佐村河内氏の諸問題についてぜんろうの人がいろいろ考えてみた

佐村河内守さんのゴーストライター問題、聴覚障害虚偽疑惑問題についえ、聞こえない人としての気持ちを書いてみました。 当方、125dblの聴覚2級の全ろう大学生です。
108
シ ン ハ ル コ @tamalovepoaro

宣言通り、佐村河内守さんに関わる諸問題に関する考えと『全ろう』で、聴覚障害のある人としてのメッセージ、思いを今から連投させていただきます。後でトゥギャッターにてまとめる予定です。

2014-02-19 22:08:36
シ ン ハ ル コ @tamalovepoaro

すみません!番号、ところどころにミスがありますが、そのまま読み進めてください(;・∀・)

2014-02-20 16:17:14
シ ン ハ ル コ @tamalovepoaro

(1)まず連投するきっかけについて書きます。佐村河内守さんの聴覚障害疑惑、ゴーストライター問題について、『非難はたくさんあるが、聴覚障害のある人からの意見、本音の反応をあまり目にしない』という話が流れてきて、素直な気持ちと考察を書こうと思ったわけです。

2014-02-19 22:14:10
シ ン ハ ル コ @tamalovepoaro

(2)そういう経緯で、書こうと思ったわけです。今から率直な気持ちを綴ります。時おり厳しい言葉も出てくるかと思いますが、それは本音と受け止めていただければ嬉しいです。

2014-02-19 22:17:27
シ ン ハ ル コ @tamalovepoaro

(3)まず一連の事件についての総評、素直な気持ち。一気に言うとこんな感じ。 『ふざけんな、こんな売名行為のクソ最低な人のせいで聴覚障害のひと、回りの人が協調して長年、積み上げてきた信頼と努力を無にしやがって。いらん『責任』『疑惑』を負わされたりとばっちり受けるのはこちらや!!!』

2014-02-19 22:22:25
シ ン ハ ル コ @tamalovepoaro

(4)汚い言葉で申し訳ないのですが、素直な気持ちです。 こんな言葉だと誤解等も受けると思うので、冷静な言葉をもって、理性的に気持ちを書いていきます。

2014-02-19 22:25:53
シ ン ハ ル コ @tamalovepoaro

(5)そもそもこの騒動、佐村河内守さんという『全ろう』の作曲家が書いた曲、『実は私がゴーストライターとして作品を書いてました』という、新垣氏の告発から始まったわけです。佐村河内氏は作曲していなかった。と。

2014-02-19 22:34:06
シ ン ハ ル コ @tamalovepoaro

(6)その会見で『佐村河内さんは本当は耳が聞こえていたのでは』という疑惑が発覚。そこで、『耳が聞こえない作曲家の曲だと思ってたのに』『詐欺だ』と批判が噴出したわけです。 わたしはまずここで、疑問と怒りを感じます。

2014-02-19 22:36:33
シ ン ハ ル コ @tamalovepoaro

(7)佐村河内さんの曲は『全ろうの作曲家が創った素晴らしい曲』 として売り出されている。 それが偽りの看板だった、だから詐欺だ!それはわかるのですが、曲そのものの『品質』はどうなるのか。 『聞こえない人が作ってた』から素晴らしい!と評判を得ていたということにならないだろうか。

2014-02-19 22:40:29
シ ン ハ ル コ @tamalovepoaro

(8)『聴覚障害者がつくった奇跡的な曲』として注目されていたからこそこれだけ批判がすごいわけです。 曲そのものの内容より『聴覚障害うんぬん』が糾弾→曲も同様の糾弾。この構図はおかしいと思うのです。『品質』と『信頼』は別物です。

2014-02-19 22:45:52
シ ン ハ ル コ @tamalovepoaro

(9) 聴覚障害者の作曲だから、買う。それは、曲の『質』は無視されている。「障害者だからすごい」というマスコミ、買う人の視線が『いやらしい』と思う。 これが、ゴーストライターという存在で『嘘だった』と広がって大批判。 ここで、買った、持ち上げた人としての内省はないのか。

2014-02-19 22:52:05
シ ン ハ ル コ @tamalovepoaro

(10) 音楽をきいて、よかったから買った人が大勢を占めていたとはこの批判の噴出のしかたからは思えないのです。 『障害者が作ってたからすごい』それが覆されたから批判、それは聴覚障害者に失礼ではありませんか? 佐村河内守さんだけでなく『購買者の視線』にも強い怒りを覚えます。

2014-02-19 22:55:39
シ ン ハ ル コ @tamalovepoaro

(11)商売は『信頼』が基本。それはゴーストライターの存在で崩れ去った。でも、その曲の『品質』は変わらないはずです。それが手のひらを覆すように低評価が下され続けている。 なんとも虫のいい『評価』ではないでしょうか。

2014-02-19 22:58:58
シ ン ハ ル コ @tamalovepoaro

(12)二つ目の怒り。それは購買者も、マスコミも、新垣氏も、佐村河内氏も『障害を食い物にしていた』 ことがわかるから、です。

2014-02-19 23:01:12
シ ン ハ ル コ @tamalovepoaro

(13)佐村河内守さんが、いま大きなバッシングを受けています。それは、擁護する気はありません。 しかし、『聴覚障害の作曲家』の看板の下で作曲家をやっていた新垣氏も、もっと責められてしかるべきだと思うのです。

2014-02-19 23:04:08
シ ン ハ ル コ @tamalovepoaro

(14)何故ならば、新垣氏には、表の作曲家として売り出している『全ろうの作曲家』佐村河内守さんは当初から『聞こえているかも』と感じていた。その看板のお陰で売れている。という意識はあったと思う。そのゴーストライターとしてお金を受け取っていたのも事実。

2014-02-19 23:10:50
シ ン ハ ル コ @tamalovepoaro

(16)『本当の作曲家』を請け負い、障害者をネタにお金を得ていたといわれてもおかしくないと、わたしは思うのです。まっとうに新垣氏の名前で売り出していたら、佐村河内さんより売れていないかも、という意識はあったと思う。 ここで、告発せずお金を受け取り続けていた新垣氏は、擁護すべきか。

2014-02-19 23:15:16
シ ン ハ ル コ @tamalovepoaro

(17)『聞こえているかも』と知りながら『障害者ネタ』で、甘い蜜を吸い続けた新垣氏も、強く非難されてしかるべきだと思うのです。脅されていたから黙っていた、だけではすまされていけないと思うのです。

2014-02-19 23:17:34
シ ン ハ ル コ @tamalovepoaro

(18)佐村河内守さんだけが注目され、強く厳しくバッシングされているが、『ゴーストライターだった』新垣氏については放置されている、そんな報道の仕方に疑問を感じます。

2014-02-19 23:19:43
シ ン ハ ル コ @tamalovepoaro

(19)次にこの問題による『二次災害』について、言及したいと思います。 佐村河内氏、新垣氏は自らの音楽の品位を貶め、『聴覚障害疑惑』『聴覚障害を売りにしていた』がために聴覚障害者の人々に多大な迷惑をかけています。

2014-02-19 23:24:04
シ ン ハ ル コ @tamalovepoaro

(20)この事件が始まってから『本当は聞こえてるんじゃないの?』『聴覚障害者手帳を不正取得してるんじゃないの?』などいう言葉が、聴覚障害者に対して投げかけられるようになったといいます。それはとても深く傷つく言葉です。

2014-02-19 23:26:07
シ ン ハ ル コ @tamalovepoaro

(21)Twitterに何度も書いていることですが、『音が、聞こえる、聞こえない』は0か100ではありません。 全く聞こえないか完全に聞こえるか、の2パターンではないのです。難聴者もいて、それぞれの状態は千差万別。 自分の状態を完全にわかりやすく、説明するのも難しいことも多い。

2014-02-19 23:32:09
シ ン ハ ル コ @tamalovepoaro

(22)そうした人々が社会のうちに混じって暮らしています。 『聞こえない』という簡易な言葉だけでは片付けられないのです。『聞こえているじゃん!』は実は『(部分的に)聞こえているじゃん!』が正しいことも。また聴覚障害者のひとと会話が成立してる、というのも、聴覚障害者の懸命な努力で

2014-02-19 23:35:52
シ ン ハ ル コ @tamalovepoaro

(22)成り立っていることも多いのです。 懸命に(不完全でも)読唇術して、内容を想像して会話をしようとすることも。 また、会話の内容を尋ねると『困った顔されるのがつらいから、わかったふりがくせになってる』人もいます。

2014-02-19 23:39:05
残りを読む(11)

コメント

言葉使い @tennteke 2014年2月20日
日々作られ販売される膨大な数の曲を全て聞いてみることは不可能ですから、キャッチコピーで興味を引かれたものを手に取る、それを否定したら音楽以外でも販売業全てがただの陳列屋に墜ちてしまいます。
2
言葉使い @tennteke 2014年2月20日
盲・聾学校の音楽合奏部は結構あるのに、この本この作者http://www.shinchosha.co.jp/shinkan/nami/shoseki/302451.html だけが書籍にして、売れたという事実もあります。
0
name @unagi_anago 2014年2月20日
ジェフ・ヒーリーは、最初は「全盲のギタリスト」がキャッチフレーズになってたが、次第にフツーにブルース・ミュージシャンとして地位を確立した。
1
言葉使い @tennteke 2014年2月20日
私はクラシック音楽のコンサートにいって、音の圧を感じるし、音から匂いを感じたこともある。本当に。でもそれらは耳が聞こえるからなんだろうか?
0
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2014年2月21日
なぜ大衆がそれに付随するドラマを無視して本質ですべてを評価しなければならないのか、疑問。娯楽を楽しむのにそんな専門性が必要とは思わんかったわww
3
無道入人 (Day-Bee-Toe) @DayBeeToe 2014年2月21日
はじめまして。自己紹介代わりに私の立場を紹介しておくと、「障害者(聴覚ではない)を家族に持つ」「クラシックマニアである」という意味である程度両側の立場がわかるかと思います。ただし、新垣氏とは少しだけ直接お話をして人柄に魅了された経験もあり、贔屓目はご承知下さい。
0
無道入人 (Day-Bee-Toe) @DayBeeToe 2014年2月21日
まず、私自身、身内に障害者を持つ者として佐村河内氏の障害詐称には憤慨しますし、それによって理不尽な迷惑を被る人が出ることは想像できるので非常に腹が立ちます。佐村河内氏は不当に得た利益を全額寄付した上で刑務所に入ってもらいたいと思います。
0
無道入人 (Day-Bee-Toe) @DayBeeToe 2014年2月21日
ただ一方で、新垣氏についてはよくわかりません。新垣氏の言葉をそのまま信じるならば、新垣氏は佐村河内氏が汚い商売をしていることはかなり最近まで気付かなかったし、大した額の報酬も受け取っていないとのことです。また、ことが判明してからは佐村河内氏を止めようとしたが自殺を示唆して脅迫されるなどして上手く行かなかったとか。
1
無道入人 (Day-Bee-Toe) @DayBeeToe 2014年2月21日
この言を信じるならば、新垣氏に落ち度がないとはいわないがそれほど重いものではないようには思えます。つまり、佐村河内氏の嘘に気付いた時点で事実を公表すべきところ、それが遅れたというところです。ただし、これは新垣氏の弁明を全て信じた上での話であり、嘘があるならまた話は別です。
1
無道入人 (Day-Bee-Toe) @DayBeeToe 2014年2月21日
次に音楽的な面について。率直なところ佐村河内名義の曲は「過去の名作の亜流」でしかなく、騒がれるほどのものではないと感じました。ただし、高橋選手の演技に使った曲だけは、作風は亜流だが作品の質は頭一つ抜けていると思いました。
0
無道入人 (Day-Bee-Toe) @DayBeeToe 2014年2月21日
その意味で、佐村河内名義の曲が「現代音楽の作曲家が小遣い稼ぎの副業で作った曲」という評価には個人的には腑に落ちるものがありました。高橋選手の演技曲は自分が教え子と共演するために書き下ろした点で気合いも入っていたのでしょう。
3
無道入人 (Day-Bee-Toe) @DayBeeToe 2014年2月21日
あ、補足しますと、私はゴーストライターの存在がばれる前に曲を何曲か聴いていました。また自伝も一部のみ立ち読みしていました。それで、「自伝ではあれだけ悲愴ばったことを書いておいて実際の作風が端正な亜流作品とは商売上手よのう」というのが正直な感想で、あまり本気で興味を持てていなかったというところです。
1
無道入人 (Day-Bee-Toe) @DayBeeToe 2014年2月21日
またもう一つ、中途失聴した大作曲家はベートーヴェンの他にも何人かいるので、自伝でその話を読んでも、そのことが音楽を聴く姿勢には影響しませんでした。そもそも過去の大作曲家には紆余曲折の人生を送った人も多いからです。
3
無道入人 (Day-Bee-Toe) @DayBeeToe 2014年2月21日
以上です。大量に投稿して申し訳ありませんでしたがご参考になれば。
0
catspeeder @catspeeder 2014年2月21日
France_syoin 専門性とかいう問題じゃねーだろ本当にまとめ読んでるのか?…と思ったがFrance_syoinだったので納得した。
3
セオノ@趣味モデラー @Rinforzando_960 2014年2月22日
この件を抜きにしても新垣氏の曲はパッとしないなーって感じ やっぱ、有名クラシックのが聴いてて楽しいかな まぁ、新垣氏は元々別ジャンルの人だっていうから、当然かなって気はするけども ……実は現代のベートーベンに関してはほぼ興味無かったし やっぱベートーベンの曲ほど惹かれるものは無かったね
0