Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

五代ゆう先生の描写論ー「設定」と「描写」の違いー、及び榊一郎先生によるネタ出し論 ー農業を例にー

前半は五代ゆう先生による、「小説の描写」と「設定をただ書き連ねた文」がどう違うかという例と解説。 更には「誰も見たことの無い物」を「あたかも実在するかのように描写する」ための表現能力、語彙を如何に獲得するかという五代先生の経験談。ただしこういった方法論は「ガラスの仮面」などを見れば分かるように、表現活動一般に共通する論理なので、汎用性は高いかと思います。 後半は榊一郎先生の解説と、おなじみ「小説のネタをどうひねり出すか」の例解。 今回は農業がテーマ。 続きを読む
137
五代ゆう @Yu_Godai

ちょっと榊さんの真似して、描写とか設定とかの書き方伝え方、について書いてみようかと思います。#sousakuタグお借りします>榊さん#sousaku

2011-06-24 00:01:57
五代ゆう @Yu_Godai

こないだ創作支援センターでファンタジーについての講義をさせていただきましたが、その時に、「ないものをあるように書く」ファンタジーというのは、実は特にリアリティある細やかな描写が必要である、という話をしました。#sousaku

2011-06-24 00:02:22
五代ゆう @Yu_Godai

初心者の方には、「ドラゴン」と一言書けばそれでドラゴンが書けたと思ってたり、「エルフ」と書けばエルフが書けたと思ってらっしゃる方をときどき見かけますが、それではファンタジーは成立しません。#sousaku

2011-06-24 00:02:39
五代ゆう @Yu_Godai

「ないもの」であるドラゴンやエルフ族を、あたかも「あるもの」であるかのように錯覚させるほどの、きちんとした描写、実感を伴った描写をすることが肝要なのです。#sousaku

2011-06-24 00:03:58
五代ゆう @Yu_Godai

といっても私は本能で書いてる人なので、実際の文章がないと説明できないタチなのでちょっと例文書きます。お付き合いを。#sousaku

2011-06-24 00:04:12
五代ゆう @Yu_Godai

ドラゴンは苛立ったように頭を振り、竿立ちになった。額石が赤く燃え上がる。膜質の翼が大きく広がり、逆立って震えた。鞍がいきなり持ち上がる。リジィは必死にしがみつこうとしたが、伸ばした手は頭絡をかすめて空を切った。天地がぐるりと回って、背中に激しい衝撃が走った。#sousaku

2011-06-24 00:04:43
五代ゆう @Yu_Godai

「おい、こら!」誰かが大声を上げて駆けてくる。すぐそばで砂煙が立ち、目の前に鉤爪をそなえた巨大な脚がずしんと踏み下ろされた。心臓が見えない手でぎゅっと握られる。恐怖が大きな塊になって喉につっかえた。声が出ない。#sousaku

2011-06-24 00:04:59
五代ゆう @Yu_Godai

「この小娘!」襟首がひっつかまれた。首を振りたてて鼻孔から煙を噴いているドラゴンの腹の下から、リジィは引きずり出された。硫黄の臭いが鼻をつく。#sousaku

2011-06-24 00:05:44
五代ゆう @Yu_Godai

巨大な爬虫類はまだ翼を上下させながら、金色の混じった紫色の奇妙な瞳をくるめかせてリジィを睨みつけた。何人かの竜使いが集まり、突き棒でドラゴンを静めようとしている。#sousaku

2011-06-24 00:06:01
五代ゆう @Yu_Godai

「どういうつもりだ?おまえ一人でドラゴンに近づくなと何度も言ってあるだろうが、この〈イクシック〉が!」親方の怒鳴り声も耳に入らなかった。震えが止まらない。あともう少し、指くらい近くにドラゴンが脚を下ろしていたら、今ごろリジィの顔の半分はなくなっていただろう。#sousaku

2011-06-24 00:06:24
五代ゆう @Yu_Godai

「いいか、もう二度と囲いに近づくんじゃないぞ、〈イクシック〉!おまえは水汲みやら薪割りやらだけやってりゃいいんだ」頭を垂れてリジィは聞くしかない。もつれた赤い髪が涙を隠してくれる。やせっぽちのくるぶしとひざ小僧が埃で白くなっている。#sousaku

2011-06-24 00:06:41
五代ゆう @Yu_Godai

竜使いの男たちがうんざり顔でこちらを見ていた。見習い小僧たちがささやきあってクスクス笑っている。〈イクシック〉、〈石っころ〉。自分につけられたあだ名がそれだ。#sousaku

2011-06-24 00:07:09
五代ゆう @Yu_Godai

どんなに人慣れしているドラゴンも、何故だか自分だけには触れることを許してくれない。だから〈石っころ〉。もっとも高貴な獣であるドラゴンに顧みられない、石娘。#sousaku

2011-06-24 00:07:25
五代ゆう @Yu_Godai

親方に追い立てられてドラゴン囲いを後にしながら、リジィはそっと後ろを振り返ってみた。ようやく静まったらしいドラゴンがなめらかな動きで囲いの奥へ動いていく。その緑色と金の混じった鱗の輝きに、胸を突き刺される思いがした。額石の赤い光が目に痛い。#sousaku

2011-06-24 00:07:42
五代ゆう @Yu_Godai

どうしてあんなに恐ろしい獣が美しいのだろう。いや、美しいから恐ろしいのだろうか。よくわからない。どちらにしろ〈石っころ〉娘のリジィは、〈石っころ〉のくせに、あの獣の中の宝石、生物の中の帝王に心惹かれてならないのだ。そっと両手に目を落とす。#sousaku

2011-06-24 00:08:02
五代ゆう @Yu_Godai

目をこすりながらそっと服の中に手を入れる。ようやくふくらみかけたばかりの胸の間に、しっかりした革紐でくくられた小さな袋がぶらさがっている。悲しい時はいつもそうするように、中身を手のひらにふり出してみる。#sousaku

2011-06-24 00:08:19
五代ゆう @Yu_Godai

それは半ば透き通った乳白色の石のかけらで、傾きによって青や紫、緑や黄色とさまざまな色が虹のようにきらめく。大きさや形は、ドラゴンが額に生まれながらに持っている石#sousaku

2011-06-24 00:08:53
五代ゆう @Yu_Godai

──『額石』と呼ばれる、ドラゴンの生命の精髄──に似ているけれど、こんな色の額石を持ったドラゴンなど聞いたことがない、とだれもが言う。#sousaku

2011-06-24 00:09:11
五代ゆう @Yu_Godai

石は三分の一ほどのところに大きなひびが走っていて、そのあたりから全体が白っぽく濁ってしまっている。透明なところはほんの少しだけ。それでもリジィはその石を捨てることはできなかった。#sousaku

2011-06-24 00:09:25
五代ゆう @Yu_Godai

親を知らないリジィが唯一持っている形見らしきもの、というのみならず、少しでもドラゴンを思わせるものは、ドラゴンに触れられない〈石っころ〉娘にとって、かけがえのない宝物だったのだ。#sousaku

2011-06-24 00:09:43
五代ゆう @Yu_Godai

……と、ここまでほぼ即興で書いたのでこのリジィなる女の子が何者でどうなるのか私は知りませんが(電波の人がなんか言ってますがとりあえず無視)ここまでの場面描写エピソードで出てきた設定を書き並べてみますと、#sousaku

2011-06-24 00:10:09
五代ゆう @Yu_Godai

1.主人公はリジィという名前の女の子2.リジィは孤児(赤毛・やせっぽち)3.この世界ではドラゴンが飼い慣らされ、竜使いという仕事が成立している4.ドラゴンの姿や動き(鉤爪、目、翼、鱗等)5.ドラゴンは『額石』と呼ばれる石を額に持っている#sousaku

2011-06-24 00:10:37
五代ゆう @Yu_Godai

6.リジィは何故か竜に触れず、〈イクシック〉(石っころ)と呼ばれて蔑まれている7.彼女は親の形見(?)として、竜の額石に似た不思議な石を持っている←たぶんこれが今後の話のキー#sousaku

2011-06-24 00:10:54
五代ゆう @Yu_Godai

で、これだけの設定を、主人公リジィの内面にも入り込みながら、「リジィが乗れないドラゴンに無理に乗ろうとして踏み殺されかける」というエピソードを書き(この中でドラゴンという生き物がどんなものか描写し)、#sousaku

2011-06-24 00:11:12
残りを読む(102)

コメント

遊川恒星 @kouseiy 2011年6月24日
蛇足ながら五代ゆう先生のお話の解説を 文中「ドラゴン」と一言書けばそれでドラゴンが書けたと思ってるがそうではない。「ないもの」であるドラゴンや エルフ族を、あたかも「あるもの」であるかのように錯覚させるほどの、きちんとした描写、実感を伴った描写をす ることが肝要なのです。という事を語られています。
1
遊川恒星 @kouseiy 2011年6月24日
これは何故でしょうか?一言で言うと、「人の想像力は様々だから」です。 例えば「時計」と一言書いて、人は何を想像するか。腕時計に置時計に柱時計。デジタルかアナログか、大きさは どのくらいか。色は、材質は、メーカーは? 日常よく見る時計一つで、これだけの違いがあるのです。だから、小説の文章で書くなら「古ぼけた鳩時計」とか「大 きなデジタル画面と幾つかのボタンが付いた大きな銀色の腕時計」というように書き、現代小説なら「高そうなブルガ リ」とか「安物の量産品」で描写は済む。この辺がジャンルによって同じ物を描写する
1
遊川恒星 @kouseiy 2011年6月24日
のでも描写の量とバランスが変 わってくるのですね。
1
遊川恒星 @kouseiy 2011年6月24日
話を戻すと、なぜ一言で描写を済ませてはいけないのかと言うのは、「その言葉で読者が脳裏に思い浮かべてもらうイメージを統一するため」です。
1
遊川恒星 @kouseiy 2011年6月24日
アニメ、マンガやテレビゲームと違い、小説、ラノベという物は、挿絵という援護がある場合もありますが、大半は自分の脳内に想像力で映像を浮かべなくてはいけません。ところが前述のように、人間の想像力は千差万別だし、その前提となる体験も千差万別です。 その千差万別の想像力を放置して具体的な描写をしないと、読者は自分勝手なイメージを作ってしまい、時にはそれが作者の意図したイメージと大きく食い違ってしまうのです。
1
遊川恒星 @kouseiy 2011年6月24日
そこで「誰もが理解できるであろう語彙の範疇で物事を描写する」事で、読者の想像力を補い、作者の脳内映像を読者に伝えるのです。五代先生の例文で言えば「膜質の翼」「鉤爪をそなえた巨大な脚」「金色の混じった紫色の奇妙な瞳」「緑色と金の混じった鱗の輝き」等の描写。これである程度ドラゴンの具体的な姿が読者の脳裏に形成されます。
1
遊川恒星 @kouseiy 2011年6月24日
描写の順番を間違えたり、具体的な描写が無いとどういう事になるかという事は、『読者が「混乱せぬ」ように、文章の流れを「論理的に」@榊一郎』 http://togetter.com/li/87361 で述べられています。
1
遊川恒星 @kouseiy 2011年6月24日
この辺をまとめると、「物事の描写は具体的に、一般的に想像しやすい単語を選んで描写する事」と言えるかと思います。
1
遊川恒星 @kouseiy 2011年6月24日
これを基本に、「重要キャラの描写」、「重要でないキャラの描写」、「普段どおりの様子のキャラ」、「普段とは違う様子(盛装、鎧姿、水着、態度等)のキャラ」等、キャラ描写に幅を作るわけです。 さらには風景(山川草木、建物、乗り物、動物、気象等)、体感(食感、触感、匂い、痛み、心地よさ等)等も同様に幅を広げていく事が同じ論理で可能になるわけです。
1
遊川恒星 @kouseiy 2011年6月24日
例えば「元気な女の子」でやってみましょう。 「重要キャラ」なら、「彼の前に小柄な少女が立った。少女は少年を、元気よくくるめく瞳で見上げた。長めの髪を動きやすいように黄色のリボンで後ろに結び、細身の引き締まった上体には所々焼け焦げや繕い跡のある薄い布地の袖無し作業着をまとい、ひざ丈の短い脚通しを履いた脚は細身ながら筋肉質だ。彼女の名前はキャナル。」
0
遊川恒星 @kouseiy 2011年6月24日
これが「重要でないキャラ」なら、「彼の前に作業着をまとった少女が立った。」程度で済む。 逆に言えば、読者はこういった描写の密度の差で「重要キャラ」と「そうでもないキャラ」を判別するのです。
2
遊川恒星 @kouseiy 2011年6月24日
で、最初のうちはある程度読者に印象付けるように描写をしてやるが、それ以降はあまり細々描写せず「キャナルが姿を見せた。」とか「作業着のキャナル」とか「珍しく髪を解いたキャナル」程度の描写で済む。これはそのキャラの映像イメージが読者の心の中に定着してくるから、その必要性が減ってくるためですね。
1
遊川恒星 @kouseiy 2011年6月24日
五代先生の言う「ドラゴン」と一言書けばそれでドラゴンが書けたと思ってたり、「エルフ」と書けばエルフが書けたと思っている人というのは、私が何の前置きも無く「キャナルが」と書いているのを読んで「誰だよそいつ?前に出てきたっけ?っつかどんな顔よ?」と読者がイライラとするという事を、自分のやっている事と同じこととして捉え返す事が出来ないでいる状態なのですね。
1
遊川恒星 @kouseiy 2011年6月24日
さて、これが「普段通りでないキャラ」、例えば「盛装をした姿」なら、ありったけの形容詞と服飾の知識を駆使して「着飾った彼女」を描写してあげます。
1
遊川恒星 @kouseiy 2011年6月24日
「控えの間のドアが開いた。そこから出てきたキャナルの姿を見てケインは思わず息を飲んだ。普段そっけなく後ろでまとめている髪は高々と結い上げられ、きらびやかな髪飾りと豪奢なレースが彩っている。普段の着慣れた作業着の代わりに真っ白い薄絹のドレスが彼女の細身の体を包んでいる。多少薄めの彼女の胸元は、たっぷりとしたひだがそのシルエットを補い、肩と背中は大胆に出したデザイン。ただでさえ細い腰にコルセットを締め、対照的に腰から下はふんだんにひだを使って膨らませたスカートがふわりとした優雅なラインを作る。かかとの高い靴を
0
遊川恒星 @kouseiy 2011年6月24日
履いた経験が少ないためか、いつもヅカヅカと歩いている彼女の足元は、心もとなさげだ。 普段化粧っけの無い顔にも薄い頬紅、目元のシャドウ、そして唇にも紅を差しているが、それがいかにも恥ずかしいのか終止俯いている。もっともケインの反応は気になるようで、時折ちらりちらりと彼の様子を伺う様がなんともいじらしい。」
0
遊川恒星 @kouseiy 2011年6月24日
あ、彼女の顔の造作を入れるの忘れた(爆)
0
遊川恒星 @kouseiy 2011年6月24日
ここまでをもう一度まとめると、「物事の描写は具体的に、一般的に想像しやすい単語を選んで描写する事」、次に「描写の軽重で(シナリオ上の)キャラの軽重を書き分ける」、「同じキャラでも登場当初、読者になじませる期間、読者がキャラを把握した時期で、描写の密度は変わる」、「同じキャラでも状況が違えばそれに応じて描写の密度や量が増減する。」といった事が言えるかと思います。
0
遊川恒星 @kouseiy 2011年6月24日
そしてまた、キャラに言える事は、同じ論理で風景(山川草木、建物、乗り物、動物、気象等)、体感(食感、触感、匂い、痛み、心地よさ等)等にも当てはまる訳です。
0
遊川恒星 @kouseiy 2011年6月24日
参考文献:新版・小説道場(1-4):中島梓著:光風社出版 :育児の認識学―こどものアタマとココロのはたらきをみつめて:海保 静子著:現代社
0
新坂 @sinzaka 2015年4月15日
僕は「箇条書き」の文章結構好きですねー。この短いセンテンスにわかりやすく設定がつめこまれていてわくわくしました。ずーっとこれだと物寂しくなるかもしれませんけど(笑)。 / 先に出していただいた例は確かに想像力を働かせてくれる文章なのですが、逆に噛み砕きにくくて情景を思い浮かべるのにカロリー使うという面もあるんですよね。さらっと読めない。
1
新坂 @sinzaka 2015年4月15日
正直どちらが優れている、ということではなく、どっちも個性なのではないかと感じました。リアリティある細やかな描写がなくても、大体エルフやドラゴンはこういうものだとわかっているなら、その共通認識に乗っかる文章はアリなんじゃないかと(その世界ではこういうものなのだ、という設定はほしいですが)。
0
taka @Vietnum 2015年4月15日
私も箇条書きのほうが読むエネルギーを消耗せずにすんなりと読めるんですが、上記の即席例文は、箇条書きでドラゴンを説明するんではなく、一つの短いストーリーのなかで自然とドラゴンの詳細を描写してるところが重要なんでしょうね(ついでに主人公の立場や年齢なども)。こう言うのを意識して書くのが重要だと。
1
taka @Vietnum 2015年4月15日
ついでに夢枕獏氏の「陰陽師」なんて、改行しまくりなうえに一行のセンテンスもメチャクチャ短い。それなのに安倍晴明の生きるその時代の雰囲気や他の人らとの関係が、書かれていない箇所――まさに行間から漂ってくるほどのスゴイ文章だったりする。説明描写の羅列を避けるのはもちろん、具体的な描写のときでも、いかに言葉を選んで磨き、無駄を削ぎ取るかもかなり重要な点なんでしょうね。道は長いわ……(;ω;)
1