編集可能

[MM読了]プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編)) by 岸 浩太郎

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編)) http://bit.ly/cNjgKh 「自分の強みが何か」を知ること、「それらの強みをいかにしてさらに強化するか」を知ること、そして、「自分には何が出来ないか」を知ることこそ、継続学習の要である。
2
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

今や知識とされるものは、それが知識であることを行為によって証明しなければならない。今日、われわれが知識とするものは、行動のための情報、成果に焦点を合わせた情報である。 http://bit.ly/cNjgKh #inbook

2010-11-13 06:01:46
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

学校もこれからの50年間で300年前の印刷革命を上回る変化を遂げる。コンピューター、ビデオ、衛生放送などの新技術が現れたからではない。知識社会が、知識労働者に対し、体系的な学習を一生のプロセスにすることを要求するからである http://bit.ly/cNjgKh #inbook

2010-11-13 06:08:00
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

善意だけで行動することは、社会的に責任あることにはならない。組織が本来の目的を遂行するための能力を傷つけるような責任を受け入れることは、無責任である。能力のない領域で行動することも無責任である。 http://bit.ly/cNjgKh #inbook

2010-11-13 06:14:57
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

焦点のはっきりした明確な共通の使命だけが、組織を一体化し成果をあげさせる。明確な使命がなければ、ただちに組織は組織としての価値と信頼を失う。その結果、成果をあげるうえで必要な人材も手に入らなくなる。 http://bit.ly/cNjgKh #inbook

2010-11-13 06:21:00
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

皮肉なことに、20世紀の全体主義、特に共産主義は、たがいに競い合う独立した組織からなる多元主義ではなく、唯一の権力、唯一の組織だけが存在すべきであるとしたむかしの進歩的信条を守ろうとする最後のあがきだった。 http://bit.ly/cNjgKh #inbook

2010-11-13 06:37:20
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

我々が直面する課題、特に民主主義と市場経済のもとにある先進社会が直面する課題は、独立した知識社会からなる多元社会に対し、いかにして経済的な能力と、政治的、社会的な結合をもたらすかという問題である。 http://bit.ly/cNjgKh #inbook

2010-11-13 06:40:05
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

手っ取り早く、しかも、おそらくもっとも効果的に知識労働の生産性を向上させる方法は、仕事を定義し直すことである。特に、行う必要のない仕事をやめることである。 http://bit.ly/cNjgKh #inbook

2010-11-13 06:45:17
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

今日、技術者、教師、販売員、看護婦、現場の経営管理者など、知識労働を実際に組織で行っている人たちは、仕事や給与にはほとんど関係なく、かつ、ほとんど意味のない余分の仕事を課されて、忙しさを着実に増大させている。 http://bit.ly/cNjgKh #inbook

2010-11-13 06:49:19
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

あらゆる組織に、成果をあげる地道な人たちがいる。しばしば創造性と混同される熱気と繁忙の中で、ほかの者が駆け回っている間に、亀のように一歩一歩進み、先に目標に達する。 http://bit.ly/cNjgKh #inbook

2010-11-13 07:20:45
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

知力や想像力や知識は、あくまでも基礎的な資質である。それらの資質を成果に結びつけるには、成果をあげるための能力が必要である。知力や想像力や知識は、成果の限界を設定するだけである。 http://bit.ly/cNjgKh #inbook

2010-11-13 07:22:28
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

肉体労働者の仕事を測定評価するための手法は、知識労働者には適用できない。不適切な製品のための美しい設計図を大量生産するエンジニアリング部門ほど、ばかばかしく、非生産的な存在はない。 http://bit.ly/cNjgKh #inbook

2010-11-13 07:25:38
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

ゲリラ戦では兵士全員がエグゼクティブである。 http://bit.ly/cNjgKh #inbook

2010-11-13 07:27:42
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

組織に働く者の置かれている状況は、成果をあげることを要求されながら、成果をあげることがきわめて困難になっている。まさに、自らが成果をあげるよう意識して努力しないかぎり、まわりをとりまく現実が彼らを無価値にする。 http://bit.ly/cNjgKh #inbook

2010-11-13 07:30:55
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

日常の仕事の流れに身を任せて、何に取り組み、何を取り上げ、何を行うかを決定していたのでは、それら日常の仕事に自らを埋没させることになる。 http://bit.ly/cNjgKh #inbook

2010-11-13 07:37:36
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

彼らに必要なのは、本当に重要なもの、つまり貢献と成果に向けて働くことを可能にしてくれるものをしるための基準である。だがそのような基準は、日常の仕事の中からは見出せない。 http://bit.ly/cNjgKh #inbook

2010-11-13 07:38:34
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

しかるに、組織の中に成果は存在しない。すべての成果は外の世界にある。客が製品やサービスを購入し、企業の努力とコストを収入と利益に変えてくれるからこそ、組織としての成果が上がる。組織の中に生ずるものは、努力とコストだけ。 http://bit.ly/cNjgKh #inbook

2010-11-13 07:41:15
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

根本的な問題は、組織にとってもっとも重要な意味をもつ外のできごとが、多くの場合、定性的であり、定量化できないところにある。それらはまだ事実となっていない。事実とはつまるところ、誰かが分類し、レッテルを貼ったできごとである。 http://bit.ly/cNjgKh #inbook

2010-11-13 07:44:42
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

定量化のためには、概念がなければならない。そして、無限のできごとの集積から特定のできごとを抽出し、名称を与え、数えなければならない。 http://bit.ly/cNjgKh #inbook

2010-11-13 07:45:50
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

外の世界における真に重要なことは、趨勢ではない。変化である。この外の変化が、組織とその努力と失敗を決定する。しかもそのような変化は、知覚するものであって、定量化したり、定義したり、分類したりするものではない。 http://bit.ly/cNjgKh #inbook

2010-11-13 07:47:37
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

コンピューターは論理の機械である。それが強みであって、弱みである。外の重要なことは、コンピューターをはじめとするなんらかのシステムが処理できるような形では把握できない。 http://bit.ly/cNjgKh #inbook

2010-11-13 07:49:30
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

成果をあげることは一つの習慣である。習慣的な能力の集積である。そして習慣的な能力は、常に習得に努めることが必要である。習慣的な能力は単純である。あきれるほどに単純である。七歳の子供でも理解できる。 http://bit.ly/cNjgKh #inbook

2010-11-13 09:42:40
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

あらゆる組織が三つの領域における成果を必要とする。すなわち、直接の成果、価値への取り組み、人材の育成の三つである。これらの領域すべてにおいて成果をあげなければ、組織は腐り、やがて死ぬ。 http://bit.ly/cNjgKh #inbook

2010-11-13 11:10:49
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

知識労働者は、自らに課せられる要求に応じて成長する。自らが業績や達成とみなすものに従って成長する。自らが自らに求めるものが少なければ、成長しない。だが多くを求めるならば、何も達成しない者と同じ程度の努力で成長する。 http://bit.ly/cNjgKh #inbook

2010-11-13 11:28:00
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

新しい任務で成功するうえで必要なことは、卓越した知識や才能ではない。それは、新しい任務が要求するもの、新しい挑戦、仕事、課題において重要なことに集中することである。 http://bit.ly/cNjgKh #inbook

2010-11-13 11:37:49
🍊 ( ͡° ͜ʖ ͡°)🍊 @m0if48

「自分の強みが何か」を知ること、「それらの強みをいかにしてさらに強化するか」を知ること、そして、「自分には何が出来ないか」を知ることこそ、継続学習の要である。 http://bit.ly/cNjgKh #inbook

2010-11-13 11:46:31
残りを読む(57)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?