10周年のSPコンテンツ!
10
げーむ仙人かいぽん(ぱぱら快刀/海道賢仁) @kenji_kaido
クレオパトラフォーチュンのことをまだ語ってないよ?って言われたので、GW特別企画としてちょっと語ってみます。GWはもう終わってるけどw
げーむ仙人かいぽん(ぱぱら快刀/海道賢仁) @kenji_kaido
クレオパトラフォーチュンは、タイトーの家庭用通信カラオケ機「X-55」での専用配信用ゲームとして95年に制作したゲーム。後にアーケードやコンシューマに移植された。移植版に関してはぼくは関わってないので、パトラ子関係の裏話とかは今回はないですw
げーむ仙人かいぽん(ぱぱら快刀/海道賢仁) @kenji_kaido
パトラ子ちゃんはアーケード版で追加されたオリジナル要素。このへんの経緯の話はまたのちほど。
げーむ仙人かいぽん(ぱぱら快刀/海道賢仁) @kenji_kaido
クレオパトラフォーチュンを語る前に、まず家庭用通信カラオケ機「X-55」について、若干説明をしておく必要があるかとおもいまする。
げーむ仙人かいぽん(ぱぱら快刀/海道賢仁) @kenji_kaido
X-55は、世界初の家庭用向け通信カラオケ機として95年に発売されました。当時業務用で流行していた通信カラオケ機の家庭版で、音源チップも業務用機とほぼ同じものを積んでいました。家庭ではアナログ電話回線でサーバと接続して楽曲を都度ダウンロードするという仕組みでした。
げーむ仙人かいぽん(ぱぱら快刀/海道賢仁) @kenji_kaido
当時はまだインターネットが普及してなくて、パソ通全盛時だったので。モデム速度は9600bpsだったかな?
げーむ仙人かいぽん(ぱぱら快刀/海道賢仁) @kenji_kaido
X-55は、音源チップのほかにも、スーパーファミコンとメガドラのあいだぐらいのハードウェア性能があったので、カラオケ以外にもゲームも配信しよう!という企画だったのです。
1re1 @1re1
@kenji_kaido 安室奈美恵さんのX-55 CM、強烈でしたね。 http://t.co/pdZ7aqSyVI
拡大
げーむ仙人かいぽん(ぱぱら快刀/海道賢仁) @kenji_kaido
当時のX-55でのゲーム配信はいまの贅沢なDL販売とは違い、ゲームをプレイするたびに都度タイトルをロードする仕組みで、別のゲームを遊ぶには以前DLしたゲームを消去して上書きして遊ぶって仕組み。メモリが少なかったからねw
げーむ仙人かいぽん(ぱぱら快刀/海道賢仁) @kenji_kaido
1ゲームの容量は400~700KBぐらい(たしか)。アナログ電話回線で3分程度で配信しきれる容量。1ゲームのDLは1回100円でした。この容量でも本体にはゲーム1本しか格納できなかったんだよー。
Har. @Har7201
@kenji_kaido 質問なのですが、X-55の企画経緯そのものは当時のカラオケブームの影響からですか?
げーむ仙人かいぽん(ぱぱら快刀/海道賢仁) @kenji_kaido
で、このX-55でのゲーム配信ビジネスを立ち上げるために、専用ゲームタイトルを揃える必要がありました。まずは一通りの定番ゲームを揃える一環で、オリジナルの落ちものパズルゲームを、という必要性から制作がスタートしたのがクレオパトラフォーチュンでした。
げーむ仙人かいぽん(ぱぱら快刀/海道賢仁) @kenji_kaido
ほかには、上海とかテトリスとかのパズルゲームがありましたねX-55には。あとクイズゲームもつくりました。
げーむ仙人かいぽん(ぱぱら快刀/海道賢仁) @kenji_kaido
そんなこんなで、オリジナルの落ちものパズルゲーム企画を私が担当することになりました。落ちものパズルを作るにあたって参考にしたのがテトリス・ぷよぷよ・コラムスの御三家(?)です。
げーむ仙人かいぽん(ぱぱら快刀/海道賢仁) @kenji_kaido
当時のぼく。テトリスは得意じゃなかったのであんまり遊びませんでしたが、コラムスとぷよぷよはメガドラで徹夜で遊んだものです。クレオパトラフォーチュンを作るにあたって、思想的にはテトリスとコラムスから強く影響を受けました。
げーむ仙人かいぽん(ぱぱら快刀/海道賢仁) @kenji_kaido
セガテトリス、コラムス、ぷよぷよ(コンパイルだけど)。おお、ぜんぶセガがらみだ!セガはもしかしてすごいパズルゲーム王国なんじゃないのか!(世間ではそんなイメージがほとんどないけど・・・)
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith
@kenji_kaido 落ち物ゲームはセガが創りだしたもの多いですよ。セガ以外を探すほうがかなり難しいかと思いますw
げーむ仙人かいぽん(ぱぱら快刀/海道賢仁) @kenji_kaido
テトリス、特にセガテトリスは、私の目からみれば、ブロックを積み上げるパズルゲームではありません。あれは共産主義的労働者(サラリーマン)の苦衷を描いたストーリー作品だと思っています。お上から下りてくる無理難題を処理して解決していく、会社員ストーリーなのです!!
げーむ仙人かいぽん(ぱぱら快刀/海道賢仁) @kenji_kaido
だからテトリスはサラリーマンに大ヒットしたんじゃないかという説。
1re1 @1re1
@snapwith @kenji_kaido しかしパズルのQIXはタイトー!と思いたい。ヴォルフィードとか!
げーむ仙人かいぽん(ぱぱら快刀/海道賢仁) @kenji_kaido
パズルゲームにおいて、その語られざる背景ストーリーこそが重要なのだと、テトリスから学びました!
Har. @Har7201
@kenji_kaido どうりで合点が行きました。当時は学生でセガ直営店でバイトをしていたのですが、店舗オーナーの提案でゲームコーナーの一角に簡易カラオケボックスを設置して大当たりしたのを思い出しました。
岩崎啓眞@スマホゲーム屋さん @snapwith
@kenji_kaido ぱずるだまと、パズニック、あとsamegameを除くと、いきなり3マッチパズルの世界になっちゃうぐらいセガ&コンパイルは影響でかいかなーとw
げーむ仙人かいぽん(ぱぱら快刀/海道賢仁) @kenji_kaido
さて。クレパトを作るにあたって、3つの要素をまず重視することに決めました。(1)神秘的であること。(2)背景ストーリーを感じさせる。(3)オリジナルのルール。(1)の神秘的であること、っていうのは、コラムスの宝石から学んだことです。(2)はテトリスから。(3)はこだわり。
残りを読む(31)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする