Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集可能

メディアアート/「オカルト」/TrainSimulator

@hikohikoさんのICC「みえないちから」展フォルマント兄弟の作品雑感から、メディアアートと幽霊/オカルト的な世界との関係について、疑似同期アーキテクチャの超常現象感など。いろいろ興味深い論点があったのでクリップしておきます。
7
akihiko taniguchi @hikohiko

そいえば今日みてきたICCの「みえないちから」、展示全体もそうだし、特にフォルマント兄弟の作品とか思い出横丁第二回の内容と重なるところが多かったので、その辺いろいろ考えたい。

2010-11-01 00:20:30
akihiko taniguchi @hikohiko

全体的に幽霊っぽかったですね。というか兄弟のはお化け屋敷でしたし。テクノロジーとかメディアを霊的な物として捉えるっていうのは昔からある事なので被ることはあるかと思うのですが、今このタイミングでとなると、「オカルト・テクニクス」にせよ、それこそシンクロニシティを感じてしまう

2010-11-01 01:24:33
akihiko taniguchi @hikohiko

テクノロジーとかメディアを霊的な物として捉える→霊的な物に対してのテクノロジーとかメディアの進歩って側面もありますね。

2010-11-01 01:26:42
akihiko taniguchi @hikohiko

フォルマント兄弟の作品のなかでも、霊的なもの、超自然的な事に対して名付けること、わかりやすい物語を作る事がそういった現象に対する人間の自己防衛機能であり.... ってくだりがありましたね。

2010-11-01 01:28:44
akihiko taniguchi @hikohiko

そうなってくると「オカルト」と呼ばれるものと「科学」って呼ばれるものがそれほどかけ離れた出来事でもないですよね。科学=洗練されたオカルトみたいな。

2010-11-01 01:31:50
akihiko taniguchi @hikohiko

というかここまではわりと普通な理解なのでもう少しいろいろ考えんとな

2010-11-01 01:35:53
Sembo / センボー @1000b

90年台くらいのメディアアートってオカルト的なものともっと近かった気がする。しばらくしてインタラクションが発達してそういうのが無くなったけど、また最近出てきてるのかね @hikohiko

2010-11-01 01:38:58
akihiko taniguchi @hikohiko

フォルマント兄弟の作品、「いま・ここ」での出来事が何をもって「いま・ここ」なのかという問題に踏み込んでた。で、それはブーメランのようにフレディの声の合成した自らの作品への批判にもなってるよね。

2010-11-01 01:40:42
Sembo / センボー @1000b

あ、同じことだ。まだ見てないんだよね RT @hikohiko: フォルマント兄弟の作品のなかでも、霊的なもの、超自然的な事に対して名付けること、わかりやすい物語を作る事がそういった現象に対する人間の自己防衛機能であり.... ってくだりがありましたね。

2010-11-01 01:45:19
akihiko taniguchi @hikohiko

@1000b そうですね。たしかにそう言われるとそういった傾向ありそうですね。なんとなく伊藤俊治さんの電子美術論とかでも、そういったオカルトだったり、瞑想とかを示唆させる作品への言及が多かったなとか思い出します。

2010-11-01 01:45:24
akihiko taniguchi @hikohiko

つまり、フレディの声がコンピューターでリアルタイムに合成されてることが果たして「いま・ここ」だろうか?という批判。リアルタイムでありながら、それが何度も再現可能であることは本当に「リアルタイム」なのだろうか?という

2010-11-01 01:47:59
akihiko taniguchi @hikohiko

若干ネタばらしになるけど、思い出横丁の第三回のテーマ案として「奇跡」とか「偶然」が上がってる。これはフォルマント兄弟の「いま・ここ」が「リアルタイム」だろうか?問題とも関わってくるんじゃないでしょうか。

2010-11-01 01:52:01
Sembo / センボー @1000b

@hikohiko 最近またオカルト的な流れが出て来てるとしたら興味あるなー。また変なヤツらが現れてきそう。思い出横丁みたいなw

2010-11-01 01:55:38
Sembo / センボー @1000b

ちなみにウチの出してる作品は、1年半前のやつなので、最近の流れとは微妙にずれてるよ

2010-11-01 01:59:54
akihiko taniguchi @hikohiko

@1000b オカルト的な流れ、あるというか事後的にそう見えるかもしれませんねー変なやつ出てくるの楽しみですねー横丁みたいのいっぱい出てきて酔っぱらいながら喧嘩して仲良くなったり仲悪くなったりするメディアアート業界を夢見ています。

2010-11-01 02:13:43
akihiko taniguchi @hikohiko

最近のオカルト的な流れでいうと、やっぱニコ動のコメントにおける疑似同期とかですかね。濱野智史がマリオカートのゴーストとの類似をあげてたけど

2010-11-01 02:15:59
akihiko taniguchi @hikohiko

この手の、ゲームにおける擬似同期的な表現で一番やばいのはこれ→ http://www.youtube.com/watch?v=ptCwGJtJERI

2010-11-01 02:19:58
拡大
ちぇん @ChieUchida

電話とか写真とか色々例がでてたね。 “@hikohiko: そうなってくると「オカルト」と呼ばれるものと「科学」って呼ばれるものがそれほどかけ離れた出来事でもないですよね。科学=洗練されたオカルトみたいな。”

2010-11-01 02:20:09
akihiko taniguchi @hikohiko

電車からの実写の映像を使った運転シミュレーターなんだけど、これ線路の上を走ることをリアルに追求する結果、実写になって、単に運転席のインターフェースを通してビデオを早送りしたり停止するゲームになってる。 http://bit.ly/aidXHI

2010-11-01 02:23:28
ちぇん @ChieUchida

@hikohiko 技術とオカルトでいうと映画が生まれた頃、手品師が映画的なものを活用して儲けた話がある。

2010-11-01 02:24:39
akihiko taniguchi @hikohiko

このTrainSimulator、初めて見たとき以来印象に残ってて http://bit.ly/c8FyKL とか http://bit.ly/3VQlTH の作品はモロにこれの影響。

2010-11-01 02:31:30
ちぇん @ChieUchida

うろ覚えだけど、動いているものを記録する技術ができた時、飛びついたのが手品師だったとか。動く映像ってのが手品か手品以上の不思議さや奇怪さをもっていたんだとおもう。手品のショーとかで上映されたとか。“@hikohiko: @ChieUchida それ後でkwsk”

2010-11-01 02:34:01
ちぇん @ChieUchida

ちょっとうそかも(笑)うろ覚えで。ただ月世界旅行の作者は元手品師だったりする “@hikohiko: @ChieUchida それ後でkwsk”

2010-11-01 02:38:56
akihiko taniguchi @hikohiko

@ChieUchida なるほどねー映像が動いてる事の根源的な不思議さみたいな事ってもうなかなか感じ取れないよね。今日見た小金沢健人のほこりの映像作品とかに、そういった不思議さが少しあったかな。CGとかシミュレーションみたいに見えるのに実写だしみたいな曖昧さの中に。

2010-11-01 02:41:17
残りを読む(57)

コメント

田中孝太郎 @dotimpact 2010年11月2日
昨日見かけたあたりを追記しました。もっとTrainSimulator分がほしい
0