないのか…それに、中学校って義務教育じゃなかった?学校に来た子を勝手に追い返していいの?って、憤りを感じた。息子も先生の行為に納得出来ないから私に聞いて欲しかったんだと思う。こんな話が私の耳にはなぜか良く入ってきたのだ。これだもん…例えば
nanairokinue @nanairokinue
家庭でやり切れない思いを抱えてる子供が、一筋のクモの糸を求め学校に行って…そこにも自分の居場所がないと思えば、その後たどる道は分かりきってる。入学当時に見た少年のキラキラした瞳が、一部ではどんよりと曇っていくのを見てるのは本当に辛かった。この現状を目の当たりにした事と、法務局との
nanairokinue @nanairokinue
関わりで得た経験も手伝い…私は少年少女犯罪に関わる弁護士になりたいと思った。オイオイ!正気じゃないだろ?って声が聞こえてきそうだけど(^^;; 私は至って本気だった。そして、司法試験を目指すことになるのだけど…司法試験って、大学出てないと受験資格がないって知ってましたか? 私の
nanairokinue @nanairokinue
最終学歴は専門学校卒業。さて、その私がどうやって受験資格を手に入れたか…それまで勉強なんてまともにやったことがなく、忍耐も根性もなかった甘ったれの40過ぎたダメダメ女の奮闘が始まったのです。一念発起し、血だらけになりながら茨の道を歩き続けることに…恐ろしや〜(^^;; 続く♡

コメント

nanairokinue @nanairokinue 2013-12-11 08:21:26
takurou7 いつもありがとうございます(^^)私も将来、本に出来たらと本気で考えています♪ それが誰かの為になることが希望です☆その為にも、自分の体験を包み隠さず綴っていきますので、今後ともどうぞよろしくです。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする