異世界ファンタジーで、「拳銃」を描写してみるというテスト@榊一郎

榊先生の創作講座。 体験入学の生徒さんに、異世界における「拳銃」の描写を体験してもらった……というお話。 その後、筋肉が千切れる音から高圧感電で皮膚が裂ける話まで色々と。 ・作家をやるなら知識はあるに越したことはない 続きを読む
ライトノベル 創作 榊一郎 小説 ラノベ 描写論
6899view 0コメント
20
榊一郎 @ichiro_sakaki
知識云々というのでふと思い出した話。 #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
以前、というかかなり某専門学校で教えていた初期の頃の話ですが。体験入学において、何か「来た人に何か体験させてください」との事だったので、「じゃあ何かテーマ決めて書いて貰いますか」と。 #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
描写力を試す、という意味で「異世界ファンタジーの世界観で、拳銃を出してくる事。ちなみに勿論、拳銃という単語はNG」という課題。場面だの何だのは好きにして良いので、とにかく、拳銃が出てくる描写をしてみろ、と。 #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
ちなみにこの時の私の考え方としては、「意外に拳銃というものを異世界ファンタジーで描写するのは難しい」→「L字型、とかくの字型に折れた鋼の塊、という表現はNG」→「さてどうするかな?」みたいなものでした #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
ちなみに別に正解は無いのですが、ここで重要なのは「読み手は現代日本の日本人だが、世界は異世界という事」。つまり単純に外見描写だけしようと思えばつい、L字型だのくの字型だの書きそうになりますが、これはアウト。だってその世界にL字とかくの字って多分無いし。 #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
でも逆に言えば、読み手は現代日本の常識を持ってる訳ですから、別に事細かに形状を描写しなくてもいいんですよ。「何やら握る処らしいものが付いた鋼の塊」「穴が空いている」「どうやら武器らしい」「轟音と共に火を放ちツボが割れていた」これだけで我々は拳銃を連想します #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
要するに読み手の前提知識を回りから刺激してやるだけで、勝手に拳銃の形はその人の頭の中に描かれる――と。まあそんな話をしたかったんですが。あがってきた文章の中に幾つか意外な表現が。 #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
ちなみにその体験入学の受講者の方々の名誉の為に言っておくと、「お? いいなこれ」という面白いものも何本かありました。それこそ三十分やそこらでよく書いたなと思う位に優れたものも。ただ―― #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
かなりの割合、というか半数以上の人が、「拳銃を手にして思わず取り落としそうになる」という描写をしてるんですな。恐らく拳銃というものを描写する上で「ずっしりと重い鋼の塊」という定番的な描写を、そのまま鵜呑みにしているのだと思われますが。 #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
それこそ銃器関係に詳しい人なら知ってますが、標準的な軍用拳銃でも1キロ前後の重さしかありません。でかい重いと言われるオートマグやハードボーラーでも2キロありません。鋼の塊で重いのは事実ですが、剣士や大の大人が、いきなり「持ってふらつく」様なものではないんです。 #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
ちなみにデザートイーグルでようやく2キロ弱。ところがこれ、例えば、ポメラニアンと同じ重さだと言われたら、途端に軽いと思いません? 少なくともポメラニアンを片手で持ってよろめく剣士とかいたらダメでしょ、そりゃw #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
まあ、この時の人達が銃の重さを知らないのは、別に責めるべき事でもなんでもないんですが、「知らないとついつい、慣用句に引きずられて、大きな誤解をする」という事が問題。 #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
ずっしりと重い鋼の塊、というのは確かにその通りなんですが、その「ずっしり」の部分が頭の中で無意味に膨れあがって、「物凄く重いに違いない」的な思考になる。結果として妙な描写になる。これは危険だな、と。 #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
まあちょっとよく考えれば、軍隊用に大量生産している代物が、そんな「常人なら持っただけでふらつく」様な重さではない筈なんですけど。まあ咄嗟にそこまでは考えが回りませんわな。。 #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
銃に限らず、こういうポカは本当によくあるというか、私もぶっちゃけやった事がありまするが、いずれにせよしないに越した事はないので、広く浅くの知識が在った方が書き手は便利ですよ、という話。。 #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
広く浅く知識が在ると、なんというか、「あれ? これは調べておいた方がいいよな?」的な鼻がきくようになります。自分の思い込みに対して警戒心が働くようになるというか。そういう意味でも本は沢山読んでおいた方がいいすよ、と。。 #sousaku
れーじ/午後12時の男 @le_ji
@ichiro_sakaki 「デンドロビウムを知らない人に分かるように描写してみろ。ただしモビルアーマーって言葉は禁止」みたいなのもやってらっしゃいましたよね、確か。昔日記で見た記憶が。
榊一郎 @ichiro_sakaki
@le_ji デンドロビウムもそうですし、スタートレックのエンタープライズ号とかもネタとして使った事ありますが、さすがに敷居が高いのと、「え? なにそれ?」と言われた事も多々あったので、もっと分かり易く拳銃にしましたw
はっぱ @dai_nana
@ichiro_sakaki >聖書に旧約と新約 私は中学生の頃、新訳と旧訳だと思ってて「ああ、口語体と文語体で違うんだろうな」と思ってました。で、ユダヤ教徒は見えはって旧訳で読んでんだろなーと。
榊一郎 @ichiro_sakaki
@dai_nana ああ、ありがちありがちw 私なんか小学生の頃、黙示録って本が在るんだと思ってましたw
榊一郎 @ichiro_sakaki
@gugigugi やり方は色々ありますが、先にも書いた通り、「ああ、拳銃の事言いたいんだな」と読者の思考を誘導します。「懐から取り出した」(大きさの提示)「鋼の塊」(材質・表面の提示)「そいつはその道具らしきものを握り」(握る部分の提示)。 #sousaku
榊一郎 @ichiro_sakaki
@gugigugi 「先端部にあいた穴を敵に向けた」「次の瞬間、耳を聾するかの様な爆音と共にその道具は火を噴いて」云々ですかね。まあ現代銃は火なんか肉眼で殆ど見えませんけどw。 #sousaku
通話中 @neetteenex
逆にファンタジーが苦手で途中で何が起こってるかわからなくなりますw読むコツってありませんか?RT @ichiro_sakaki:、読み手は現代日本の常識を持ってる
榊一郎 @ichiro_sakaki
@artneetist むう、それは――難しいっつか、ファンタジーを読むコツ……すんません、思いつきません。ちょっと考えておきます。思いついたら書きまする。。 #sousaku
残りを読む(90)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする