トルコUAE原子力協定に関する参議院外交防衛委員会審議(4月15日)

画像はこちらから見ることができます。 http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php 2014年4月15日→外交防衛委員会 このまとめは、午前の審議までです。 午後の参考人質疑については、下記のブログに記事をアップしました。 続きを読む
13
満田夏花 @kannamitsuta

本日(4/15)参議院の外交防衛委員会で10時からトルコUAEとの原子力協定の質疑。三木亨(自民)藤田幸久(民主)石川博崇(公明)中西健治(みんな)井上哲士(共産)アントニオ猪木(維新)小野次郎(ゆい)議員が質問に。午後は参考人陳述。 http://t.co/aWIvMau25M

2014-04-15 09:42:11
満田夏花 @kannamitsuta

【本日14時~】トルコ・UAEとの原子力協定で参考人招致実現!(参議院の外交防衛委員会) http://t.co/DmHeYNZFk6 … 舩橋晴俊さん(法政大学教授)と田辺有輝さん(JACSES)が発言。参議院TVで中継。午前10時から審議入り。各党がどんな発言するのか注目!

2014-04-15 09:46:50
満田夏花 @kannamitsuta

参議院外交防衛委員会でトルコUAE原子力協定について審議中。 三木亨議員(自民):核物質・原子力技術は軍事転用も可能。原子力協定の意義は? 外務省:不拡散の保障措置、原子力安全、核セキュリティを重視。これらの分野の国際的な枠組みの強化。核物質がいかなる核爆発装置にも使われない。

2014-04-15 10:09:03
満田夏花 @kannamitsuta

参議院外交防衛委員会でトルコUAE原子力協定について審議中。 外務省:世界全体で、2012年430基の原発。2030年までに60~350基増える。三木亨議員:エネルギーの安定供給、地球温暖化の観点から各国が推進している。 日本が高い技術でどのように世界の原子力に寄与していくのか

2014-04-15 10:15:30
満田夏花 @kannamitsuta

参議院外交防衛委員会でトルコUAE原子力協定について審議中。 牧野政務官:福島第一原発事故に関する経験と教訓を世界と共有する。インド、南アフリカ、ブラジル、サウジアラビアと原子力協定を締結しようとしている。 三木亨議員(自民)インドなどは核武装しようとしているので慎重な検討が必要

2014-04-15 10:16:32
風の旅人 @deaeteyokattana

@kannamitsuta 字数制限ありますけどここで書き込めますよ ( #国会を見よう 参:外交防衛委員会ミラー http://t.co/ZMrSYZgU0w )

2014-04-15 10:18:42
満田夏花 @kannamitsuta

三木亨議員:なぜ、UAEはわざわざ原発を導入するのか。石油・天然ガスが豊富なので火力発電でよいのでは? 外務省:99%を天然ガスに依存。エネルギー安全保障の観点から、自然エネルギーに転換。また、25%を原発からの供給にしようとしている。UAE側からの期待は大きい。

2014-04-15 10:19:48
満田夏花 @kannamitsuta

三木亨議員:UAEとの原子力協定だが、交渉中に3.11が起こった。どのように事故の教訓を活かすのか? 外務省:UAEは原子力安全を最高レベルに。UAEの規制当局は福島原発事故を規制に取り入れようとしている。日本も、世界最高水準の安全性を有する技術を提供していく。

2014-04-15 10:22:07
満田夏花 @kannamitsuta

三木亨議員:なぜトルコで原子力計画が進まなかったのか?日本が協力するに至った経緯は? 外務省:頓挫した理由は70~80年代における内政上の混乱、国際情勢の変化、経済危機をうけた凍結。その後2005年にエルドアン政権が樹立し、安定。経済の立て直しにも成功。そして改めて原発を推進。

2014-04-15 10:24:31
満田夏花 @kannamitsuta

外務省:昨年、安倍首相の訪トルコの際、日本に対して、排他的交渉権が与えられた。これを受けて契約が…。 三木亨議員:国内においてさまざまな意見があるときいている。資金、立地などがまだ解決に至っていない。トルコは地震国。1999年の地震。大きな懸念があり、国内からも反対の声が。

2014-04-15 10:26:54
満田夏花 @kannamitsuta

三木議員:一方でシノップでは建設によって雇用の機会もあがり、政府からの補助金に対する期待もある。 トルコに限らず、全世界において、原発の建設において最も大事なのは地元の理解。この点はどうか? 外務省:先方の政府の責任ある幹部からうけている説明は、地元住民は、原発建設を概ね支持。

2014-04-15 10:28:33
満田夏花 @kannamitsuta

参議院外交防衛委員会でトルコUAE原子力協定について審議中。 外務省:政府は、住民の理解を得るため、努力している。日本も必要に応じて協力する。パンフレットや情報センターで情報提供。 三木議員:しっかりと地元の理解を得るように、進めて頂きたい。

2014-04-15 10:30:06
満田夏花 @kannamitsuta

三木議員:原子力協定の8条について。「両国政府が書面で合意する限り(核物質の)濃縮や再処理ができる」とされているが、他国との原子力協定では、「濃縮・再処理はされない」としている。今回、違う書き方となった理由は? http://t.co/aWIvMau25M→「外交防衛委員会」

2014-04-15 10:32:09
満田夏花 @kannamitsuta

岸田外務大臣:トルコ自身が他国と結んだ原子力協定との比較、トルコにおいて「濃縮・再処理」を禁止し、日本を縛るものではないということに関して、「…できない」という表現にすることにトルコ側が難色。我が国としては、「トルコにおける濃縮・再処理は認めない」という実態は確保できると判断。

2014-04-15 10:36:40
満田夏花 @kannamitsuta

参議院外交防衛委員会でトルコUAE原子力協定について審議中。 藤田幸久議員(民主党):Nuclearの日本語訳は?(おい) 岸田外務大臣:「原子力」「核」 藤田議員:広島では核兵器の非人道性が中心で議論された。今回の原子力協定は原子力の平和利用。外国にどう輸出するのか? 重要。

2014-04-15 10:40:50
満田夏花 @kannamitsuta

藤田議員:オンカロを視察しての教訓。フィンランドでは、核廃棄物をどう安全に保管するのか、透明性と徹底した議論が必要。 経産省(?):原子力規制委員会が設立され、世界で最も厳しい規制基準が採用され、これにより再稼働。地元にもしっかり説明していく。

2014-04-15 10:45:59
満田夏花 @kannamitsuta

経産省(?)廃棄物の処理場については選定のための調査に着手できない状況。抜本的な取り組みの見直しを進めており、中間とりまとめのプロセス中。多様な立場の住民が参加する合意形成のプロセスを確立していく。 藤田幸久議員:原子力規制当局が国民に信頼されることが必要。

2014-04-15 10:47:06
満田夏花 @kannamitsuta

藤本英香原子力規制庁次長:まだ原子力規制に十分国民の信頼が回復していない。科学にもとづく規制が重要。独立性・中立性・透明性を確保していく努力をしている。IAEAでは、各国の原子力規制に関する総合的レビューをしている。日本の規制について国際的観点からみてもらう。

2014-04-15 10:50:09
満田夏花 @kannamitsuta

赤羽経産副大臣:被害をうけた地元のみなさん、原発政策の正しいご理解がどの程度まで得られたのだろうか? 事故の起こる前、平時から福島第一原発の実態や、放射能の正しい知識を啓蒙することが必要。 文科省が副読本を配布したが、それだけでは十分ではなく平素から放射能の正しい理解を進めていく

2014-04-15 10:54:58
満田夏花 @kannamitsuta

藤田幸久議員:原子力規制委員会への圧力が気になる。米NRCのもと委員長ヤツコさん曰く「原子力をベースロード電源と位置付けると他に解釈がなく、再稼働と感じてしまう」。結局原子力規制委員会が選択肢がなくなってしまうのでは? 赤羽経産副大臣:それは杞憂。安全性を最優先。世界で最も厳し

2014-04-15 10:59:09
満田夏花 @kannamitsuta

藤田議員:トルコの災害緊急事態管理庁・地震観測センターなどの数値をもとに、安全確認ができたそうだが、その客観性はどのように確認したのか? 岸田外相:原子力の安全確保は、第一義的には相手国政府の責任で確保する。 我が国として検証はしていない。トルコのしかるべき組織が行った調査。

2014-04-15 11:18:31
満田夏花 @kannamitsuta

参議院外交防衛委員会: 石川博崇議員(公明党):人材育成重要。日トルコで科学技術大学の設立に合意したときいている。 外務省:原子力分野人材育成も含めた国際大学の設立に合意。大学設立に向けた検討を進めている(税金じゃぶじゃぶ) http://t.co/aWIvMau25M

2014-04-15 11:27:09
満田夏花 @kannamitsuta

参議院外交防衛委員会… 石川博崇議員(公明党):核不拡散などの4つの条約。トルコは放射性廃棄物等安全条約を結んでいない。国内の手続きを加速させるべきでは。 外務省:4つの条約の遵守を求めていく。協定締結のプロセスの中で働きかけてきた。

2014-04-15 11:36:46
満田夏花 @kannamitsuta

参議院外交防衛委員会 石川議員:仮にトルコで条約が結ばれないのに原発建設が進むとしたら? 外務省:一般論として放射性廃棄物の処分は、どの国でも難しい困難。処分場の確保についてはトルコ政府が責任を負う。 トルコの地震が発生する可能性などを踏まえ、定期的な二国間協議を行う規定を設けた

2014-04-15 11:38:48
満田夏花 @kannamitsuta

外務省:改正核物質防護条約の締結について、トルコで国内手続きが進捗中。 石川議員:日本ができる技術支援については提供していくべき。 サウジアラビアとの原子力協定との締結交渉について。同国はIAEAとの間で追加議定書については締結していない。慎重であるべき。 外務省:働きかける。

2014-04-15 11:44:45
残りを読む(25)

コメント