2014年5月10日

戦車小話~T-50軽戦車の生産を中止して欲しくない幾つかの理由

戦史の上ではマイナーな、でもゲームなんかではしばしばメジャーなT-50軽戦車。 少数生産に終わった本車ですが、その生産終了に際してのお話を少しだけ
42
えすだぶ @FHSWman

T-50軽戦車の生産は工場疎開やら何やらのゴタゴタの関係で1941年末あたりには終わっちゃうんだけど、これに対して「お願い! T-50の生産終了しないで! とっても良い戦車なんだよ!」と主張する文書が42年1月に出てて、これがすごく面白い

2014-05-09 12:31:27
えすだぶ @FHSWman

(戦闘評価の大意)KV重戦車は重装甲だが、単体の運用では損害が拡大するのみで戦果は少ない。しかしT-50軽戦車と共にKVを用いると、被弾数の多さは変わらずとも最終的な損失が劇的に低下する。これは、敵対戦車砲に最適なタイミング以外での発砲を強い、弱点への精密な照準を妨げるからである

2014-05-09 12:48:30
えすだぶ @FHSWman

(戦闘評価の大意)重戦車が敵に接触する直前に、その援護下で高速な軽戦車が前進する。軽戦車(T-50)は敵の対戦車砲(軽対戦車砲)に対して十分な装甲を持つため、重戦車にとって危険な重対戦車砲を撃破するように機動することができる。しかる後に全ての戦車が残敵を掃討する

2014-05-09 12:56:52
えすだぶ @FHSWman

「なるほど確かにT-50凄い」と思う反面、「じゃあ重戦車とは一体……?」との疑念が湧いて来ないでもない。でも多分、重戦車の援護下での軽戦車の突入ってのが肝なんでしょうね。たぶん

2014-05-09 13:01:35
JagdChiha 𓂀次元不可能性攪拌機 @Jagdchiha

つまるところ「戦車には歩兵の協同が不可欠」の原則を歩兵の代わりに軽戦車が担った、ということなのかしら なまじ軽対戦車砲兵が持つ自衛火器では始末できない装甲もあるわけだし、対戦車砲を指向するにはKVの援護と自分の機動力で困難に、と

2014-05-09 13:22:46
えすだぶ @FHSWman

これは言い得て妙かもだなあ。視界も動きも悪くて隠蔽もしずらいKVに比べると、見通しが効いて小柄で隠れやすいT-50はちょっと歩兵っぽい立ち位置になったのかも

2014-05-10 14:42:22
えすだぶ @FHSWman

片やヴァレンタインも、とにかく小ささがやたらに褒められてた印象があることだなあ

2014-05-10 14:43:47
えすだぶ @FHSWman

「T-50軽戦車の生産中止しないで!」のお話について、戦闘評価にはもう少し細かいお話も

2014-05-09 22:10:27
えすだぶ @FHSWman

1. 小型のT-50軽戦車の装甲として、37mmの全周装甲は十分である。重戦車それ自身も最早完全に無敵であるとは言えないが、これとT-50を合わせて正しく運用すれば生存性が向上する

2014-05-09 22:17:25
えすだぶ @FHSWman

2. T-50は強力な余剰馬力と小さな車体によって(T-34にも劣らない)高い機動性を持ち、いかなる地勢も容易に踏破する 3. T-50は優れた視察装置によって最も視界の優れた戦車となっており、戦場での完全な操縦を可能としている

2014-05-09 22:32:33
えすだぶ @FHSWman

(言われてみると、T-50って車長キューポラを持つ最初のソ連制式戦車なんじゃないかしら。他にも何かあったっけ……?)

2014-05-09 22:34:25
えすだぶ @FHSWman

や、寝言言いました。T-18の時点でキューポラあるわね http://t.co/2mmlUC8wfL

2014-05-09 22:35:13
えすだぶ @FHSWman

4. T-50の余剰馬力はT-34よりも大きく、これは装甲を45~75mmへと強化するのにも十分であるばかりか、さらに武装を強化した上でもまだ他の戦車より軽量で済む。この車台を用いれば強力で軽量な戦闘車両を極めて経済的に実現でき、これはT-34さえも置きかえ得るだろう

2014-05-09 22:41:37
えすだぶ @FHSWman

(びっくりするほど強気です)

2014-05-09 22:43:18
えすだぶ @FHSWman

5. 現代の小型戦車には、対戦車砲に対する防御力・機動性と戦場における操縦性が必要である。(T-50では)最初の点は37mm厚の傾斜装甲によって担保される。第二の点は、強力な出力重量比(少なくとも20馬力/t)とサスペンションの品質、そして戦車の全長(の短さ)によりもたらされる

2014-05-09 22:51:06
えすだぶ @FHSWman

T-50をT-34や他の戦車で代替可能であるか? という疑問については、要目表を添えて答えてる。比較対象はT-34と、増加装甲付のT-60

2014-05-09 22:52:57
えすだぶ @FHSWman

曰く……小銃弾に対する防御力しか持たないT-60によるT-50の代替は不可能。前面以外の装甲はあらゆる対戦車銃と大口径機銃で貫通され得る。前面装甲さえシモノフのような現代的対戦車銃で貫通され得る。安全な装甲厚の最低限度は(T-50の)37mmで、T-60の装甲では代替たり得ない

2014-05-09 23:01:51
えすだぶ @FHSWman

T-60の機動性と戦場における操縦性は旧式のT-26に近い。このような低速の戦車はT-50の代替たり得ない

2014-05-09 23:06:14
えすだぶ @FHSWman

T-50軽戦車は強力な45mm砲と人馬殺傷のための二連装同軸機銃を備える。これは軽戦車の要求に適することが実験で示された。T-60の小口径の武装は榴弾も徹甲弾も非力で、機銃火力も半分であり、これは当然ながら小型戦車の要求に適さない

2014-05-09 23:21:46
えすだぶ @FHSWman

という感じで、T-50の代替としてT-60では全く不足という論調が終始します。6.8tの戦車と14.5tの戦車を比べたら、そりゃそうなるわなという話ではあるんですが。 次ははT-34との比較もあり

2014-05-09 23:24:54
えすだぶ @FHSWman

……T-34の装甲は(T-50を)優越しているが、二倍も重い。サイズに関しては、特に背が高い為に隠蔽が困難である。機関銃は2挺あるものの砲塔と車体に分けて配置されており、T-50ほどの火力集中は不可能である

2014-05-09 23:31:40
えすだぶ @FHSWman

T-34の火砲は強力であるが、T-34とT-34の砲塔サイズは同等であり、必要ならば後者にも同じ砲を搭載可能である。製造の為の金属の必要量が多いために、T-34はT-50の代替たり得ない

2014-05-09 23:33:24
えすだぶ @FHSWman

仮にT-50軽戦車の装甲をT-34と同等にしても、その重量は15.5t程度となり、なお13~13.5tほどT-34より軽量であるため、運動性はほぼ維持されるだろう

2014-05-09 23:36:49
残りを読む(35)

コメント

深井龍一郎 @rfukai 2016年11月4日
そりゃまぁ予算獲得のための文書なら、嘘にならないギリギリのラインまで吹きに吹いても不思議はないわな。
0