2014年7月21日

早大論文調査委員会報告についてのコメント(7/20)

@kumikokataseさんのツイートまとめ(メモ)
8
片瀬久美子🍀 @kumikokatase

アカデミアで起きた研究不正問題を、一般の司法の場に持っていくと、アカデミアで保たれている倫理感が通用せず、深刻な不正を行った人が裁判で和解に持ち込んで解雇処分が撤回されるケースが過去にありました。早大調査の件も、「屁理屈」により科学者の倫理感が同様に曲げられた感じがします。

2014-07-20 07:22:45
片瀬久美子🍀 @kumikokatase

研究不正では「刑事罰」になりませんが、それは学問に国家権力(政治的な力)を介入させない様にしているという意味があります。 それを逆手にとって法的に問題がないならば、研究不正としないとするのは大きな間違い。 科学的倫理を法解釈によって毀損してしまってはいけません。

2014-07-20 07:38:56
片瀬久美子🍀 @kumikokatase

あの論理が通用したら、 「不正行為が見落とされて医師国家試験に合格した医師がいるが、生活が破壊されるので医者免許は取り上げず、医療行為を続けさせます」も可能になっちゃいますね。

2014-07-20 10:02:05
片瀬久美子🍀 @kumikokatase

この報告書、委員補佐の名前は出すのに、どうして正式な委員4名の名前を出していないのでしょうね? waseda.jp/jp/news14/data… 報告書の最初のところから不可解。

2014-07-20 10:47:21
片瀬久美子🍀 @kumikokatase

(参考)小保方さんの博士論文審査報告書 dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstre… 主査:常田聡 副査:武岡真司、大和雅之、Ch a r l e s A. Va c a nt i

2014-07-20 11:23:20
片瀬久美子🍀 @kumikokatase

調査委員会の、博士論文の第1章(序章)の80%がコピペなのは小保方主張論文(「これが本物」として送られたもの)でも同じだけれど、米国政府の著作物で著作権法違反にならず、研究結果の部分ではないから学位認定にはほとんど影響しないというのは、博士論文の意義をちっとも分かってないですね。

2014-07-20 15:42:07
片瀬久美子🍀 @kumikokatase

調査委員会は、博士論文とその元になったTissue 誌論文の記載内容との整合性がない箇所を5項目も認定しているのに、それを軽視している点も疑問。この部分は「小保方主張論文」でも同じ様なので、著作権違反という法的な検討を重視して、こうした実質的な内容の検討が疎かになっているのが問題

2014-07-20 16:03:28
片瀬久美子🍀 @kumikokatase

調査報告書では、平成 22 年度に常田氏が指導を担当していた学生数は15人もいたので、学生数が多すぎることにより小保方さんに対する指導が不十分になったとしていますが、この人数で多すぎるというのは疑問。 1研究室当たり、これくらいの人数は普通では?

2014-07-20 16:26:49
片瀬久美子🍀 @kumikokatase

調査報告では、主査の常田氏と副査の武岡氏に事情聴取していますが、病気療養中の大和氏は無理としても、副査の1人でTissue誌論文の責任著者でもあるバカンティー氏(調査報告書ではT氏。Tissue誌論文のコレスポなので明白)に対する事情聴取は実施できなかったとあり、不十分です。

2014-07-20 17:11:46
片瀬久美子🍀 @kumikokatase

.(承前)バカンティー氏は副査でありながら「博士論文のコピー提出を受けたり、読むように依頼されたりしたことはない」とNature誌のインタビューに答えており、これが本当であれば重大な問題です。どうして調査委員会はバカンティー氏からの事情聴取を断念してしまったのか疑問です。

2014-07-20 17:16:10
片瀬久美子🍀 @kumikokatase

.(承前)博士論文審査で副査をしたバカンティー氏が「博士論文のコピー提出を受けたり、読むように依頼されたりしたことはない」とNature誌に証言した記事。 nature.com/news/stem-cell… 調査委員会は、どうしてこの重要な証言を本人から確認しなかったのでしょうか?

2014-07-20 17:18:14
片瀬久美子🍀 @kumikokatase

読み返しても、今回の早大の調査報告書は、「学問における不正」を「法令の条文の解釈」による「法律的な不正」に置き換えてしまい、考慮する不正を特に著作権侵害に狭めてしまっていますね。 アカデミアのルールが適用されず、法律家の解釈でなんとも奇妙な結論になってしまってます。

2014-07-20 17:40:16

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?