20140222「せとしんプロボノプロジェクト」フォーラム~地域内"志金"循環モデルへの挑戦~

2
木村真樹 @kimuramasaki

今日は「せとしんプロボノプロジェクト」集大成のフォーラム(^人^) http://t.co/7Ak7tnYJxz 終了後は清里→木曽福島→(一瞬…)名古屋→福島→東京の出張三昧。28日(金)最終の新幹線で帰名します(^-^)/

2014-02-22 11:05:54
永田賢介(ジン) @gine_joybox

会場ほぼ9.5割がお固いスーツでおののいてるなう(笑)もうすぐ始まりまーす! @kimuramasaki がんばってください!>>2014年2月22日(土)「せとしんプロボノプロジェクト」フォーラム~地域内"志金"循環モデルへの挑戦~ http://t.co/C8MqAyyby0

2014-02-22 13:24:11
永田賢介(ジン) @gine_joybox

#せとしんプロボノ 「本プログラムでは、瀬戸信用金庫の職員(28名)が勤務時間外に、 地域金融機関での知識や経験を活かして、サステナブルビジネスを支える「プロボノ」として参画し…(続く)

2014-02-22 13:27:31
永田賢介(ジン) @gine_joybox

#せとしんプロボノ (続き)…サステナブルビジネスが地域の経済社会にもたらす定性的な価値を金銭価値に換算して定量的に示す「SROI(Social Return On Investment:社会的投資収益率)」 を測定する取り組みなどを進めています。 」

2014-02-22 13:28:29
永田賢介(ジン) @gine_joybox

#せとしんプロボノ フォーラムはコミュニティ・ユース・バンクmomo主催、瀬戸信用金庫協力、独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金助成、 そして後援が愛知県、環境省中部地方環境事務所、国土交通省中部地方整備局、内閣府、名古屋市 すご!司会は @momo_koyuki

2014-02-22 13:34:08
永田賢介(ジン) @gine_joybox

#せとしんプロボノ 先ほどのつぶやきをきむさんに発見され、会場の層を聞いたところ、今日の参加者の約8割がせとしんの職員さん!(焦った)まず最初に、「なぜ、今、このプロジェクトなのか?なぜmomoとせとしんが協力してこのプロジェクトに挑むのか?」のお話。

2014-02-22 13:37:32
永田賢介(ジン) @gine_joybox

#せとしんプロボノ 木村氏「日本は全国的に人口減、その中でも若者の割合がどんどん減り、支える側より支えられる側 が増えている現状。momoの取り組みは配当の無い出資で出資者524名、出資総額5174万、類型約1億を、サステナブルビジネスに融資し、9年貸し倒れ無く経営しています。」

2014-02-22 13:40:30
永田賢介(ジン) @gine_joybox

#せとしんプロボノ 木村氏「momoが民間個人の資金で融資を行っていく中で、事業者が次のステージに進むには銀行からの借入が必要がわかり、またしんきんは必ず地域の人口減の問題に向き合わざるをえない。そういうところで連係をご提案することになりました。」

2014-02-22 13:42:14
永田賢介(ジン) @gine_joybox

#せとしんプロボノ 木村氏「今回はプロボノを募集するプロジェクトでした。いわゆる時間的な単純労働や作業のボランティアイメージではなく、プロの知識や技術で課題解決プログラムを進めるためのものです。27名が参加し、1つはSROIの測定、2つめは組織課題解決をテーマに取り組みました。」

2014-02-22 13:45:11
永田賢介(ジン) @gine_joybox

#せとしんプロボノ 木村氏「SROIとは?NPOの活動は素晴らしいが、当事者でしかその価値がわかりにくいのが課題です。例えば、子どもの笑顔や閉じこもりの解決をきちんと定性評価し、その後数字に置き換えていく成果指標のことです。これはまだ日本に入ってきたばかりの新しい概念です。」

2014-02-22 13:47:21
永田賢介(ジン) @gine_joybox

#せとしんプロボノ 「このプロジェクトのねらいは支援先、参加職員、アドバイザーなど全てのステークホルダーに価値を感じてもらうことです。支店の周りを掃除することだけが社会貢献ではない。地域の課題を解決する、同時にそのプロセスを通して、地域の金融機関にとっての人材育成にもなります。」

2014-02-22 13:49:52
永田賢介(ジン) @gine_joybox

#せとしんプロボノ 木村氏のお話はここまで。ここからは実践報告に移ります。「日本初?地域金融機関職員による継続的なプロボノ活動」 ということで、最初のゲスト(話し手)は、にんじんCLUB代表の伊勢戸由紀さん http://t.co/LewbNeRAsH

2014-02-22 13:52:18
永田賢介(ジン) @gine_joybox

#せとしんプロボノ 伊勢戸氏「私たちは、地域では中堅的な企業だと思います。中部リサイクル運動市民の会のいち事業部門であった、生産者とお客さんをつなぐ活動を事業化し独立した歴史があります。木村さんやせとしんさんとのつながり、またSROIの関心から、本プロジェクトに参加しました。」

2014-02-22 13:55:50
永田賢介(ジン) @gine_joybox

#せとしんプロボノ せとしん職員(入れ替わりで沢山登壇されるのでお名前と敬称は省略させていただきます)「株式会社にんじんさんの主事業は有機・無農薬・低農薬野菜などの宅配、そしてカフェ&レストランの運営です。」

2014-02-22 14:00:47
永田賢介(ジン) @gine_joybox

#せとしんプロボノ せとしん職員「SROIは社会的投資収益率の意味、今回は従業員とレストランの2つに軸を絞り、そこに投下した費用に対してどれだけ価値が生み出されたかを測定しました。従業員の変化の調査方法はアンケートと社長からのヒアリングです。」

2014-02-22 14:02:43
永田賢介(ジン) @gine_joybox

#せとしんプロボノ せとしん職員「結果としては、アウトカム(貨幣価値)=食生活改善の医療費削減、食品基準に関する教える技術向上、生産者とのつながり、就農への関心などです。」

2014-02-22 14:04:20
永田賢介(ジン) @gine_joybox

#せとしんプロボノ せとしん職員「その結果、生産者とのイベント・勉強会などのインプット約53万円に対して、116万のアウトカム、約2.2倍です。職員アンケートの結果は、自身が健康になっただけでなく、周囲に伝えていくことが出来るようになったなどのコメントが得られました。」

2014-02-22 14:07:41
永田賢介(ジン) @gine_joybox

#せとしんプロボノ せとしん職員「続いて、レストラン利用客をステークホルダーとしたSROI測定です。分子アウトカムはリラックス効果、食による健康づくりの意識向上、健康増進病状改善、人間関係の拡がり。そして分母インプットは支配人の人件費と賃借料の一般相場との差額です。」

2014-02-22 14:11:21
永田賢介(ジン) @gine_joybox

#せとしんプロボノ せとしん職員「その結果、レストラン事業は約4.4倍の社会的価値を生み出しているという測定結果になりました。算出プロセスは…ステークホルダー特定→アウトカム特定→データ収集(アンケート)→貨幣価値換算→インプット特定→SROIの算出とインパクトマップ作成」

2014-02-22 14:13:17
永田賢介(ジン) @gine_joybox

#せとしんプロボノ せとしん職員「アウトカムの特定については、にんじんレストランの理念や社長の思い、一般レストランとの違いなどを基準にヒアリングで設定しました。アンケートは117名に協力頂き、ファイブスケール等を使用しました。」

2014-02-22 14:15:54
永田賢介(ジン) @gine_joybox

#せとしんプロボノ せとしん職員「アウトカムの貨幣価値換算が一番難しかったのですが、例えばリラックス効果の価値換算を、例としてアロママッサージ、美容院のシャンプー、お茶やコーヒーといった設定を行い、それぞれの金額をアウトカムの単位に換算しました。」

2014-02-22 14:17:43
永田賢介(ジン) @gine_joybox

#せとしんプロボノ せとしん職員「この4.14倍(先ほど4.4とミスタイプしましたすみません)という結果が意味することは、一般営利企業の売上や利益とは異なる指標で定量化できたこと、また数値が1を超えたことで、投下された資金が理念の実現に寄与していると示されました。」

2014-02-22 14:19:41
永田賢介(ジン) @gine_joybox

#せとしんプロボノ せとしん職員「本プロジェクトを通し、職員にとっては異世代の職員間のつながりができたこと、事業者とお客様以外のつながる視点ができたことなどがあります。信金そのものにとっては、職員のスキルアップや地域貢献のパートナーたるNPOとのつながりが深まりました。」

2014-02-22 14:23:09
永田賢介(ジン) @gine_joybox

#せとしんプロボノ せとしん職員「また、にんじんCLUBさんからは、第三者の目を通じて事業内容を振り返り、客観的に評価する機会となったこと、また、授業員やお客様の声を聴くことができた、今後様々な関係者に活動意義を示すことができるようになった 等の声が聞けました。」

2014-02-22 14:25:04
永田賢介(ジン) @gine_joybox

#せとしんプロボノ 伊勢戸氏「外部の視点で作成頂いたアンケートでは『レストランの利用で病状回復の効果を感じることがありますか』や『当レストランを周りにお勧めしたいと思いますか』などの踏み込んだ項目があり、これを実施できたことそのものも、価値が大きいです。」

2014-02-22 14:28:41
残りを読む(37)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?